池松壮亮、貫地谷しほりから「セクシーでした」ラブシーンを絶賛される

参照回数:247,571

【モデルプレス】俳優の池松壮亮が「第57回(2014年度)ブルーリボン賞」で助演男優賞を受賞し、12日都内にて行われた授賞式に出席。司会をつとめた女優の貫地谷しほりからラブシーンを絶賛された。
貫地谷しほり(右)からラブシーンを絶賛された池松壮亮(左)【モデルプレス】
貫地谷しほり(右)からラブシーンを絶賛された池松壮亮(左)【モデルプレス】
昨年8作品の映画が公開された池松は「紙の月」「海を感じる時」「ぼくたちの家族」で同賞を受賞。池松がまだ中学生のときに初めて会ったという貫地谷から「ベッドシーンも見ましたが、脱ぎっぷりが素晴らしかったです。セクシーでした。身体はいつも鍛えているんですか?」と絶賛されると「なにもやっていません。見なくても前貼りが付けられるという噂を聞いたんですけど…。今日も付けてます」と冗談を交えつつも、マイペースに答え会場の笑いを誘った。

今回の受賞について「この度はありがとうございます。ほかの方は1作品のみで受賞しているのに、合わせ技みたいになっていて。でも3作品関わった方に感謝しています」と喜びの心境を吐露。貫地谷から「役作りが大変そう」と心配されるも「大丈夫です」とキッパリと語った。

「第57回ブルーリボン賞」授賞式の模様(前列左より)池松壮亮、安藤サクラ、浅野忠信、小林聡美、小芝風花(後列左より)貫地谷しほり、出目宏氏、呉美保監督、本木克英監督、高良健吾
「第57回ブルーリボン賞」授賞式の模様(前列左より)池松壮亮、安藤サクラ、浅野忠信、小林聡美、小芝風花(後列左より)貫地谷しほり、出目宏氏、呉美保監督、本木克英監督、高良健吾
ブルーリボン賞は、在京スポーツ新聞7社の映画担当記者で構成される東京映画記者会が制定する映画賞。授賞式には池松のほか、主演男優賞の浅野忠信、主演女優賞の安藤サクラ、助演女優賞の小林聡美、新人賞の小芝風花らが登壇。司会は昨年の主演男優賞・高良健吾と主演女優賞・貫地谷がつとめた。(modelpress編集部)

■「第57回ブルーリボン賞」受賞者

作品賞:「超高速!参勤交代」(本木克英監督)/監督賞:呉美保(「そこのみにて光輝く」)/主演男優賞:浅野忠信(「私の男」)/主演女優賞:安藤サクラ(「0.5ミリ」「百円の恋」)/助演男優賞:池松壮亮(「紙の月」「海を感じる時」「ぼくたちの家族」)/助演女優賞:小林聡美(「紙の月」)/新人賞:小芝風花(「魔女の宅急便」)/外国作品賞:「ジャージー・ボーイズ」(配給・ワーナー・ブラザース映画 出目宏氏)


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 池松壮亮、貫地谷しほりから「セクシーでした」ラブシーンを絶賛される
今読んだ記事

池松壮亮、貫地谷しほりから「セクシーでした」ラブシーンを絶…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事