嵐・櫻井翔、広末涼子と夫婦役に 「大使閣下の料理人」新キャスト発表

【モデルプレス】の櫻井翔が主演をつとめるフジテレビ系新春ドラマスペシャル「大使閣下の料理人」(2015年1月3日放送)の主要キャストが発表。女優の広末涼子が櫻井演じる主人公の妻役を演じる。
櫻井翔演じる主人公の妻・ひとみ役の広末涼子【モデルプレス】
櫻井翔演じる主人公の妻・ひとみ役の広末涼子【モデルプレス】
倉木和也役の西田敏行
倉木和也役の西田敏行
今作は、外交の最前線で出される料理をつくる「大使館公邸料理人」という日本ドラマ初のモチーフをかつてないスケールで制作。在ベトナム日本国大使館を舞台に、大使館の専属シェフ・公邸料理人の大沢公を櫻井が演じ、ヒロインで父親が日本人、母親がベトナム人という、所謂“ハーフ”で、ベトナム国籍のレイ・ティー・蘭を剛力彩芽が演じる。

広末涼子ら主要キャストと役どころ



今回発表された主要キャストは広末をはじめ大倉孝二、加藤シゲアキ(NEWS)、竹中直人、西田敏行の5名。主演の櫻井とは、全員ドラマ初共演となる。

広末演じる大沢ひとみは、公が一流ホテルで働いていた頃に出会い、今は妻として彼を支える。ホテルを辞め公邸料理人になりたいという公の気持ちを理解し、娘と二人で日本から、ベトナムにいる公を応援しているが、本心では、「早く帰ってきてほしい」「家族一緒に暮らしたい」という思いも。そんな二面性を持つ難しい女性を、はかなくも美しく演じきる。

物語のキーマンである大使閣下・倉木和也を演じるのは西田。外務省のエースで、進展しないベトナムとの関係改善のため、駐ベトナム日本国全権大使として派遣された人物で、公を公邸料理人として採用した男。言動は常に温厚で、時にユーモアを交ぜるが、圧倒的な知謀をめぐらせ、外交の最前線を闘い抜く。

倉木を通訳として支えるベトナム語専門職員・古田誠一役には大倉。熱血漢ながら、時に茶目っ気を見せ、緊迫する外交舞台に和みを加える。通訳という役柄、やがて大きな外交トラブルを招くことになる。

さらに、ベトナムでの熾烈な外交戦を日本からサポートする外務省官僚・江口悟役には加藤。「日本の新幹線輸出」という、現実でも進行している外交案件に奔走する好青年を演じる。

また、公が公邸料理人となる前に働いていた一流ホテルのフレンチシェフ・村上信蔵役を竹中が担当。村上という元上司の存在が、物語に大きなうねりを与えていく。

古田誠一役の大倉孝二
古田誠一役の大倉孝二
村上信蔵役の竹中直人
村上信蔵役の竹中直人

キャスティングと役者への期待



編成企画の若松央樹氏は、今回のキャストに関して「以前に読んでいて大好きな原作でしたが、今回企画立案に先立ち、あらためて読み直していく中で、自然に思い描いたキャスティングイメージが、そのまま実現できたという感じで、感無量です」と自信。「西田さんにおいては、外交の奥深さと人間力を、広末さんにおいては、妻の度量と家族愛を、竹中さんにおいては、厳しさの中に師弟愛を、そして大倉さん・加藤さんにおいては、外交の仕事の厳しさと楽しさを、大いに表現していただけると思っております」とそれぞれのキャストたちへの期待を語った。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

News Listニュース一覧

YouTube Channel


TOP