秋元才加、衝撃の極貧過去を初告白

極貧過去をテレビ初告白した秋元才加
秋元才加
元AKB48で女優の秋元才加が、過去の極貧生活を初告白した。 28日放送の人生相談番組「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系、毎週火曜よる9時~)に出演した秋元。日本人の父とフィリピン人の母の間にハーフとして生まれ、「物心ついた時から父が全く働いてなくて、常にお金がない状態」と自身の赤裸々な体験をテレビで初めて語り始めた。

ガスも電気もストップ 過酷な幼少期

母親が働いたお金で生活を送っていたそうで、「電気とガスが止まるのが当たり前。お皿に新聞紙を切ってライターで明かりつけたり、白飯だけでしょう油かけて食べたり。お弁当も作ってもらったことがない」と過酷な過去を回顧。さらには焼却炉に捨てられた教材を持ち帰ったり、フリーマーケットで服を安く購入することなどで、生活費を切り詰めていたという。

AKB48に応募した理由について問われると、「テレビとか見てても『これが有名人のお部屋です!』みたいのあるじゃないですか。自分もそういうふうになれるのかなと思って」と裕福な暮らしへの憧れが動機となったことを吐露。

加入後もしばらくは家族のために弁当を持ち帰る生活を送っていたが、「ここ2~3年で家族にも仕送りできるようになった」と環境の変化を明かし、「『お前はダメだ』と言われたことがなかった。裕福ではなかったですけど、家族に支えられてる部分がすごくある」と素直な思いを語った。

昨年8月にAKB48を卒業し、今年は舞台出演や映画主演作が控えるなど、女優として順調に活躍の場を広げている彼女。苦難の日々を乗り越えてきた経験を糧に、さらなるステップアップを目指す。(モデルプレス)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP