嵐・櫻井翔、北川景子共演ドラマ「謎解きはディナーのあとで」第1話放送

参照回数:201,374

櫻井翔が主演するフジテレビ系・連続ドラマ「謎解きはディナーのあとで」第1話が、10月18日(火)夜9時より初回15分拡大で放送される。 同作は、2011年本屋大賞を受賞し、約140万部のセールスを記録している大ベストセラー「謎解きはディナーのあとで」(東川篤哉著/小学館刊)をドラマ化したもの。

櫻井翔演じる執事の影山が、「宝生グループ」社長の一人娘でありながらその正体を隠して国立署の新米刑事として勤務する“お嬢様”麗子(北川景子)の推理力のなさを「失礼ながらお嬢様……お嬢様の目は節穴でございますか?」など、暴言スレスレの毒舌で指摘しながら、謎を解き、事件の真相に迫っていくのが見どころだ。

また、犯人に直接対峙することなく事件を推理してしまう“安楽椅子探偵”と呼ばれる斬新な謎解き法が今までの事件ものにはなく、「シャーロック・ホームズ」や「古畑任三郎」に匹敵する新たなヒーローの誕生を感じさせる作品となっている。

フジテレビの連続ドラマ初主演となる櫻井翔が、持ち前の品の良さと知性とマルチなタレント性で、影山という少し癖のあるニューヒーローを演じてくれることに期待だ。(モデルプレス)

第1話あらすじ

大財閥「宝生グループ」を束ねる宝生家に、1人の男がやって来た。男の名は影山(櫻井翔)。影山は長年、宝生家の1人娘・麗子(北川景子)に仕えた唐沢(伊東四朗)の後任の執事となる。

そのころ、麗子は事件現場にいた。麗子は身分を隠し、国立署の刑事として働いている。

一方、麗子の上司、風祭京一郎警部(椎名桔平)は、麗子と違い目立ちたがり屋。自分が風祭モータースの御曹司であることを隠さない。そんな風祭も当然、麗子の本当の素性は知らない。

事件の被害者は吉本瞳(木南晴夏)という派遣社員。コーポの自室で首を絞められて殺害されたようだが、麗子は部屋の中でブーツを履いたまま亡くなっていた被害者に違和感を覚える。

風祭も麗子と同じ疑問を持ち話し始めた。容疑者像まで一気にまくしたてる風祭だが、その推理は稚拙なもの。麗子が別の見解を述べると、あたかも自分が考えたことのようにつなぐ風祭を麗子はウザったくて仕方がない。

とりあえず捜査を終えて、風祭と別れた麗子が、いら立ちを込めてキックした石が高級リムジンにあたってしまう。すると降りてきた男が、「お嬢様」と麗子に頭を下げた。そう、男は執事の影山。麗子を迎えに来たのだ。

キャスト:櫻井翔北川景子、野間口徹、中村靖日、岡本杏理、田中こなつ、椎名桔平、伊東四朗ほか

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 嵐・櫻井翔、北川景子共演ドラマ「謎解きはディナーのあとで」第1話放送
今読んだ記事

嵐・櫻井翔、北川景子共演ドラマ「謎解きはディナーのあとで」…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事