ソンユン、カズタ/2部の様子(C)AbemaTV, Inc. (C)n.CH Entertainment Inc.

n.SSign、カズタ涙の展開に 日本初披露ステージも【「JAPAN FANMEETING ‘Happy &’」セットリスト】

2024.05.16 08:00

韓国の10人組ボーイズグループ・n.SSign(エヌサイン)が5月15日、東京・豊洲PITにてファンミーティング『n.SSign JAPAN FANMEETING ‘Happy &’ produced by ABEMA』を開催。ここでは第2部の様子をレポートする。


n.SSign「FUNK JAM」日本初披露

n.SSign(C)AbemaTV, Inc. (C)n.CH Entertainment Inc.
n.SSign(C)AbemaTV, Inc. (C)n.CH Entertainment Inc.
第2部は、日本デビューシングル『NEW STAR』で幕開け。溢れる笑顔とパワフルなダンスパフォーマンスで開始早々ステージを華やかに彩った。

同イベントのMCを務める古家正享を“校長先生”、テレビ朝日の林美桜アナを“先生”に迎え、テレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』にて配信されている『動はじK-POP学校』を出張開催。『動はじK-POP学校! Happy & 大文化祭!』と銘打ち、様々な手段で自身の魅力をアピールする「n.SSignの顔はオレだ!ミスターn.SSignコンテスト」を行った。「恥ずかしい」と緊張の面持ちのメンバーは、一発目に「輝くスター性で魅せる!一発勝負チャレンジ対決」を実施。舞台袖からクールなウォーキングで登場したあと、巨大けん玉とボトルフリップのどちらかを選択。上位2人が決勝進出となる対決だ。

n.SSign/1部の様子(C)AbemaTV, Inc. (C)n.CH Entertainment Inc.
n.SSign/1部の様子(C)AbemaTV, Inc. (C)n.CH Entertainment Inc.
最初に挑戦することになったカズタ(KAZUTA)は、セクシー担当らしく色気を漂わせて登場。「日本人として絶対成功させるぞ…!」と意気込み挑戦した巨大けん玉は見事成功し、けん玉にキスしたり、喜びのムーンウォークをしたりと、存分にアピールした。その後、ロビン(ROBIN)、ロレンス(LAURENCE)がボトルフリップに挑戦するも失敗。続いてのヒウォン(HUIWON)はボトルに向かって「信じるよ」と祈ったあと無事成功し、ガッツポーズで大喜び。一方、ムーンウォークで登場したエディ(EDDIE)は「いきましょう!」とボトルフリップに挑んだものの失敗に終わった。巨大けん玉を選択したジュニョク(JUNHYEOK)は成功するも、自ら驚きの表情。同じく巨大けん玉を選択したハンジュン(HANJUN)は、失敗をよそにカメラに向かってクールにポーズを決めていた。ラストのソンユン(SUNGYUN)は肉体美を惜しげもなく披露しながら登場。巨大けん玉に挑戦し、成功を収めた。

決勝進出は林アナの独断でカズタとソンユンに決定。決勝戦は「林先生の妄想を叶えてアピール!ドキドキ学園シチュエーション」と題し、ヒウォンを相手にカズタとソンユンが告白バトル。カズタは頬にキス、ソンユンはお姫様抱っこをするなど、両者一歩も譲らずアピールしたものの、最終的にCOSMO(ファンの名称)の歓声が大きかったヒウォンが優勝を掴んだ。

n.SSign/1部の様子(C)AbemaTV, Inc. (C)n.CH Entertainment Inc.
n.SSign/1部の様子(C)AbemaTV, Inc. (C)n.CH Entertainment Inc.
その後、2月に発売した2ndミニアルバム『Happy &』から『Love, Love, Love Love Love!』『FUNK JAM』を立て続けに披露。日本初披露となる『FUNK JAM』では迫力あるパフォーマンスで魅了したあと、“エンディング妖精”で会場を沸かせた。

n.SSign、手紙で涙

ソンユン、カズタ/2部の様子(C)AbemaTV, Inc. (C)n.CH Entertainment Inc.
ソンユン、カズタ/2部の様子(C)AbemaTV, Inc. (C)n.CH Entertainment Inc.
そして、2つ目のコーナー「ありがとうで探し出せ!このLoveだーれだ?」がスタート。1人ずつメンバーの誰かに宛てた感謝の手紙を読み上げ、誰宛てなのかを他のメンバーが予想する同企画。ソンユンは同グループでリーダーを務めるカズタに向けた感謝の手紙を読み上げ、正解発表後のコメントで「リーダーは簡単なことじゃない」と寄り添うと、カズタの目には涙が。他にも、愛ある手紙で絆を確かめ合ったメンバーたちがハグする場面も有り、コーナー終わりにカズタは「ふざけるかと思ったんですけど、泣いちゃいました〜」と感動していた。

n.SSign/1部の様子(C)AbemaTV, Inc. (C)n.CH Entertainment Inc.
n.SSign/1部の様子(C)AbemaTV, Inc. (C)n.CH Entertainment Inc.
カズタ/1部の様子(C)AbemaTV, Inc. (C)n.CH Entertainment Inc.
カズタ/1部の様子(C)AbemaTV, Inc. (C)n.CH Entertainment Inc.
ラストは『Happy &』でキュートに、『Wormhole: New Track』Rock ver.では荒々しくパフォーマンスし、会場のボルテージはMAXに。締めの挨拶でカズタは「皆さん、今日は来てくださって本当にありがとうございます!カムバックしてから約3か月ほど韓国で活動して、久しぶりに日本活動ということで戻ってきたんですけど、たくさんさみしい思いしましたよね?早く会いたいっていう方もたくさんいると思います。なので、今日こうやって『Happy &』『FUNK JAM』『Love, Love, Love Love Love!』やっと3つのタイトル曲を披露できて本当に良かったと思います」とにっこり。8人は最後までファン一人ひとりと向き合うように手を振ったり、ハートを作ったりと交流を楽しんでいた。


「青春スター」から誕生・n.SSign

(左から)エディ、ジュニョク、ロビン、カズタ、ハンジュン、ソンユン、ヒウォン、ロレンス/n.SSign(C)モデルプレス
(左から)エディ、ジュニョク、ロビン、カズタ、ハンジュン、ソンユン、ヒウォン、ロレンス/n.SSign(C)モデルプレス
n.SSignは、カズタ、ヒョン(HYUN)、エディ、ドハ(DOHA)、ジュニョク、ソンユン、ロビン、ハンジュン、ロレンス、ヒウォンの韓国の10人組ボーイズグループ(※ヒョン、ドハは活動休止中)。グループ名には“net of Star Sign”の略語で“星座の連結”という意味が込められている。日韓男女グローバルオーディションプロジェクト番組『青春スター』(2022年)アイドル派で最終選抜されたTOP7のメンバーと、『青春スター』に出演し惜しくもファイナリストに選ばれなかったメンバーを含む3人の新メンバーを迎え10人編成の完全体となり、韓国、日本、台湾、オーストラリア、アメリカ国籍のメンバーで構成されている。2023年8月9日にDEBUT ALBU『BIRTH OF COSMO』で正式デビューを果たした。(modelpress編集部)

セットリスト

<第1部>
M1:Happy &
オープニングトーク
コーナー①:動はじK-POP学校!COSMOと繋がれ!大運動会
M2:NEW STAR
M3:FUNK JAM
コーナー②:1つになってHappy &!n.SSign3分チャレンジ!
M4:나의 바다 (Memories of Us)
M5:Love, Love, Love Love Love!
エンディングトーク

<第2部>
M1:NEW STAR
オープニングトーク
コーナー①:動はじK-POP学校! Happy & 大文化祭!
M2:Love, Love, Love Love Love!
M3:FUNK JAM
コーナー②:ありがとうで探し出せ!このLoveだーれだ?
M4:Happy &
M5: 웜홀(Wormhole: New Track)Rock ver.
エンディングトーク
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. n.SSign「青春スター」2年経ての変化と成長 今後の目標・日本でやりたいこととは【「JAPAN FANMEETING ‘Happy &’」囲み取材全文】
    n.SSign「青春スター」2年経ての変化と成長 今後の目標・日本でやりたいこととは【「JAPAN FANMEETING ‘Happy &’」囲み取材全文】
    モデルプレス
  2. n.SSignヒウォン、アイドルの夢を諦めた過去 挫折から掴んだ軌跡<ソロインタビュー連載Vol.8>
    n.SSignヒウォン、アイドルの夢を諦めた過去 挫折から掴んだ軌跡<ソロインタビュー連載Vol.8>
    モデルプレス
  3. n.SSignロレンスが馳せていた“2つの夢” 異国の地でのデビューで苦労したこと<ソロインタビュー連載Vol.7>
    n.SSignロレンスが馳せていた“2つの夢” 異国の地でのデビューで苦労したこと<ソロインタビュー連載Vol.7>
    モデルプレス
  4. n.SSignハンジュンが救われた“ある人”からの言葉 ポジティブマインドの秘訣語る<ソロインタビュー連載Vol.6>
    n.SSignハンジュンが救われた“ある人”からの言葉 ポジティブマインドの秘訣語る<ソロインタビュー連載Vol.6>
    モデルプレス
  5. n.SSignロビン、デビューのチャンスを逃した経験 悔しい過去から生まれた“夢を叶える秘訣”とは<ソロインタビュー連載Vol.5>
    n.SSignロビン、デビューのチャンスを逃した経験 悔しい過去から生まれた“夢を叶える秘訣”とは<ソロインタビュー連載Vol.5>
    モデルプレス
  6. n.SSignソンユンが思う“兄”カズタの可愛さは?アイドルへの確固たる覚悟に迫る<ソロインタビュー連載Vol.4>
    n.SSignソンユンが思う“兄”カズタの可愛さは?アイドルへの確固たる覚悟に迫る<ソロインタビュー連載Vol.4>
    モデルプレス

「韓国エンタメ」カテゴリーの最新記事

  1. “全員日本人”UNICODE、日本デビュー決定 6月からリリースイベントも開催
    “全員日本人”UNICODE、日本デビュー決定 6月からリリースイベントも開催
    モデルプレス
  2. aespaニンニン、事務所からのスカウトを「最初は無視してた」理由とは
    aespaニンニン、事務所からのスカウトを「最初は無視してた」理由とは
    モデルプレス
  3. aespaニンニン、1日で何度もエゴサーチする理由明かす
    aespaニンニン、1日で何度もエゴサーチする理由明かす
    モデルプレス
  4. SEVENTEENジョンハン&ウォヌ、ユニットデビュー控える思い・互いに対して日々感じていること語る
    SEVENTEENジョンハン&ウォヌ、ユニットデビュー控える思い・互いに対して日々感じていること語る
    モデルプレス
  5. ILLITが火付け役 TWICE・IVE・aespaも“バルーンスカート”に夢中
    ILLITが火付け役 TWICE・IVE・aespaも“バルーンスカート”に夢中
    モデルプレス
  6. 「何をしてるの?」ボーカルテストで実力差があらわに…17歳練習生に審査員が厳しい声、練習後に飛び出し号泣
    「何をしてるの?」ボーカルテストで実力差があらわに…17歳練習生に審査員が厳しい声、練習後に飛び出し号泣
    ABEMA TIMES
  7. NewJeansのバギースタイルに注目集まる “ゆるエモ”を楽しむ夏到来
    NewJeansのバギースタイルに注目集まる “ゆるエモ”を楽しむ夏到来
    モデルプレス
  8. SEVENTEEN“13人完全体”日産スタジアム公演で輝かせた魅力 メンバー別に徹底解説<SEVENTEEN TOUR 'FOLLOW' AGAIN TO JAPAN>
    SEVENTEEN“13人完全体”日産スタジアム公演で輝かせた魅力 メンバー別に徹底解説<SEVENTEEN TOUR 'FOLLOW' AGAIN TO JAPAN>
    モデルプレス
  9. “最高の3秒”で会場を魅了!「何頭身?」異次元スタイルを誇る17歳日本人練習生、スゴすぎるパフォーマンスに審査員が言葉失う「メインダンサーとして最高すぎる」
    “最高の3秒”で会場を魅了!「何頭身?」異次元スタイルを誇る17歳日本人練習生、スゴすぎるパフォーマンスに審査員が言葉失う「メインダンサーとして最高すぎる」
    ABEMA TIMES

あなたにおすすめの記事