モデルプレスのインタビューに応じたn.SSign(左上から時計回り)チャン・ヒウォン、イ・ハンジュン、ユン・ドハ、カズタ、ヤン・ジュニョク、チョン・ソンユン、パク・ヒョン(C)モデルプレス

「青春スター」出身・n.SSign、他己紹介でメンバーの魅力を熱弁「隠れた努力家」「可愛いクッション」お互いへのリスペクト&素顔語る<モデルプレスインタビュー前編>

2022.10.22 12:00

グローバルK-POPアーティストへの道のりを追う男女のオーディション番組「青春スター」(ABEMAにて日本独占無料放送)から誕生した7人組ボーイズグループn.SSign(エヌサイン)。期待の新星と呼び名の高い彼らが、10月8日東京・10月10日札幌にて開催された初の来日公演「日韓GFSC Charity Campaign 青春スター × 15th Special KMF 2022」の開催時、満を持してモデルプレスのインタビューに応じ、フレッシュな魅力を炸裂。前編では他己紹介をしてもらい、メンバー愛をたっぷりと語ってもらった。

n.SSign、個性溢れる他己紹介

n.SSign(左から)パク・ヒョン、チャン・ヒウォン、イ・ハンジュン、チョン・ソンユン、ユン・ドハ、カズタ、ヤン・ジュニョク(C)モデルプレス
n.SSign(左から)パク・ヒョン、チャン・ヒウォン、イ・ハンジュン、チョン・ソンユン、ユン・ドハ、カズタ、ヤン・ジュニョク(C)モデルプレス
― 1人1人の魅力に迫るため、左隣のメンバーの魅力や“すごいと思うところ”を他己紹介してもらうことに。プロフィールと合わせて紹介する。

※(席順右から)チョン・ソンユン、チャン・ヒウォン、イ・ハンジュン、ヤン・ジュニョク、カズタ、パク・ヒョン、ユン・ドハ。

チャン・ヒウォン(JANG HEE WON)

チャン・ヒウォン(提供写真)
チャン・ヒウォン(提供写真)
生年月日:2003年11月11日
出身:韓国

グループの最年少。子犬のような可愛らしい笑顔が印象的。多彩な表情や中低音のボーカルで魅了する。

ヒウォン:(自分を指差しし、愛嬌たっぷりの笑顔と日本語で)僕の(魅力)何ですか?

ソンユン:僕自身は喋ることが少し下手なのですが、(ヒウォンは)トークがすごく上手で魅力的ですし、人を幸せにする力がある子でグループの中でも一番ポジティブなメンバーです。あと、カズタさんがリーダーを務めていますが、(ヒウォンも)意外にもグループを引っ張ってくれていてリーダーシップも持ち合わせています。

イ・ハンジュン(LEE HAN JUN)

イ・ハンジュン(提供写真)
イ・ハンジュン(提供写真)
生年月日:2003年8月28日
出身:韓国

予選から一気に審査員たちの視線を集めた実力派。小顔で切れ長な目という持ち前のビジュアルを、ステージを重ねるごとにさらに開花していった。

ヒウォン:僕は、ハンジュンさんのことをシーンスティラー(※韓国では、演技力や独特の個性でシーンを圧倒する役者のことを「シーンスティラー」と呼ぶ)だと思っていて、思わず目が行ってしまうような力を持っていると思います。ほんの少ししか出ていないところでも人を引き込む。みんなの視線を惹きつける魅力を持っていると思います。

ヤン・ジュニョク(YANG JUN HYUK)

ヤン・ジュニョク(提供写真)
ヤン・ジュニョク(提供写真)
生年月日:2001年12月26日
出身:韓国

クールな雰囲気を纏ったカリスマ性の持ち主。パワフルで自信に満ち溢れたパフォーマンスでチームのメンバーをリードする。

ハンジュンジュニョクは、不可能をなくす。不可能なことをなくしてしまうようなエネルギーの持ち主で、舞台のみならず、日常の中で辛いことがあっても「もう少し耐えるんだ」「これはやり遂げないといけない」とエネルギーで持ち上げてくれるんです。あと「見かけよりも可愛いメンバーだよ」といつも言っています(笑)。それぞれ持っている役割があると思うのですが、n. SSignのエネルギーの源になっている子だと思います!

ジュニョク:(エネルギーを見せるかのようにハンジュンにパンチする)。

カズタ(KAZUTA)

カズタ(提供写真)
カズタ(提供写真)
生年月日:1997年12月31日
出身:日本

グループの最年長でリーダー。また、グループ唯一の日本人メンバー。番組放送当初から端正な顔立ちとセクシーなパフォーマンスで注目を集めていた。

カズタ:(ジュニョクカズタの肩に手を置きながらじっと見つめ、照れ笑い)。

ジュニョク:「隠れた努力家」という言葉が出てきたのですが、舞台のみならず、舞台があってもなくても練習に明け暮れていて、絶えず練習している姿を見てきました。本当にひたすら練習練習と、すごく努力する姿を僕たちは見てきたのですが、(番組の)放送では、あまりそういう姿が映っていなかったことが少し残念だと思ってしまうくらい、本当に裏ではものすごい努力をして練習に励んでいます。リーダーとしても、みんなに自分からコミュニケーションを取って仲を深めようとしていて、そういった努力も惜しまないメンバーです。

カズタジュニョク:(グータッチ)。

パク・ヒョン(PARK HYUN)

パク・ヒョン(提供写真)
パク・ヒョン(提供写真)
生年月日:2001年1月5日
出身:韓国

スレンダーで高身長という抜群のスタイルに爽やかさを併せ持つ王道イケメン。他の参加者よりも練習期間や経験が少なく一度は脱落するも、エンジェルパス(※エンジェルミュージシャンこと審査員による救済)によって復活し、急成長を見せ見事デビューの切符を掴んだ。

カズタ:ヒョンの一番良いところは、腰が一番低いところなんです。ヒョンは番組を通して、とても成長したと思うのですが、今でも「僕はまだまだだよ」という風に言っていて、もっと伸びしろがあると思っています。人それぞれですが、成長していく中で「俺、もうこんなに出来るようになったからここで終わり」という人も沢山いると思うんです。でもヒョンは「俺はまだまだ。全然誰にも敵わないよ」といつも言っていて、正直これから一番実力が伸びるメンバーだと思っています。そんな腰の低さが魅力的です。あと、いつも夜遅くまで残って練習をしていて、グループの中で一番の頑張り屋だと思います。

ヒョン:(日本語が分からずカズタに何を話していたのか問いかけ。説明を聞いて笑顔をこぼす)。

ユン・ドハ(YOON DO HA)

ユン・ドハ(提供写真)
ユン・ドハ(提供写真)
生年月日:2001年9月27日
出身:韓国

美しいハイトーンボイスで圧倒するボーカル力の持ち主。また、チームメイトのメンタル面の支えにもなっており、仲間からの信頼が厚い。

ヒョン:お母さんのような人です。誰かが悩んでいたり体調が悪い時があると、すぐに駆けつけてくれて「大丈夫?」と声を掛けてくれて心配してくれて…。僕自身は周囲を気にかけることがあまりできないのですが、(ドハは)分け隔てなく親切に声を掛けてくれて気が回りますし、そういった姿がとてもナチュラルなんです。わがままや冗談もキャッチして受け止めてくれるので“可愛いクッション”みたいな(笑)。とにかく可愛いんです(笑)!

チョン・ソンユン(JUNG SUNG YOON)


チョン・ソンユン(提供写真)
チョン・ソンユン(提供写真)
生年月日:2002年8月5日
出身:韓国

透き通るような白い肌と美しいビジュアルで視線をかっさらう。ボーカル、ダンスともに優れたスキルでチームの要となる存在。

ドハ:ソンユンさんは、番組の予選をはじめ、カズタさんと同様ソロステージをされていたのですが、このソロができるメンバーというのは、限られた人だけだと思うんです。この2人にしかない資格だと思ったのは「足りない部分なんてない」と思うくらい完璧に準備ができているからです。特に、ソンユンさんは唯一2回もソロステージをしたメンバーでとても誇らしいです。実際にその舞台を見てとても感動しました。唯一無二のパフォーマンスで魅せる力を持っているメンバーでリスペクトできる部分が沢山あります。

インタビュー後編では、デビューが決まった率直な心境やターニングポイントになった瞬間など放送では明かされなかったオーディション秘話から彼らの熱い想いに迫った。(modelpress編集部)

n.SSign(左上から時計回り)チャン・ヒウォン、イ・ハンジュン、ユン・ドハ、カズタ、ヤン・ジュニョク、チョン・ソンユン、パク・ヒョン(C)モデルプレス
n.SSign(左上から時計回り)チャン・ヒウォン、イ・ハンジュン、ユン・ドハ、カズタ、ヤン・ジュニョク、チョン・ソンユン、パク・ヒョン(C)モデルプレス
n.SSign/イ・ハンジュンの腕を食べようとするチョン・ソンユン、カズタに全体重を乗っけられたヤン・ジュニョク、笑顔で決めるチャン・ヒウォン、ユン・ドハ、パク・ヒョン(C)モデルプレス
n.SSign/イ・ハンジュンの腕を食べようとするチョン・ソンユン、カズタに全体重を乗っけられたヤン・ジュニョク、笑顔で決めるチャン・ヒウォン、ユン・ドハ、パク・ヒョン(C)モデルプレス

n.SSign(エヌサイン)プロフィール

n.SSign/パク・ヒョンに抱きつくチャン・ヒウォン、ユン・ドハにキス顔で迫るカズタ、クールに決めるイ・ハンジュン、ヤン・ジュニョク、チョン・ソンユン(C)モデルプレス
n.SSign/パク・ヒョンに抱きつくチャン・ヒウォン、ユン・ドハにキス顔で迫るカズタ、クールに決めるイ・ハンジュン、ヤン・ジュニョク、チョン・ソンユン(C)モデルプレス
アイドル派、ボーカル派、シンガーソングライター派の3ジャンルに分かれたグローバルK-POPアーティストへの道のりを追う男女のオーディション番組「青春スター」のアイドル派の参加者の中から結成。グループ名には「星が1つだけでは星座(=スターサイン)が作れないように、7人で新しい星座を作っていく」という意味が込められている。

また、12月には再来日公演「“n.CH WORLD Live 2022” in Japan」の開催も決定している。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 「青春スター」出身・n.SSign、脱落者への想い&ターニングポイントになった瞬間…オーディション時の胸の内に迫る<モデルプレスインタビュー後編>
    「青春スター」出身・n.SSign、脱落者への想い&ターニングポイントになった瞬間…オーディション時の胸の内に迫る<モデルプレスインタビュー後編>
    モデルプレス
  2. 日韓グローバルオーディション「青春スター」TOP7、初来日公演開催 “13人全員集合”に反響
    日韓グローバルオーディション「青春スター」TOP7、初来日公演開催 “13人全員集合”に反響
    モデルプレス
  3. 日韓グローバルオーディション「青春スター」最終順位&デビューグループ名発表 優勝者は1億ウォン獲得
    日韓グローバルオーディション「青春スター」最終順位&デビューグループ名発表 優勝者は1億ウォン獲得
    モデルプレス
  4. 日韓グローバルオーディション「青春スター」日本人・カズタ、デビュー決定 涙で心境吐露「責任感とプレッシャーに押しつぶされそう」
    日韓グローバルオーディション「青春スター」日本人・カズタ、デビュー決定 涙で心境吐露「責任感とプレッシャーに押しつぶされそう」
    モデルプレス
  5. 日韓グローバルオーディション「青春スター」唯一の日本人・カズタ、デビュー決定で涙 喜びと苦悩明かす
    日韓グローバルオーディション「青春スター」唯一の日本人・カズタ、デビュー決定で涙 喜びと苦悩明かす
    モデルプレス
  6. 日韓グローバルオーディション「青春スター」デビューメンバー決定へ EXO・BTS…続々カバー・涙する参加者も
    日韓グローバルオーディション「青春スター」デビューメンバー決定へ EXO・BTS…続々カバー・涙する参加者も
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 日向坂46高本彩花「みんなの夢の中に私はいない」卒業意識し始めた時期・同期との特別な関係性語る【「僕の記憶の中で」インタビュー】
    日向坂46高本彩花「みんなの夢の中に私はいない」卒業意識し始めた時期・同期との特別な関係性語る【「僕の記憶の中で」インタビュー】
    モデルプレス
  2. 日向坂46高本彩花、ジム通い&徹底ケアで挑んだ1st写真集「衝撃的なものにしたい」ストイックに頑張れた理由とは【「僕の記憶の中で」インタビュー】
    日向坂46高本彩花、ジム通い&徹底ケアで挑んだ1st写真集「衝撃的なものにしたい」ストイックに頑張れた理由とは【「僕の記憶の中で」インタビュー】
    モデルプレス
  3. 「くる恋」“主題歌書き下ろし”Da-iCEに唯一リクエストしたこと 歌詞と偶然リンクしたシーンとは【八木亜未PインタビューVol.4】
    「くる恋」“主題歌書き下ろし”Da-iCEに唯一リクエストしたこと 歌詞と偶然リンクしたシーンとは【八木亜未PインタビューVol.4】
    モデルプレス
  4. 「くる恋」瀬戸康史、“花びらキス”でアドリブ 2つの胸キュンシーン裏話【八木亜未PインタビューVol.3】
    「くる恋」瀬戸康史、“花びらキス”でアドリブ 2つの胸キュンシーン裏話【八木亜未PインタビューVol.3】
    モデルプレス
  5. 「くる恋」生見愛瑠の起用理由明かす 瀬戸康史・神尾楓珠・宮世琉弥は「当て書きな部分も」【八木亜未PインタビューVol.2】
    「くる恋」生見愛瑠の起用理由明かす 瀬戸康史・神尾楓珠・宮世琉弥は「当て書きな部分も」【八木亜未PインタビューVol.2】
    モデルプレス
  6. 「くる恋」ラブコメ枠でミステリーに挑戦した理由 今までの火ドラとの違い明かす「怒られるかなと思うことも」【八木亜未PインタビューVol.1】
    「くる恋」ラブコメ枠でミステリーに挑戦した理由 今までの火ドラとの違い明かす「怒られるかなと思うことも」【八木亜未PインタビューVol.1】
    モデルプレス
  7. UNICODEハナ、TWICEドーム公演に影響受けK-POPアイドルの道へ【インタビュー連載Vol.1】
    UNICODEハナ、TWICEドーム公演に影響受けK-POPアイドルの道へ【インタビュー連載Vol.1】
    モデルプレス
  8. 萩原利久が意識しているSNSの使い方 25歳迎え“この5年で達成できたこと&これから5年で成し遂げたいこと”語る【「朽ちないサクラ」インタビュー後編】
    萩原利久が意識しているSNSの使い方 25歳迎え“この5年で達成できたこと&これから5年で成し遂げたいこと”語る【「朽ちないサクラ」インタビュー後編】
    モデルプレス
  9. 萩原利久、杉咲花と5年ぶり再共演「十二人の死にたい子どもたち」から変わらぬ尊敬の想い「僕らの世代の中で飛び抜けている」【「朽ちないサクラ」インタビュー前編】
    萩原利久、杉咲花と5年ぶり再共演「十二人の死にたい子どもたち」から変わらぬ尊敬の想い「僕らの世代の中で飛び抜けている」【「朽ちないサクラ」インタビュー前編】
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事