「PRODUCE 101 JAPAN」デビュー最終候補練習生20人を一挙紹介<第3回順位発表1位~20位プロフィール>

0
0
日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模となる日本発の“サバイバル”オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」の3回目となる順位発表式が5日に配信され、デビューメンバーの候補となる20人の練習生が決定。
(左から)白岩瑠姫、豆原一成、川尻蓮、鶴房汐恩、川西拓実(提供写真)
(左から)白岩瑠姫、豆原一成、川尻蓮、鶴房汐恩、川西拓実(提供写真)
ここでは101人から20人までに絞り込まれた練習生たちを直近の順位順に紹介。最終回放送前にチェックして欲しい。

目次

  1. 「PRODUCE 101 JAPAN」とは?
  2. 「PRODUCE 101 JAPAN」これまでの戦いの流れをざっくり
  3. 1位:川尻蓮(かわしり・れん)
  4. 2位:豆原一成(まめはら・いっせい)
  5. 3位:鶴房汐恩(つるぼう・しおん)
  6. 4位:白岩瑠姫(しろいわ・るき)
  7. 5位:川西拓実(かわにし・たくみ)
  8. 6位:安藤誠明(あんどう・ともあき)
  9. 7位:上原潤(うえはら・じゅん)
  10. 8位:木全翔也(きまた・しょうや)
  11. 9位:大平祥生(おおひらしょうせい)
  12. 10位:與那城奨(よなしろ・しょう)
  13. 11位:河野純喜(こうの・じゅんき)
  14. 12位:井上港人(いのうえ・みなと)
  15. 13位:佐藤景瑚(さとう・けいご)
  16. 14位:金城碧海(きんじょう・すかい)
  17. 15位:大澤駿弥(おおさわ・しゅんや)
  18. 16位:本田康祐(ほんだ・こうすけ)
  19. 17位:床波志音(とこなみ・しおん)
  20. 18位:今西正彦(いまにし・まさひこ)
  21. 19位:佐藤來良(さとう・らいら)
  22. 20位:宮島優心(みやじま・ゆうご)

「PRODUCE 101 JAPAN」とは?

「PRODUCE 101 JAPAN」(提供写真)
「PRODUCE 101 JAPAN」(提供写真)
韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」で放送され、10代、20代の男女に圧倒的な人気を誇る大ヒットサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101」シリーズの日本版。

日本版では、約6,000人の中から書類・実技の選考を経て、合格者101人が選ばれた。101名は、“練習生”と呼ばれ、歌やダンスなどを披露し、さまざまなミッションに挑戦。全5回の課題パフォーマンスを行い、毎回視聴者による投票で順位が決定される。圏外の練習生は脱落となり、熾烈な競争を勝ち抜いた11名を最後に選出。その11人は2020年に、日本から世界へ羽ばたくボーイズグループとしてメジャーデビューが確約されている。

なお、デビューメンバーが決定する最終決戦は、TBS系列にて12月11日にゴールデンタイムの大型特別番組として生放送することが決定。最終回では最終評価課題「デビュー評価」を放送。生放送の順位発表によって、デビューする上位11人のメンバーが明らかとなる。

「PRODUCE 101 JAPAN」これまでの戦いの流れをざっくり

「PRODUCE 101 JAPAN」第3回順位発表式(提供写真)
「PRODUCE 101 JAPAN」第3回順位発表式(提供写真)
「PRODUCE 101 JAPAN」第3回順位発表式(提供写真)
「PRODUCE 101 JAPAN」第3回順位発表式(提供写真)
練習生は97人(※番組開始までに4名が辞退)からポジションバトルで60人に、グループバトルで35人に、そしてコンセプトバトルで20人に。

表題曲「ツカメ~It's Coming~」でセンターを務めた川尻蓮と豆原一成、鶴房汐恩、川西拓実のいわゆる“四天王”と呼ばれた注目メンバー4人、K-POPグループHALO(ヘイロ)の元メンバーであるキム・ヒチョン、キム・ユンドン、チョン・ヨンフン、「PRODUCE X 101」からリベンジ参加の上原潤…といったいわゆる“アベンジャーズ”(上位常連組)に、未経験ながらボーカルの実力で毎回爪痕を残してきた安藤誠明、與那城奨、河野純喜のシックスパックス3人といった精鋭メンバーが食らいつき、白岩瑠姫がここに来て驚異的な追い上げを見せ、四天王に食い込んできた。

しかし、11月28日にヒチョンが、12月5日にユンドンとヨンフンが辞退を発表。良きお兄ちゃんとして練習生から慕われ全体のパフォーマンスレベルを上げ、デビューも確実視されていた3人の辞退には大きな衝撃が。第3回順位発表で5位だったヨンフン、9位だったユンドンの辞退に伴い、21位の佐藤來良と22位の宮島優心が繰り上げで残留が決定した。

キム・ユンドン&&チョン・ヨンフン、辞退を発表


以下、直近の順位発表でのランキング順に、最終候補の20人の練習生のプロフィールとこれまでの戦いで見せた魅力を紹介する。

1位:川尻蓮(かわしり・れん)

川尻蓮(提供写真)
川尻蓮(提供写真)
川尻蓮(かわしり・れん) (C)モデルプレス
川尻蓮(かわしり・れん) (C)モデルプレス
年齢:22
血液型:O
身長:173
体重:60
趣味:ゲーム、体を動かすこと、マジックとお笑いを見ること
特技:フリースタイルダンス


表題曲「ツカメ~It's Coming~」でセンターを務め、これまでの順位は全て1位または2位。王者位置に君臨する絶対的存在で、“不動のセンター”と言われる。プロダンサーとしてSMAP、DREAMS COME TRUE、Wanna One、山下智久、PENTAGONなどそうそうたるアーティストのサポートやバックダンサーを務めた経験がある実力者で、ダンスの美しさは練習生随一。

ハイトーンのヘアスタイル、K-POPメイクが映えるルックスも相まって放送開始前から注目を集め、礼儀正しい性格や、常に謙虚で奢らない姿勢といった内面も含め、厚い支持を受けている。デビューや順位ではなくその先を見据えて、日本のアーティスト界を牽引して世界で活躍したいという高い目標に向かって努力を惜しまない彼を、多くの練習生が目標としてきただろう。

2位:豆原一成(まめはら・いっせい)

豆原一成(提供写真)
豆原一成(提供写真)
年齢:17
血液型:O
身長:173
体重:69
趣味:ダンス、歌を歌うこと、メルカリで服を見る、TikTokなど
特技:90’s HIPHOPダンス、野球、水泳、仮面ライダーのものまね

残留メンバー最年少。17歳にしてダンスインストラクターとして子どもたちにダンスを教えており、初回のレベル分けテストにソロで臨み、実力を見せつける。

なんといってもキレキレなダンスとはギャップのある圧倒的に爽やかで誠実そうな日本人らしいルックスと母性本能をくすぐるキャラクターが魅力で、広大な自然の中で自転車で通学するプライベート映像から溢れる素朴な好青年ぶりが、国民プロデューサーの心を鷲掴み。


“国民の初恋”や“国民の青春”と呼ばれ、HALOの3人からも“マンネ”(末っ子)として可愛がられていた。課題にしていた表情もバトルごとで成長を見せ国民プロデューサーを驚かせており、デビュー評価にも期待。

3位:鶴房汐恩(つるぼう・しおん)

鶴房汐恩(提供写真)
鶴房汐恩(提供写真)
年齢:19
血液型:A
身長:178
体重:64
趣味:歌、ダンス、ゲーム、音楽鑑賞
特技:ダンス、歌

韓国の芸能事務所での練習生経験があり、レベル分けテストではソロで歌とダンスを披露し実力を見せたが、照れから来たそっけない受け答えで「態度がよろしくないです」とトレーナー陣から言われてしまいC評価からスタートした鶴房。

不器用なだけで練習生たちからは慕われている素顔がすぐに明らかになり、練習生が選ぶビジュアルセンター2位にもなったワイルドなルックスと唯一無二のオーラ、愛すべきキャラクターと“リア恋”ファンを生むふとしたときに見せる照れた笑顔など知れば知るほどハマっていく魅力の持ち主で、1pickにしている熱狂的なファンが多い印象。


ときにはライバルとして、ときには同じチームの仲間として切磋琢磨してきた豆原とは、正反対のキャラクターから“豆鶴”シンメ推しのファンも多い。

4位:白岩瑠姫(しろいわ・るき)

白岩瑠姫 (提供写真)
白岩瑠姫 (提供写真)
白岩瑠姫(しろいわ・るき) (C)モデルプレス
白岩瑠姫(しろいわ・るき) (C)モデルプレス
年齢:22
血液型:O
身長:175
体重:55
趣味:作詞、作曲を含めたバンド活動、ギター演奏
特技:ギター、サッカー

初回22位から一度も順位を落とさず最終回直前に4位に食い込んできた日プ最大のダークホース。過去には、アイドル事務所を退所後、2.5次元アイドルやアイドルグループY’sR(仮)のメンバーとして活動。

名前負けしない華のあるプリンスビジュアルと魅せ方の上手さで、これまで全ての評価曲でセンターを務め、その度に着実に人気を上げてきたが、コンセプトバトルのオリジナル曲「Happy Merry Christmas」のパフォーマンスでアイドル感全開のキュートな表現も身につけ、人気が爆発。現場評価でベネフィットなしだとぶっちぎりの票数を集め、今一番勢いのある練習生と言えよう。


王子様キャラクターとはギャップのある茶目っ気たっぷりの素顔も魅力で、「仲間たちのここだけの話」シーンでは、本田康祐から「合宿所で朝4時までずっと喋ってる」と暴露されていた。

5位:川西拓実(かわにし・たくみ)

川西拓実 (提供写真)
川西拓実 (提供写真)
年齢:20
血液型:B
身長:170
体重:57
趣味:映画鑑賞
特技:ビートボックス、ハンドスプリング


未経験とは思えない吸収の早さとセンスで、川尻ら経験者からも驚かれ、早い段階でAクラスに昇格した川西。ビジュアルセンター1位を獲得したルックスと周りから慕われる人懐っこいキャラクターで国民プロデューサーからは“姫”と愛される。

グループバトルではグループ個人1位、個人総合1位、グループ1位の全てを獲得。特に「表情管理の天才」と呼ばれるステージでの表情の素晴らしさは目を見張るものがあり、持って生まれた才能に多くのファンが魅せられている。低音ボイスも魅力で、デビューしたら色々なポジションで能力を発揮して欲しい。

最終回直前に大きく順位が変動しているが、最終的にどこまで順位を上げれるか。

6位:安藤誠明(あんどう・ともあき)

安藤誠明(提供写真)
安藤誠明(提供写真)
年齢:22
血液型:A
身長:173
体重:63
趣味:歌うこと、音楽鑑賞、映画鑑賞、スポーツ全般、釣り、筋トレ
特技:柔道、釣り、スポーツ全般、子供と遊ぶこと


放送前のプロフィール写真解禁時点で、「昭和の俳優みたい」(ヒチョン曰く)と言われる彫りの深い端正な顔立ちが話題になった“顔面最強”練習生。その実力は顔面だけでなく、他とは一線を画す声量を誇るボーカルで開花。

グループバトルでは東方神起の「Why? (Keep Your Head Down)」のメインボーカルを務め、圧倒的な歌唱力を印象づけた。デビュー評価の「YOUNG」でもメインボーカルの座を射止め、どんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみだ。ちなみに参加前は船のエンジニアとして働いていたといい、ファンの合言葉は「#安藤誠明を海に帰すな」。

7位:上原潤(うえはら・じゅん)

上原潤 (提供写真)
上原潤 (提供写真)
上原潤(うえはら・じゅん) (C)モデルプレス
上原潤(うえはら・じゅん) (C)モデルプレス
年齢:23
血液型:B
身長:177
体重:62
趣味:ラップメイキング、映画鑑賞
特技:ラップ、ギター、韓国語、英語

今年5月から7月にかけて韓国にて放送された前シーズン「PRODUCE X 101」に参加するも脱落、韓国で所属していた事務所を辞めてリベンジ。


当初から得意のラップポジション志望で、ポジションバトルでラップチームだった練習生が軒並み脱落していることもあり、貴重な戦力としてデビューを望む声が多い。初回のレベル分けテストでは本番で失敗してしまいCクラスからスタートしたが、最近はチームリーダーとしてメンバーを頼もしく引っ張る姿が印象的。

8位:木全翔也(きまた・しょうや)

木全翔也 (提供写真)
木全翔也 (提供写真)
木全翔也(きまた・しょうや) (C)モデルプレス
木全翔也(きまた・しょうや) (C)モデルプレス
年齢:19
血液型:A
身長:171
体重:60
趣味:バイクに乗ること、ダンス、歌、食べること、ファッション、絵を描く、映画をみること
特技:ものまね、泳ぐ、サッカー

名古屋有名ダンススクール出身。上品なダンスや、他の練習生とは一線を画す正統派のルックスで、“木全JAPAN“と呼ばれるファンが熱い印象。初回からAクラスに配属され、実力は認められているものの、放送分量が少なくなかなか脚光を浴びる機会がなく、それが逆にファンの団結力を高めている。


コンセプトバトルでは「DOMINO」からメンバー内投票で放出され、「クンチキタ」グループへ。強い思い入れがあった「DOMINO」チームに対抗心を燃やし、苦手なジャンルのダンスだった「クンチキタ」も努力でものにして、見事グループは1位という称号を得た。

9位:大平祥生(おおひらしょうせい)

大平祥生(提供写真)
大平祥生(提供写真)
年齢:19
血液型:A
身長:176
体重:63
趣味:カメラ、散歩、映画鑑賞、動画編集、ビート作り
特技:シフト、ダブルシフト

EXPG出身。バックダンサーとして活躍した経験があり、レベル分けテストでは川尻と山田聡(脱落)とUN Backersを組む。川尻がA評価だったのに対し、C評価でスタートし、川尻の背中を追いかける姿や、コンセプトバトルで「DOMINO」から放出されて「やんちゃBOY やんちゃGIRL」に移動したときに見せた涙など、数多くのドラマで感動を呼んだ。


その実力や人柄とともに、少女漫画から出てきたような二次元感があるルックスも大きな武器。枠にとらわれず、カッコいいも可愛いもセクシーもハマる魅力があり、これまでのバトルで幅広い表情を見せている。

10位:與那城奨(よなしろ・しょう)

與那城奨(提供写真)
與那城奨(提供写真)
年齢:24
血液型:O
身長:180
体重:70
趣味:筋トレ、ギター(アコースティック)、英会話、映画鑑賞(洋画)
特技:ギター(アコースティック)、英会話(日常会話)、筋トレ

筋肉自慢のシックスパックスの長男的存在。以前からギター弾き語りでカバーをSNSに投稿するなど歌手を目指して活動。ポジションバトルの米津玄師「Lemon」での深い味わいのある歌声が話題になったことがきっかけで、女子顔負けの美しい顔面と溢れる色気に落ちる国民プロデューサーが後を立たず。これまで一度もメインボーカルポジションを務めていないが、少ないフレーズでも確実に印象に残る歌声とビジュアルで、毎回グループ内で高い票数を獲得している。


実はポンコツな一面や、安藤とのまるで親子のような関係性、面倒見の良い性格で、国民プロデューサーからは「オッパ」「ママ」など好き好きに呼ばれている。

11位:河野純喜(こうの・じゅんき)

河野純喜(提供写真)
河野純喜(提供写真)
年齢:21
血液型:O
身長:174
体重:64
趣味:筋トレ、ランニング、旅、将棋
特技:サッカー、英語、ものまね(ディズニー)


シックスパックスの末っ子。グループバトル、コンセプトバトルでメインボーカルとして存在感を発揮。上位メンバーが多いチームの中で、未経験ながら食らいつき、着実に実力を上げてきた。

名前の通り無邪気で明るいキャラクターで多くのメンバーと接し、オフシーンの分量多め。特に井上港人との仲の良い関係性が有名。涼しげな目元に大きな口、ガッチリした体つきのルックスは韓国でも人気が高く、クラスだったら絶対中心にいそうな好感度の高さがある。

---ここまでがデビュー圏内---

12位:井上港人(いのうえ・みなと)

井上港人 (提供写真)
井上港人 (提供写真)
年齢:19
血液型:B
身長:176
体重:68
趣味:ダンス、ビリヤード、サーフィン
特技:ダンス(Style HipHop、KRUMP、SWAG、LOCK)、ビリヤード


ファッションセンスが高く、いつも個性的でワイルドな私服のため、クールな性格に見えがちだが、河野を始め年上メンバーから慕われる愛されキャラ。

中盤まではあまり目立つシーンがなく自身でも「ずっと中途半端な位置」と悩んでいたが、コンセプトバトルの「クンチキタ」で、ラップに挑戦し魅力が覚醒。楽曲の世界観に合ったキレのあるダンスと力強いラップで高い評価を集め、グループ1位、個人順位1位を獲得。最終回直前に前週の22位から12位までジャンプアップし、デビューを十分狙える位置にまで上がってきた。

13位:佐藤景瑚(さとう・けいご)

 佐藤景瑚 (提供写真)
佐藤景瑚 (提供写真)
年齢:21
血液型:A
身長:181
体重:60
趣味:ダンス、ビリヤード、ボーリング、サッカー
特技:ダンス、ビリヤード、サッカー


長身に小顔のK-POPアイドルらしい日本人離れしたルックスで、トレーナー陣からも「華がある」と評価される存在。「似ている」と言われるK-POPアイドルは数知れず。その一方でオフシーンでは不思議キャラクターであることが明らかになっており癖の強い発言もしばしば。

流れるような美しいダンス、ステージ映えする存在感と表情は圧倒的で、コンセプトバトルでは「DOMINO」から「クンチキタ」グループへ移動したが、見事グループが1位となり、順位を上げた。

14位:金城碧海(きんじょう・すかい)

金城碧海 (提供写真)
金城碧海 (提供写真)
年齢:19
血液型:A
身長:178
体重:60
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞
特技:お母さんモノマネ、空手、浜歩き、サッカー(球技)

彼もコンセプトバトルで評価を一気に上げた練習生の1人。それまでは目立って注目されたことがなかったが「Black out」のステージで披露したハスキーボイスのラップと色気のあるルックスが話題になり、グループ内で1位の現場投票数を獲得。初回と比べてビジュアルが抜群に垢抜けた練習生の1人で、スタイルの良さやポーカーフェイスの涼しげな顔面は強い武器に。


未経験で、初回のクラス分けではB評価だったが、その後の再評価ではFクラスに落ちた経験もあり、これまでの最低順位は85位と、大きな伸びを見せている。

15位:大澤駿弥(おおさわ・しゅんや)

大澤駿弥 (提供写真)
大澤駿弥 (提供写真)
年齢:22
血液型:AB
身長:176
体重:61
趣味:Youtubeを見ること、Instagram
特技:ダンス(?)、鼻の穴をめちゃでかくする、ヤギのモノマネ


言わずと知れた日プ一のムードメーカー。すでに吉本興業所属なのでは?と思わせるほどのリアクションの大きさとおふざけキャラで、企画ものシーンではオチ要員や司会に抜擢され、番組を盛り上げてきた。

キャラだけではない実力の持ち主で、普段とは人が変わったようなステージでの表現力でも国民プロデューサーを惹きつけている。

16位:本田康祐(ほんだ・こうすけ)

本田康祐 (提供写真)
本田康祐 (提供写真)
年齢:24
血液型:A
身長:175
体重:63
趣味:映画鑑賞、ドラゴンボールのゲーム、振り作り
特技:アクロバット、邦楽フリーダンス

ダンス&ボーカルユニットWhiteAでパフォーマーをしていたダンスの実力者。ポジションバトルではダンス未経験者やFクラスの練習生を熱心に指導し、チームを勝利に導き、自身もダンスポジションで個人1位を獲得。それぞれの個性を活かした振付を考え、リーダーとして自分の練習時間を犠牲にしてでも周りを成長させる姿は練習生全体と多くの国民プロデューサーの感動を呼び、”みんなの兄貴”と呼ばれるように。ワイルドで男らしいルックスと色気も人気。


白岩とは3年以上の仲だといい、“るきやす“コンビでデビューを願うファンも多い。

17位:床波志音(とこなみ・しおん)

床波志音(提供画像)
床波志音(提供画像)
床波志音(提供画像)
床波志音(提供画像)
年齢:19
血液型:O
身長:175
体重:58
趣味:水泳、スポーツ、韓国ドラマ鑑賞、マジック
特技:水泳、歌を歌うこと、ラップ、コピーダンス

これまでの最低順位発表は94位と一番伸び率が高い日プのシンデレラボーイ。その歌声の魅力を知らしめたポジションバトルのback number「HAPPY BIRTHDAY」のステージは伝説となっている。


普段はマイペースなキャラクターだが、一旦ステージに上がると顔つきが豹変するタイプ。コンセプトバトルではダンスパフォーマンスを向上させ、キュートな一面をアピール。メインボーカルの座を射止めたデビュー評価が楽しみだ。

18位:今西正彦(いまにし・まさひこ)

今西正彦(提供写真)
今西正彦(提供写真)
今西正彦(C)モデルプレス
今西正彦(C)モデルプレス
年齢:18
血液型:A
身長:171
体重:65
趣味:音楽を聴くこと、SNSを見ること、自撮りすること
特技:ダンス

6人姉弟の末っ子で、4人の姉の影響で2歳半からダンスを始めた経験者。レベル分けテストでは麦わら帽子を被ってPerfumeを踊り強烈インパクトを残したが、トレーナー陣は歌の実力を鑑みてあえてF評価を下した(その後、再評価でBクラスにランクアップ)。

自分をよく魅せるだけではなく、メンバー1人ひとりの魅力を最大限発揮する振付センスには定評があり、ポジションバトルではEXILE THE SECOND「WILD WILD WILD」でチームを勝利に導いた。

普段はおっとりした喋り方の中性的なキャラクターで、常にメンバーの中心におり、コンセプトバトルでは他チームから放出された大平を今西の発案で、ホワイトボードにメッセージを描いて温かく迎え入れる姿も話題に。ヒコの愛称で親しまれており、ファンの名称は“織姫”。

19位:佐藤來良(さとう・らいら)

佐藤來良(提供写真)<br>
佐藤來良(提供写真)
年齢:19
血液型:A
身長:175
体重:63
趣味:ショッピング、スケボ―、筋トレ、音楽を聴くこと
特技:歌、バスケ、絵画、書道、ヘアセット

大平と同じくEXPG出身。最初のクラス分けテストでAクラスに配属されるも再評価で唯一Bに降格。その後は放送分量に恵まれず、メインボーカルやセンターの経験もないが、バランスの良い実力やメンバーから慕われていることが随所で分かる人柄で、ここまで残留。キュートなルックスで“国民のリアコ”の呼び声も高い。


分量が少ない分ファンの結束は固く、繰り上げからのデビューというドラマを見せることができるか。

20位:宮島優心(みやじま・ゆうご)

宮島優心 (提供写真)
宮島優心 (提供写真)
宮島優心(みやじま・ゆうご) (C)モデルプレス
宮島優心(みやじま・ゆうご) (C)モデルプレス
年齢:18
血液型:不明
身長:164
体重:49
趣味:ダンス、歌うこと、サッカー、おいしいもの探し、自転車旅
特技:サッカー、ウインク


トイプードルのような可愛らしいルックスで、年齢関係なく練習生から愛される永遠の弟キャラ。再評価でAクラスに上がるなど、ダンスの実力は当初から高く、クールな楽曲で見せるギャップが魅力的。

日プイチの“バブ枠”でコンセプトバトル「やんちゃBOY やんちゃGIRL」ではセンターを務めたが、強い内面や実力の高さに基づいた人気を得ており、“バブ”の一言で片付けるのは勿体ない。

(modelpress編集部)

全練習生写真


これまでの「PRODUCE 101 JAPAN」関連記事


日本版「プデュ」デビュー直前でまさかの順位変動 [PR]



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 「PRODUCE 101 JAPAN」デビュー最終候補練習生20人を一挙紹介<第3回順位発表1位~20位プロフィール>
今読んだ記事

「PRODUCE 101 JAPAN」デビュー最終候補練習生20人を一挙紹介<…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事