乃木坂46川後陽菜、卒業 ラストステージで号泣メッセージ「私をアイドルにしてくれました」ファンへの思い語る<手紙全文/アンダーライブ全国ツアー2018~関東シリーズ~>

【乃木坂46・川後陽菜/モデルプレス=12月21日】乃木坂46のアンダーメンバーが19日~20日の2日間にわたって、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザにて「アンダーライブ全国ツアー2018 ~関東シリーズ~」を開催した。同公演をもって、川後陽菜はグループの活動を終えた。
中田花奈、和田まあや、川後陽菜、樋口日奈/乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018 ~関東シリーズ~」(提供写真)
中田花奈、和田まあや、川後陽菜、樋口日奈/乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018 ~関東シリーズ~」(提供写真)

川後陽菜、乃木坂46最後の活動

乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018 ~関東シリーズ~」(提供写真)
乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018 ~関東シリーズ~」(提供写真)
2018年11月、グループから卒業することを発表した川後。アンコールでは、会場が川後のサイリウムカラーである赤に染まり、最後は川後がセンターの『ハルジオンが咲く頃』で活動を締めくくった。

同曲は、2016年に乃木坂46を卒業した深川麻衣がセンターを務めたラスト曲。プライベートでも仲が良く、ファンの間で“最強コンビ”とされていた川後が、その後コンサートで披露された際に、センターの代理を務めていた。

乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018 ~関東シリーズ~」(提供写真)
乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018 ~関東シリーズ~」(提供写真)
川後はライブ前、「私が好きそうな曲のサイリウムカラーは、白と黄色にしてほしい」と話していたが、本番はその言葉通り、アリーナ席のサイリウムカラーが黄色、スタンド席のサイリウムカラーが白となり、会場にハルジオンが咲いていた。

曲中には、和田まあやが「ごっち、卒業おめでとう。出会えて良かったです、大好き」とハグも。川後も最後に「7年間本当にありがとうございました!7年間で本当に大切なものがたくさんできました。かけがえのない仲間がたくさんできました。本当に本当に私は乃木坂46に入れて、アイドルになれて幸せでした!7年間みなさん、ありがとうございました!」とメッセージを伝えた。

【詳細レポ】“座長”北野日奈子の決意、川後陽菜「ハルジオンが咲く頃」で涙の卒業…これぞアンダラ!怒涛のノンストップ神曲に熱狂


樋口日奈、北野日奈子、川後陽菜、寺田蘭世、中田花奈/乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018 ~関東シリーズ~」(提供写真)
樋口日奈、北野日奈子、川後陽菜、寺田蘭世、中田花奈/乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018 ~関東シリーズ~」(提供写真)
また終演後、Twitterでは「ハルジオン」がトレンド入りする反響となっていた。

以下、最後に川後がファンに向けた手紙全文。

川後陽菜、ファンに向けた手紙全文

川後陽菜/乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018 ~関東シリーズ~」(提供写真)
川後陽菜/乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018 ~関東シリーズ~」(提供写真)
卒業ということで、言葉足らずになるのが怖いので、手紙を書いてきました。ここでちょっと読ませていただきますが、温かい心で聞いていただければと思います。乃木坂46に入って、7年と4ヶ月が経ちました。たくさんの思い出がありますが、私を成長させてくれたのは、このアンダーライブです。私は、1回目のアンダーライブからきょうまで、すべての公演に出演してきました。(会場から拍手)自分に誇れることがあるなら、それは乃木坂のメンバーで1番ライブをやってきたということです。

だから始まった当初からは想像もつかない、こんなに素敵な景色を見られて悔いはありません。応援し、支えてくれたファンのみなさんが、きょうまで私をアイドルにしてくれました。私の夢はいつもファンの方と一緒に叶えてきました。数いるアイドルのなかから、乃木坂46川後陽菜を見つけてくれて本当にありがとうございます。私がここまで来れたのは、最初は反対していたけど、ずっとサポートしてくれた家族のみんなとか、友だちとか、スタッフのみなさん、ずっと一緒に戦ってきたメンバーのみんな、そしてファンのみなさん。今まで関わってくださったすべての方のおかげです。たくさんの愛をありがとうございました。乃木坂46川後陽菜より。

(modelpress編集部)

乃木坂46佐々木琴子、中田花奈のキャッチフレーズ奪う 川後陽菜卒業は「えーん」“宣言”からの成長見せる


“座長”北野日奈子「アンダー」への想い語った胸熱スピーチ<全文>


川後陽菜(かわご・ひな)プロフィール

生年月日:1998年3月22日/血液型:O型/星座:おひつじ座/身長:158cm

13歳の時に長崎から上京。2011年8月、乃木坂46第1期メンバーオーディションに合格しデビュー。乃木坂46の活動だけではなく、雑誌『Popteen』の専属モデルとしても活躍していた。

乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018 ~関東シリーズ~」<12月20日セットリスト>

影ナレ:伊藤かりん伊藤純奈川後陽菜

<セットリスト>

OVERTURE

M1.初恋の人を今でも(センター:北野日奈子
M2.あの日僕は咄嗟に嘘をついた(センター:北野日奈子
M3.転がった鐘を鳴らせ!(センター:渡辺みり愛
M4.My Rule(センター:樋口日奈
M5.ブランコ(センター:寺田蘭世
M6.自由の彼方(センター:鈴木絢音

MC

M7.遠回りの愛情(センター:岩本蓮加
M8.私のために誰かのために(センター:久保史緒里伊藤かりん伊藤純奈
M9.傾斜する(センター:渡辺みり愛
M10.君は僕と会わない方がよかったのかな(センター:中田花奈
M11.満月が消えた(センター:阪口珠美川後陽菜佐々木琴子吉田綾乃クリスティー和田まあや
M12.君に贈る花がない(センター:北野日奈子寺田蘭世中田花奈
M13.誰よりそばにいたい(センター:北野日奈子

MC

M14.自惚れビーチ(センター:鈴木絢音
M15.シークレットグラフィティー(センター:樋口日奈
M16.左胸の勇気(センター:山崎怜奈
M17.13日の金曜日(センター:岩本蓮加
M18.狼に口笛を(センター:和田まあや

MC

M19.アンダー(センター:北野日奈子

北野日奈子ソロダンス

M20.嫉妬の権利(センター:北野日奈子
M21.制服のマネキン(センター:北野日奈子
M22.インフルエンサー(センター:北野日奈子
M23.ここにいる理由(センター:北野日奈子
M24.日常(センター:北野日奈子

EN

EN1.帰り道は遠回りしたくなる (センター:北野日奈子
EN2.孤独な青空(センター:北野日奈子
EN3.サイコキネシスの可能性(センター:北野日奈子

MC

EN4.乃木坂の詩(センター:北野日奈子
EN5.ハルジオンが咲く頃(センター:川後陽菜

出演メンバー:名前一覧(50音順)

伊藤かりん伊藤純奈岩本蓮加川後陽菜北野日奈子久保史緒里阪口珠美佐々木琴子鈴木絢音寺田蘭世中田花奈中村麗乃樋口日奈向井葉月山崎怜奈吉田綾乃クリスティー渡辺みり愛和田まあや

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 乃木坂46川後陽菜、卒業 ラストステージで号泣メッセージ「私をアイドルにしてくれました」ファンへの思い語る<手紙全文/アンダーライブ全国ツアー2018~関東シリーズ~>
今読んだ記事

乃木坂46川後陽菜、卒業 ラストステージで号泣メッセージ「私を…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事