和田まあや わだまあや

「和田まあや」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「和田まあや」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「和田まあや」に関連するモデルプレス記事

和田まあやのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

和田まあやのプロフィール

和田まあや(わだ・まあや)

生年月日:1998年4月23日
出身:広島県
血液型:O型
身長:160cm

■経歴
・加入前
F.Rose・エンターテイメントスタジオに所属していた。この事務所には小原春香(元・AKB48/SDN48)も所属していた。小原もまた広島県出身である。

・2011年
8月21日、乃木坂46第一期メンバーオーディションに合格。オーディション時暫定選抜メンバーに選ばれる。
9月25日、「第一回メンバーお見立て会」でブリッジウォークを披露。
10月23日、お見立て会追加開催に参加。
11月30日、「乃木坂46 コンベンション 2011」でIdol Abilityに出演し、中元日芽香と共にきゃりーぱみゅぱみゅの「PONPONPON」を披露した。
12月10日、福岡:天神ソラリア ゼファにて開催された、「全国キャラバン」に参加。
12月11日、「第42回 東京モーターショー2011」に参加。
12月23日、「乃木坂46 クリスマス・スペシャルウィーク@OPUS」に参加。

・2012年
1月5日、「乃木坂46 新年のご挨拶させてくださいっ!会」に参加し、そこで発表した2012年の抱負は、『努力は必ず報われる』。「辛いときは試されてると思え!いつかは必ず笑える日がくる!何かをするときには何かを犠牲にしろ!きっと幸せがおとずれる!」など、力強く語った。

・2014年
1月26日、『乃木坂って、どこ?』内で8thシングル「気づいたら片想い」の選抜メンバーに、北野日奈子・樋口日奈の3名と共に初選出。

・2015年
6月3日、NHK『Rの法則』の第6期メンバーに渡辺みり愛と共に選出された。

■人物
・キャラクター
四人家族で、一人兄がいる。

東京での一人暮らしではなく、実家暮らしである。そのため、新幹線で東京-広島間を行き来する。本格的に活動するため、2012年春に上京し、学校も転校する予定である。

公式ブログは当初デコレーションの程度が著しく、黒文字が見られることはほとんどなかった。その後、ファンからの意見を取り入れ、文字色だけは黒に落ち着いた。そのアンケートの差はたった2票しかなかったとのことである[4]。比較的落ち着いてきたが、パソコンからの閲覧はデコレーション絵文字が速く動作するため、今後も注意が必要である。
特技は空手。

ウサギを飼っている。オスの名前はトトロ。メスの名前はラグ。その間に産まれた子供がおり、黒色のナスビ(耳がナスに似ていることから)、茶色のココ。暴れん坊のアバリン。他にも二羽いる。

学校での髪型はいつもポニーテール。

これまで「なんとかなる」で済ましていたが、2012年からは「なんとかする」という意志で励むようである。

・交友関係
星野みなみと仲が良く、一緒に出かけたりする。

■参加曲
・シングルCD選抜曲
乃木坂46
「ぐるぐるカーテン」に収録
左胸の勇気
乃木坂の詩
「おいでシャンプー」に収録
狼に口笛を
「走れ!Bicycle」に収録
涙がまだ悲しみだった頃
海流の島よ
「制服のマネキン」に収録
春のメロディー
「君の名は希望」に収録
シャキイズム
13日の金曜日
「ガールズルール」に収録
扇風機
人間という楽器
「バレッタ」に収録
初恋の人を今でも
気づいたら片想い
ロマンスのスタート
吐息のメソッド
「夏のFree&Easy」に収録
ここにいる理由
「何度目の青空か?」に収録
私、起きる。
あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
「命は美しい」に収録
君は僕と会わない方がよかったのかな
「太陽ノック」に収録
別れ際、もっと好きになる
「今、話したい誰かがいる」に収録
嫉妬の権利
「ハルジオンが咲く頃」に収録
不等号
「裸足でSummer」に収録
シークレットグラフィティー
「サヨナラの意味」に収録
ブランコ
「インフルエンサー」に収録
風船は生きている

AKB48
「希望的リフレイン」に収録
風の螺旋 - こじ坂46名義

・アルバムCD選抜曲
乃木坂46
「透明な色」に収録
傾斜する - こじ坂46名義
自由の彼方
「それぞれの椅子」に収録
欲望のリインカーネーション
「生まれてから初めて見た夢」に収録
君が扇いでくれた
設定温度

■出演番組
乃木坂って、どこ?(テレビ愛知発全国6局ネット、2011年10月2日 - )
乃木坂浪漫(テレビ東京、2012年4月2日 - 9月27日)

出典:フリー百科事典『エケペディア』
和田まあやを「ウィキペディア」で参照する