吉田綾乃クリスティー(よしだあやのくりすてぃー)

誕生日:
1995年9月6日
星座:
おとめ座
身長:
161cm
画像 記事 プロフィール

吉田綾乃クリスティーの関連リンク

吉田綾乃クリスティーに関する画像

吉田綾乃クリスティーに関する記事

  1. 永野芽郁・山崎賢人・横浜流星・二階堂ふみ・BE:FIRST・SHUNTO&LEO…9月生まれの豪華芸能人

    モデルプレス

  2. 乃木坂46久保史緒里・向井葉月・吉田綾乃クリスティー、3期生プリクラ公開「可愛すぎる」「神プリ」と反響

    モデルプレス

  3. 乃木坂46、メンバー12人が新型コロナウイルス感染 「乃木坂スター誕生!LIVE」延期を発表

    モデルプレス

  4. 乃木坂46吉田綾乃クリスティー、人気アニメ主役実写化に不安も「本当に全力で頑張りたい」<フルーツバスケット>

    モデルプレス

  5. 乃木坂46中村麗乃・阪口珠美・佐藤楓ら、ユニークなスタイリング&ヘアメイク メンバーの秘密明かすQ&Aも

    モデルプレス

  6. 乃木坂46吉田綾乃クリスティー、舞台「フルーツバスケット」本田透役で主演 ビジュアルも解禁

    モデルプレス

  7. 乃木坂46吉田綾乃クリスティー、色気たっぷりオトナ美女になったら…パラレルワールドテーマにグラビア披露

    モデルプレス

  8. 山崎賢人・西島隆弘・横浜流星・永野芽郁…9月生まれの豪華芸能人

    モデルプレス

  9. 乃木坂46伊藤純奈・渡辺みり愛、涙のラストライブ 最後に伝えたかった感謝と“アイドルを愛すること”「後悔ないように大好きな人と過ごして」<コメント全文>

    モデルプレス

  10. 乃木坂46アンダーライブ、卒業発表の伊藤純奈&渡辺みり愛が涙と笑顔 “ラジオ風VTR”斬新演出も<ライブレポ/セットリスト>

    モデルプレス

  11. コロナ感染の乃木坂46・吉田綾乃クリスティー「どうしようもなく悔しくて」心境綴る

    モデルプレス

  12. 乃木坂46吉田綾乃クリスティー、新型コロナ感染 メンバーは濃厚接触者に該当せず

    モデルプレス

  13. 乃木坂46吉田綾乃クリスティー、Zoom使用してグループのダンスレッスン

    モデルプレス

  14. 乃木坂46吉田綾乃クリスティーら映画「三大怪獣グルメ」追加キャスト発表

    モデルプレス

  15. 乃木坂46吉田綾乃クリスティーら出演 舞台「ゲームしませんか?」上演決定

    モデルプレス

  16. 【乃木坂46「のぎおび」×「モデルプレス」コラボ】佐藤楓、高山一実、佐々木琴子、松村沙友理、吉田綾乃クリスティー<5月27日~5月31日>

    モデルプレス

  17. 【乃木坂46アンダーライブ】伊藤かりん&斉藤優里、号泣スピーチ全文

    モデルプレス

  18. 乃木坂46伊藤かりん&斉藤優里、涙のラストアンダーライブ<詳細レポ>

    モデルプレス

  19. 乃木坂46鈴木絢音、“強さ”「見せられるように」 阪口珠美・向井葉月・吉田綾乃クリスティーらと意気込む<ナナマル サンバツ THE QUIZ STAGE ROUND2>

    モデルプレス

  20. 【乃木坂46「のぎおび」×「モデルプレス」コラボ】「坂道AKB」での交流は?久保史緒里、寺田蘭世、斉藤優里、中村麗乃、秋元真夏<3月11日~3月15日>

    モデルプレス

吉田綾乃クリスティーのプロフィール

吉田 綾乃クリスティー(よしだ・あやのクリスティー)

生年月日:1995年9月6日
出身:大分県
血液型:A型

■略歴
2016年
9月4日、乃木坂46第3期メンバーオーディションに合格。LINE LIVE「乃木坂46 第3期生 決定スペシャル!」でお披露目。
12月10日、乃木坂46 3期生「お見立て会」(日本武道館)でステージデビュー。

■人物
・キャラクター
2016年9月の加入時に20歳で、3期生の最年長。

「名前からハーフと間違われることもある」と言うが、生粋の日本人。生まれたとき、家族でハワイに暮らす計画があり、日米どちらでも使える名前として命名された。

一度は就職して社会人経験がある。

3期生オーディション応募希望者へ向けたセミナーに参加してシード権(1次の書類審査が免除)を得て、オーディションに臨んだ。

オーディションのSHOWROOM審査のときのエントリーナンバーが6番であったため「ろくすけ」と愛称が付けられた。

■参加曲
・シングルCD選抜曲
「インフルエンサー」に収録
三番目の風

・アルバムCD選抜曲
「生まれてから初めて見た夢」に収録
思い出ファースト
設定温度

出典:フリー百科事典『エケペディア』