AKB48、矢作萌夏の研究生史上初ソロコンも発表 13周年で怒涛の57曲披露<セットリスト/発表コンサートの日程>

【AKB48/モデルプレス=12月9日】12月8日に結成13周年を迎えたAKB48が、同日「AKB48劇場13周年特別記念公演」を開催。AKB48が今まで発売してきたシングル曲(インディーズシングル2曲、配信曲1曲を含む)全57曲をフルサイズで披露した。
中央:矢作萌夏「AKB48劇場13周年特別記念公演」昼公演より(C)AKS
中央:矢作萌夏「AKB48劇場13周年特別記念公演」昼公演より(C)AKS
最新シングル「NO WAW MAN」から幕を開け、メジャーデビューシングル「会いたかった」からメジャーセカンドシングル「制服が邪魔をする」と、この13年間の歴史をなぞる公演がスタートした。

フォトギャラリー


AKB4813周年で立ち位置にも変化

「AKB48劇場13周年特別記念公演」昼公演より(C)AKS
「AKB48劇場13周年特別記念公演」昼公演より(C)AKS
「夕陽を見ているか?」のイントロでは、「本日でAKB48 劇場は13年目を迎えます。今でもここにくるとホッとします」と1期生の峯岸みなみ。

同曲を披露した1期生から10期生までの7名(峯岸、柏木由紀、大家志津香、宮崎美穂、竹内美宥、横山由依、加藤玲奈)によるMCでは、周年特別記念公演で撮影する集合写真の立ち位置がいつの間にか1番前になっていたことや、今回のイベントはAKB48の歴史の中でも特別で、ボリュームがあったことなどが話された。

AKB48にあこがれて加入したメンバーも立派に…

「AKB48劇場13周年特別記念公演」昼公演より(C)AKS
「AKB48劇場13周年特別記念公演」昼公演より(C)AKS
その後、「桜の花びらたち 2008」の後には、千葉恵里、西川怜、山邊歩夢、浅井七海、鈴木くるみ、田口愛佳がステージに登場。2000年代に生まれ、劇場初回公演時には小学校にも入学していない彼女達がAKB48に憧れていた頃のAKB48の大好きエピソードを話し、メンバーとなった今、浅井は「偉大な先輩のように後輩から憧れになるメンバーになりたい」と語った。

また「RIVER」披露後のMCで、改めて高橋朱里からメジャーデビューシングル「会いたかった」から順番に披露してきたことが伝えられると、劇場の半数のお客様は既に気がついていたようで頷く人、そして驚く人も。「ヘビーローテーション」では峯岸が、「Beginner」は、ダンスの上手さが話題となっているチーム8の横山結衣がそれぞれセンターを務めた。

写真をイッキ見!


AKB48を目指すきっかけは?

「AKB48劇場13周年特別記念公演」昼公演より(C)AKS
「AKB48劇場13周年特別記念公演」昼公演より(C)AKS
「AKB48劇場13周年特別記念公演」昼公演より(C)AKS
「AKB48劇場13周年特別記念公演」昼公演より(C)AKS
そして、中西智代梨、茂木忍、佐藤妃星、下口ひなな、小林蘭によるMCでは、オリジナル公演の他にプロデュース公演、さらにウェイティング公演なども合わせると全部で30公演以上あるAKB48劇場の公演の中で、1番好きな公演や思い出のある公演についてトーク。その中で小栗有以が出演していた「岩本輝雄プロデュース特別公演『青春はまだ終わらない』」を見て、「AKB48になりたい」と思ったという、田口がAKB48を目指すきっかけとなったエピソードも披露された。

矢作萌夏、史上初の研究生ソロコンサート

「AKB48劇場13周年特別記念公演」昼公演より(C)AKS
「AKB48劇場13周年特別記念公演」昼公演より(C)AKS
「桜の木になろう」では、卒業発表をしている野澤玲奈と竹内美宥を囲むようにパフォーマンス。「フライングゲット」では柏木がセンターを務めた。

1部の終わりでは、総監督・横山由依から2019年1月12日~19日まで開催されるTOKYO DOME CITY HALLでの公演について発表。チーム別コンサート、村山彩希ソロコンサート、岡部麟ソロコンサート、矢作萌夏ソロコンサートの開催が伝えられた。

今年1月に開催された「第3回AKB48グループドラフト会議」でチームKから指名され、5月に劇場デビューしたばかりの研究生の矢作萌夏はステージ上に呼ばれ、「どうしよう…」と喜びと驚きの表情。なお、矢作は研究生として史上初のソロコンサートとなる。

馬嘉伶、佐々木優佳里に大家志津香をとられる

「AKB48劇場13周年特別記念公演」夜公演より(C)AKS
「AKB48劇場13周年特別記念公演」夜公演より(C)AKS
2部は「ギンガムチェック」からスタート。「恋するフォーチュンクッキー」のセンターは横山が務め、武藤十夢は「前しかむかねえ」でスタンドマイクを使ったパワフルなパフォーマンスをみせた。

続くMCでは、先輩方との思い出ということで、川本紗矢はドラフト1期生の合格が決まった時に、北海道の自宅まで柏木と島崎遥香が来たことについて、人生で1番の驚きだったと回顧。馬嘉伶は日本に来て3年になるということで、大家志津香は日本に来たばかりの時は私と仲が良かったのに、最近は佐々木優佳里にとられたと話し、笑いがおきた。

AKB482018年の流行語は?

「AKB48劇場13周年特別記念公演」夜公演より(C)AKS
「AKB48劇場13周年特別記念公演」夜公演より(C)AKS
さらに、MCで「AKB48の2018年流行語大賞を決めよう!」という話しになり、武藤十夢が「武藤姉妹」を候補に出すと、客席からも同調する声。メンバーからは、岡田奈々が世界選抜総選挙のステージで話した「自信を持ってオタク人生を貫いて下さい!」も推薦されていた。

研究生昇格も発表

「AKB48劇場13周年特別記念公演」夜公演より(C)AKS
「AKB48劇場13周年特別記念公演」夜公演より(C)AKS
終盤、54thシングルの「センチメンタルトレイン」が終わると、横山から次期総監督として向井地美音を指名。交代次期は未定だが、今後は横山が向井地のサポートしながら総監督を引き継いでいくとのこと。

加えて、細井劇場支配人が登場し、研究生の昇格を発表。1部公演終わりにソロコンサート開催が発表された矢作を含む5名が昇格した。(modelpress編集部)

「AKB48劇場13周年特別記念公演」セットリスト

【1部】
overture
1:NO WAY MAN/宮崎、向井地、横山由、小嶋、峯岸、武藤十、柏木、高橋朱、竹内、岡田奈、村山、山内、岡部、小栗、倉野尾、下尾(★)
2:会いたかった/佐藤詩、古川、本田、道枝、岡田梨、勝又、末永、永野、矢作、大竹、齋藤、播磨、石渡、蔵本、多田、本間、吉橋、奥本、奥原、髙橋彩香、橋本、山田杏華、野田、立仙、伊藤、御供、藤園
3:制服が邪魔をする/鈴木、田口、千葉、西川、前田、佐藤美、山根、武藤小、長友、山邊、大盛、浅井、稲垣、達家、田屋、黒須 (☆)
4軽蔑していた愛情/(☆)
5:BINGO!/(☆)
6:僕の太陽/(☆)
7:夕陽を見ているか?/加藤、宮崎、横山由、峯岸、大家、柏木、竹内
8:ロマンス、イラネ/千葉、西川、小嶋、込山、野澤、岩立、北澤、佐々木、高橋朱里、山邊、稲垣、大森、岡田奈、川本、佐藤妃、村山
9:桜の花びらたち 2008/加藤、宮崎、向井地、横山由、小嶋、込山、野澤、峯岸、武藤十、岩立、大家、柏木、北澤、佐々木、高橋朱、竹内、大森、岡田奈、川本、村山、岡部
10Baby ! Baby ! Baby !/(☆)

11:大声ダイヤモンド/(★)
12:10年桜/長、人見、吉田、寺田、左伴、川原、佐藤朱、佐藤栞、清水、山本、吉川、歌田、行天、髙橋彩音、永野、平野 (●)
13:涙サプライズ!/(●)
14:言い訳Maybe/(★)
15:RIVER(★)
16:桜の栞/鈴木、田口、千葉、西川、前田、佐藤美、山根、武藤小、長友、山邊、浅井、佐藤妃、達家、田屋、山内、黒須、小栗、倉野尾、下尾、長、人見、吉田、寺田、橋本、川原、山本、歌田、永野、平野
17:ポニーテールとシュシュ/(☆)
18:ヘビーローテーション/(★)
19:Beginner/市川、下口、茂木、安田、湯本、小林、北澤、田北、中西、佐藤妃、谷川、中野、横道、横山結、佐藤七海、濵 (○)
20:チャンスの順番/後藤、田口、千葉、西川、市川、武藤小、湯本、久保、谷口、福岡、達家、村山、山内、小栗、長、吉川

21:桜の木になろう/宮崎、横山由、野澤、北澤、竹内、岡田奈、村山、達家
22:Everyday、カチューシャ/(●)
23:フライングゲット(★)
24:風は吹いている/(○)
25:上からマリコ/(●)
26:GIVE ME FIVE!/(●)
27:真夏のSounds good !/後藤、横山由、小嶋、下口、峯岸、安田、北澤、田北、竹内、山邊、浅井、岡田奈、佐藤妃、黒須、小田、横山結

【2部】
overture
1:ギンガムチェック/(★)
2:UZA/(○)
3:永遠プレッシャー/後藤、宮崎、横山由、込山、峯岸、岩立、柏木、久保、谷口、大森、川本、村山、太田、小栗、坂口、下尾 (■)
4:So long!(■)
5:さよならクロール/(●)
6:恋するフォーチュンクッキー/(★)
7:ハート・エレキ/(★)
8:鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの/(★)
9:前しか向かねえ/向井地、加藤、小嶋、武藤十、大家、佐々木、高橋朱、竹内、福岡、岡田奈、馬、山内、大西、岡部、小田、倉野尾 (□)
10:ラブラドール・レトリバー/(■)

11:心のプラカード/(★)
12:希望的リフレイン/(□)
13:Green Flash/(■)
14:僕たちは戦わない/(○)
15:ハロウィン・ナイト/(★)
16:唇にBe My Baby/(■)
17:君はメロディー/(□)
18:翼はいらない/(□)
19:LOVE TRIP/(★)
20:しあわせを分けなさい(★)

21:ハイテンション/(□)
22:シュートサイン/(□)
23:願いごとの持ち腐れ/(●)
24:#好きなんだ/(★)
25:11月のアンクレット/(■)
26:ジャーバージャ/(□)
27:Teacher Teacher/(■)
28:センチメンタルトレイン/(★)
29:スカート、ひらり/ALL
30:桜の花びらたち/ALL

AKB48 コンサート発表

会場:TOKYO DOME CITY HALL

1月12日(土): チームA、チームK
1月13日(日):チームB、チーム4
月14日(月・祝): チーム8 CUTIE、チーム8 FOXEY、チーム8 EVERYBODY
1月15日(火) :村山彩希ソロコンサート
1月16日(水) :矢作萌夏ソロコンサート
1月17日(木) :岡部麟ソロコンサート
1月18日、19日(金、土):AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2019

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - AKB48、矢作萌夏の研究生史上初ソロコンも発表 13周年で怒涛の57曲披露<セットリスト/発表コンサートの日程>
今読んだ記事

AKB48、矢作萌夏の研究生史上初ソロコンも発表 13周年で怒涛の…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事