欅坂46のカッコイイ本番衣装!貴重な“21人”「サイレントマジョリティー」を最終確認<紅白リハ最終日>

参照回数:334,133

【欅坂46・紅白リハ/モデルプレス=12月31日】「第67回 NHK紅白歌合戦」本番当日、最終日のリハーサルが31日、東京・渋谷のNHKホールで実施された。この日は主に番組前半戦の通しリハ。5番目に歌う欅坂46は『サイレントマジョリティー』を歌唱して最終確認を行った。
欅坂46/紅白リハ最終日(C)モデルプレス
欅坂46/紅白リハ最終日(C)モデルプレス
センターの平手友梨奈は「すごく緊張していますが、メンバー全員で力を合わせて頑張ります」と意気込み。白組司会の相葉雅紀も「クールでカッコイイ」と感想を話していた。

欅坂46の紅白リハ写真をもっと見る!フォトギャラリーはこちらから


欅坂46/紅白リハ最終日(C)モデルプレス(C)モデルプレス
欅坂46/紅白リハ最終日(C)モデルプレス(C)モデルプレス
デビュー8ヶ月で初出場を決めた欅坂46はデビュー曲『サイレントマジョリティー』を長濱ねる含む21人でパフォーマンスする。長濱はオリジナルメンバーから3ヶ月遅れて加入。“けやき坂46”として活動をスタートし、欅坂46の2ndシングル『世界には愛しかない』(8月10日発売)で選抜メンバーに選出され、同時に欅坂46のメンバーを兼任することが発表された。これまで『サイレントマジョリティー』を21人で披露したのは一度だけ。衝撃を与えたデビュー年を最高の形で締めくくる。

欅坂46/紅白リハ最終日(C)モデルプレス(C)モデルプレス
欅坂46/紅白リハ最終日(C)モデルプレス(C)モデルプレス
欅坂46/紅白リハ最終日(C)モデルプレス
欅坂46/紅白リハ最終日(C)モデルプレス

東京五輪に向けて“夢”を応援

今年のテーマは「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、「紅白歌合戦」では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

「第67回 紅白歌合戦」関連記事はこちらから


紅組司会者は女優の有村架純、白組司会者は嵐の相葉雅紀。同番組司会を務めるのは有村が初、相葉は嵐として5年連続で司会を務めているが、単独では初となる。総合司会は、初となる同局の武田真一アナウンサー。放送は2016年12月31日午後7時15分から午後11時45分まで(5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 欅坂46のカッコイイ本番衣装!貴重な“21人”「サイレントマジョリティー」を最終確認<紅白リハ最終日>
今読んだ記事

欅坂46のカッコイイ本番衣装!貴重な“21人”「サイレントマジョ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

関連動画

「音楽」カテゴリーの最新記事