「凪のお暇」唐田えりかインタビュー 高橋一生は「空気で引っ張ってくださる」天然?エピソードも暴露

TBS系金曜ドラマ『凪のお暇』(読み:なぎのおいとま/毎週よる10時~)に出演中の唐田えりか(21)が、モデルプレスのインタビューに応じた。
モデルプレスのインタビューに応じた唐田えりか(C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた唐田えりか(C)モデルプレス

“完璧女子”役・唐田えりかにインタビュー

月刊誌「Eleganceイブ」(秋田書店)で連載中のコナリミサト氏による同名漫画をドラマ化した同作は、空気を読みすぎて他人の目を必要以上に気にする28歳OLの主人公・大島凪が、あるきっかけからあらゆるものを捨て、人生をイチからやり直す“人生リセットストーリー”。

唐田えりか「凪のお暇」第1話わずか30秒の登場に反響!


凪を主演の黒木華が務め、凪が務めていた会社の営業部のエースで凪の元カレ・我聞慎二を高橋一生、お暇した凪のアパートに住む謎の隣人・安良城ゴンを中村倫也が演じ、唐田は大阪支社で営業トップの成績を獲得して東京本社にやってきた、慎二の会社の後輩となる市川円役で出演。

「可愛い!」という声が殺到した唐田えりかの登場シーン/「凪のお暇」第1話より(C)TBS
「可愛い!」という声が殺到した唐田えりかの登場シーン/「凪のお暇」第1話より(C)TBS
“サラサラの髪”が印象的な円は、仕事もでき、性格も良く、慎二が心の声で“顔が圧倒的にかわいい”と何度もつぶやくほどの完璧美女。

第4話(9日放送)の放送では、早速良い雰囲気を漂わせていた慎二と円。唐田は、高橋と今回が初共演となるが、すっかり打ち解けているようで「気さくな方で、本番直前まで笑わせていただいています。おしゃべりし過ぎて『ごめんね』って言われたこともあるくらい、ずっと笑っています(笑)」と、現場は和気あいあいといった様子だ。

インタビューフォトギャラリー


高橋一生の天然?エピソード暴露も 撮影裏明かす

唐田えりか(C)モデルプレス
唐田えりか(C)モデルプレス
ほかにも、お互いカメラ好きという共通点もあり、現場では趣味の話で盛り上がることもあるそう。さらに、「撮影中、天気が悪かったとき、一生さんは一人で空に向かって怒っていました。本当に面白いんです(笑)」と天然?エピソードの暴露も。

2人の実年齢差は17歳だが、年の差の壁はないのか「17歳差か…大人だ…。あんなに空に向かって怒っていたのに(笑)」と笑っていた。

唐田えりか/「凪のお暇」第5話より(C)TBS
唐田えりか/「凪のお暇」第5話より(C)TBS
一方で、役者の先輩として助けられている部分も多いといい、第4話、円がクライアントと商談する場面を見て、慎二が円に好感を抱くシーンでは「台本には一生さんのセリフがないのに、一緒にリアクションを取ってくださって、私がお芝居しやすい空気を作ってくださいました。実際に演技についてお話ししたり、アドバイスをいただいたり、ということではなく、空気で引っ張ってくださいます。一生さんもそうですし、黒木華さん、中村倫也さんなど皆さんからお芝居を見て学ぶ部分が多いです」。

唐田えりか“ネクストブレイク女優”と呼ばれどう感じる?

唐田えりか(C)モデルプレス
唐田えりか(C)モデルプレス
唐田といえば、2018年、初ヒロイン映画『寝ても覚めても』で「第71回カンヌ国際映画祭」に参加したことで話題を集めた、今後が期待される若手女優のひとり。

今期ドラマのネクストブレイク女優にも選出!


“ブレイク必至”“注目女優”といった枕詞がつくことも増え、モデルプレスでも毎クール恒例となっている「今期ドラマのネクストブレイク女優」の2019年7月期部門に選出。注目を浴びる今、彼女の心中は…

「モデルプレスさんにも“ネクストブレイク女優”として取り上げていただいてありがたいなと思いますし、こうやって注目していただいて、“もっと頑張らなきゃ”とか“期待を裏切りたくない”っていう気持ちが強くなりました。

でも、そうやって注目されていることに対して実感がそんなにあるわけではなく、びっくりの方が大きくて…ただただ嬉しいなという思いです」。

唐田えりか(C)モデルプレス
唐田えりか(C)モデルプレス
決しておごることなく、あくまで一歩一歩。そんな唐田のフレッシュな存在が、今後、物語をどう動かしていくのか――「ここからもっとハラハラドキドキキュンキュンする展開が待っています。応援したくなるキャラクターばかりですし、誰かひとりは共感できるキャラクターがいると思うので、色々な視点で楽しんでいただき、皆さんにとっての“お暇”ドラマになってほしいです」。ハラハラドキドキキュンキュン…円の登場で複雑化する恋の行方にも注目だ。(modelpress編集部)


記事内の写真をイッキ見


『凪のお暇』第5話あらすじ

ゴン(中村倫也)に恋をし“闇堕ち”してしまった凪(黒木華)。心配した慎二(高橋一生)は雨が降る中、凪に会いに行く。しかし、素直な気持ちを伝えられない慎二は、またしても凪を過呼吸に追い込みそうになってしまう。

凪はたまたま通りかかったみすず(吉田羊)とうらら(白鳥玉季)の親子に助けられ、そのまま2人の家に行く。久々にうららの顔を見て、みすずの手料理を食べて、凪は自分がいつからうららと遊んでいないか、いつから自炊をしていないかと考える。

一方、慎二は風邪をこじらせながらもスナック 「バブル」 へ行くが、店は2号店開店準備のため閉まっていた。翌日、凪は緑(三田佳子)に誘われてラジオ体操に参加する。自堕落な生活を続けていたため、久々に日差しを浴びてふらつきながらも買い物へ。

その帰り道、ママ友3人とランチしているみすずの姿を見つける。妙な空気を感じ取った凪は、そっと様子をうかがうことに。そして、自分の部屋に戻り、見渡した凪は、すっかりしおれた豆苗や、相棒の扇風機にタオルがかけられていることに気づく。そこにゴンが訪ねてくるが…。

「凪のお暇」関連記事をもっと読む


唐田えりか(からたえりか)プロフィール

唐田えりか(C)モデルプレス
唐田えりか(C)モデルプレス
生年月日:1997年9月19日
出身地:千葉県
血液型:A型
身長:167cm
趣味・特技:音楽鑑賞・書道

2014年スカウトをきっかけに芸能界入り。2015年7月にフジテレビ系の月9ドラマ「恋仲」にゲスト出演して、女優としてデビューを果たした。2015年9月にはオーディションを勝ち抜き某CMに初出演し、話題になった。ファッション誌『MORE』の専属モデルとしても活躍中。2018年には映画『寝ても覚めても』で「第71回カンヌ国際映画祭」に参加した。

また、2017年には韓国事務所BHエンターテインメントと契約し、本格的に韓国での活動もスタートさせた。


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「凪のお暇」唐田えりかインタビュー 高橋一生は「空気で引っ張ってくださる」天然?エピソードも暴露
今読んだ記事

「凪のお暇」唐田えりかインタビュー 高橋一生は「空気で引っ張…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事