“デビュー半年”で仕事が続々舞い込む美女・出口夏希 芸能界に興味がなかった原石のシンデレラストーリー<モデルプレスインタビュー>

今、チェックしておきたい美女・出口夏希(でぐち・なつき/17)。これから確実に国民的女優へと成長するであろう原石に、モデルプレスはいち早くインタビューを実施した。
モデルプレスの取材に応じた出口夏希(C)モデルプレス
モデルプレスの取材に応じた出口夏希(C)モデルプレス
出口は芸能界デビューから半年も経たず、雑誌「Seventeen」専属モデルの座を勝ち取った逸材。バラエティ番組に初出演した際には、その美少女ぶりが大きな話題を呼んだ。そんな彼女は4日に放送された「ココア」(フジテレビ系/よる11時30分~)でドラマ初出演にして初主演。フレッシュな演技と透明感で視聴者を釘付けにしたが、同作のオーディションでは、同世代の女の子が集まる中、1人だけ台本を持たずに堂々とした立ち振舞いで大物の片鱗を伺わせたそう。圧倒的な美少女感で溢れているのに、素朴で、どこか掴みどころがない、そんな彼女に、今の思いやデビューのきっかけ、これからのことなどを聞いた。

出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス

出口夏希、ドラマ初出演で初主演

当時14歳の女子中学生・鈴木すみれ氏が史上最年少で大賞を受賞したことが話題になった「第30回フジテレビヤングシナリオ大賞」の同名作品をドラマ化した「ココア」。出口は本格演技初挑戦にも関わらず、オーディションを勝ち抜き、主演に抜擢された。

何のつながりもなく、全く別の場所で毎日を送っている3人の女子高校生を主人公とした同作で、家庭に悩みを抱えた16歳の高校生・鈴森香を演じた出口。両親がW不倫をしているという複雑な家庭に悩む香だが、現場は明るい空気だったそうで「そんなにずっと楽しい雰囲気の作品ではないのですが、撮影現場は楽しかったです。家族皆で仲良くするシーンもあって、そこは1番素でワイワイ楽しめました。プロデューサーさんも監督さんもすごく優しい方々で楽しかったです」と笑顔を見せた。

出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス
演技初挑戦とあって撮影前のリハーサルにかけた時間は約20時間。「放送されて、見て下さった皆さんから『下手だったね』と言われたらどうしよう、という不安から一生懸命練習しました。なので本番ではそれほど緊張せず、練習したことを出せたと思います」と振り返る一方で「監督と1対1で向かい合ってお芝居した時は、しっかり気持ちを入れることができたのですが、本番ではなんだか難しくて、リハーサルの方が上手くできたなって思った」と悔しさもにじませた。

劇中、フレッシュな演技が光っていたが、今後の女優業に対して聞くと「ちょっと前まで女優さんになりたいとは思っていなかったです」と意外な答え。「でもこの撮影を通して、お芝居も良いなぁと思うようになりました。今は(広瀬)すずちゃんみたいに女優もモデルもできたら良いなと思います」と控えめに語った。

出口夏希、デビューのきっかけはスカウト

出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス
2017年の夏休みに渋谷でスカウトされるまではファーストフード店でアルバイトをする普通の女子高生だった。「高校生からお小遣いがなくなったので、週4~5日くらいでアルバイトしていました。接客ができるようになってトレーナーまで上がったんですけど、キッチンに入ったらできな過ぎて『戻って下さい』と言われちゃいました(苦笑い)」。

もちろん芸能界には全く興味がなく、これまでスカウトされても応じなかったというが、現在の事務所の熱意にほだされた。「事務所の方が凄く熱心な方で仲良くなって『夏希をもっと見たい』という感じで言ってくれて、この人とお仕事をしてみようかなって思いました」と心境の変化を明かした。

出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス
こうして芸能界デビューを果たすと、2ヶ月で多数の広告出演が決定、4ヶ月後には初のバラエティ番組出演。昨年の夏には「ミスセブンティーン2018」に選出され、現在は同誌専属モデルとして活躍する。急激に変わった環境にとまどいはあるのか。

「自分としては変わったと思ってないから、あまり実感はないんです。でもよく考えたら、毎日アルバイト生活だったのに、突然テレビや雑誌に出てすごい変わってますよね」と、どこか他人事。「地元の友達も最初は『わー!』って言ってくれていたけど、最近は何も(笑)。普段の私が何も変わらないから、きっと芸能人って感じじゃないんだと思います」と柔らかく笑った。

出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス

出口夏希「泣いちゃいました」Seventeen舞台での涙

出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス
この1年を振り返ってもらうと「大変だったこともあったと思うけど、忘れちゃった(笑)。その時は辛いな、と思って悩んでも、すぐに忘れちゃうんです」とケロリ。しかし、そんな彼女が涙を流したことを深く覚えていたのが初めて大勢の前でステージに立つことになった雑誌「Seventeen」での「ミスセブンティーン2018」お披露目時のことだった。

「『Seventeen』学園祭では、初めて人前で歩いて泣いちゃいました。今、その時の映像を見返すと、本当に歩き方が不自然なんです(笑)。ステージで話している時なんて、もう頭が真っ白で!自分の番が終わったら逆にボーッとしていたのですが、歩き終わって帰ってきたら舞台袖で泣きました。(桜田)ひよりちゃんや(大友)樹乃ちゃんも緊張していて泣いたんですけど、(永瀬)莉子はめっちゃ堂々としていて、すごいなと思いました」。

出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス
ずっとファンとして見てきたダンスボーカルグループ・フェアリーズ(Fairies)下村実生は“先輩”になった。「学園祭で大好きだった下村実生ちゃんに会った時に、本当にテンションが上がりました!もともと実生ちゃんにツイートを送るくらいファンだったんです。それで実生ちゃんから“いいね”をもらえると大喜びしちゃうような(笑)。そんな大好きな実生ちゃんが、普通に前を歩いていて心の中で『やばい、やばい、どうしよう!』ってなっていました。でも緊張しすぎて、顔を見られなくて(苦笑い)。そしたら実生ちゃんがトントンって肩を叩いてくれて『全然、目合わせてくれないね』って微笑んでくれたんです!…可愛すぎました。今は、もう2、3回会ったので、ちゃんと目を見てお話できるようになりましたよ」と思い返しても興奮した様子で教えてくれた。

出口夏希、美容・ファッションは研究中

出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス
Seventeen」では「ココア」でも一緒に主演に抜擢された永瀬と仲良し。「どっちもワイワイしちゃうタイプなので、初対面の時からたくさん喋りました(笑)。莉子は広島に住んでいるので『撮影で東京に来たら遊ぼう』と話しています」。すでに先輩達とも交流があるようで「STの先輩達はすごく優しいんです。偉ぶってる感じもないし本当に優しくしてくれます。2回くらい撮影がかぶった(横田)真悠ちゃんとはよくお話しています」と楽しそうに話した。

美容やファッションはまだまだ研究中。「メイクは高校に入学してから始めました。ベースは日焼け止めとパウダーでトーンアップするくらいで、ファンデーションも塗りません。でも目元はしっかりすることが多いかな。茶色いアイシャドウで粘膜にアイラインを引いて、まつげを上げて、マスカラもしっかり塗ります。まつげが短いのが悩みだったんですけど、最近は美容液を塗っているので、ちょっと伸びた気がします。リップは赤、ボルドー、ブラウン系が多いです。薄いカラーも可愛いですが、血色が悪く見えそうな気がしてしまって。ツヤ感も抑えたセミマットのものが多いです。見た目的に子どもに見られがちなので、メイクは大人っぽくしています。プライベートでは洋服も真っ黒なんです。スキニーに、パーカー、ダウンといった感じでカジュアルなコーディネートが多いですね」。

出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス
「運動は好きだけど、今はあまりしていません。食事も好きなものを食べています。親の遺伝のおかげで、肌は強いタイプなんですが、最近は肌荒れしちゃって。いつもは化粧水と乳液だけで終わるところ、寝る前に保湿クリームでケアするようになりました。あと、すごくむくみやすいので、朝起きてすぐ、最近買ったコロコロでマッサージしています。これまでは顔のことなんて気にする習慣がなくて。芸能界に入ってからは写真を撮られる機会が多くなって、自分の顔の変化にも気を配るようになりました」。

モデルとして少しずつ意識も変化しているようで、これからさらに素質が磨かれていきそうだ。

出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス

出口夏希、夢を叶える秘訣は?

出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス
新しい世界に入り、目に入るものはどれも新鮮。「マネージャーさんのお仕事もやってみたい。可愛い子を見る目はあると思うので、原宿に立ってスカウトしてみたいな(笑)。あと、メイクさんのお仕事にも興味があります。人のやっているところを見ると良いな、って思っちゃうんです」。女優・モデルとして歩み始めたばかりゆえ、まだその先ははっきりと描けていないようで「将来のことは考えていません。やりたいことや挑戦したいこともなくて…」と正直に明かす。

とは言え、出口の言葉にはブレイクを予感させる力強さがある。「オーディションを受けると、負けたくないなって思う。ここの場にいる子の中で勝ちたいと思うんです」「『Seventeen』だって、同期の子が私よりも多くの企画に出ていたら悔しい。一緒に入った6人の中では私が1番でいたい」。

出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス
最後に夢を叶える秘訣を問うと、猛勉強の末、偏差値を約10上げて合格を果たしたという高校受験での話を聞かせてくれた。「もともと足し算引き算やbe動詞から間違えるような子だったんです(苦笑い)。それで毎日毎日朝8時半から夜9時まで塾に行って勉強をして。先生に褒めてもらえるのが嬉しくて、頑張っていました。褒められて伸びるタイプ(笑)。おかげですごく頑張れたし、受験は楽しかった。夢を叶えるための秘訣は分からないですけど、挑戦することは大事だと思います」と目を輝かせた。

(modelpress編集部)

出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス

出口夏希(でぐち・なつき)プロフィール

出口夏希(C)モデルプレス
出口夏希(C)モデルプレス
2001年10月4日生まれ。2018年3月にデビュー後、「東進ハイスクール」のwebムービーに出演し、注目を集める。その後、バラエティ番組「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)でテレビ初出演を果たした。2018年8月、ファッション誌『Seventeen』で「ミスセブンティーン2018」に選ばれ、10月号から専属モデルとして活躍中。2019年1月OAの第30回フジテレビヤングシナリオ大賞「ココア」で初ドラマ、初主演を飾る。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - “デビュー半年”で仕事が続々舞い込む美女・出口夏希 芸能界に興味がなかった原石のシンデレラストーリー<モデルプレスインタビュー>
今読んだ記事

“デビュー半年”で仕事が続々舞い込む美女・出口夏希 芸能界に…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事