「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」のチェアマンを務める指原莉乃 (C)モデルプレス

指原莉乃、相次ぐアイドル解散に思うこと HKT48ステージへの思いも「メンバーが欠けても…」<TOKYO IDOL FESTIVAL 2018>

2018.08.03 14:01
0
0

3日から5日にかけてお台場・青海周辺で開催される「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」が開幕。3日のオープニングセレモニー後、チェアマンを務めるHKT48指原莉乃(さしはら・りの/25)が、モデルプレスの取材に応じた。

指原莉乃、2年連続チェアマンとして心境は?

指原は、5日の最終日にHKT48としてメインステージのトリに登場する。

― ついにTIF開幕しましたね!オープニングセレモニーでは開幕宣言も行いましたが、今の心境はいかがですか?

指原:アイドルを束ねるという立場として、お声がけ頂いてとても嬉しいですね。本当にへらへら歩いてるだけでチェアマンとして何もしてないんですけど(笑)、沢山のアイドルの方に声かけて頂いて、「始まったなぁ~」という感じです。

指原莉乃 (C)モデルプレス
指原莉乃 (C)モデルプレス
― 特に楽しみにしてるステージやアイドルさんはいらっしゃいますか?

指原:ちょっと違うかも知れないんですけど、普通に外を歩いているときに、全然知らないファンの方が声かけて下さって。いつもの48グループとは違うファンの方が沢山いるので、声かけてもらって「指原さんじゃん」と言ってもらえるのが嬉しいです。

― プロデュースを手がけられている=LOVEさんやラストアイドルファミリーの方とも先程廊下で喋られてましたけど、アドバイスなどされましたか?

指原:特に厳しいアドバイスとかはないんですけど、フェスなのでとにかく楽しんで欲しいです。

指原莉乃、現役アイドル兼プロデューサーとして

指原莉乃 (C)モデルプレス
指原莉乃 (C)モデルプレス
― 「PASSPO☆」や、「ベイビーレイズJAPAN」など解散が決まっているアイドルグループのステージも今回ありますね。そういったニュースも多いと思うんですけど、プロデューサーとして、現役アイドルとして、どう思われますか?

指原:やっぱり本人たちの気持ちと運営だけの気持ちでやっていけるものではなくて、すごく汚い言い方になってしまうんですけど、商売で成り立たないとやっていけないものなので、実際自分もプロデューサーになって「あれやってみたい、これやってみたい」ということがあっても、予算の都合でできないとか、そういうことはすごく多いです。やっぱり「やりたい」という気持ちがあっても続けられないし、アイドルってすごく難しくて、良い言い方をするとすごく儚いものだなと私は思っているので、今を楽しんでるアイドルを皆さんに見て頂きたいです。いつまでもいるものじゃないし、私もいつまでもアイドルではないと思うので、ファンの方も今を楽しんで欲しいです。あとは「PASSPO☆」さんは今回、HKT48の前にステージをされるということで、最後のTIFなので、皆さんにとって「PASSPO☆」さんの後をしっかり務められるように頑張りたいなという気持ちです。

指原莉乃 (C)モデルプレス
指原莉乃 (C)モデルプレス
― HKT48のステージはどんなステージにしたいですか?

指原:今回は、選抜メンバーで何人か出れないメンバーはいるんですけど、「そのメンバーでも大丈夫なんだぞ」というのを見せられるような、メンバーが欠けているということが他のファンの方に伝わらないようなステージができたらと思います。まず何よりも楽しんで、怪我なく終われたら良いなと。

― 昨年のHKT48のステージでも「最近いろんなことありすぎてHKTダメなんじゃないかと思ってた」と涙を見せられていましたね。

指原:はい。やっぱりフェスで見るステージからの景色というのはすごく特別なものなので、楽しみです。

― ありがとうございます。最後に来てくださるお客さんにメッセージをお願いします。

指原:とにかく暑いんですよ!やっぱり気温が元々高いのもありますし、アイドルを応援する熱気で、もうとにかくすごいことになってるので、皆さん気をつけて是非遊びに来てほしいです。

指原莉乃 (C)モデルプレス
指原莉乃 (C)モデルプレス

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」の様子 (C)モデルプレス
「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」の様子 (C)モデルプレス
お台場、日本の夏の風物詩となっている世界最大のアイドルイベントである「TOKYO IDOL FESTIVAL(以下、TIF)」。昨年に引き続き、ジャパニーズポップカルチャーである“アイドルカルチャー”を世界に発信し創出するターミナル「TOKYO IDOLPROJECT」が主催となり、今をときめく人気アイドルが多数出演し、それぞれ最高のパフォーマンスを繰り広げる。

昨年は、総勢223組1475人アイドルたちが、3日間通して8万1378人もの観客が会場に集まり、2010年にスタートした「TIF」史上最高の来場者数を記録。

昨年に引き続き指原莉乃がチェアマンを務め、初日はSMILE GARDENの佐々木彩夏よりスタート。メインステージの初日トリはけやき坂46が務める。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. =LOVE、TIF2年目で成長見せるステージ 満員の会場熱狂「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」<写真特集/セットリスト>
    =LOVE、TIF2年目で成長見せるステージ 満員の会場熱狂「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」<写真特集/セットリスト>
    モデルプレス
  2. 前田敦子結婚をAKB48“1期生” が祝福 板野友美・峯岸みなみ・川崎希ら続々
    前田敦子結婚をAKB48“1期生” が祝福 板野友美・峯岸みなみ・川崎希ら続々
    モデルプレス
  3. 前田敦子結婚に篠田麻里子・指原莉乃ら48グループOG&メンバーが続々祝福
    前田敦子結婚に篠田麻里子・指原莉乃ら48グループOG&メンバーが続々祝福
    モデルプレス
  4. 指原莉乃、“メイドカフェ通い”告白 中居正広も驚き
    指原莉乃、“メイドカフェ通い”告白 中居正広も驚き
    モデルプレス
  5. 指原莉乃“壁ドン”された経験告白 恋愛事情に言及
    指原莉乃“壁ドン”された経験告白 恋愛事情に言及
    モデルプレス
  6. 指原莉乃、AKB48じゃんけん大会で「私立指原中学」結成 各グループ精鋭中学生メンバー集結
    指原莉乃、AKB48じゃんけん大会で「私立指原中学」結成 各グループ精鋭中学生メンバー集結
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 「ミスターモデルプレス」初代グランプリ・森田悠斗さん“人気配信者”としての心構え 会話のコツ&視聴者数増加の秘訣は?<「モデルプレス連載」Vol.4>
    「ミスターモデルプレス」初代グランプリ・森田悠斗さん“人気配信者”としての心構え 会話のコツ&視聴者数増加の秘訣は?<「モデルプレス連載」Vol.4>
    モデルプレス
  2.  山田裕貴、 “見られる”ことに「危険を感じました」激動の2021年振り返る 熱いハートと冷静さを持ち合わせる男の胸の内<インタビュー後編>
    山田裕貴、 “見られる”ことに「危険を感じました」激動の2021年振り返る 熱いハートと冷静さを持ち合わせる男の胸の内<インタビュー後編>
    モデルプレス
  3. 山田裕貴、社長からの一言に“号泣”したワケ「負け続けてきた」過去から紐解くストイックな俳優論<インタビュー前編>
    山田裕貴、社長からの一言に“号泣”したワケ「負け続けてきた」過去から紐解くストイックな俳優論<インタビュー前編>
    モデルプレス
  4. <女性版バチェラー「バチェロレッテ2」尾崎美紀&佐藤マクファーレン優樹インタビュー>“鎧”を一番脱げた瞬間・交際の近況語る「幸せを感じます」
    <女性版バチェラー「バチェロレッテ2」尾崎美紀&佐藤マクファーレン優樹インタビュー>“鎧”を一番脱げた瞬間・交際の近況語る「幸せを感じます」
    モデルプレス
  5. “日本一かわいい中学一年生”はんなさん「今田美桜さんみたいな存在に」憧れる理由<中一ミスコン2022>
    “日本一かわいい中学一年生”はんなさん「今田美桜さんみたいな存在に」憧れる理由<中一ミスコン2022>
    モデルプレス
  6. 「ミスモデルプレス」初代グランプリ・仲美由紀さん、アイドルからレースクイーンへ 芸能活動を続ける理由と苦悩明かす<「モデルプレス連載」Vol.4>
    「ミスモデルプレス」初代グランプリ・仲美由紀さん、アイドルからレースクイーンへ 芸能活動を続ける理由と苦悩明かす<「モデルプレス連載」Vol.4>
    モデルプレス
  7. THE RAMPAGE吉野北人、BE:FIRST誕生前から知る三山凌輝との撮影裏話 続編のキーパーソンで意識した“二面性”とは<「HiGH&LOW THE WORST X」インタビュー>
    THE RAMPAGE吉野北人、BE:FIRST誕生前から知る三山凌輝との撮影裏話 続編のキーパーソンで意識した“二面性”とは<「HiGH&LOW THE WORST X」インタビュー>
    モデルプレス
  8. 小山内鈴奈アナ“5つの法則”ヘアメイク・ファッション・会話術…【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載】
    小山内鈴奈アナ“5つの法則”ヘアメイク・ファッション・会話術…【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載】
    モデルプレス
  9. <女子アナの“素”っぴん/小山内鈴奈アナ>青森から上京&理工学部からアナウンサーになった理由 軽部真一アナからのアドバイス明かす【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載】
    <女子アナの“素”っぴん/小山内鈴奈アナ>青森から上京&理工学部からアナウンサーになった理由 軽部真一アナからのアドバイス明かす【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載】
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事