武藤あやめ(C)モデルプレス

可愛すぎるチアガールからモデルへ…“サツコレが見つけた原石”武藤あやめ、芸能界入り決意の理由&夢を語る<モデルプレスインタビュー>

2018.05.07 14:00
0
1

4月28日、北海道・北海きたえーるにて開催された「札幌コレクション2018」(以下:サツコレ)にて、モデルの武藤あやめ(21)がランウェイデビューを果たした。彼女は昨年、サツコレに観客として遊びに来ていたところを同イベントスタッフがスカウト。わずか1年で“お客さん”から“モデル”へと駆け上がった。モデルプレスでは、初ランウェイ直前の彼女にインタビューを行い、デビューの経緯や今後の夢について語ってもらった。

武藤あやめ、“可愛すぎるチアガール”からモデルに

武藤あやめ(C)モデルプレス
武藤あやめ(C)モデルプレス
武藤は1996年8月31日生まれ、北海道出身。過去には、北海道日本ハムファイターズのチアリーディングチーム「ファイターズガール」(2015~2016)として活動しており、フジテレビ系「めざましテレビ」で“かわいすぎるチアガール”として紹介されたことも。

現在は「CanCam」北海道親善大使に任命されており、同誌モデルが集結するステージでランウェイデビューを飾った。

― 昨年は「札幌コレクション」をご自分でチケットを購入して観に来ていたと伺いました。改めて、ランウェイデビューまでの経緯を教えて下さい。

武藤:元々ファッションショーが大好きで興味があったので、昨年まで4年連続で観に来ていたんです。去年の札幌コレクションに友達と遊びに来た時、サツコレの方からスカウトしていただきました。

武藤あやめ(C)モデルプレス
武藤あやめ(C)モデルプレス
― そうだったんですね。以前は北海道日本ハムファイターズのチアリーディングチーム「ファイターズガール」に所属されていたとか。元々芸能界には興味があったんですか?

武藤:ファイターズガールとしてチアを始めたきっかけは、ただただチアをやってみたかったという気持ちが大きくて、正直人前に出るお仕事に憧れがあったわけではないんです。小学生の頃からダンスをやっていたので、ダンスをしたいという気持ちが先行していました。でも、ファイターズガールとして活動していくうちに、見ていただいている方に元気を与えられたり、笑顔になってもらえる喜びを感じて、「こうやって人前に出るお仕事もいいな」と少しずつ興味を持つようになりました。

― なるほど。今回モデルデビューするにあたって、当時の経験が活きていると感じることはありますか?

武藤:やっぱり人前に出ることに耐性がついているので、あまり緊張せず笑顔になれるのは当時の経験のおかげかなと思います。

武藤あやめ、芸能界入り決意の理由は?

武藤あやめ(C)モデルプレス
武藤あやめ(C)モデルプレス
― それは大きいですね!でもこんなに可愛かったら、今までもたくさんスカウトされたことはあったんじゃないですか?

武藤:いやいや…。なかったわけではないですけど、今まではお断りしていました。

― やっぱり!ではなぜこのタイミングで芸能界へ?

武藤:昨年の「札幌コレクション」で、目の前をたくさん憧れのモデルさんが歩いてきてすごくワクワクして。そのワクワクした熱い気持ちの時に声をかけていただいて、「来年の札幌コレクションに出られるように頑張りましょう」という明確な目標を提示していただいたのが大きかったです。直感というか、すごく心が動かされました。

武藤あやめ(C)モデルプレス
武藤あやめ(C)モデルプレス
武藤あやめ(C)モデルプレス
武藤あやめ(C)モデルプレス
― 年齢的に周りは就職だったり進学を考えるタイミングだったと思います。その中で芸能界という不安定な世界へ進むことに迷いはありませんでしたか?

武藤:正直、結構迷いました…。モデルを目指している人はごまんといて、それだけで食べていく自信もないし、周りはすごく真面目に就職活動をしているのに「私はこれでいいのかな…」と思うこともあります。でも、やっぱり誰にでもチャレンジできることじゃないし、「今のうちにやりたいことにぶつかっておくべきかな」と思って、この道を選びました。

― 勇気のいる決断だったんですね。今回の出演に向けて、どんな準備をしてきましたか?

武藤:私、食べることが大好きなんです。炭水化物も大好きだし、甘いものも好きだし、お肉も…。今までは好きなものを時間も気にせず食べてたんですけど、やっぱり人前に出る仕事ということで痩せなきゃと思いまして、食事にも気をつけてきました。今までは走ることも得意ではなかったんですけど、毎晩ランニングもするようになりました。

― ウォーキングのレッスンもされたり?

武藤:はい!東京に行ってレッスンさせていただきました!

武藤あやめ、「CanCam」ステージで憧れモデルと共演

「CanCam」ステージの様子(C)モデルプレス
「CanCam」ステージの様子(C)モデルプレス
― 今回、「CanCam」ステージではまい(chay)さんや乃木坂46の松村沙友理さんなどそうそうたるメンバーとご一緒にご出演されますね。

武藤:すごく楽しみでワクワクする気持ちが一番大きいです!憧れのモデルさんばかりで、「CanCam」は私がオシャレに目覚めたきっかけでもある雑誌なのですごく光栄です。

― 目標にしているモデルさんはいますか?

武藤:石川恋さんです。石川さんが金髪の頃から本当にずっと好きだったので、一緒に歩けるのが夢みたいです。

武藤あやめ(C)モデルプレス
武藤あやめ(C)モデルプレス
― じゃあ今日はひとつの夢が叶う日ですね!

武藤:そうなんです。本当に嬉しい…。すごくワクワクしてます!

― でもすごいですね。初ランウェイを控えて、緊張よりワクワクの方が勝ってるなんて。

武藤:楽しまなきゃ何事も損だと思っているので。緊張してガクガクしているのはもったいないなって。緊張も友達だと思うことにしています。

武藤あやめ、夢を叶える秘訣

武藤あやめ(C)モデルプレス
武藤あやめ(C)モデルプレス
― 頼もしいです。今後はどんなモデルさんになっていきたいですか?

武藤:私が「サツコレ」に来られたモデルさんから勇気をもらったように、「素敵だな。ちょっと真似してみようかな」と思ってもらえるような等身大の存在になれたら嬉しいなと思います。

― 今後、武藤さんの姿を見てモデルさんになりたいと思う子も出てくるかもしれませんね。

武藤:私は札幌出身なので、札幌の女の子たちの「私も頑張ってみようかな」と思うきっかけになれたらすごく嬉しいですね。

― では最後に、今回一つの夢を叶えた武藤さんから、モデルプレス読者に向けて「夢を叶える秘訣」を教えて下さい。

武藤:日々緊張する場面だったり、動揺することってあると思うんですけど、私はそれを逆に楽しもうと思ったり、チャレンジだからマイナスなことは考えないようにしています。さっきもお話しましたが、「緊張も友達」だと思って、何事も楽しんで夢を追いかけることが大事だと思います。

― ありがとうございました。

12回目の札幌コレクション

「札幌コレクション2018」の様子 (C)モデルプレス
「札幌コレクション2018」の様子 (C)モデルプレス
今回が12回目の開催となる同イベントは、昨年より“北海道最大のファッションフェス”から、ファッションに軸足を置きながらもエンタメ要素をパワーアップさせた独自のファッション+エンタメフェスにパワーアップして展開。今年は「GOING MY WAY」をテーマに、メインビジュアルにはモデルの八木アリサを起用。仲里依紗や大政絢、AAAの宇野実彩子ら豪華ゲストが出演した。なお同イベントは、札幌コレクションエグゼクティブプロデューサーである佐々木大輔(DSLDO)によって監修された。(modelpress編集部)

武藤あやめ(むとう・あやめ)プロフィール

武藤あやめ(C)モデルプレス
武藤あやめ(C)モデルプレス
生年月日:1996年8月31日
出身地:北海道
身長:166cm
血液型:O型
趣味:スポーツ観戦
特技:ダンス

2015年~2016年、「北海道日本ハムファイターズガール」として活動。

【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. 北海道に誕生した新歌姫・津田ありさ、1年間で感じた壁…デビューに向け意気込み<モデルプレスインタビュー>
    北海道に誕生した新歌姫・津田ありさ、1年間で感じた壁…デビューに向け意気込み<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  2. インスタの女神・わたなべ麻衣、お腹チラ見せランウェイが可愛すぎた<札幌コレクション2018>
    インスタの女神・わたなべ麻衣、お腹チラ見せランウェイが可愛すぎた<札幌コレクション2018>
    モデルプレス
  3. 松井愛莉、満開の笑顔を弾けさせた<札幌コレクション2018>
    松井愛莉、満開の笑顔を弾けさせた<札幌コレクション2018>
    モデルプレス
  4. 玉城ティナ、シドニーに留学していた<札幌コレクション2018>
    玉城ティナ、シドニーに留学していた<札幌コレクション2018>
    モデルプレス
  5. “日本一エロかわいい音大生”みうらうみ、故郷凱旋で歓声 最旬メイクでステージ彩る<札幌コレクション2018>
    “日本一エロかわいい音大生”みうらうみ、故郷凱旋で歓声 最旬メイクでステージ彩る<札幌コレクション2018>
    モデルプレス
  6. 筧美和子、大人カジュアルコーデ着こなす 歓声に笑顔<札幌コレクション2018>
    筧美和子、大人カジュアルコーデ着こなす 歓声に笑顔<札幌コレクション2018>
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 竹内涼真「六本木クラス」リメイクの難しさとプレッシャー 俳優としての“信念”も語る<モデルプレスインタビュー>
    竹内涼真「六本木クラス」リメイクの難しさとプレッシャー 俳優としての“信念”も語る<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  2. 篠崎こころ、バスト落とさずスタイルアップ成功の秘訣 初写真集までの徹底ケア明かす<モデルプレスインタビュー>
    篠崎こころ、バスト落とさずスタイルアップ成功の秘訣 初写真集までの徹底ケア明かす<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  3. 町田啓太&白石麻衣、過酷撮影の裏に“徹底した体作り” 初共演で互いに刺激も<「テッパチ!」インタビュー>
    町田啓太&白石麻衣、過酷撮影の裏に“徹底した体作り” 初共演で互いに刺激も<「テッパチ!」インタビュー>
    モデルプレス
  4. “年下男子に目覚めた”大政絢の「理想ノカレシ」像とは?FANTASTICS佐藤大樹&堀未央奈とのエピソードも明かす<モデルプレスインタビュー>
    “年下男子に目覚めた”大政絢の「理想ノカレシ」像とは?FANTASTICS佐藤大樹&堀未央奈とのエピソードも明かす<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  5. 永野芽郁「キュンとするところがあります」撮影現場エピソード告白 10年後に目指す姿とは?<「ユニコーンに乗って」インタビュー>
    永野芽郁「キュンとするところがあります」撮影現場エピソード告白 10年後に目指す姿とは?<「ユニコーンに乗って」インタビュー>
    モデルプレス
  6. 長濱ねるが“悲しみやすい自分から脱却した言葉” 「セブンルール」スピンオフ企画インタビュー
    長濱ねるが“悲しみやすい自分から脱却した言葉” 「セブンルール」スピンオフ企画インタビュー
    モデルプレス
  7. えなこ“年収1億円超”公表への覚悟「幸せになればなるほど見返せる」新たな意欲も明かす<モデルプレスインタビュー>
    えなこ“年収1億円超”公表への覚悟「幸せになればなるほど見返せる」新たな意欲も明かす<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  8. 新木優子「六本木クラス」経験したことない難しさ語る 竹内涼真&平手友梨奈の印象も<モデルプレスインタビュー>
    新木優子「六本木クラス」経験したことない難しさ語る 竹内涼真&平手友梨奈の印象も<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  9. 「六本木クラス」鈴鹿央士、再共演・平手友梨奈との関係性に変化 日本版リメイクで意識することは?「ブレてはいけない」<モデルプレスインタビュー>
    「六本木クラス」鈴鹿央士、再共演・平手友梨奈との関係性に変化 日本版リメイクで意識することは?「ブレてはいけない」<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事