芸人からラッパーになった理由語る“最低な試合”から激変したまゆちゃむ<CINDERELLA MCBATTLE インタビュー>

0
0
11日、東京・SHIBUYA HARLEMにて、フィメール(女性)のみのMCバトル「CINDERELLA MCBATTLE(シンデレラMCバトル)」の第2回大会が開催された。モデルプレスでは、会場に潜入し、大会を終えたばかりの出演者・まゆちゃむにインタビューを実施した。
まゆちゃむ(C)モデルプレス
まゆちゃむ(C)モデルプレス

「CINDERELLA MCBATTLE」とは?

日本初のフィメールラッパーを決める第1回大会が1月に開催。グランプリにあっこゴリラ、準グランプリにMC MIRI、ベスト4にa.k.a音Solar・FUZIKOが輝き、大きな反響を呼んだことから第2回大会を迎えた。

第1回大会の模様はコチラ


前大会にも参戦していたまゆちゃむだが、3月に行なわれた「戦極女帝杯」で優勝して、今大会出場の切符を獲得。勢いそのままにCOMA-CHIなどを打ち破り決勝へ進出するも、椿に破れて惜しくも準優勝。それでも、終始会場を魅了していた。

白熱バトルの連続!第2回「CINDERELLA MCBATTLE(シンデレラMCバトル)」の模様


個性豊かなフィメールラッパーが集結<ほかインタビュー>


負けで変わった“意識”

まゆちゃむ(C)モデルプレス
まゆちゃむ(C)モデルプレス
― お疲れ様です。今日のバトルの感想をお願いします。

まゆちゃむ:今日はもう絶対優勝しかないと思ってました。前回がもう最低な試合やったんすよ。だから、ラップの練習とかじゃなくて意識を変えるようにして臨みました。「女帝杯」優勝の勢いに絶対乗らなあかんと思ってたんですけど、椿さんに負けてしまいましたね。

― 具体的に「意識を変えた」というのはどういった部分なんですか?

まゆちゃむ:もともとお笑い芸人をやってたんで、前回まではそこを活かそうとしてましたけど、前の大会で負けてから「周りからふざけてるって思われるようじゃあかんな」って思うようになりました。みんなに共感してもらえるっていうか、スタイルを変えるわけじゃないけど、やっぱりウチらしさも出しつつやりたいなと思って。あと、ビートに乗れてないってめっちゃ言われるので、勉強もしました。

― ラップをやってきて、1番悔しかったこと・悲しかったことを挙げるとしたら?

まゆちゃむ:ほんまに最近なんですけど、「戦極第16章」っていうのがあったんです。それの3日前ぐらいに「まあ、16章頑張れよ」みたいに言われたついでに「お前はそもそもラップうまくならなあかんで」って半笑いで言われたんです!それがもう、自分もわかってたからめっちゃ腹立っちゃって。それを、見返すためにやってるわけじゃないけど「絶対やったる」みたいな、あっと言わせたいっていう思いがあったので、今回も優勝しか見ないようにしてました。

― 反対に楽しかったこと・嬉しかったことは?

まゆちゃむ:えー、なんやろな(笑)。人との関わりは増えたかなって思います。なんか年齢関係ないところがあって、お笑いは正直年齢関係あるっていうか、そんなグイグイ行けへんので(笑)。ラップ歴に関係なく、ステージ上では対等に見てもらえるっていうところがやっぱいいなって思いますね。

まゆちゃむ(C)モデルプレス
まゆちゃむ(C)モデルプレス

ラップ挑戦は兄のおかげ

― そもそも芸人さんということですが、ラップに挑戦してみようと思ったキッカケは?

まゆちゃむ:最初お笑いをやってて、高校3年生のときに学校に行かなくなってた時期があったんです。その頃、ちょうど父母も兄弟も出かけて1週間ぐらい家で1人になった時、お兄ちゃんから「お前1人で暇やったらこれ見ときいや」って送られてきたのが「高校生ラップ選手権」だったんです。それを見て「え、やば」「なんでこんな大勢の人を沸かせれるんや」って思って、ラップに魅力を感じました。やっぱ、お笑いやってたから肝は座ってる方やと思って、なんか自分もできそうって思ってました(笑)。

― では、今のご活躍はお兄さんのおかげですね。

まゆちゃむ:そうなんですよ。お兄ちゃんも家でたまにラップするんですけど、最初は(お兄さんの方が)上手かったのに、今はお兄ちゃんが「お前やばいなみたいな(笑)」って感じになってます(笑)。お母さんも弟も韻踏むんですよ。

― すごい家族ですね(笑)。

まゆちゃむ:楽しいですね。みんな応援してくれてますし。

― これからラップ通してやっていきたいことはありますか?

まゆちゃむ:とりあえず7月にCDを出そうと思ってます。今までは無料配布とかしてたんですけど、お金を払ってでも聴きたいと思わせるCDを作っていきたいなと思います。

― 最後にファンの方にメッセージをお願いします。

まゆちゃむ:絶対、女の子のラッパーで出よっかなって迷ってる人は絶対(「CINDERELLA MCBATTLE」に)出た方がいいと思います。あとはなんやろ…前回出てたけど今回ちょっと体調悪くてオーディションに行けてなかったMC AKANEっていう子がいるんですけど、AKANEちゃんと次は第3回大会で当たりたいですね。

― 次こそは優勝ですね!ティアラを着けている姿を楽しみにしてます。

まゆちゃむ:3回目は優勝っす。ティアラっていうか、もうガラスの靴も履きます。

― (笑)。ありがとうございました。

(modelpress編集部)

まゆちゃむ(C)モデルプレス
まゆちゃむ(C)モデルプレス

第2「CINDERELLA MCBATTLE」全結果

○CESIA VS ×a.k.a音Solar
○広崎式部 aka ASuKa VS ×千
○加藤真弓 VS ×MC frog
○ladystar VS ×KIYO

【ベスト16】
○ワッショイサンバ VS ×KIDA
○CESIA  VS ×しあ
○COMA-CHI VS ×広崎式部 aka ASuKa
○まゆちゃむ VS ×セルラ伊藤 
○MC Mystie VS ×土竜asNason
○椿 VS ×加藤真弓
○ぱっつん VS ×ladystar
○CHARLES VS ×Tomgirl

【ベスト8】
○ワッショイサンバ VS ×CESIA
○まゆちゃむ VS ×COMA-CHI
○椿 VS ×MC Mystie
○CHARLES VS ×ぱっつん

【ベスト4】
○まゆちゃむ VS ×ワッショイサンバ
○椿 VS ×CHARLES

【ファイナル】
○椿 VS ×まゆちゃむ

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 芸人からラッパーになった理由語る“最低な試合”から激変したまゆちゃむ<CINDERELLA MCBATTLE インタビュー>
今読んだ記事

芸人からラッパーになった理由語る“最低な試合”から激変したま…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事