emma、地元凱旋で歓声!夢を抱いた“原点”で感じた思い

モデルのemma(23)が4月29日、北海道・北海きたえーるにて開催された「札幌コレクション2017」(以下:サツコレ)に出演。バックステージにて、モデルプレスのインタビューに応じた。
モデルプレスのインタビューに応じた、emma(C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた、emma(C)モデルプレス
「Hamee」スペシャルステージのラストを飾ったemmaは、濡れたようなウェーブヘアにダークな赤リップを合わせた大人なヘアメイクで登場。キラキラと輝くトップスに、アシンメトリーな丈のピンクのスカートを合わせ、大き目のジャケットを羽織ったコーディネートで、華やかなランウェイを披露した。

地元凱旋!「サツコレ」の思い出は?

― ステージお疲れさまです。今回はかなりたくさんのステージに出演されていますね。

emma:そうですね。5つのステージに出演させてもらいました。

― 歓声も大きかったですね。地元・北海道でのイベント出演はいかがですか?

emma:本当に嬉しいですし、毎年1年に1回のこの日をすっごく楽しみにしています。今年もこうやって札幌コレクションに帰ってこられて、こうして皆さんの前に立たせていただけて、本当に嬉しい気持ちです。

― デビュー以前は、札幌コレクションに遊びに来たことはあったんですか?

emma:私、高校生の時によく見に来ていたんです。「サツコレ」でモデルさんが歩いている姿を見て「カッコイイな。こういうのやってみたいな」と思っていました。

― そうだったんですね。じゃあ「サツコレ」はemmaさんにとって“原点”というか。

emma:そうです。今回で3回目の出演になるんですけど、初めて出させていただいた時は泣きそうになるぐらい嬉しかったです。

― もしかしたら、今日のemmaさんのステージを見て同じように夢を抱く女の子もいるかもしれませんね。

emma:わー!それはすごく嬉しいですね。そんな存在になれたら本当に嬉しいです。

― では、最後にファンの方へメッセージをお願いします。

emma:3回目の「サツコレ」もすごく楽しませてもらっています。来年も札幌コレクションに出演したいし、そのときはもっともっと大きな人間になって、もっともっと魅力的な女性になって、北海道に帰って来たいと思います!これからも応援よろしくお願いします。

― ありがとうございました。

なお、同ステージは札幌コレクションエグゼクティブプロデューサーである佐々木大輔(DSLDO)によって監修された。(modelpress編集部)

emmaプロフィール

emma(C)モデルプレス
emma(C)モデルプレス
生年月日:1994年4月1日生まれ
出身地:北海道
血液型:O型
特技:スポーツ(スキー、テニス)

イギリスと日本のハーフ。雑誌「装苑」(2013年1月号)の表紙でプロモデルとしてデビューし、特集内の「NEWCOMER 新しい才能 135人」期待の新人モデルとしても選出。2014 年には雑誌「NYLON JAPAN」(2014年2月号)にて、「NEXT IT MODELS 100」に選出され、同号のその表紙も飾り業界内外での注目度が更に加速。

その後も、「装苑」「NYLON JAPAN」「haco.」では度々表紙を飾り、「メトロミニッツ」「JILLE」「BOB」「ocappa」にも表紙で登場するなど活躍。2014年8月23日発売の「ViVi」(講談社)10月号より同誌専属モデルとして加入し、2017年2月に発売した「ViVi」4月号で初めて単独表紙を飾った。5月21日には自身初のビジュアルスタイルブック『emma』を発売する。モデル以外にも活動の幅を広げており、TBS系「A-Studio」(毎週金曜よる23時)に9代目アシスタントとして出演中。

「Hamee」ステージでは、自身がデザインを手がけたオリジナルデザインの「iFace」ケースをお披露目した。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - emma、地元凱旋で歓声!夢を抱いた“原点”で感じた思い
今読んだ記事

emma、地元凱旋で歓声!夢を抱いた“原点”で感じた思い

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事