平田梨奈、AKB48卒業の“その後”を語る「実は初めて言うのですが…」進学先は?12期生との関係は?(C)モデルプレス

平田梨奈、AKB48卒業の“その後”を語る「実は初めて言うのですが…」進学先は?12期生との関係は?

2017.04.24 22:24

AKB48卒業生で、現在はソロ活動を行う平田梨奈(ひらた・りな/18)が、‟渋谷発の新しい文化、新しいスターをつくる“を合言葉にした渋谷発の次世代スター発掘イベント「シブピカフェス」(23日@東京・渋谷ヒカリエ)で行われた「シブピカオーディション」にて「モデルプレス賞」を受賞した。「モデルプレス賞」の受賞特典は「モデルプレス」へのインタビュー出演権。平田は昨年8月にAKB48を卒業してからの8ヶ月や大学と仕事の両立、そして今後について語った。

アメリカ・アリゾナ州出身の帰国子女である平田は2011年2月(当時12歳)にAKB48の第12期研究生オーディションに合格。“ひらりー”の愛称で親しまれ人気を博したが、大学進学などを理由に昨年8月でグループを卒業した。

平田梨奈(C)モデルプレス
平田梨奈(C)モデルプレス
平田梨奈(C)モデルプレス
平田梨奈(C)モデルプレス
― 受賞おめでとうございます。

平田:ありがとうございます。毎日見ているサイトなので嬉しいです。まだモデルプレスさんには載ったことがなかったので、今回こういう機会を頂いてすごく嬉しいです。

― そう言って頂けてこちらも嬉しいです。ありがとうございます。まず今回の応募のきっかけを教えてください。

平田:元々6年間アイドルグループにいました。そこを辞めて、自分でチャンスを掴みたいと思い、オーディションで1から始めて自分を試そうと思ったことがきっかけです。ファイナリストまで残れてすごく良かったな、という気持ちでいっぱいです。

AKB48卒業時の思いは?

平田梨奈(C)モデルプレス
平田梨奈(C)モデルプレス
― 卒業した時には「早すぎる」と惜しむ声もありましたよね。どういった心境だったのですか?

平田:大学にすごく行きたかったので、ちょうど受験の準備に入るタイミングで卒業しようと思いました。あとはアイドルとしてこのままAKB48にいても、もう自分はこれ以上成長できない、と思ったことも大きかったです。

― それはどうしてですか?

平田:やりきった、と言いますか、1回フリーになって自立して自分がどこまで行けるかを試したかったんです。例えばAKB48でのダンスや歌は普通に当たり前のように出来ちゃったんです。なのでこれ以上ここで私は歌もダンスも成長できないんじゃないかなって限界を感じてしまいました。あとは演技の仕事もやりたかったけどなかなか来なくて…だったら自分でそういうチャンスを掴みにいきたいという気持ちが生まれてきて、卒業を決めました。

当時はほとんど誰にも相談せず決めましたね。唯一言ったのは、大親友の田野優花ちゃん。相談したら「まあいいんじゃない?」と応援してくれました。その時「いつか大物になるよ」と言ってくれたんです(笑)。とても心強かったですし、じゃあ大物になれるように頑張ろうって思いました。

AKB時代に培った同期との絆

平田梨奈(C)モデルプレス
平田梨奈(C)モデルプレス
― 田野さんとは同じ12期ですよね。

平田:はい、同期です。私は正直AKB48の中で12期が1番すごいんじゃないかな、と思っています。みんな個性が強いですし、いろんな活動している子が多いんですよ。岩田華怜ちゃんも映画や舞台など、みんな個々で頑張っている。ライバルとして負けたくない、という思いもちろんありますが、12期のパワーを見せつけたいです。今でも武藤十夢ちゃんや田野優花ちゃんとはプライベートでも会います。

― なるほど。ではAKB48にいたことで得たことはありますか?

平田:たくさんあります。AKB48に入ってから大きく成長することが出来ましたし、ファンの方も付いて来てくれました。実際に今日、応援に来てくださったファンの方の中にはAKB48時代から応援してくださる方も多くて。卒業しても付いてきてくださるファンの方にはありがたい気持ちでいっぱいです。本当に感謝しています。

― ソロ活動を経て何か変わったことはありますか?

平田:何も怖くなくなりました。あとは自分からどんどんチャレンジしていった方がいいなと実感しましたね。待っているだけではなく、自分がやりたいことをどんどん発信したり、いろいろ相談したりしたことでお仕事を頂ける機会もあったんです。私、人と喋ることが好きなので、フリーでいる間は自分の力で頂くお仕事もあって成長を感じました。

フリーになって変化 卒業後の活動は?

平田梨奈(C)モデルプレス
平田梨奈(C)モデルプレス
― 卒業後はアメリカのご実家に帰りましたか?

平田:はい。少しだけ帰りました。10日間ほど帰って、みんなに「卒業してきたよー!」って(笑)。そしたら父も「良かったね。これからも頑張りな」と応援してくれました。

― 卒業してからは具体的には何をされていたのですか?

平田:これ実は初めて言うのですが、4月から明治学院大学の英文学科に進みました。毎日通っていますよ(笑)。これまではほとんど学校も行けなかったので、毎朝学校へ行く感覚がありませんでした。なので毎日早起きをして準備をして大学へ行って家へ帰ってレポートをやって…という生活が初めてで、すごく大変。でも上級生になると英語教師の資格が取れる授業があるので、頑張っています。芸能活動って正直どうなるか分からないので、今後のことを考えて英語の先生の資格も取ろうと思いました。

― アイドルとして活動されている中で受験勉強もされていたんですね。

平田:日本語がすごく苦手なので願書を書くのも大変でしたし、面接もとても緊張しましたが、面接官がすごく優しくて良かったです。

平田梨奈の今後 学業と仕事を両立

平田梨奈(C)モデルプレス
平田梨奈(C)モデルプレス
― 学業と仕事の両立も大変そうですよね。

平田:どちらも諦めたくないので、もちろん頑張ります。今はフリーなので様子を見つつ、出来る仕事は入れて、という感じです。

― 事務所には所属しないのですか?

平田:今は所属していませんが、考えています。自分で事務所を決めたいので、公式サイトからメールで問い合わせて売り込んだり(笑)。フリーって自分から発信していくことしか出来ないんですよ。もちろん周りに助けてくださる方もいれば、応援してくださる方もいるんですけど、結局最後は自分が頑張らないといけないし、マネジメントも全部自分だから。それが結構大変で限界も感じているので、そろそろ事務所に入りたい気持ちもあって、探しているんですけど、すごく悩んでしまって…。

― 今後はどういった方向に活動するのですか?

平田:マルチ。せっかくいろんなことが出来るので無駄にしたくなくて。人生1回しかないので、自分がやりたいことを諦めたくないです。若いうちに出来るだけいろんなことをしたくて。この前占い師に22歳で結婚するって言われたんです(笑)。

― もうすぐじゃないですか。

平田:そう、だから4年間で芸能活動もっと頑張ろうと思いました。もちろん結婚しても、限界まで頑張りたいです(笑)。今は演技、映像に挑戦したいですね。卒業してから舞台を2回経験しましたが、今まで演技の仕事はあまりしたことがなかったので、ほぼ初めての経験でした。今年1月の舞台では、準主役という良い役を頂いたのですが、観に来てくださった方から「舞台向きじゃない」「映像もやった方が良い」と言われて映像に興味がわきました。女優という職業はどうしても気になります。学園モノ、青春ストーリーも楽しそうだし、アクション映画とかやりたいですね。いろんなことに挑戦したいです。

平田梨奈の美の秘訣は?現在ダイエット中

平田梨奈(C)モデルプレス
平田梨奈(C)モデルプレス
― 話は変わりますが、すごく肌が綺麗だなと思って…。美肌の秘訣を教えてください。

平田:えー!ありがとうございます。毎日、夜はちゃんと洗顔をしています。メイク落とし付きの洗顔料を使っていて。すごく乾燥肌なので保湿を重視していて、お風呂から上がってすぐ、裸のまま化粧水と乳液、クリームを塗っています。

― ボディケアは何かしていますか?

平田:私AKB48を辞めて踊らなくなったからか、実は10kg太ったんです(苦笑い)。卒業祝いのご飯だったり入学祝いのご飯だったり…たくさんの方が誘ってくださって楽しんでいたら太ってしまって。だから今、本当にダイエット中です。なんとか4、5kg落としましたが、頑張ってもう6kgぐらい痩せます。

― ダイエット法を教えてください。

平田:私、家でダラダラするのが好きで、海外ドラマばかり見ているんですよ(笑)。運動はまったくしない。だからセルライトを潰そうと思ってエステに通っています。そこで筋肉が柔らかくなるジェルを使ってから肌の筋肉が全部柔らかくなって効果を感じています。

夢を叶える秘訣

平田梨奈(C)モデルプレス
平田梨奈(C)モデルプレス
― 最後に夢を叶える秘訣を教えてください。

平田:自分からどんどん口に出して言うことです。本当に言わないと何も叶わないし、誰も聞いてくれないから。結構アメリカだと、口に出して自分が思っていることをみんなズバズバ言うんです。自信がなくて怖くて、自分がちょっと言いたくないと思っても、言うことが大事だなと思います。フリーになってからずっと「ラジオに出たい」と言い続けていたら、出演出来ました!他にもローカルTVのドラマやソロライブなども口に出したことで叶いました。Twitterで発信したり、知り合いの方に言い続けたり…どこにチャンスが転がっているか分からないので、口にすることは大事です。

平田梨奈の今後に注目

平田梨奈(C)モデルプレス
平田梨奈(C)モデルプレス
“夢を叶えるための1つの通過点”であるAKB48を卒業してから8ヶ月。この間、平田は卒業時に掲げた大学進学という目標を達成しフリーとして芸能活動を続けてきた。

そして、自らの幅を広げるために参戦した同オーディション。最終審査では「ひらりーこと平田梨奈です!私はアメリカから日本に来て6年間アイドルをやって、もっと自分のやりたいことをやりたいなと思ってチャレンジして、ここまでやって来ました!よろしくお願いします」と良く通る声でニッコリあいさつ。自己PRでは他の候補者が緊張をあらわにする中、1人落ち着き誰よりも明るく会場の注目を集めていた。

「今後はモデルや女優、タレントとマルチに活躍したい」「売れてくぞ、という気持ちで頑張りたいなって思っています」と笑顔ながらも、野心を覗かせた平田。このオーディションをきっかけに新たなチャンスを掴むことを期待したい。(modelpress編集部)

平田梨奈(C)モデルプレス
平田梨奈(C)モデルプレス

平田梨奈(ひらた・りな)プロフィール

愛称:ひらりー
生年月日:1998年7月16日
血液型:O型

米アリゾナ州出身の帰国子女である平田は、小学校卒業後に東京に転居し、2011年2月(当時12歳)にAKB48の第12期研究生オーディションに合格。昨年8月にAKB48を卒業し、その後はフリーで活動する。
ボードを手に「持ちたかったやつー!」と言って下さいました!(C)モデルプレス
ボードを手に「持ちたかったやつー!」と言って下さいました!(C)モデルプレス
【Not Sponsored 記事】

関連記事

  1. まだ付き合ってないよね…?キスをしてきた彼の心理
    まだ付き合ってないよね…?キスをしてきた彼の心理
    ハウコレ
  2. 脈ナシパターンも!男性の「この後どうする?」の意味
    脈ナシパターンも!男性の「この後どうする?」の意味
    ハウコレ
  3. 優しい笑顔の菜々緒って最高じゃない?「気が強そう」な女子の超好印象テクニック
    優しい笑顔の菜々緒って最高じゃない?「気が強そう」な女子の超好印象テクニック
    ハウコレ
  4. あなたは何チョイス?デート中に頼むドリンクが男性に与える印象
    あなたは何チョイス?デート中に頼むドリンクが男性に与える印象
    モデルプレス
  5. 可愛さの中にエレガンスさを。オフィスでも好印象なニュアンスボブ
    可愛さの中にエレガンスさを。オフィスでも好印象なニュアンスボブ
    HAIR
  6. モードでオシャレ、何より可愛い!ショートヘアにはオン眉がおすすめ
    モードでオシャレ、何より可愛い!ショートヘアにはオン眉がおすすめ
    HAIR

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. EvisJap「BreakingDown6」たくの壮絶試合&オーディション秘話 コムドットへの複雑な胸中も語る<モデルプレスインタビュー>
    EvisJap「BreakingDown6」たくの壮絶試合&オーディション秘話 コムドットへの複雑な胸中も語る<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  2. 「鎌倉殿の13人」千世役・加藤小夏が語る源実朝との“愛”、最期のシーンは「涙が止まらなかった」<モデルプレスインタビュー>
    「鎌倉殿の13人」千世役・加藤小夏が語る源実朝との“愛”、最期のシーンは「涙が止まらなかった」<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  3. “日本一のサークル美女”準GP中島萌花さん“憧れ”宇垣美里との共通点とは? 新たな夢も明かす<MISS CIRCLE CONTEST 2022>
    “日本一のサークル美女”準GP中島萌花さん“憧れ”宇垣美里との共通点とは? 新たな夢も明かす<MISS CIRCLE CONTEST 2022>
    モデルプレス
  4. “日本一のサークル美女”中野胡桃さん、杉咲花の演技に感銘 準GPの結果に「悔しい」気持ちも<MISS CIRCLE CONTEST 2022>
    “日本一のサークル美女”中野胡桃さん、杉咲花の演技に感銘 準GPの結果に「悔しい」気持ちも<MISS CIRCLE CONTEST 2022>
    モデルプレス
  5. “カトパンに続く原石”井手美希さんが過去最多の5冠 国立音大からアナウンサー目指す理由とは<MISS CIRCLE CONTEST 2022>
    “カトパンに続く原石”井手美希さんが過去最多の5冠 国立音大からアナウンサー目指す理由とは<MISS CIRCLE CONTEST 2022>
    モデルプレス
  6. アートメイクで注目の安藤敏江&MAO、親子と公表 メイクが受け入れられるまでの葛藤・夢を叶える秘訣
    アートメイクで注目の安藤敏江&MAO、親子と公表 メイクが受け入れられるまでの葛藤・夢を叶える秘訣
    モデルプレス
  7. “日本一可愛い新入生”青学・小杉怜子さん、憧れ・中川翔子との共通点とは「最近綺麗になった」理由も明かす<FRESH CAMPUS CONTEST 2022>
    “日本一可愛い新入生”青学・小杉怜子さん、憧れ・中川翔子との共通点とは「最近綺麗になった」理由も明かす<FRESH CAMPUS CONTEST 2022>
    モデルプレス
  8. 加治ひとみが語る「なりたい自分」になる秘訣「人生観も大きく変わった」
    加治ひとみが語る「なりたい自分」になる秘訣「人生観も大きく変わった」
    モデルプレス
  9. 伊藤万理華「これが最後の作品でもいいや」衝撃の2日間 乃木坂46デビューから10年…気がついた“表現×コミュニケーション”の関係
    伊藤万理華「これが最後の作品でもいいや」衝撃の2日間 乃木坂46デビューから10年…気がついた“表現×コミュニケーション”の関係
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事