志田未来「とにかく大変で難しかった」初挑戦を振り返る<松井愛莉が直撃!「青空エール」リレーインタビューVol.5>

参照回数:81,035

【志田未来・松井愛莉/モデルプレス=8月18日】累計発行部数390万部突破の人気コミックを実写化した映画「青空エール」(8月20日公開)。今回、同作に出演するモデルで女優の松井愛莉が、モデルプレスのインタビュアーとしてキャスト陣に直撃したコラボレーション企画を実施。ラストを飾るのは、吹奏楽部の3年生・森優花を演じる志田未来。インタビューでは、撮影秘話や思い出のエピソードはもちろん、夢を追いかける姿を描く同作にちなみ、キャスト陣の考える“夢”への思いを語ってもらった。主人公・小野つばさ(土屋太鳳)を優しく指導する森は、夢を追うことの厳しさを教えてくれる重要な役どころ。抜群の演技力で魅せた志田に、松井が迫る。
志田未来「とにかく大変で難しかった」初挑戦を振り返る<松井愛莉が直撃!「青空エール」リレーインタビューVol.5>(C)モデルプレス
志田未来「とにかく大変で難しかった」初挑戦を振り返る<松井愛莉が直撃!「青空エール」リレーインタビューVol.5>(C)モデルプレス

映画「青空エール」

同作は「高校デビュー」、「俺物語!!」などを生み出した河原和音先生の累計発行部数390万部突破の同名コミックを実写化。甲子園で野球部を応援する吹奏楽にあこがれて、初心者ながらも吹奏楽部に入部しトランペットを始める主人公・小野つばさ(土屋)、つばさと惹かれ合い、応援し合いながら夢に向かって進む野球部員・山田大介(竹内涼真)らの青春を描いている。

松井が演じるのは、つばさの親友・脇田陽万里役。夢に向かってひたむきに頑張るつばさを、明るく励まし支える役どころ。主演の土屋、相手役の竹内、そして松井、志田のほか、葉山奨之、堀井新太、小島藤子、山田裕貴、平祐奈、志田未来、上野樹里ら華やかなキャストが集結する。

松井愛莉が直撃!リレーインタビュー<Vol.5志田未来>

松井:松井愛莉がキャストに直撃!「青空エール」リレーインタビュー!ラストとなる第5回目は、森優花役の志田未来さんです。まず、初めに演じた役柄について教えてください。

志田:私が演じる森優花は、つばさが1年生のときの2つ上の先輩です。小島藤子ちゃん演じる春日がムチで、森はアメ。そんなキャラクターですね。

インタビューフォトギャラリー


志田未来「とにかく大変で難しかった」初挑戦を振り返る

松井:では続いて、1番印象に残っている撮影でのエピソードは何ですか?

志田:トランペットの演奏のシーンが多かったんですけど、野球場でのシーンはすごく印象に残ってます。暑い中、みんなで日傘をさして、日を避けたり水分補給したり。本当に自分も野球の応援に行っているような気持ちになれました。すごくい楽しかったですし、すごくい大変でしたが、いっぱい練習してきた成果を出す気持ちで撮影していました。

松井:あのシーンは印象深いですよね。志田さんは、部室でのシーンも多かったかと思いますが、いかがでしたか?

志田:やっぱりそこも、とにかく大変で難しかったという印象がほとんどですね。同じ曲をいろんな角度から撮るので。本当に吹いているようにしなきゃいけないし、動きを合わせることに苦戦しました。

松井:部室のシーン、すごく暑かったと聞きましたが、実際はどうでしたか?

志田:そうそう、暑かった!クーラーが教室にあるのに気づいたのが途中からだったんです(笑)。吹奏楽部のメンバーとスタッフさんが大人数で、閉めきった部屋の中、撮っていたのも印象に残っています。

松井:私は吹奏楽部のメンバーではないんですが、森先輩みたいな先輩が本当にいたらいいな~って思ってみていました。

志田:ありがとうございます。私の演じる森は、つばさの指導係でもあるので、つばさが憧れるような先輩じゃないといけないなっていう気持ちは常にありました。そこは、演じる上で意識していた部分です。

インタビューフォトギャラリー


志田未来が語った「夢を叶える秘訣」

松井:次の質問です。「青空エール」は、全力で夢を追いかけるつばさたちの物語ですが、志田さんが考える「夢を叶える秘訣」を教えてください。

志田:思い続けることです。私もこのお仕事を6歳の頃から続けていますけど、ずっと続けていきたいって思っていましたし、小学校の文集にも「女優さんになりたいです」って書きました。なので、思い続けることが大事なのかなと思います。

松井:それを実感した瞬間は?

志田:今、この仕事をしているときです。常に、実感しています。


インタビュー動画をまとめてチェック


頑張る全ての人に“エール”

松井:最後になりますが、今頑張っている全ての人たちにエールを送るとしたら、何て声をかけますか?

志田:諦めずに頑張れば夢は叶います!みなさん頑張ってください!

松井:ありがとうございました!

キャストが繋いだ思い

今回でリレーインタビューは終了。インタビュアーに挑戦した松井、インタビューに応じた土屋、竹内、葉山、堀井、小島、山田、志田、全員が映画「青空エール」から希望や夢を感じ、背中を押されているようだった。

土屋太鳳、竹内涼真…キャストが送った“エール”とは?<「青空エール」リレーインタビュー>


それを受け取ったキャストたちが送ったエール。皆さんの心に届いただろうか?(modelpress編集部)

土屋太鳳、竹内涼真ら悶絶級ダンスを披露!独占密着レポはこちらから


「青空エール」キャストが公開までカウントダウン<Vineまとめ>


映画「青空エール」8月20日(土)全国東宝系公開

出演:土屋太鳳、竹内涼真/葉山奨之、堀井新太、小島藤子、松井愛莉/平祐奈、山田裕貴/志田未来/上野樹里
監督:三木孝浩
原作:「青空エール」河原和音(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:持地佑季子
音楽:林ゆうき

<ストーリー>

ブラスバンドの応援に憧れる小野つばさは、吹奏楽部の名門・白翔高校に入学する。だが、トランペット初心者のつばさ。レベルの高い猛練習についていけず、何度も挫折しそうになる。そんなつばさを勇気づけてくれたのが、クラスメートで野球部員の山田大介。お互い夢に向かって励まし合うふたりは、ある「約束」をかわす。それは、いつか甲子園に大介が出場し、アルプススタンドでつばさがトランペットで応援すること。いつの間にかつばさには、大介へのほのかな想いが芽生えていた。1年生の夏、地区予選の決勝まで勝ち進んだ野球部を、吹奏楽部が応援することに。ところが途中出場した大介のミスで惜しくも敗退。グラウンドで立ち尽くす大介のために、つばさは1人でトランペットを吹いてしまう。謹慎処分となったつばさを心配して訪ねて来た大介。ふくらむ気持ちを抑えきれずに、つばさは大介に「好き、って言ったら困る?」と告白してしまう。つばさと大介の恋の行方は?そして、ふたりの夢のたどりつく先は?

志田未来(しだ・みらい)プロフィール

1993年5月10日生まれ、神奈川県出身。2005年連続ドラマ「女王の教室」(日本テレビ系)で一躍脚光を浴びる。2006年には「14才の母」(日本テレビ系)で連続ドラマ初主演、その後も数々の作品に出演しており、今年は映画『青空エール』(8月20日公開)のほか、「泣き虫ピエロの結婚式」(9月24日公開)、「グッドモーニングショー」(10月8日公開)の公開も控えている。

松井愛莉(まつい・あいり)プロフィール

1996年12月26日生まれ。2009年に新潮社『ニコラ』のモデルオーディションでグランプリを獲得し、専属モデルとしてデビュー。2010年4月には、小中学生で結成された女性アイドルグループ「さくら学院」の第1期生に抜てきされ、2012年3月までメンバーとして活躍。2013年、結婚情報誌『ゼクシィ』の6代目CMガールを務め、「第92回全国高等学校サッカー選手権大会」の応援マネージャーにも起用され、ドラマ『山田くんと7人の魔女』で女優デビュー。2014年10月号から主婦の友社『Ray』の専属モデルとして活動中。映画『青空エール』(8月20日公開)に脇田陽万里役で出演する。



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 志田未来「とにかく大変で難しかった」初挑戦を振り返る<松井愛莉が直撃!「青空エール」リレーインタビューVol.5>
今読んだ記事

志田未来「とにかく大変で難しかった」初挑戦を振り返る<松井…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事