E-girls藤井萩花「正直…すっごく難しかった」ファンの声を力に“新たな一歩”踏み出す モデルプレスインタビュー

【藤井萩花/モデルプレス=7月13日】E-girlsFlower藤井萩花(21)が、モデルプレスのインタビューに応じた。グループの活動と並行し、女優業にもチャレンジしてきた彼女は、7月16日に公開される映画「HiGH&LOW THE MOVIE」でスクリーンデビューを果たす。初めての現場、初めての挑戦、それは“女優・藤井萩花”の新たな一歩――堂々とした立ち振る舞いが印象的な彼女が「どうしていいか分からないときもありました」と振り返った今作。その裏で感じたものとは一体?
モデルプレスのインタビューに応じた藤井萩花(C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた藤井萩花(C)モデルプレス

E-girlsでもFlowerでもない…“女優・藤井萩花”の新たな一歩

EXILE HIROが企画プロデュースを務める総合エンタテインメント「HiGH&LOW」は、ドラマ、配信、コミック、SNS、オリジナルベストアルバム、ドームツアー、そして映画と、数多のメディアやエンターテインメントを巻き込み展開するプロジェクト。

物語は完全オリジナル原作で、“SWORD地区”に存在する5つのチーム、山王商店二代目喧嘩屋「山王連合会」、誘惑の白き悪魔「White Rascals」、漆黒の凶悪高校「鬼邪高校」、無慈悲なる街の亡霊「RUDE BOYS」、復讐の壊し屋一家「達磨一家」と、かつてこの地区一帯を支配していた伝説のチーム「MUGEN」、その「MUGEN」が唯一潰せなかった凶悪な「雨宮兄弟」、そして謎の組織「MIGHTYWARRIORS」のプライドをかけた闘いと、その裏のリアリティのある大人の世界・生き様を描く。

EXILE TRIBE「HiGH&LOW」<キャラクター相関図&あらすじ>


藤井が演じるのは、山王連合会のヤマト(鈴木伸之)の幼馴染・ナオミ。彼らの行きつけの洋食屋で働いており、ほかのメンバーとも仲が良い姉貴的存在。テレビドラマ「HiGH&LOW THE STORY OF S.W.O.R.D.」(シーズン1は2015年10月期に放送、シーズン2は2016年4月期に放送)から引き続きの出演となる。

「自分と似ていて共感できた」ファンの声が力に

「自分と似ている部分や共感できる部分がすごく多かったので、演じやすかったです。私も兄がいますし、その仲間たちとの中で育ったことで、サバサバしている感じとか。昔から、あんまり女の子の集団にいるってタイプじゃなかったので、『あ~分かるな~』って思って演じていました」。

9割が男性キャストで構成された同作において、藤井の担う役割は大きい。このほか女性キャストは、山王連合会メンバーの母親役のYOU・小泉今日子や女チーム「苺美瑠狂」小島藤子・楓・佐藤晴美・工藤綾乃、床屋「ピューマ」の看板娘・仁花役の坂東希ら。幼馴染のヤマトとの恋愛関係を匂わせながらも、彼らに活を入れるナオミは、同世代の女性の共感を呼ぶ存在だ。

「男性の友情や絆がテーマになっているからこそ、ナオミとヤマトのシーンが活きてくるなと思います」とそれは彼女自身も自覚しており、「ファンの方が自分に置き換えることのできるキャラクターなので、女の子に『楽しみにしています』って言ってもらえることが嬉しいです。そういう方のためにも、胸キュンポイントになるヤマトとの関係性を上手く演じきれればと思っていました」とファンの声を受け、気合いも入っていったようだ。

E-girls藤井萩花を撮り下ろし!インタビューフォトギャラリー


藤井萩花「正直…すっごく難しかった」

一方で、「ここまで長くひとつの作品に携わったのは初めて」とあって、演技面では苦戦も強いられた。「映画では、悲しみや弱さを表現しなくてはならなかったので、それが難しかったです。感情的になるお芝居は、初めての経験でしたし、今までサバサバした部分が多かったナオミの弱さっていうのは、どうやったら伝わるのかなって」と、試行錯誤を重ね、役になりきったという。

所属するFlowerでは「切なさ」「悲しみ」をテーマにした楽曲も多く、藤井はパフォーマーとしてそれをダンスで表現してきたが、演技となると別。「当たり前ですが、踊りとは違ったので、どうやって感情を作ろうかなって考えました。現場では、EXILEのAKIRAさんなど先輩方がシーンを作っていく様子を見て勉強させてもらいました」と回顧し、「正直…すっごく難しかったですが、とても良い経験をさせていただきました」と噛みしめるように感謝を述べた。

“夢を叶える秘訣”は?

「映画に出演したことで、演技への意欲がさらに増しました。いつかアクションをやってみたい!」。

今回の撮影を通して、新たな夢も生まれた。「大変なこともありましたけど、本当に刺激的な現場でした」と、その日々は自信になる。そんな藤井に“夢を叶える秘訣”を尋ねると、「『これは出来ないな』とか『無理だ』って決めつけないこと。それはもったいない」ときっぱり。

「これって、『HiGH&LOW』を見ていて思ったことなんです。今回、最初はすごく不安を感じながらの撮影だったんですけど、進んでいくうちに、そんな後ろ向きな気持ちからは何も生まれないってことに気が付いたんです。だから、『自分のやるべきことをやろう』って切り替えて挑みました。夢に向かう階段を1つ1つ登っていくことだけだなと思ったので、目の前のことを丁寧に、丁寧に一生懸命やることが大事だと思います」。

「これは自分の中のテーマでもある」と、ストイックな彼女らしい。丁寧に、丁寧に作り上げていった演技で、スクリーンを彩る。「少しでも多くの女性に共感していただきたい」――その願いを込めて。(modelpress編集部)

E-girls藤井萩花を撮り下ろし!インタビューフォトギャラリー


藤井萩花(ふじい しゅうか)プロフィール

生年月日:1994年10月14日
出身地:大阪府

2010年、ダンスユニット「Flower」のメンバーに抜擢。2011年よりE-girlsのメンバーとしても活動を開始。また、2013年9月号よりファッション雑誌「JJ」の専属モデルとして加入した。


EXILE TRIBE総出演「HiGH&LOW」

「HiGH&LOW」関連情報はこちらから


「HiGH&LOW」インタビュー


企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:久保茂昭
出演:
【ムゲン】AKIRA、青柳翔、高谷裕之、岡見勇信
【雨宮兄弟】TAKAHIRO、登坂広臣
【山王連合会】岩田剛典、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、岩谷翔吾、山本彰吾
【White Rascals】黒木啓司、遠藤雄弥、ゴールデンボンバー、稲葉友、柳俊太郎
【鬼邪高校】山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、鈴木昴秀、龍、前田公輝
【RUDE BOYS】窪田正孝、永瀬匡、佐野玲於、ZEN
【達磨一家】林遣都、遠藤要、阿部亮平、小澤雄太
【MIGHTY WARRIORS】ELLY、早乙女太一、大屋夏南、野替愁平、白濱亜嵐、ANARCHY
【DOUBT】秋山真太郎、武田航平
【九龍グループ】中村達也、西岡徳馬、松澤一之、橘ケンチ、小野塚勇人
【莓美瑠狂】小島藤子、工藤綾乃、楓、佐藤晴美、山口乃々華、城戸愛莉
【床屋ピューマ】八木将康、加藤歩、坂東希
【張城】V.I(from BIGBANG)、白竜

豊原功補、天野浩成、藤井夏恋、藤井萩花、井浦新、YOU、小泉今日子



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - E-girls藤井萩花「正直…すっごく難しかった」ファンの声を力に“新たな一歩”踏み出す モデルプレスインタビュー
今読んだ記事

E-girls藤井萩花「正直…すっごく難しかった」ファンの声を力に“…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事