インタビューに応じた佐藤かよ【モデルプレス】

佐藤かよ「誰にも負けない」ディズニーの新定番ゲームに熱狂<インタビュー>

2015.08.21 21:00

タレントの佐藤かよがインタビューに応じた。

芸能界きってのゲーム好きで知られる佐藤がこのたび、アーケードゲーム「ディズニー ツムツム」のサポーターとして決まった。今回のインタビューでは、実際にゲームを体験した感想や、熱いゲーム愛を語ってもらった。

「ディズニーツムツム」の魅力とは

― アーケードゲーム「ディズニー ツムツム」サポーターになった感想を教えてください。

佐藤:嬉しいです。いつもツムツムで遊んでいるので、それに携われるということで、あまりお仕事っていう感じがしないくらい楽しんでいます。

佐藤かよ
― そもそも、ツムツムにハマったきっかけは何だったんでしょうか?

佐藤:元々ゲームが好きですし、パズルゲームとかも得意なんです。なのに、始めたばっかりの頃、ランキングの上位にずっと友達がいて、それが悔しくて。そこからハマっていきましたね。

― それからスコアを抜くことはできたんですか?

佐藤:抜きました!今はもう、あんまり自分のランキング友達の中には敵はいないです。

― すごい!先ほど、アーケード版も初めて体験されましたが、いかがでしたか?

佐藤:もうすごく楽しかったです!

大きな画面で臨場感もたっぷり/佐藤かよ
大きな画面で臨場感もたっぷり/佐藤かよ
― 短時間プレーしただけでどんどんスコアを伸ばしていて驚きました。アーケード版でもかなりの高得点が期待できそうですね。

佐藤:スマートフォン版で慣れているというのは大きいですよね。ルールも同じですし、シンプルで簡単。画面の大きさにも遊んでいくうちに慣れてきて、違和感もなかったですね。むしろ、可愛いキャラクターを大きい画面で見られてすごく嬉しいなと思いました。

― バルーンをタッチしてよりたくさんのツムを消せる「バルーンモード」、ツムを消すごとにステージが回る「グルグルモード」というアーケード版にしかない新たなステージも体験されていましたが、そちらはいかがでしたか?

佐藤:とても新鮮で面白かったです。元々のツムツムの楽しさはそのままに、今までにない感覚で新鮮に遊べましたね。

キュートなツムマスコットを使ってプレー/佐藤かよ
キュートなツムマスコットを使ってプレー/佐藤かよ
― 種類豊富な可愛らしい「ツムマスコット」を使って、自分の好きなキャラクターでプレーできるというのもポイントですよね。

佐藤:そうですね。自分が選んだマスコットのキャラクターがゲームへ連動して登場するということも伺って、すごくびっくりしました。ICチップが内蔵されているんですね。

好きなディズニーキャラクターは?

佐藤かよ
佐藤かよ
― ちなみに、ディズニーではどのキャラクターがお好きですか?

佐藤:ダンボが好きです。

― 好きになったきっかけは何だったんでしょう?

佐藤:まずは見た目ですね。切ないけど親子愛を感じるストーリーにもすごく感動して、大好きになりました。一番最初にツムツムを始めた時に集めたキャラクターもダンボだったんですよ。

― 思い入れがあるんですね。では、今後新しく「ツムマスコット」を作ってほしいキャラクターはありますか?

佐藤:私、ダンボのほかにピノキオも好きなんですよね。まだ「ツムマスコット」にはないですよね?あとはアラジンのアブーも好きです。可愛い女の子のキャラクターも好きなんですけど、動物系とか男の子とかのキャラクターに惹かれるんですよね。

種類豊富なツムマスコットたち
種類豊富なツムマスコットたち
― こういうマスコットなどを集めるのはお好きなタイプですか?

佐藤:好きです。全部集めたくなっちゃう。可愛くて「どこに付けようかな?」って迷うのも楽しいですね。

“勝負師”な一面も?「やるからには勝ちたい」

― アーケード版が設置されているゲームセンターには、普段からよく行かれますか?

佐藤:行きますよ。アーケード版も見たことがあります。その時は4人くらいの女の子たちが対戦モードで楽しそうに遊んでいましたね。

佐藤かよ
― 佐藤さんはどなたと対戦してみたいですか?

佐藤:えー…誰だろう!?でも、私多分あんまり負けないから(笑)。私、すっごく負けず嫌いなので、ゲームはいつも「誰にも負けない」っていう気持ちでやっているんです。だから、アーケード版も練習しなきゃいけないですね。

― (笑)。ゲームは勝つまでやるタイプですか?

佐藤:やりますね。きっとこのゲームもハマり出したら通うと思います(笑)。

― 言葉の端々に“勝負師”のような力強さを感じます(笑)。

佐藤:そう。やるからには勝ちたいし、負けたくないんです。

佐藤かよ
― そんな佐藤さんから、最後に読者の皆さんへアーケードゲーム「ディズニー ツムツム」サポーターとしてメッセージをお願いします。

佐藤:やっぱり体験すると一番楽しさがわかると思うので、ぜひ一度ゲームセンターに足を運んでみてほしいです。大画面でツムツムができるのはアーケード版にしかない良さだと思うので。女の子同士でもいいし、グループとか大人数で行ってツムツムでバトルして熱く盛り上がってほしいです。「さっきまでおとなしかった女の子が、実はめちゃめちゃツムツムが強くて、男の子たちもびっくり!」みたいなことがあったら、面白そう(笑)。

― そこから何かが芽生えたり?

佐藤:そうですね。でも私は、ゲームセンターで好意を持ってくれた男の人を負けさせて勝つのが気持ちいいっていうか(笑)、あんまりゲームを恋愛とはくっつけたくないんです。

― 佐藤さんにとって、ゲームセンターは“勝負の場”ですもんね。

佐藤:そうです。だから、そういう邪心がある人はちょっと…(笑)。私はいつも本気でゲームと向き合っているので。でも、絶対その方が楽しいし、盛り上がりますよ!

佐藤かよ
― 熱い思いが伝わってきました!ありがとうございました。

なお、8月19日(水)から『ツムマスコット写真投稿キャンペーン』がスタート。ツムマスコットの写真を撮影して投稿すると、「ツムマスコットコンプリート セット」や「1プレー無料シリアルコード」が当たるそうです。詳しくはアーケードゲーム「ディズニー ツムツム」ホームページをチェック。

まだ見たことのないキャラクター「ツムマスコット」に出逢えるかもしれませんね。お気に入りのツムマスコットで応募してみてはいかがでしょうか。(modelpress編集部)

[PR]提供元:株式会社コナミデジタルエンタテインメント

関連リンク

関連記事

  1. 佐藤かよ、初グラビアにかける思い&親友・菜々緒の存在を語る モデルプレスインタビュー
    佐藤かよ、初グラビアにかける思い&親友・菜々緒の存在を語る モデルプレスインタビュー
    モデルプレス
  2. 佐藤かよ、初グラビアで“踏まれたい脚No1”を大胆披露 SEXYショットに釘付け
    佐藤かよ、初グラビアで“踏まれたい脚No1”を大胆披露 SEXYショットに釘付け
    モデルプレス
  3. 佐藤かよ、ゲイ・レズビアンの祭典に登場 思わぬ願望明かす
    佐藤かよ、ゲイ・レズビアンの祭典に登場 思わぬ願望明かす
    モデルプレス
  4. 小嶋陽菜&佐藤かよ、ゴシックハロウィン仮装で晩餐会
    小嶋陽菜&佐藤かよ、ゴシックハロウィン仮装で晩餐会
    モデルプレス
  5. 大島優子の誕生日を佐藤かよ&小嶋陽菜がサプライズ祝福
    大島優子の誕生日を佐藤かよ&小嶋陽菜がサプライズ祝福
    モデルプレス
  6. 佐藤かよ、セクシー入浴ショット披露
    佐藤かよ、セクシー入浴ショット披露
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. “年下男子に目覚めた”大政絢の「理想ノカレシ」像とは?FANTASTICS佐藤大樹&堀未央奈とのエピソードも明かす<モデルプレスインタビュー>
    “年下男子に目覚めた”大政絢の「理想ノカレシ」像とは?FANTASTICS佐藤大樹&堀未央奈とのエピソードも明かす<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  2. 永野芽郁「キュンとするところがあります」撮影現場エピソード告白 10年後に目指す姿とは?<「ユニコーンに乗って」インタビュー>
    永野芽郁「キュンとするところがあります」撮影現場エピソード告白 10年後に目指す姿とは?<「ユニコーンに乗って」インタビュー>
    モデルプレス
  3. 長濱ねるが“悲しみやすい自分から脱却した言葉” 「セブンルール」スピンオフ企画インタビュー
    長濱ねるが“悲しみやすい自分から脱却した言葉” 「セブンルール」スピンオフ企画インタビュー
    モデルプレス
  4. えなこ“年収1億円超”公表への覚悟「幸せになればなるほど見返せる」新たな意欲も明かす<モデルプレスインタビュー>
    えなこ“年収1億円超”公表への覚悟「幸せになればなるほど見返せる」新たな意欲も明かす<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  5. 新木優子「六本木クラス」経験したことない難しさ語る 竹内涼真&平手友梨奈の印象も<モデルプレスインタビュー>
    新木優子「六本木クラス」経験したことない難しさ語る 竹内涼真&平手友梨奈の印象も<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  6. 「六本木クラス」鈴鹿央士、再共演・平手友梨奈との関係性に変化 日本版リメイクで意識することは?「ブレてはいけない」<モデルプレスインタビュー>
    「六本木クラス」鈴鹿央士、再共演・平手友梨奈との関係性に変化 日本版リメイクで意識することは?「ブレてはいけない」<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  7. 北野日奈子、乃木坂46卒業後初舞台で向き合った“不安と葛藤” 原動力となった存在とは<「蒲田行進曲完結編 銀ちゃんが逝く」インタビュー>
    北野日奈子、乃木坂46卒業後初舞台で向き合った“不安と葛藤” 原動力となった存在とは<「蒲田行進曲完結編 銀ちゃんが逝く」インタビュー>
    モデルプレス
  8. FANTASTICS、番組スタッフ絶賛の撮影裏話「神」「助けられました」記者が見たお茶目な一面も<「The Usual Night いつもの夜」インタビュー連載番外編>
    FANTASTICS、番組スタッフ絶賛の撮影裏話「神」「助けられました」記者が見たお茶目な一面も<「The Usual Night いつもの夜」インタビュー連載番外編>
    モデルプレス
  9. Snow Man岩本照、俳優業のやりがいと今後「人の心を動かせることって素敵」夢を叶える秘訣も語る<「モエカレはオレンジ色」インタビュー>
    Snow Man岩本照、俳優業のやりがいと今後「人の心を動かせることって素敵」夢を叶える秘訣も語る<「モエカレはオレンジ色」インタビュー>
    モデルプレス