相葉雅紀演じる光が子供のころに創ったキャラクター“デビクロくん”(C)2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C)2013中村航/小学館【モデルプレス】

嵐・相葉雅紀「あんな恋がしてみたい」初の単独主演映画に込めた想いを語る<インタビュー>

2014.12.03 06:00
0
0

映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」(公開中)が、初の単独主演映画となったの相葉雅紀(31)。そんな彼に、今作に込めた想いについて語ってもらった。

相葉雅紀演じる光が子供のころに創ったキャラクター“デビクロくん”(C)2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C)2013中村航/小学館【モデルプレス】
相葉雅紀演じる光が子供のころに創ったキャラクター“デビクロくん”(C)2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C)2013中村航/小学館【モデルプレス】
嵐・相葉雅紀の初の単独主演映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」が公開中/(C)2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C)2013中村航/小学館
嵐・相葉雅紀の初の単独主演映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」が公開中/(C)2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C)2013中村航/小学館
今作は、山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をモチーフにした中村航氏の原作小説「デビクロくんの恋と魔法」を、『ジョゼと虎と魚たち』『のぼうの城』の犬童一心監督が待望の映画化。運命の女性と出会ってしまった光、幼なじみにずっと恋をしてる杏奈、元カレを忘れられないソヨン、恋に素直になれない北山。すれちがう4人の片想い。しかし、光にしか見えない相棒の“デビクロくん”が、聖なる夜に素敵なミラクルを呼び起こす。

相葉が漫画家をめざす書店員・山本光を演じるほか、光に片想いをするオブジェ作家の卵・高橋杏奈を榮倉奈々、光に運命の人と思われている世界的な照明アーティストのテ・ソヨンをハン・ヒョジュ、光とは大学時代の同級生でテ・ソヨンとは元恋人の売れっ子漫画家・北山一路を生田斗真が演じる。

また、お笑いタレントの劇団ひとりが声をつとめるデビクロは、光が子供のころに創ったキャラクター。ときどき光の目の前に現れるが、光にしか見えない。人には言えない光の本音を代弁していく。

― 最初に脚本を読んだときの感想をお聞かせてください。

相葉:脚本からはデビクロというキャラクターが何者なのかつかみにくく不思議な感じはありましたけど、ストーリー自体はピュアで心温まるお話だなと思いました。撮影中はデビクロがどのように動くのか、どんな感じで画面のなかにいるのか、なかなか想像するのが難しかったけれど、あっ、こういうふうになるのかと驚きました。完成した映画ではデビクロのアニメ部分はすごくよくできていて、今まで観たことのないような映画になったと思います。何より、あんな恋がしてみたいと思いました。

― 光というキャラクターをどのように捉え、どのように演じていましたか?

相葉:光はすごく素直な人だと思います。小学校の頃から成長が止まっているような繊細さを持っていて、だから周りのいろんなことをスポンジのようにすべて受け止めてしまう。そして、喜怒哀楽の“怒”の部分をデビクロが補ってくれているんです。デビクロは光の毒の部分を背負ってくれている存在なんですよね。なので、僕の演技のなかに“怒”という演技はないんです。

光を演じるにあたっては、余計なことを考えないで、光の目の前で起きていることに精一杯な青年というのを意識していました。先のことを考えて動くような人じゃないと思ったので、とにかくそのときに起きたことに集中する。それは僕が脚本と原作から読み取った光像でもあります。なので、僕自身も素直に共演者に対してリアクションをしていくという感じです。ものすごく受け身の役柄でした。

― 光のことは好きですか?また、どのようなところが好きですか?

相葉:もちろん好きです。光は杏奈をはじめ周りの人たちに支えられてきた人なんですよね。そしてすごくピュアで、ファンタジーな空想をするところは彼らしいと思います。そして、運命の恋を信じている。人って誰でも、生きているといろんなハードルがあるじゃないですか。そういうものを乗り越えたり身を守ったり、そうやって大人になっていくと思うんです。でも、おそらく光は向上心があまりなくてそれを経験してこなかったというか、ハードルを「越える」のではなく「くぐって」きたような人。そんなところが杏奈にも「わたあめ男子」といわれてしまうのだと思います。そんなフワフワと生きてきた青年が、本気になるんです。やっと気づくんです。今まではミラクルが起きるのを待っていたけれど、ミラクルは起きるものじゃなく気づくものだと。あと、光はすぐに自分で自分の心を折ってしまうところがあるんです。すぐに諦めてしまう。それを杏奈がずっと光がそうならないように支えてきました。そう考えると、杏奈は精神的に相当強い女性ですよね。もういいやって投げ出したくなるところをずっと支えてきたんですからね。

― 犬童監督は「相葉さんで映画が撮りたかった」「この役は相葉さんにぴったりだ」と言っているそうですが、オファーをもらったときの率直な感想はを教えてください。

相葉:いろんな人にこの役は僕にぴったりだねって言われます(笑)。

― でも、相葉さんは向上心ありますよね(笑)? 

相葉:そうですね(笑)、僕自身は意外と熱いハートを持っています。光ももしかしたら熱いものを持っているのかもしれないけれど、要領がよくないのでわかりにくいのかもしれない。彼は計算しないから。でも、そこが彼の可愛らしいところだとも思います。完成した映画を観たときに、僕自身は杏奈の気持ちで観てしまったんです。「光、しっかりしろよ!」って思ってしまう瞬間がありました。僕自身は光を演じているのに杏奈目線で観てしまうのはなんだか不思議ですよね。

榮倉奈々、生田斗真らの印象を語る

榮倉奈々/映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」より(C)2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C)2013中村航/小学館
ハン・ヒョジュ/映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」より(C)2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C)2013中村航/小学館
― 相葉さんから見て、幼なじみの杏奈の存在をどう想いますか?

相葉:杏奈はパーフェクトですよね。口は悪いですけど(笑)。子供の頃に光と交わした約束を大人になった今も果たそうとしている。すごく健気で一途。僕自身も杏奈のような健気な女性、好きですね。光にとっては、杏奈はいて当たり前の存在だからことあるごとに頼って甘えている。隣に住んでいることもあるので、杏奈を家族のように捉えて演じていました。

― 杏奈を演じた榮倉奈々さんは、どんな女優さんでしたか?

相葉:バラエティで何度かお会いしたことはあったんですけど、こうやってじっくりとお芝居をしたのは初めてでした。きれいな方で、性格的にもスマートですごく自然体で現場にいる方だったような気がします。

― 印象に残っている光と杏奈のシーンはありますか?

相葉:光がソヨンとデートすることが決まったとき、杏奈にソヨンの代わりをしてもらってデートの練習をするシーンがあります。買い物の後食事に行ったとき杏奈が光のトマトを食べてくれるんですよ。そのシーンは、僕的にはキュンとするポイントでしたね。きっといつもこうやって杏奈は光の苦手なものを食べてあげていたんだなって。そういうシーンで今までの2人の関係性を感じることができたというか。演じていて楽しいシーンでした。

― 犬童監督からはどんな演出があったのでしょうか?

相葉:撮影に入る前に、光という役をどのように捉えるかということと、シーンひとつひとつの説明、こういう方向性でいきたいというのを話し合ってから撮影に挑みました。けっこう細かいことが多かったですね。そして、現場では監督がものすごく楽しそうに撮ってくれるんです。あと、このリアクションはいろんなパターンで撮ってみようかとか、映画ならではの撮影時間の使い方なんだと思うんですが、贅沢に時間を使って演出していただけたのは僕のペースとしてもやりやすかったし楽しかったです。例えば、ソヨン役のハンさんとの居酒屋のシーンでは、会話のなかで「韓国語でマンションって何ていうの?」っていうセリフから、日本と韓国のマンションの定義の違いをアドリブで話したりしています。あれはたまたま本番で出てきた会話で、リハーサルのときは出てこなかった会話なんです。ハンさんとのシーンはその場で生まれた会話が本編でもそのまま使われているシーンがいくつかありますね。

― ソヨン役のハン・ヒョジュさんとの共演の感想も教えて下さい。

相葉:ハンさんは、撮影中の数ヶ月で日本語での会話が全部聞き取れるししゃべれる状態になっていて、日本語を覚えるペースが本当にすごいなと思いました。クランクイン前はまだ日本語の台本があまり読めないんですって言っていたのが、撮影が終わる頃には台本ぜんぶ読めるようになっていて。尊敬しちゃいますよね。役柄としてのソヨンもすごく格好いいクールビューティーで、光が運命の人だと一目惚れするのも分かりますよね。

― ソヨンとのシーンで思い出深いのはありますか?

相葉:光とソヨンの居酒屋のシーンで、ソヨンが酔ってテーブルに頭をぶつけるシーンがあるんです。ゴンッ!って、すごい音がしてリアルに痛そうでした。ハンさん、石頭なのかな(笑)。

― 相葉さんご自身は、運命の人をどう考えていますか?

相葉:子供の頃に思い描いた運命の人の像にぴったりの人が現れたら、そりゃあ恋しますよね。この人だ!って思いこんでしまう光の気持ちは分かります。きっと光にとってあまりにも衝撃的な出来事だったので、信じて突っ走っていってしまったんですよね。光はその理想像を思い描いた小学生の頃から成長していないんですよ(笑)。でも、そういう光を演じるのは楽しかったですね。あと、光は、終始笑っているシーンが多かったけれど、実は切ないシーンがたくさんあるんです。ソヨンとのシーンも北山とのシーンも、ほとんど切ない。そう、割と切ないんです。

― 北山役の生田斗真さんとの共演の感想も教えてください。

相葉:ジャニーズJr.の時から一緒に踊っていたんですが、なかなか共演できずにずっと空いていたので、17年ぶりの共演は嬉しかったですね。共演のシーン数は多くはなかったのですが、撮影の空き時間にいろんな話をしたり当時の舞台の話をしたりしていたら、自然とその空いていた時間が埋まっていった気がしました。楽しかったです。

― 相葉さんからみた北山はどんな男性ですか?

相葉:北山も北山なりに壁にぶつかりながら、都度そこから自分ではい上がっていく人間だと思います。すごく頑張っている男ですよね。

― 印象的な北山とのシーンはありますか?

相葉:本当にね、ちょこちょこいいところで北山が出てくるんですよ(笑)。北山のオフィスで一緒にプリンを食べているシーンもよかったけど、やっぱり一番印象に残っているのは神戸で撮影したイルミネーションのシーン。あの日はものすごく寒かった(笑)という意味でも、思い出深いシーンになりました。

― 真冬の撮影は、寒さとの戦いですよね。

相葉:本当に寒かったですね。何枚インナーを着ていたことか(笑)。イルミネーションのシーンも寒かったけど、ハンさんとの最初に出会う、道の曲がり角でぶつかるシーンの撮影をした日も寒かった。本当に寒さとの戦いでした。

― 道の曲がり角でぶつかるあのシーンも、いいシーンでした。

相葉:ですよね。吹っ飛び方とかも何パターンか挑戦したんです。そういうシーンって、完成した映画を観ながら、そういえばあんなふうに撮影したなぁとか、撮影風景が頭をよぎりますよね。屋上のシーンもね、思い出すなぁ。何度か出てくるピドゥルギ(鳩)のシーンとかは、監督から「もっとわかりやすく謝って」って言われたのを覚えています。すぐに「ごめんなさい」って謝っちゃうのが光らしさでもあるので、そこはもっと強めに出していこうと監督と話していたんです。

― 犬童監督の印象を踏まえて撮影現場の雰囲気をお聞かせください。

相葉:1度ももめたりすることもなく、怒鳴り声もない、すごく穏やかな現場でした。犬童さんが、いつも笑顔なんですよ(笑)。

― 印象深いエピソードをひとつ挙げるとしたら?

相葉:やっぱり、神戸のイルミネーションシーンはものすごく綺麗でしたね。普段、ああいう場所に行くことがないので、撮影とはいえ楽しんじゃいました。

映画単独初主演の心境・クリスマスの思い出も明かす

映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」より(C)2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C)2013中村航/小学館
榮倉奈々/映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」より(C)2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C)2013中村航/小学館
― 映画単独初主演でしたが、主演という気負いはありましたか?

相葉:主演としての気負いはなかったです。みんながそれぞれの役割を頑張っていこうという感じになればいいなと。本当にチームワークが良い現場だったので、空港でのクランクアップの日はこれで終わってしまうのかと、すごく寂しかったのを覚えています。クランクアップの日は撮影時間が限られていて、大変だったんです。汗びっしょりの姿でよく走った日でもありますね。あのラストシーンはハッピーエンドで本当に良かった。どんなことでも、諦めちゃいけないんだなって思いました。

― そんな「諦めないこと」を含め、この映画にはどんなメッセージが込められていると思いますか?

相葉:大切なものは身近にあるっていうデビクロのセリフがあるんですが、本当にそうだなぁって思います。要はそれに気づけるか気づけないか。デビクロのセリフって、いいセリフがたくさんあるんですよ。やわらかい言葉だけれど、突き刺さってくる。それを言わせているのは光自身でもあるんですけどね。幸せになりたいとか、恋がうまくいくようにとか、そう思うことは当然なんだけれど、この映画と出会って、それらはつかみに行くものじゃないんだなと感じたんです。気付けるかどうかなんだなと。気づいた先にミラクルがあるんじゃないかなと思います。

― ちなみに、デビクロ通信で1番心に刺さったのはありますか?

相葉:「泣いてもいいよ。ボクがわらう。わらってもいいよ、ぼくもわらう」というのは心に突き刺さりましたね。光っぽさ満載の言葉だなと思いました(笑)。

― 今作は4人4様の片想いが描かれています。相葉さん自身の片想い、初恋の想い出話をひとつ聞かせてください。

相葉:幼稚園の頃、お昼寝の時間がすごく楽しかったんですよね。こそこそしながら好きな子のそばに行って、お昼寝してました(笑)。そういう幼い頃の初恋の記憶を思い出させてくれる映画でもあるし、いま好きな人や大切な人に会いたくなったりもする映画でもある。本当に、恋がしたくなる映画だと思います。

― クリスマスの思い出話も聞かせてください。

相葉:僕はクリスマス・イブの誕生日なので、相葉家にはサンタクロースというのがなくて、誕生日としてプレゼントをもらっていたんです。でも、可哀想なのは弟。家族にとってクリスマスは僕の誕生日としてだけ祝う日だったので、弟もクリスマスプレゼントがなかったんです。今年のクリスマスは弟に何か贈り物をしようと思います!

(modelpress編集部)

映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」より(C)2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C)2013中村航/小学館
映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」より(C)2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C)2013中村航/小学館
■映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」
全国公開中
(C)2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C)2013中村航/小学館

出演:相葉雅紀、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真 ほか
監督:犬童一心
脚本:菅野友恵
原作:中村航「デビクロくんの恋と魔法」(小学館刊)

<ストーリー>
漫画家になる夢を諦めず、書店員として働く光は、ある日、世界的な照明アーティストのソヨンと出会い、一瞬で恋に落ちてしまう。彼女を“運命の人”と思い込み、幼なじみの杏奈に相談するが、なんとソヨンと杏奈は仕事仲間だった。光の片想いを応援する杏奈だが、彼女自身も子供の頃から光に秘めた恋心を抱いていた。一方、光は大学時代の同級生で売れっ子漫画家の北山と再会したのだが、彼がソヨンの元恋人だと知ってしまい…。

すれ違う4人の片想い。そんなとき、光にしか見えない相棒のデビクロくんが現れ、語りかける。「すべてがゼロになったら、大切なものだけが残る。やっと見つけたんだろ?」クリスマス・イブの夜、デビクロくんが魔法をかけたとき、光たちの片想いの恋に、素敵な“奇跡”が舞い降りる。

■相葉雅紀(あいばまさき)プロフィール
1982年12月24日生まれ。千葉県出身。のメンバーとして、音楽・テレビ・舞台・映画・CMと多方面に活躍。主な代表作は、主演を務めたテレビドラマ「マイガール」(09/EX)、「バーテンダー」(11/EX)、「三毛猫ホームズの推理」(12/NTV)、「ラストホープ」(13/CX)、映画「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけどHAPPY」(02/堤幸彦監督)、「ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だからHAPPY」(04/堤幸彦監督)など。映画「日本列島 いきものたちの物語」(12/出田恵三監督)でナビゲーターを務めた。本年8月には「ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY」(14/木村ひさし監督)が期間限定で上映された。犬童一心監督とは「黄色い涙」(07)以来のタッグとなり、本作で待望の映画初主演を飾る。
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. 嵐・相葉雅紀、榮倉奈々との“緊張のキスシーン”を振り返る
    嵐・相葉雅紀、榮倉奈々との“緊張のキスシーン”を振り返る
    モデルプレス
  2. 嵐・相葉雅紀、公開告白に照れ笑い 生田斗真も巻き添えに
    嵐・相葉雅紀、公開告白に照れ笑い 生田斗真も巻き添えに
    モデルプレス
  3. 嵐・相葉雅紀、松潤と「チューした」発言にスタジオ騒然
    嵐・相葉雅紀、松潤と「チューした」発言にスタジオ騒然
    モデルプレス
  4. 生田斗真、嵐・相葉&松潤の抱擁に「見ちゃいけないものを見た」
    生田斗真、嵐・相葉&松潤の抱擁に「見ちゃいけないものを見た」
    モデルプレス
  5. 嵐・相葉雅紀「愛してるよ」両思いアピールでファン絶叫 クリスマスの予定を明かす
    嵐・相葉雅紀「愛してるよ」両思いアピールでファン絶叫 クリスマスの予定を明かす
    モデルプレス
  6. 嵐・相葉雅紀、ゴールデンボンバー樽美酒との親交明かす
    嵐・相葉雅紀、ゴールデンボンバー樽美酒との親交明かす
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. ITZYリア、美声の秘訣 日本語の歌詞を歌う上でのポイントも明かす<「IT’z ITZY」インタビュー連載>
    ITZYリア、美声の秘訣 日本語の歌詞を歌う上でのポイントも明かす<「IT’z ITZY」インタビュー連載>
    モデルプレス
  2. YouTuber・48-フォーエイト-、男女8人で仲良く居続ける秘訣は?登録者数150万人突破で今後の目標も明かす<インタビュー>
    YouTuber・48-フォーエイト-、男女8人で仲良く居続ける秘訣は?登録者数150万人突破で今後の目標も明かす<インタビュー>
    モデルプレス
  3. 櫻坂46、改名から1年でファンの変化も実感 渡辺梨加・渡邉理佐・森田ひかる・田村保乃の“表現者としてのポリシー”とは
    櫻坂46、改名から1年でファンの変化も実感 渡辺梨加・渡邉理佐・森田ひかる・田村保乃の“表現者としてのポリシー”とは
    モデルプレス
  4. 「あなたの番です 劇場版」西野七瀬インタビュー 「今だから話せる」ドラマの裏話
    「あなたの番です 劇場版」西野七瀬インタビュー 「今だから話せる」ドラマの裏話
    モデルプレス
  5. ITZYイェジ、リーダーとして意識していることは?お気に入りの日本語も明かす<「IT’z ITZY」インタビュー連載>
    ITZYイェジ、リーダーとして意識していることは?お気に入りの日本語も明かす<「IT’z ITZY」インタビュー連載>
    モデルプレス
  6. <BALLISTIK BOYZインタビュー>結成から1番“変わった”と思うメンバーは誰?単独ホールツアー裏話も
    <BALLISTIK BOYZインタビュー>結成から1番“変わった”と思うメンバーは誰?単独ホールツアー裏話も
    モデルプレス
  7. TWICEの妹分・ITZY、日本デビューアルバムの魅力は?ファン“MIDZY”に日本語でメッセージ<「IT’z ITZY」インタビュー連載:グループ編>
    TWICEの妹分・ITZY、日本デビューアルバムの魅力は?ファン“MIDZY”に日本語でメッセージ<「IT’z ITZY」インタビュー連載:グループ編>
    モデルプレス
  8. パラリンピック開会式出演の“義足モデル”海音、難病乗り越え復帰した理由&夢を叶える秘訣とは
    パラリンピック開会式出演の“義足モデル”海音、難病乗り越え復帰した理由&夢を叶える秘訣とは
    モデルプレス
  9. 渡邊圭祐、初舞台で新境地へ “強く沁みついている”共演者の言葉とは<「彼女を笑う人がいても」インタビュー>
    渡邊圭祐、初舞台で新境地へ “強く沁みついている”共演者の言葉とは<「彼女を笑う人がいても」インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事