雑誌「Ranzuki」専属モデルの“あいみぃ”こと原野愛弓

「本当にブサイクだった」 新「Ranzuki」モデルが美にかける想いと夢を語る モデルプレスインタビュー

2013.10.23 06:00
0
1

雑誌「Ranzuki」11月号にて、読者モデルとして活躍していた“あいみぃ”こと原野愛弓が、同誌専属モデルとして加入。誌面では、新Ranzukiモデルの紹介ページをはじめ、4ページにわたる単独デビュー特集が組まれるなど、瞬く間に注目を浴びた。今回のインタビューでは、夢を抱いて16歳で鹿児島から単身上京してきた彼女の素顔に迫った。

― 特集ページを拝見しましたが、どれも完璧に着こなしていてびっくりしました。そのスタイルをキープする秘訣を教えてください。

あいみぃ:食べたいものを我慢できない性格です。寝る前にお腹が空くこともよくあって、ダメだと思いつつも、お腹が空いていると眠れないので食べてしまいます。でも、その代わり動くようにしています。大股で歩くなど日頃からできることを工夫しながら行っています。基本的には、食べた分だけ消費するようにしています。

― お肌もツルツルですが、普段はどんなスキンケアをされていますか?

あいみぃ:即効性があり、浸透力の高い韓国コスメを愛用しています。果物由来のものや、カタツムリやハチの毒といった成分が入ったものが好きです。それから、お風呂の中でパックをしています。ネットで調べたのですが、冷蔵庫で冷やしたパックの方が、毛穴が引き締まるので、より効果的なんですよ。

― ネットで調べるなんて…いろいろ勉強もされているんですね。

あいみぃ:自分が母親になったとき、美ママと呼ばれたいので、3年前から念入りにケアしています。美容は、母の影響もあって気合いを入れてケアしています。鹿児島にいた頃、化粧したまま寝ていたら「化粧落として寝なさい」とわざわざ母に起こされたこともありました。その甲斐もあってか、普段ファンデーションを塗らなくても平気なくらい、肌には自信があります。

雑誌「Ranzuki」専属モデルの“あいみぃ”こと原野愛弓
雑誌「Ranzuki」専属モデルの“あいみぃ”こと原野愛弓
― 本当にお綺麗ですね。美容の大敵はストレスかと思いますが、ストレス解消法はありますか?

あいみぃ:枕に向かって「わー」って叫んでいます(笑)大きい声を出すと、ストレスが吹っ飛びます。それからショッピングも気分転換になります。バッグやヒールの靴を集めるのが好きでよく買っています。最近も、展示会でバッグを買いました。

― 「Ranzuki」ではモデルさんが恋愛事情を赤裸々告白していますが、あいみぃさんはどんな男性がタイプですか?

あいみぃ:一途で年上、一緒にいて自分が落ち着く人がタイプです。面食いなので周りからは「理想が高い」と言われてしまうことが多いですね。ちなみに恋愛経験豊富な方かと思います(笑)

― これまでに思い出に残っている彼からのサプライズを教えてください。

あいみぃ:BarbieのiPhoneケースで欲しいものがあったのですが、海外製で日本では販売していませんでした。その話をなんとなく彼にしたことがありました。ある日、彼の家にいたとき、彼の代わりに宅配便を受け取ると、宛名が私になっていたんです。開けてみると、中には欲しかったiPhoneケースが入っていました。本当に嬉しいサプライズでした。どうやって取り寄せたのか教えてくれませんでしたが、とても感動しました。

雑誌「Ranzuki」専属モデルの“あいみぃ”こと原野愛弓
雑誌「Ranzuki」専属モデルの“あいみぃ”こと原野愛弓
― 心温まるサプライズですね。では、これからのあいみぃさんの夢を教えてください。

あいみぃ:モデルとして活躍することは夢の一つでしたが、私の最終的な目標は、やっぱりファッションが好きなので、ブランドプロデューサーになることです。「Ranzuki」はギャル誌ですが、実は、普段の服装はカジュアルガーリー誌などに出てくるナチュラルな服装の方が多いんですよ。モデルでも成功し、ブランドプロデューサーでも成功できれば幸せです。モデルとして実力を上げ、「Ranzuki」に留まらず様々な雑誌に出演して有名になりたいです。「日進月歩」をモットーに日々夢に向かって頑張っています。

― 最後に夢に向かって頑張るモデルプレス読者にメッセージをお願いします。

あいみぃ:努力次第で人は変われます。私自身、昔は本当にブサイクでした(笑)。小6でメイクに目覚めて、つけまつげをつけ、アイラインを引いていたのですが、今思えばただのブサイクなメイクだったなと恥ずかしいです。中身が濁っていれば、表情に出てしまうと思うので、それも出ていたのかもしれませんね。「Ranzuki」専属モデルとしてスタートに立つまでの6年間、ブサイクを克服するため本当に努力してきました。今の私は自信に満ちあふれていて、自分で自分を褒めてあげることが出来ます。だから、もしも私の努力を否定されると本当に悔しくて号泣しちゃいますね。私は自分に似合うメイクを見つけるのに6年ほどかかりましたが、自分の経験から、努力は人を裏切らないと思います。なので、最後まで諦めず努力し続けてください。

雑誌「Ranzuki」専属モデルの“あいみぃ”こと原野愛弓
雑誌「Ranzuki」専属モデルの“あいみぃ”こと原野愛弓
― ありがとうございました。

専属モデルとして華々しいスタートを切ったあいみぃ。キュートなルックスからは想像できないほど強い信念の持ち主の彼女は、自らの未来を切り開き、多くのファンに勇気を与えるだろう。(モデルプレス)

原野愛弓(はらの・あいみ)プロフィール
愛称:あいみぃ
生年月日:1995年7月5日
出身地:鹿児島県
血液型:B型
身長:154cm

2013年9月より雑誌「Ranzuki」専属モデルとして活動。読者モデル時より、各種イメージモデル、アパレルモデルとして活躍。

【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. 新「Ranzuki」モデル、専属モデルデビューの決意を語る モデルプレスインタビュー
    新「Ranzuki」モデル、専属モデルデビューの決意を語る モデルプレスインタビュー
    モデルプレス
  2. ハーフ美少女の新「Ranzuki」モデル、読モ時代の苦悩を語る モデルプレスインタビュー
    ハーフ美少女の新「Ranzuki」モデル、読モ時代の苦悩を語る モデルプレスインタビュー
    モデルプレス
  3. 人気モデル、「心配かけてごめんなさい」 専属モデル卒業を発表
    人気モデル、「心配かけてごめんなさい」 専属モデル卒業を発表
    モデルプレス
  4. 17歳“アイドルJK”が人気雑誌で専属デビュー
    17歳“アイドルJK”が人気雑誌で専属デビュー
    モデルプレス
  5. 破局、留年…波乱の人気モデル、再浮上を決意「いちばんになりたい」
    破局、留年…波乱の人気モデル、再浮上を決意「いちばんになりたい」
    モデルプレス
  6. 人気モデル、破局を報告「恋愛ってすごく儚いし難しい」
    人気モデル、破局を報告「恋愛ってすごく儚いし難しい」
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 「ミスターモデルプレス」初代グランプリ・森田悠斗さん“人気配信者”としての心構え 会話のコツ&視聴者数増加の秘訣は?<「モデルプレス連載」Vol.4>
    「ミスターモデルプレス」初代グランプリ・森田悠斗さん“人気配信者”としての心構え 会話のコツ&視聴者数増加の秘訣は?<「モデルプレス連載」Vol.4>
    モデルプレス
  2.  山田裕貴、 “見られる”ことに「危険を感じました」激動の2021年振り返る 熱いハートと冷静さを持ち合わせる男の胸の内<インタビュー後編>
    山田裕貴、 “見られる”ことに「危険を感じました」激動の2021年振り返る 熱いハートと冷静さを持ち合わせる男の胸の内<インタビュー後編>
    モデルプレス
  3. 山田裕貴、社長からの一言に“号泣”したワケ「負け続けてきた」過去から紐解くストイックな俳優論<インタビュー前編>
    山田裕貴、社長からの一言に“号泣”したワケ「負け続けてきた」過去から紐解くストイックな俳優論<インタビュー前編>
    モデルプレス
  4. <女性版バチェラー「バチェロレッテ2」尾崎美紀&佐藤マクファーレン優樹インタビュー>“鎧”を一番脱げた瞬間・交際の近況語る「幸せを感じます」
    <女性版バチェラー「バチェロレッテ2」尾崎美紀&佐藤マクファーレン優樹インタビュー>“鎧”を一番脱げた瞬間・交際の近況語る「幸せを感じます」
    モデルプレス
  5. “日本一かわいい中学一年生”はんなさん「今田美桜さんみたいな存在に」憧れる理由<中一ミスコン2022>
    “日本一かわいい中学一年生”はんなさん「今田美桜さんみたいな存在に」憧れる理由<中一ミスコン2022>
    モデルプレス
  6. 「ミスモデルプレス」初代グランプリ・仲美由紀さん、アイドルからレースクイーンへ 芸能活動を続ける理由と苦悩明かす<「モデルプレス連載」Vol.4>
    「ミスモデルプレス」初代グランプリ・仲美由紀さん、アイドルからレースクイーンへ 芸能活動を続ける理由と苦悩明かす<「モデルプレス連載」Vol.4>
    モデルプレス
  7. THE RAMPAGE吉野北人、BE:FIRST誕生前から知る三山凌輝との撮影裏話 続編のキーパーソンで意識した“二面性”とは<「HiGH&LOW THE WORST X」インタビュー>
    THE RAMPAGE吉野北人、BE:FIRST誕生前から知る三山凌輝との撮影裏話 続編のキーパーソンで意識した“二面性”とは<「HiGH&LOW THE WORST X」インタビュー>
    モデルプレス
  8. 小山内鈴奈アナ“5つの法則”ヘアメイク・ファッション・会話術…【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載】
    小山内鈴奈アナ“5つの法則”ヘアメイク・ファッション・会話術…【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載】
    モデルプレス
  9. <女子アナの“素”っぴん/小山内鈴奈アナ>青森から上京&理工学部からアナウンサーになった理由 軽部真一アナからのアドバイス明かす【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載】
    <女子アナの“素”っぴん/小山内鈴奈アナ>青森から上京&理工学部からアナウンサーになった理由 軽部真一アナからのアドバイス明かす【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載】
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事