キム・カーダシアン、第2子妊娠中に体重が約86kgまで増加

12月5日(現地時間)、ロサンゼルスのシーダーズ・サイナイ・メディカル・センターで第2子の長男セイント君を出産したキム・カーダシアン(35)。
キム・カーダシアン。WENN.com/Zeta Image【モデルプレス】
キム・カーダシアン。WENN.com/Zeta Image【モデルプレス】
出産約1か月前のキム。<br>
WENN.com/Zeta Image
出産約1か月前のキム。
WENN.com/Zeta Image
「Mail Online」によると、ケイトリン・ジェンナー(65)とピザを作りながら話している映像をライブでストリーミングしたキム。

キムは声のみですが、会話の中で、妊娠中に体重が190パウンド(約86kg)まで増えたことを明かしました。

「最初は130パウンド(約58kg)だった。60パウンド(約27kg)も増えたの。それって190パウンド(約86kg)よ。ワン…ナイン…ゼロ…死にそうだったわ」とキム。

そんな彼女にケイトリンは、キムの母クリスはケンダルやカイリーを妊娠中、202パウンド(約91kg)まで体重が増えたことを暴露しました。

出産後、キムはすでに17パウンド(約7.7kg)減ったそうですが、元の体重に戻すのはかなり大変そうですね。(セレブタイムズ/modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - キム・カーダシアン、第2子妊娠中に体重が約86kgまで増加
今読んだ記事

キム・カーダシアン、第2子妊娠中に体重が約86kgまで増加

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「海外」カテゴリーの最新記事