戸塚純貴、土居志央梨「虎に翼」第51話(C)NHK

「虎に翼」よね(土居志央梨)&轟(戸塚純貴)が再会・バディ結成…胸熱展開でトレンド席巻「朝から号泣」

2024.06.10 11:12

女優の伊藤沙莉が主演を務める連続テレビ小説『虎に翼』(NHK総合・毎週月~土あさ8時~ほか)の第51話が、6月10日に放送された。伊藤演じる猪爪寅子(通称・トラコ)の大学時代の同期・よね(土居志央梨)&轟(戸塚純貴)の再登場に反響が寄せられている。<※ネタバレあり>


伊藤沙莉ヒロイン朝ドラ「虎に翼」

伊藤沙莉「虎に翼」第51話(C)NHK
伊藤沙莉「虎に翼」第51話(C)NHK
第110作目の連続テレビ小説となる本作は、日本初の女性弁護士である三淵嘉子(みぶち・よしこ)さんをモデルに描くリーガルエンターテインメント。


よね(土居志央梨)&轟(戸塚純貴)が再登場

森田望智、斎藤羽結、石田ゆり子「虎に翼」第51話(C)NHK
森田望智、斎藤羽結、石田ゆり子「虎に翼」第51話(C)NHK
判事・花岡(岩田剛典)が、違法である闇市の食べものを一切拒否して栄養失調で亡くなった。彼の死は世間に大きな衝撃を与え、寅子もひどく落ち込んでいた。

一方、戦地から戻った、花岡の盟友・轟も、この訃報を知り放心状態に。自暴自棄となり酔い潰れているところで、よねと再会し、苦しい胸の内を打ち明けた。

土居志央梨、戸塚純貴「虎に翼」第51話(C)NHK
土居志央梨、戸塚純貴「虎に翼」第51話(C)NHK
後日、花岡や寅子らとよく昼食を食べた日比谷公園のベンチに向かった2人。今後についてよねが尋ねると、轟は「轟も頑張れよ。早く法廷で会おう」という花岡からの言葉を思い出し「なんとかするさ」と立ち上がった。すると、よねは「腹が立つが私はまだ何者でもない」と弁護士資格のない自分ではできることに限界があると伝え「一緒にやらないか、弁護士事務所。どうせやることもないなら、人助けでもしろよ」と手を差し出す。この言葉に轟も応えるように「誘い方が回りくどいぞ!」と熱い握手を交わした。

一瞬笑みを浮かべたよねが「黙れ。さっさと帰るぞ。私は忙しいんだ」と歩き始めると、轟は「その口のきき方、なんとかならないのか!」と口にしながら、花岡がいつも座っていたベンチを見つめていた。

消息不明のままとなっていた2人の再登場とともに、新たなバディとして握手を交わす2人の姿に、視聴者からは「胸熱」「最強バディの誕生」「2人の関係性が尊い」「相変わらずのやりとりにホッとした」「朝から号泣」「最後に轟が花岡の定位置に視線を向ける姿に胸打たれた」など歓喜の声が続々。またタイトルをはじめ、「#俺たちの轟」「#よねさんと轟」などX(旧Twitter)のトレンドを席巻した。 (modelpress編集部)

情報:NHK
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連ドラマ

  1. 虎に翼

    虎に翼

    2024年04月01日(月)スタート

    毎週月〜土曜08:00 / NHK総合ほか

    詳しく見る

関連記事

  1. 【虎に翼 第52話あらすじ】寅子、家庭裁判所設立準備室に異動になる
    【虎に翼 第52話あらすじ】寅子、家庭裁判所設立準備室に異動になる
    モデルプレス
  2. 【来週の虎に翼 あらすじ】寅子、花岡の死を知る 轟とよねは再会
    【来週の虎に翼 あらすじ】寅子、花岡の死を知る 轟とよねは再会
    モデルプレス
  3. 【虎に翼 第51話あらすじ】花岡、栄養失調で亡くなる
    【虎に翼 第51話あらすじ】花岡、栄養失調で亡くなる
    モデルプレス
  4. 「虎に翼」花岡(岩田剛典)の変化に視聴者ザワつく「悲劇の予感」「今にも消えちゃいそう」と心配の声続々
    「虎に翼」花岡(岩田剛典)の変化に視聴者ザワつく「悲劇の予感」「今にも消えちゃいそう」と心配の声続々
    モデルプレス
  5. 【虎に翼 第50話あらすじ】寅子、法の道で生きる決心をする 新しい民法が成立
    【虎に翼 第50話あらすじ】寅子、法の道で生きる決心をする 新しい民法が成立
    モデルプレス
  6. 「虎に翼」花岡(岩田剛典)の再登場に視聴者歓喜 消息不明のよね(土居志央梨)&轟(戸塚純貴)にも再び注目集まる
    「虎に翼」花岡(岩田剛典)の再登場に視聴者歓喜 消息不明のよね(土居志央梨)&轟(戸塚純貴)にも再び注目集まる
    モデルプレス

「ドラマニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 「アンチヒーロー」最終回、トレンド1位&関連ワード9語浮上でSNS席巻 ノーカット35分のエンディングに視聴者涙
    「アンチヒーロー」最終回、トレンド1位&関連ワード9語浮上でSNS席巻 ノーカット35分のエンディングに視聴者涙
    モデルプレス
  2. 「アンチヒーロー」最終回、赤峰(北村匠海)がタイトル回収 初回との“別人級”変化に視聴者震撼「鳥肌立った」
    「アンチヒーロー」最終回、赤峰(北村匠海)がタイトル回収 初回との“別人級”変化に視聴者震撼「鳥肌立った」
    モデルプレス
  3. 「アンチヒーロー」最終回、“ラスト”サプライズゲストが一瞬登場「強すぎる」「盲点だった」と驚きの声
    「アンチヒーロー」最終回、“ラスト”サプライズゲストが一瞬登場「強すぎる」「盲点だった」と驚きの声
    モデルプレス
  4. 「アンチヒーロー」最終回 白木(大島優子)のビジュアル変化に注目集まる「演出が細かい」「雰囲気変わる」
    「アンチヒーロー」最終回 白木(大島優子)のビジュアル変化に注目集まる「演出が細かい」「雰囲気変わる」
    モデルプレス
  5. 「アンチヒーロー」最終回、緑川(木村佳乃)の正体判明 伏線になっていた9話シーン&役名に反響「最初から繋がってたんだ」「やっぱり」
    「アンチヒーロー」最終回、緑川(木村佳乃)の正体判明 伏線になっていた9話シーン&役名に反響「最初から繋がってたんだ」「やっぱり」
    モデルプレス
  6. 「アンチヒーロー」最終回 明墨(長谷川博己)&赤峰(北村匠海)接見シーン、初回とリンクした“緻密すぎる演出” 想像を超えた北村の演技とは「ほぼ本人」【飯田和孝P囲み取材Vol.4】
    「アンチヒーロー」最終回 明墨(長谷川博己)&赤峰(北村匠海)接見シーン、初回とリンクした“緻密すぎる演出” 想像を超えた北村の演技とは「ほぼ本人」【飯田和孝P囲み取材Vol.4】
    モデルプレス
  7. 「アンチヒーロー」続編の可能性は?最終回で真犯人明かさなかった理由をプロデューサーが説明【飯田和孝P囲み取材Vol.3】
    「アンチヒーロー」続編の可能性は?最終回で真犯人明かさなかった理由をプロデューサーが説明【飯田和孝P囲み取材Vol.3】
    モデルプレス
  8. 「光る君へ」松下洸平が語る周明のまひろ(吉高由里子)への本心と葛藤「ずっと孤独だった」議論重ねた演出明かす
    「光る君へ」松下洸平が語る周明のまひろ(吉高由里子)への本心と葛藤「ずっと孤独だった」議論重ねた演出明かす
    モデルプレス
  9. 二宮和也&竹内涼真「ブラックペアン2」で日本ドラマ異例の撮影挑戦 “直接対決”の見どころ語る
    二宮和也&竹内涼真「ブラックペアン2」で日本ドラマ異例の撮影挑戦 “直接対決”の見どころ語る
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事