松下洸平、吉高由里子「光る君へ」第23話(C)NHK

「光る君へ」周明(松下洸平)の“裏の顔”に衝撃「これは国際ロマンス詐欺」 宣孝(佐々木蔵之介)プロポーズで四角関係加速

2024.06.10 11:28

女優の吉高由里子が主演を務めるNHK大河ドラマ「光る君へ」(総合テレビ、毎週日曜午後8時~/BS・BSP4K、毎週日曜午後6時~/BSP4K、毎週日曜午後0時15分~)の第23話が、9日に放送された。周明(松下洸平)が見せた裏の顔と、まひろ(吉高)を巡る展開に反響が寄せられている。<※ネタバレあり>


吉高由里子主演大河ドラマ「光る君へ」

吉高由里子「光る君へ」第23話(C)NHK
吉高由里子「光る君へ」第23話(C)NHK
平安時代を舞台に、壮大で精緻な恋愛長編「源氏物語」を書き上げた紫式部(まひろ)を吉高が演じ、「源氏物語」執筆に欠かせない1人の男性・藤原道長を柄本佑が演じる。ドラマでは紫式部が生涯心を寄せ、陰に陽に影響しあいながら人生をたどる生涯のソウルメイトに。脚本は大石静が担当する。


「光る君へ」第23話 周明(松下洸平)、まひろ(吉高由里子)と親密になり…裏の顔に衝撃

吉高由里子、松下洸平「光る君へ」第23話(C)NHK
吉高由里子、松下洸平「光る君へ」第23話(C)NHK
松下洸平「光る君へ」第23話(C)NHK
松下洸平「光る君へ」第23話(C)NHK
松下洸平、吉高由里子「光る君へ」第23話(C)NHK
松下洸平、吉高由里子「光る君へ」第23話(C)NHK
越前にやってきた、朱仁聡(読み:ヂュレンツォン/浩歌)らとともに越前にやってきた、宋の見習い医師である周明(読み:ヂョウミン)は、前回のラストで日本語が話せることが判明。まひろがその理由を尋ねると、生まれは対馬で12歳のときに父親に海に捨てられたこと、その後宋の船に拾われて宋で育ってきた過去を打ち明けた。

周明は宋について興味津々のまひろに宋のことばを教えてくれ、2人は親しくなっていく。親密な時間が流れ、まひろの手をとるドキッとするシーンもあった。

松下洸平、吉高由里子「光る君へ」第23話(C)NHK
松下洸平、吉高由里子「光る君へ」第23話(C)NHK
松下洸平「光る君へ」第23話(C)NHK
松下洸平「光る君へ」第23話(C)NHK
しかし、終盤、周明は「左大臣の女かもしれません」と朱に、まひろが左大臣・道長と繋がりがあることを密告し、「うまく取り込んで左大臣の文を書かせます」とまひろを利用して朱に貢献すると発言。まひろとの会話で、まひろが「あの人」と親しみを込めて道長を呼んだことから察していたのだった。

宣孝(佐々木蔵之介)、まひろ(吉高由里子)にプロポーズ

佐々木蔵之介「光る君へ」第23話(C)NHK
佐々木蔵之介「光る君へ」第23話(C)NHK
吉高由里子、佐々木蔵之介「光る君へ」第23話(C)NHK
吉高由里子、佐々木蔵之介「光る君へ」第23話(C)NHK
一方、まひろの父・為時(岸谷五朗)の友人である宣孝(佐々木蔵之介)が為時の留守中に越前にやってくる。すでに3人の妻と4人の子がいる宣孝だが、まひろと時間を過ごし、「お前と会うと違う世界が垣間見れる、新たな望みが見える、未来が見える。まだまだ生きていたいと思ってしまう」とこぼす。

そして別れのときに「あの宋人が好きなのか?あいつと宋の国に行くなよ」と周明との仲について尋ね、「都に戻ってこい、わしの妻になれ」とまひろに申し込んだ。

「光る君へ」まひろを巡る四角関係加速?

佐々木蔵之介「光る君へ」第23話(C)NHK
佐々木蔵之介「光る君へ」第23話(C)NHK
佐々木蔵之介「光る君へ」第23話(C)NHK
佐々木蔵之介「光る君へ」第23話(C)NHK
次回予告では周明が「早くまひろと宋に行きたい」とまひろに甘くささやく場面も。優しく穏やかな周明が最後に見せた裏の顔に視聴者からは驚愕の声が続々とあがり、「これは国際ロマンス詐欺」「まひろ騙されちゃだめだよ!」「松下洸平なら騙されても良い…」「まひろが騙されるわけない」といったコメントが続々。

また、これまで“親戚のおじさん”ポジションだった宣孝が、後にまひろの夫となることは覚悟していた視聴者たちも、突然のプロポーズと、いまだまひろへの想いが消えない道長を含め恋愛模様が複雑となり、「ついに動き出した」「急にまひろがモテ期」「すごい四角関係始まった」と読めない展開に興奮していた。(modelpress編集部)

情報:NHK
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連ドラマ

  1. 光る君へ

    光る君へ

    2024年01月07日(日)スタート

    毎週日曜20:00 / NHK総合ほか

    詳しく見る

関連記事

  1. 【光る君へ 第23話】周明、まひろに自分の過去語る 朱が越前に来た本当の狙いとは
    【光る君へ 第23話】周明、まひろに自分の過去語る 朱が越前に来た本当の狙いとは
    モデルプレス
  2. 「9ボーダー」松下洸平、陶芸シーンに「スカーレット」思い出す視聴者多数「ハチさんがいる」「懐かしい」
    「9ボーダー」松下洸平、陶芸シーンに「スカーレット」思い出す視聴者多数「ハチさんがいる」「懐かしい」
    モデルプレス
  3. 「9ボーダー」コウタロウ(松下洸平)、本名・1億の所持金・記憶喪失の原因…すべての謎判明に反響「怒涛の伏線回収」「繋がった」
    「9ボーダー」コウタロウ(松下洸平)、本名・1億の所持金・記憶喪失の原因…すべての謎判明に反響「怒涛の伏線回収」「繋がった」
    モデルプレス
  4. 松下洸平、俳優&アーティスト“二兎を追う”決意「こんなはずじゃなかった」知られざる胸の内語る
    松下洸平、俳優&アーティスト“二兎を追う”決意「こんなはずじゃなかった」知られざる胸の内語る
    モデルプレス
  5. 【9ボーダー 第8話】コウタロウ、すべての謎が明らかに
    【9ボーダー 第8話】コウタロウ、すべての謎が明らかに
    モデルプレス
  6. 「9ボーダー」コウタロウ(松下洸平)、衝撃事実発覚 六月(木南晴夏)&松嶋(井之脇海)の関係にも注目【第8話見どころ】
    「9ボーダー」コウタロウ(松下洸平)、衝撃事実発覚 六月(木南晴夏)&松嶋(井之脇海)の関係にも注目【第8話見どころ】
    モデルプレス

「ドラマニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 「アンチヒーロー」最終回、トレンド1位&関連ワード9語浮上でSNS席巻 ノーカット35分のエンディングに視聴者涙
    「アンチヒーロー」最終回、トレンド1位&関連ワード9語浮上でSNS席巻 ノーカット35分のエンディングに視聴者涙
    モデルプレス
  2. 「アンチヒーロー」最終回、赤峰(北村匠海)がタイトル回収 “別人級”変化・意味深ラストに視聴者震撼「鳥肌立った」
    「アンチヒーロー」最終回、赤峰(北村匠海)がタイトル回収 “別人級”変化・意味深ラストに視聴者震撼「鳥肌立った」
    モデルプレス
  3. 「アンチヒーロー」最終回、“ラスト”サプライズゲストが一瞬登場「強すぎる」「盲点だった」と驚きの声
    「アンチヒーロー」最終回、“ラスト”サプライズゲストが一瞬登場「強すぎる」「盲点だった」と驚きの声
    モデルプレス
  4. 「アンチヒーロー」最終回 白木(大島優子)のビジュアル変化に注目集まる「演出が細かい」「雰囲気変わる」
    「アンチヒーロー」最終回 白木(大島優子)のビジュアル変化に注目集まる「演出が細かい」「雰囲気変わる」
    モデルプレス
  5. 「アンチヒーロー」最終回、緑川(木村佳乃)の正体判明 伏線になっていた9話シーン&役名に反響「最初から繋がってたんだ」「やっぱり」
    「アンチヒーロー」最終回、緑川(木村佳乃)の正体判明 伏線になっていた9話シーン&役名に反響「最初から繋がってたんだ」「やっぱり」
    モデルプレス
  6. 「アンチヒーロー」最終回 明墨(長谷川博己)&赤峰(北村匠海)接見シーン、初回とリンクした“緻密すぎる演出” 想像を超えた北村の演技とは「ほぼ本人」【飯田和孝P囲み取材Vol.4】
    「アンチヒーロー」最終回 明墨(長谷川博己)&赤峰(北村匠海)接見シーン、初回とリンクした“緻密すぎる演出” 想像を超えた北村の演技とは「ほぼ本人」【飯田和孝P囲み取材Vol.4】
    モデルプレス
  7. 「アンチヒーロー」続編の可能性は?最終回で真犯人明かさなかった理由をプロデューサーが説明【飯田和孝P囲み取材Vol.3】
    「アンチヒーロー」続編の可能性は?最終回で真犯人明かさなかった理由をプロデューサーが説明【飯田和孝P囲み取材Vol.3】
    モデルプレス
  8. 「光る君へ」松下洸平が語る周明のまひろ(吉高由里子)への本心と葛藤「ずっと孤独だった」議論重ねた演出明かす
    「光る君へ」松下洸平が語る周明のまひろ(吉高由里子)への本心と葛藤「ずっと孤独だった」議論重ねた演出明かす
    モデルプレス
  9. 二宮和也&竹内涼真「ブラックペアン2」で日本ドラマ異例の撮影挑戦 “直接対決”の見どころ語る
    二宮和也&竹内涼真「ブラックペアン2」で日本ドラマ異例の撮影挑戦 “直接対決”の見どころ語る
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事