【男女別】気になる人に見せる言動6選 あなたも彼もやってない?

あなたは気になる人ができた時に、その人に対してどんな態度を取りますか?実は男性と女性では、気になる人への態度に差があるのです。無意識でしてしまうこと、意識的におこなっていること、男女ではどんな違いがあるのでしょうか。今回は、そんな気になる人への言動を男女別でまとめてみました。
【男女別】気になる人に見せる言動6選 あなたも彼もやってない?/photo by ぱくたそ
【男女別】気になる人に見せる言動6選 あなたも彼もやってない?/photo by ぱくたそ

男性は気になる人の前だと早口になる

男性は好きな人を目の前にした時に、何か話さなければという焦りや緊張から無意識に早口で話してしまう傾向があります。

今までは普通に話していたのに急にあたふたするようになったのなら、それは友達から気になる人へ変わったからでしょう。

隠し事が苦手な男性はこういう風に分かりやすい態度が表に出やすいので、気持ちの変化を周囲から気づかれやすい場合があるでしょう。

男性は気になる人をたくさん褒める

気になる人には良い印象を持たれたいとか素敵だと思っている本心から、男性は気になる人をたくさん褒めるようになります。

ちょっとしたことでも頻繁に褒めてくれるようになるので、女性はそんな男性の変化に気付き意識するようになるでしょう。

また本人に直接伝えるのではなく、周囲の人に「〇〇ちゃんって頑張り屋だよね」など褒めるような言葉を漏らしていることもあるでしょう。

男性はつい気になる人を目で追ってしまう

男性は女性のように周囲にバレないような行動をするのが苦手な人が多く、気になる人は隠さずに目で追ってしまうことが少なくないでしょう。

だから周囲の人やその目線を向けられた女性自身も気づきやすく、すぐに好きだとバレてしまうこともあります。

また、本人がまだ好きだと認識していないのに無意識で目で追っていることもあり、周囲から言われて初めて気づくパターンもあるのです。

男性と女性では気になる人への態度に差がある?(Photo by ababaka)
男性と女性では気になる人への態度に差がある?(Photo by ababaka)

女性は積極的にLINEをする

女性は気になる人が出来ると自分から積極的にLINEなどで連絡をして、その人との接点を出来るだけ多く持とうとする傾向にあります。

気になる人の情報を出来るだけ多く入手して、それに合わせた行動や対応をしようと色々作戦を考えるためという点からも連絡が多くなってしまうのです。

あまり自分の知らない話題や苦手な話題でも、出来るだけ話を繋げようと一生懸命会話を頑張る女性も少なくないでしょう。

女性は気になる人へのボディタッチが増える

男性は女性が嫌がる事をしたくないからと、自分からボディタッチをすることにためらってしまう人が多いでしょう。

しかし女性は気になる人に触れたいとか近づきたいという気持ちから、その人へのボディタッチが増えることがあります。

もともとさみしがりやなどでボディタッチが当たり前になっている人もいるので、他の男性と比べてどうかというのが見極めるポイントになります。

女性は気になる人に同調することが多くなる

「私もそう思う」「私も〇〇をしたい」など、女性は気になる人に同調したり同じことをしたがったりすることが増えるでしょう。

気になる人と同じ意見を持つことや同じことをすると、それだけ距離が縮まり気になる人と親しくなりやすいと思っているからです。

また、同調することで気になる人の味方であることを示して、好印象を与えるよう心がけている女性もいます。

どんな形でも上手なアプローチで素敵な恋をゲット(Photo-by-George-Dolgikh/Fotolia)
どんな形でも上手なアプローチで素敵な恋をゲット(Photo-by-George-Dolgikh/Fotolia)

LINE・メールで分かる脈ありサイン


いかがでしたか?

周囲の人にご紹介したような行動を取る人がいれば、それはあなたのことを好きとか気になる存在だと思っている可能性が高いと言えるでしょう。

行動や発言をよく見極めて自分に気がある人を見つけることが出来れば、恋のチャンスや楽しみがぐっと増えるはずです。

気になる人からなかなか気持ちに気付いてもらえないという人は、わざとご紹介したような行動を取ってアプローチしてみるのも良いかもしれません。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 【男女別】気になる人に見せる言動6選 あなたも彼もやってない?
今読んだ記事

【男女別】気になる人に見せる言動6選 あなたも彼もやってない?

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事