身体能力の高さを絶賛された山田涼介 (C)モデルプレス

Hey! Say! JUMP山田涼介、撮影中のムチャブリ明かす 監督は対応力を絶賛<大怪獣のあとしまつ>

2022.02.04 20:21

Hey! Say! JUMP山田涼介が4日、都内で行われた映画「大怪獣のあとしまつ」公開初日舞台挨拶に、共演の土屋太鳳、濱田岳、西田敏行、メガホンをとった三木聡監督とともに登壇。撮影中のムチャブリエピソードを明かした。


山田涼介&土屋太鳳、コロナ禍での映画公開に感慨

ムチャブリに対応した山田涼介、土屋太鳳(C)モデルプレス
ムチャブリに対応した山田涼介、土屋太鳳(C)モデルプレス
暴れ狂う大怪獣に逃げ惑う人々。そこへ突如、ヒーローが現れて世界を救う…という特撮映画のお決まりの展開。しかし倒された怪獣の死体処理は、果たしてどうなっていたのか…。そんな『誰もが知る“巨大怪獣”の、誰も知らない“死んだ後”の物語』を史上初めて描いた本作。

土屋太鳳(C)モデルプレス
土屋太鳳(C)モデルプレス
コロナ禍での公開となったが、山田は「まずは無事に公開初日を迎えられてすごく嬉しい気持ちですし、これだけのお客さんが初日に来ていただけているんだなと、幸せを感じております」と会場いっぱいの観客を眺め、土屋は「厳しい状況の中、本当にありがとうございます。最初に撮影の中断を余儀なくされたのは、ちょうど2年前の今ごろでした。そこからずっとこの作品が生まれることを大切に大きな目標としてきました。刺激的なこの作品が、末長く愛していただけることを心から祈っております」と挨拶した。

山田涼介&土屋太鳳、撮影中のムチャブリとは

キャノン砲を持って楽しそうな山田涼介 (C)モデルプレス
キャノン砲を持って楽しそうな山田涼介 (C)モデルプレス
また、巨大怪獣の死体処理というムチャブリを課された人たちの奮闘が描かれている本作にちなみ、撮影現場でムチャブリだった思うエピソードを聞かれると、山田は「ポスターとかでもロケットを背負っていると思うんですけど、本編では2個背負ったりしている場面があって、それを背負いながら走ったり作業をしたりするシーンもあったんですけど、あれ本当に重くて、1個10kgはちょっと言い過ぎかもしれないんですけど、体感としてはそれくらいあって、それを2つくらい持って『走ろうか』って言われたときは、“これ、軽くてもよかったんじゃないかな”みたいなことは思いました」と当時の心境を明かし、「質感とか、画で見たときのリアルさは、この重さじゃないと出なかったんだろうなと思いながら、自分で納得してやっていました」と回顧。

これに三木監督は「確かに負担はかかるだろうなと思いました。もちろん山田さんが使う前から美術スタッフと作っていくんですけど、正直言うと、重いものが揺れるのと、軽いものが揺れるのでは画として違うんですよね」と説明し、「山田さんはそれをアクションにつなげていくという身体能力の高さは素晴らしいですよね。重たいものを持ったまま、結構な距離を飛ぶので“すごいな”と」と絶賛。その撮影後はさすがに疲れが溜まったか聞かれた山田は「楽屋でずっと、ソファーの肘当てに首をぐりぐりしていました(笑)。凝りましたね」と打ち明けて笑いを誘った。

土屋太鳳(C)モデルプレス
土屋太鳳(C)モデルプレス
土屋太鳳(C)モデルプレス
土屋太鳳(C)モデルプレス
同じ質問に、土屋は「予告にもあるように、草むらを走るシーンがあるんですけど、だいたい特撮のヒロインって草むらを走るんですよ(笑)。台本を読んだときに“キタッ”って思って、すごく嬉しくて、現場に行って“よし走るぞ!”って思ったら、草が生えすぎていて、なおかつ冬だったので硬いし刺さるしで、『きゃー』って言いながら走っているけど、本当に『きゃー』『嫌だー』って気持ちで走っていました」といい、「本当に痛くて…(笑)。頑張ってスタッフさんたちが切って踏んでくださったりしたので、傷が1個くらいで済みました」と体を張ったエピソードを明かした。

山田涼介「大人の全力の真剣さ、そして全力のおふざけを、たくさんの方々に楽しんでいただけたら」

最後に、締めのコメントを求められた山田は「この映画は、大人が全力でふざけているシーンもあれば、大人が全力で真面目に怪獣に向き合っているシーンもあります。三木監督を筆頭に、僕たちキャスト・スタッフさんは全力でこの映画を作らせていただきました。大人の全力の真剣さ、そして全力のおふざけを、たくさんの方々に楽しんでいただけたらなと思っておりますので、ぜひ各々の感想を共有しあっていただけたらなと思います。この映画を愛してください」とアピールした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. Hey! Say! JUMP山田涼介、“引くぐらいキレイだった女優”明かす
    Hey! Say! JUMP山田涼介、“引くぐらいキレイだった女優”明かす
    モデルプレス
  2. Hey! Say! JUMP山田涼介、有岡大貴のサウナ資格取得を報告「一向にニュースにならなくて」
    Hey! Say! JUMP山田涼介、有岡大貴のサウナ資格取得を報告「一向にニュースにならなくて」
    モデルプレス
  3. 山田涼介、満島ひかりのキレイさに“ガチガチに緊張”エピソード明かす「あがっちゃってるもんで」
    山田涼介、満島ひかりのキレイさに“ガチガチに緊張”エピソード明かす「あがっちゃってるもんで」
    WEBザテレビジョン
  4. Hey! Say! JUMP山田涼介、ゲーム中心のプライベート告白「夜ご飯とかも忘れちゃって」
    Hey! Say! JUMP山田涼介、ゲーム中心のプライベート告白「夜ご飯とかも忘れちゃって」
    モデルプレス
  5. Hey! Say! JUMP山田涼介・有岡大貴・八乙女光、“うちの裕翔”発言が話題 裏話にファン歓喜「メンバー想い」「裕翔くん可愛い」
    Hey! Say! JUMP山田涼介・有岡大貴・八乙女光、“うちの裕翔”発言が話題 裏話にファン歓喜「メンバー想い」「裕翔くん可愛い」
    モデルプレス
  6. Hey! Say! JUMP山田涼介、傷だらけで佇む衝撃ラストシーン解禁 監督がキャスティングの理由明かす<大怪獣のあとしまつ>
    Hey! Say! JUMP山田涼介、傷だらけで佇む衝撃ラストシーン解禁 監督がキャスティングの理由明かす<大怪獣のあとしまつ>
    モデルプレス

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. 草なぎ剛が主演、Netflixで「新幹線大爆破」リブート作品として制作決定「日本沈没」樋口真嗣監督と18年ぶり再タッグ
    草なぎ剛が主演、Netflixで「新幹線大爆破」リブート作品として制作決定「日本沈没」樋口真嗣監督と18年ぶり再タッグ
    モデルプレス
  2. 佐々木蔵之介、津田健次郎の狂気の演技に興奮「きたー!!でもいい声やなぁ。色っぽいなぁ」<映画 マイホームヒーロー>
    佐々木蔵之介、津田健次郎の狂気の演技に興奮「きたー!!でもいい声やなぁ。色っぽいなぁ」<映画 マイホームヒーロー>
    WEBザテレビジョン
  3. 元櫻坂46守屋茜、ふっくらお腹の妊婦姿披露 映画初出演で主人公の妻役<罪と悪>
    元櫻坂46守屋茜、ふっくらお腹の妊婦姿披露 映画初出演で主人公の妻役<罪と悪>
    モデルプレス
  4. ドニー・イェン演じる「盲目の殺し屋ケイン」にキアヌも興奮 「ジョン・ウィック:コンセクエンス」特典映像が一部公開
    ドニー・イェン演じる「盲目の殺し屋ケイン」にキアヌも興奮 「ジョン・ウィック:コンセクエンス」特典映像が一部公開
    WEBザテレビジョン
  5. 宮世琉弥、即興S台詞・頭ポンポン…憧れシチュエーション実演でJK崩れ落ちる<恋わずらいのエリー>
    宮世琉弥、即興S台詞・頭ポンポン…憧れシチュエーション実演でJK崩れ落ちる<恋わずらいのエリー>
    モデルプレス
  6. 宮世琉弥&原菜乃華、女子高サプライズ訪問で会場沸かす「気持ちいいです」<恋わずらいのエリー>
    宮世琉弥&原菜乃華、女子高サプライズ訪問で会場沸かす「気持ちいいです」<恋わずらいのエリー>
    モデルプレス
  7. 映画コメンテーター・有村昆が語る台湾映画の魅力「良い意味でガラパゴス進化しているのが面白い」
    映画コメンテーター・有村昆が語る台湾映画の魅力「良い意味でガラパゴス進化しているのが面白い」
    WEBザテレビジョン
  8. 「アベンジャーズ」“ハルク”役マーク・ラファロ、「哀れなるものたち」でアカデミー賞受賞なるか “愛され俳優”の軌跡
    「アベンジャーズ」“ハルク”役マーク・ラファロ、「哀れなるものたち」でアカデミー賞受賞なるか “愛され俳優”の軌跡
    WEBザテレビジョン
  9. 柴咲コウ、全編フランスロケ&フランス語で映画主演 黒沢清監督初のセルフリメイク<蛇の道>
    柴咲コウ、全編フランスロケ&フランス語で映画主演 黒沢清監督初のセルフリメイク<蛇の道>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事