(上段左から)川栄李奈、大島美幸、遠藤憲一、小池栄子(下段左から)勝村政信、松尾諭、丸山智己(C)2021「地獄の花園」製作委員会

川栄李奈・遠藤憲一ら“OLヤンキー”に 永野芽郁主演「地獄の花園」追加キャスト発表、強烈ビジュアル解禁

2021.02.28 12:00
1
1

女優の永野芽郁が主演を務める映画「地獄の花園」(2021年5月公開)の第4弾キャストが解禁。女優の川栄李奈をはじめ、森三中・大島美幸、松尾諭、丸山智己、勝村政信、遠藤憲一、小池栄子の出演が明らかとなった。

川栄李奈、狂犬ヤンキーに「思い出すだけで笑ってしまう」

真面目に働き、日本の経済を支える日本のOLたち。花園のようにも見える華やかな彼女たちの職場では、実は裏で地獄のような派閥争いが行われている…なんと拳で。そんな地獄のような花園の世界を描いた今作。バカリズムによるオリジナル脚本で、監督はるMV界の巨匠・関和亮が務める。

主演の永野に続き、広瀬アリス、菜々緒の出演がすでに発表され話題を呼んでいるが、新たに個性の強い7人のキャストが発表された。

川栄が演じるのは、営業部を牛耳る佐竹一派を束ねる佐竹紫織。切れると手が付けられないことから通称“狂犬 紫織”の異名で呼ばれ、会社の完全制覇に向け勢力伸ばしている、という役どころ。

川栄は「撮影が終わり数ヶ月経ちますが、思い出すだけで笑ってしまうくらい楽しい撮影現場でした」と振り返り、「見た目はヤンキーですが会話は普通のOLだったりと、バカリズムさんの脚本ならではの女子あるあるが入り混じり本当に面白い作品になっていると思います」とアピールした。

大島美幸・遠藤憲一・小池栄子ら強烈キャスト集結

また、大島演じる神田悦子は、安藤一派(菜々緒)、佐竹一派(川栄)を含む会社の三大勢力のうちの一つ、製造部を束ねる神田一派の長。タイマンは300戦無敗を誇る喧嘩の申し子で、通称“大怪獣 悦子”と恐れられている。

そして、遠藤演じる赤城涼子は、一部上場企業(株)トムスンの総務部のOL“魔王 赤城”。そして赤城率いる精鋭部隊トムスン三銃士として、“青い稲妻 妙子”を勝村、“下関の虎河豚麻里”を松尾、“七色の拳を持つ女早苗”を丸山と、ベテラン俳優たちがOL役を熱演。

さらに、ヤンキーOL達の中では都市伝説と崇め恐れられてきた“地上最強のOL鬼丸麗奈”を神々しく小池が演じ切っている。

あわせて今回解禁された特別映像では、紫織が拳を握り「二度とピラティス行かせねぇぞ!」とガンを飛ばすまさに“狂犬”な姿からスタート。さらに刑期を終え、部下(舎弟)達に出迎えられる悦子の堂々とした姿や、社内の三大派閥が力を合わせ敵に立ち向かう姿などが切り取られつつも、最後には、ゴミの分別に厳しいOLらしいシュールな一面も覗かせている。

同時解禁となったトムスン編では、遠藤のドスの効いた一言で、ビジュアルへの説得力がさらに増す仕上がりとなっており、鬼丸の登場に悦子は思わず「都市伝説かと思ってた!」とこぼすと「人を埋蔵金みたいに言わないでよ」と突っ込みどころ満載な一幕も。ド派手でシュールな世界観がクセになること間違いなしだ。

なお、28日には、オンラインにて開催される「第32回マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 SPRING/SUMMER」のステージに永野、広瀬ら『地獄の花園』チームがランウェイに“殴り込み”を予定している。(modelpress編集部)

キャストコメント

【川栄李奈 コメント】
佐竹紫織を演じさせていただきました。撮影が終わり数ヶ月経ちますが、思い出すだけで笑ってしまうくらい楽しい撮影現場でした。それぞれの個性が強く、ヘアメイクや衣装もたくさんこだわりが詰まっているので、細かいところにも注目して観てもらいたいです。見た目はヤンキーですが会話は普通のOLだったりと、バカリズムさんの脚本ならではの女子あるあるが入り混じり本当に面白い作品になっていると思います。

【大島美幸 コメント】
最初にこのお話をいただいた時は、OLヤンキー?はて?と思っておりました。いざ撮影が始まると、バカリズムさんの頭の中に入り込んだような感覚になり、毎回皆さんと爆笑しながら撮影させていただきました。ヤンキーということで、公共の場で大声を出すのが久々だったので、日頃の鬱憤を発散させながら演じさせていただきました。戦うOL、めちゃくちゃカッコイイです。皆さんビジュアル強めなので、お楽しみに!

【松尾諭 コメント】
俳優人生において初めての女性役という事で、徹底した役作りをしたようなしないようなで、とりあえずすね毛は全部剃って現場に臨みました。可愛いのにド迫力な永野芽郁さんや、エンケンさんの吸い込まれるような色気など、とにかく色々度肝を抜かされました。個人的には、かつて夫婦役をした広瀬アリスさんに、バックからすんごい事されたのは一生の思い出となりました。

【丸山智己 コメント】
ヤンキーOLたちの派閥争いの映画、しかもOL役ということで、マネージャーが間違えて受けてしまったのかと思いましたがそうではありませんでした。ちゃんとOL役でした。工藤早苗。女性としてのオファーに、妙な昂りを覚えたのは否定できません。マニキュアを塗り、ストッキングを履いてスカートの裾を気にしながら全力でアクションをする日々が、次第に私の新たな扉を開いてしまったようです。どうにかしてください。

【勝村政信 コメント】
勝村さん、次はOLさんです。マネージャーが言った。わかった。普通に答えたが、違和感が身体を走った。気がついたら、衣装合わせをしていた。髪も整え、バッチリ化粧もした。スタッフは、かわいいですよ。と言ってくれた。同じことを遠藤憲一先輩にも言っていたと聞いて、誰も信じられなくなった。撮影が始まった。スカートをはいたおっさんたちが、素敵なOLさんに見えている。信じるか信じないかは、あなた次第です。

【遠藤憲一 コメント】
『バカリズムさん脚本の映画の話がきたよ。女性の役だって』とマネージャーから言われ、女装だろ?と思ったら本当に女性の役だった。台本を読んだら、自分の役の性別がどうあれ関係なくのけぞって笑った。いやー笑った笑った。そして俺の役はとても魅力的な女性の役でした。というか、撮って感じたけど、全員どうにもたまらなく魅力的です。

【小池栄子 コメント】
地上最強のOL「鬼丸麗奈」を演じさせて頂きます。女の園でバッチバチ・ボッコボコにやりあえるなんて最高にファンキーじゃないか!しかも脚本がバカリズムさんなんて面白いに決まってる!鬼丸の手下達の濃すぎるキャラも最高です。見終わったらストレス発散間違いなし!お楽しみに!
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(1)

  • mahiro 2021.02.28 14:52

    川栄さん楽しみです☺🙌❤

関連リンク

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. エイベックス通信放送株式会社

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. シネマトゥデイ
  2. シネマトゥデイ
  3. シネマトゥデイ
  4. シネマトゥデイ
  5. シネマトゥデイ
  6. シネマトゥデイ
  7. SCREEN ONLINE
  8. シネマトゥデイ