川栄李奈 かわえいりな

「川栄李奈」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「川栄李奈」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「川栄李奈」に関連するモデルプレス記事

川栄李奈のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

川栄李奈のプロフィール

川栄 李奈(かわえい りな、1995年2月12日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームAのメンバーである。愛称は「りっちゃん」。神奈川県出身。AKS所属。

■略歴

2010年
・7月24日、AKB48第11期研究生オーディションに合格。
・9月30日、セレクション審査に合格。
・11月13日、AKB48研究生「シアターの女神」公演で公演デビュー。

2012年
・3月24日、加藤玲奈、岩田華怜、高橋朱里、田野優花の4名とともにチーム4に昇格。
・5月23日に発売された26thシングル「真夏のSounds good !」で初の選抜入り。
・8月24日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チーム再編に伴うチームAへの異動とチーム4の消滅が発表された
・9月24日に放送された『豪華!秋の歌祭り!HEY!HEY!HEY!お台場から生放送スペシャル!!』に加藤・入山杏奈とともに新ユニット「アンリレ」として出演。
・10月17日発売の「意気地なしマスカレード」を「指原莉乃 with アンリレ」として4人で初披露した。
・10月31日に発売された28thシングル「UZA」のカップリング曲に収録される新体制チームA名義での作品である「孤独な星空」のセンター・ポジションを渡辺麻友とのコンビで務める。
・11月1日、チームAに異動。
・11月2日、チームAウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する。

2013年
・5月22日発売の31stシングル「さよならクロール」のカップリング曲に収録される「BKA48」名義での作品である「ハステとワステ」のセンター・ポジションを務める。4月20日に放送された『めちゃ×2イケてるッ!』の企画である「国立め茶の水女子大学付属第48高等学校期末テスト」で最下位となったことにより抜擢された。
・5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』では25位となり、アンダーガールズに選出される。

2014年
・1月1日、ユーキャンの企画で薬膳コーディネーターの資格を得る挑戦が発表された。
・1月11日放送開始のドラマ『SHARK』(日本テレビ)で初めての単独ドラマ出演。
・1月29日、大島涼花・岡田奈々とともに「チーム神奈川」名義で、東日本旅客鉄道(JR東日本)横浜線に導入される新型車両E233系電車6000番台の営業運行開始に際し展開する「横浜線新型車両導入キャンペーン」の宣伝を担当することが発表された。
・4月2日から『森田一義アワー 笑っていいとも!』の後番組である新番組『バイキング』(フジテレビ系)の水曜レギュラーとして出演。
・4月18日放送開始のドラマ『セーラーゾンビ』(テレビ東京系)で大和田南那、高橋朱里とともに連続ドラマ初主演。
・5月25日、岩手県滝沢市の岩手産業文化センター開催された握手会で、ノコギリを持った暴漢に襲われ、右手親指に裂傷と骨折を負う。この事件では入山とスタッフ1名も負傷した。詳細は「AKB48握手会傷害事件」を参照
・6月7日、『AKB48 37thシングル選抜総選挙』で39,120票を獲得し16位となり、選抜総選挙でシングル選抜に初選出され、襲撃事件直後の退院記者会見以来初めて、開票イベントにおける自身の順位発表後に公の場に姿を見せる。
・7月24日、薬膳コーディネーター技能検定試験に合格したことが明らかになった。
・10月8日、同年5月18日以来143日ぶりのAKB48劇場での公演復帰となるチームA 7th Stage「恋愛禁止条例」公演に出演。
・12月16日、TOKYO DOME CITY HALLで行われた『第4回AKB48紅白対抗歌合戦』において、AKB48メンバーから7人が選抜され結成された新ユニット「ニャーKB with ツチノコパンダ」への参加が発表された。

2015年
・3月26日 さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』において、AKB48から卒業することを発表した。
・4月8日、参加ユニット「ニャーKB with ツチノコパンダ」がアニメ『妖怪ウォッチ』(テレビ東京)のエンディングテーマ「アイドルはウーニャニャの件」でシングルCDデビュー。

■人物
・キャッチフレーズは「弾ける笑顔で スマイルセンター。川栄李奈です」。 同期の小嶋菜月はお互いに仲の良いメンバーに挙げる間柄。また、同じ日に大場チーム4に昇格した高橋朱里(詳細は後述)・岩田華怜が仲のよいメンバーの一人として川栄の名前を挙げている他、先輩である横山由依とも仲が良く、自らコンビ名を「横栄」と称している。
・『マジすか学園4』では、川栄、横山、木崎ゆりあ、入山杏奈の4名が「マジ女四天王」として共演していたが、「すっごく仲良くて」収録の合間にずっと喋っていただけでなく、オフに4人でバッティングセンターやゲームセンターに行くなどしていたという。
・「なんでもできる女優」志望で大島優子を憧れの女優として挙げている。また『ごめんね青春!』で共演した満島ひかりも憧れの女優に挙げており、共演したことが「(AKB48に入ってからの)5年間で一番うれしいお仕事でした」と語っている。『セーラーゾンビ』で監督を務めた今泉力哉からは川栄の演技について「本読みの時点から素晴らしい」、企画・総合演出の犬童一心からは「本当に、いわゆるスキルの高い女優さんという感じですね」「これから女優さんとしてやっていく人になるんだろうなというのは、僕はすぐにわかりました」「いわゆる本当に演技をするのが上手な人なんじゃないですかね」、『ごめんね青春!』で共演した錦戸亮からは「ブチ切れる川栄さんの切れ味がすごい」との評価を受けている。

○高橋朱里との関係
高橋朱里とは、お互いに仲が良いメンバー・気が合うメンバーに挙げる間柄。趣味が同じ、空腹になるタイミングが同じなのでよく一緒に食事に出かける、方向が同じなのでよく一緒に帰るなど非常に仲が良いこと、雰囲気が似ていることなどから「姉妹みたい」と言われることもある。年齢は3歳離れているが、同世代にしかわからない話はしないため、話が合わなくなることはないとのこと。また、尊敬する先輩メンバーも同じ前田敦子である。雑誌などの企画にセットで呼ばれる機会も多く、AKB48メンバーを月変わりで1人ずつ紹介する企画ですら2人セットで特集されたほど。その仲の良さからファンにより二人のニックネームを合わせて「じゅりっちゃん」というコンビ名を付けられており、本人たちもそのコンビ名を売り込むまでになっている。お互いについて川栄は高橋を「メンバーじゃなくて親友」、高橋は上述の横山を含め、川栄を「家族」と表現している。

■AKB48での参加楽曲

シングルCD選抜楽曲

・「桜の木になろう」に収録
黄金センター - 「チーム研究生」名義

・「Everyday、カチューシャ」に収録
アンチ - 「チーム研究生」名義

・「風は吹いている」に収録
蕾たち - 「チーム4+研究生」名義

・「GIVE ME FIVE!」に収録
NEW SHIP - 「スペシャルガールズA」名義

・真夏のSounds good !

・「ギンガムチェック」に収録
あの日の風鈴 - 「ウェイティングガールズ」名義

・「UZA」に収録
次のSeason - 「アンダーガールズ」名義
孤独な星空 - 「Team A」名義

・「永遠プレッシャー」に収録
とっておきクリスマス
永遠より続くように - 「OKL48」名義

・「So long !」に収録
Waiting room - 「アンダーガールズ」名義
Ruby - 「篠田TeamA」名義

・さよならクロール
イキルコト - 「Team A」名義
ハステとワステ - 「BKA48」名義

・「恋するフォーチュンクッキー」に収録
愛の意味を考えてみた - 「アンダーガールズ」名義

・ハート・エレキ
キスまでカウントダウン - 「Team A」名義

・「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」に収録
Mosh & Dive
Party is over

・前しか向かねえ

・ラブラドール・レトリバー

・今日までのメロディー
君は気まぐれ - 「Team A」名義

・心のプラカード
心のプラカード 1half
教えてMommy

・希望的リフレイン
従順なSlave - 「Team A」名義

・Green Flash
マジすかFight
春の光 近づいた夏

・僕たちは戦わない

アルバムCD選抜楽曲

・「ここにいたこと」に収録
High school days - 「チーム研究生」名義
ここにいたこと 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義

・「1830m」に収録
直角Sunshine - 「チーム4」名義
いつか見た海の底 - 「Up-and-coming girls」名義
青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義

・「次の足跡」に収録
確信がもてるもの - 「Team A」名義
僕は頑張る
わたし リーフ
ぽんこつブルース

・「ここがロドスだ、ここで跳べ!」に収録
愛の存在
Oh! Baby! - 「Team A」名義
パナマ運河
最初の愛の物語

その他の参加楽曲

・シングルCD「意気地なしマスカレード」(「指原莉乃 with アンリレ」名義、2012年10月17日発売)
意気地なしマスカレード
歌唱はしておらず、ダンスのみの参加。「指原莉乃センターver.」(Type-Bの付属DVDに収録)と「川栄李奈センターver.」(Type-Aの付属DVDに収録)のミュージック・ビデオに出演。

・「So long!」に収録
Sugar Rush(ディズニー映画「シュガー・ラッシュ」エンディングテーマ)
楽曲はCDには収録されておらず、MVのみがType-Bの付属DVDに収録されている。

・シングルCD「アイドルはウーニャニャの件」(「ニャーKB with ツチノコパンダ」名義、2015年4月8日発売)
アイドルはウーニャニャの件(アニメ「妖怪ウォッチ」エンディング・テーマ)
不幸中の幸い少女

劇場公演ユニット曲

・研究生「シアターの女神」公演
ロッカールームボーイ
嵐の夜には

・チーム4 1st Stage「僕の太陽」公演
僕とジュリエットとジェットコースター

・篠田チームA ウェイティング公演
スカート、ひらり(チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」)
天使のしっぽ(チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」)

・横山チームA ウェイティング公演
残念少女 (チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演)

・チームA 7th Stage「恋愛禁止条例」公演
恋愛禁止条例

■出演

AKB48のコンサート、およびグループとしての出演(CM・イベント含む)については「AKB48の出演一覧」を参照

○テレビドラマ
マジすか学園2 最終話(2011年7月1日 、テレビ東京) - りな 役
マジすか学園3(2012年7月13日 - 10月5日、テレビ東京) - 名無し 役
So long ! 第1話(2013年2月11日、日本テレビ) - 牧野理子 役
SHARK(2014年1月11日 - 3月29日、日本テレビ) - 紺野楓 役
セーラーゾンビ(2014年4月18日 - 7月18日、テレビ東京) - 主演・秋月百花 役
ごめんね青春!(2014年10月12日 - 12月21日、TBS) - 神保愛 役
マジすか学園4(2015年1月19日 - 3月30日、日本テレビ) - バカモノ 役

○バラエティ
有吉AKB共和国(2011年4月21日 - 不定期出演、TBS)
週刊AKB(2011年11月4日 - 2012年11月30日 不定期出演、テレビ東京)
AKB48ネ申テレビ(ファミリー劇場)
Season8(2012年1月8日・1月15日)
Season9(2012年4月1日 - 4月15日)
Season10(2012年6月17日・6月24日)
Season11(2012年10月14日)
Season14(2014年2月2日・2月23日)
AKBと××!(2012年4月19日 - 、読売テレビ)
AKBINGO!(2012年6月27日 - 不定期出演、日本テレビ)
びみょ〜な扉 AKB48のガチチャレ(2012年10月12日、ひかりTV)
バイキング(水曜レギュラー:2014年4月2日 - 2015年3月25日、専属レポーター:2015年4月1日 - 、フジテレビ)

○映画
劇場版 私立バカレア高校(2012年10月13日公開) - 梅林寺 遥 役

○イベント
月刊ヒーローズpresents"川栄李奈 ガチ推し祭り"(2013年1月19日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)

○公的機関
第18回統一地方選挙に於ける神奈川県選挙管理委員会の選挙運動啓発ポスター[38]

■書籍
○カレンダー
卓上 AKB48-153 川栄李奈 カレンダー 2013年(2012年12月7日、ハゴロモ)
壁掛 川栄李奈 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
卓上 川栄李奈 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
壁掛 川栄李奈 カレンダー2015年(2014年12月13日、ハゴロモ)
クリアファイル付 卓上 川栄李奈 カレンダー2015年(2014年12月13日、ハゴロモ)

■脚注
『AKB48 じゃんけん大会2012 感動総集号 2012年 11月15日号』(光文社、2012年)74頁
「ご報告」 - AKB48オフィシャルブログ(2012年3月24日)
組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
“さしこは端っこ…ソロなのに後輩ユニットと一緒”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2012年9月25日) 2012年9月25日閲覧。
“AKB48:「UZA」収録曲もWセンター 新体制オリジナル曲”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年10月29日) 2012年10月29日閲覧。
“Aセンターに川栄! AKB各チームの「顔」発表”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2012年10月29日) 2012年10月29日閲覧。
“AKBたかみな総監督、チームA初日に「100点」 新キャプテン篠田も達成感”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年11月3日) 2012年11月22日閲覧。
“川栄李奈の珍回答「ハステとワステ」が新曲名に!”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2013年5月16日) 2013年5月18日閲覧。
“AKBに新ユニット「BKA48」誕生 川栄ら『めちゃイケ』期末テスト下位7人で結成”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年4月28日) 2013年5月18日閲覧。
AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48選抜総選挙特設サイト(2012年6月8日)
AKBチャレンジユーキャン! 2014、AKB48で最もおバカキャラな川栄李奈が挑戦 - マイナビニュース(2014年1月1日)
AKB48川栄李奈、初の単独ドラマ出演!女優志望も恋愛シーンは「恥ずかしい」 - マイナビニュース(2013年12月23日)
“AKBに「チーム神奈川」発足”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2014年1月29日) 2014年1月29日閲覧。
“AKB48 川栄&大島&岡田がJR横浜線各駅で構内アナウンス”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2014年1月29日) 2014年1月29日閲覧。
“「いいとも!」後番組タイトルは「バイキング」 全出演者も発表”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年3月20日) 2014年3月21日閲覧。
“AKB48研究生・大和田南那、連ドラ主演に大抜てき「初体験の連続」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年2月14日) 2014年2月18日閲覧。
AKB握手会、川栄さんや入山さん襲われる 指や頭けが - 朝日新聞デジタル(2014年5月25日)2014年5月27日閲覧。
“【第6回AKB総選挙】川栄李奈、号泣登場でファンに感謝 コメント全文”. ORICON STYLE (oricon ME Inc.). (2014年6月7日) 2014年6月8日閲覧。
川栄李奈 薬膳コーディネーターに合格 - デイリースポーツ(2014年7月24日)同日閲覧。
AKB川栄が劇場公演に復帰「暇してた」 - 日刊スポーツ(2014年10月8日)
AKB川栄、元気に劇場公演復帰「長い休みはもういい」 - オリコン(2014年10月8日)
ぱるるら7人で「ニャーKB」結成 『妖怪ウォッチ』ED曲デビュー - オリコン(2014年12月17日)
AKB48川栄李奈 卒業を発表「握手会に出られない…」東スポWeb(2015年3月26日)2015年3月26日閲覧
川栄李奈さんAKB48卒業へ 襲撃事件が影響朝日新聞デジタル(2015年3月26日)2015年3月26日閲覧
ニャーKB親子でハマって「妖怪ウォッチ」コラボ - 日刊スポーツ(2015年4月4日)
『AKB48 東京ドームコンサート オフィシャルムック AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』(文藝春秋)[要ページ番号]
“AKBファンが注目「横栄」とは?”. web R25 (リクルート、メディアシェイカー、ヤフー). (2014年1月24日) 2014年10月9日閲覧。
2015、「春色NEW STEP 川栄李奈」、『月刊エンタメ』5月号(167)、徳間書店 pp. 11-16
『FREECELL 特別号28』(株式会社プレビジョン、2014年)9頁
AKB48川栄李奈、錦戸亮から“ブチ切れ”演技を絶賛される - モデルプレス(2014年10月3日)
『AKB48のオールナイトニッポン』2012年3月23日放送分
『月刊ENTAME』2012年8月号(徳間書店)[要ページ番号]
『週刊AKB』 Vol.17 特典映像
じゅりが飛んできてくれました。びゅーん。 - 川栄李奈Google+(2014年2月19日)
大組閣で、チームB!!!!! - 高橋朱里Google+(2014年2月24日)
セーラーゾンビ: 番組情報 : テレビ東京
第18回統一地方選挙における啓発事業の実施について 神奈川県選挙管理委員会 2015年3月23日告示

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
川栄李奈を「ウィキペディア」で参照する