Travis Japan七五三掛龍也「実は怒ったら怖い」“裏の顔”自ら暴露もSixTONES松村北斗が否定<ライアー×ライアー>

0
13
Travis Japan/ジャニーズJr.の七五三掛龍也が20日、都内で行われた映画『ライアー×ライアー』(2月19日公開)の完成報告イベントに、共演の松村北斗(SixTONES)、森七菜、小関裕太、堀田真由、メガホンをとった耶雲哉治監督とともに登壇した。
七五三掛龍也(C)モデルプレス
七五三掛龍也(C)モデルプレス

七五三掛龍也、松村北斗&森七菜とダンスバトル

七五三掛は、同作について「この作品が色んな世代の方に見ていただけたら嬉しいなと思っています。完成報告が出来る日を楽しみに待ってました」とコメント。

撮影エピソードを聞かれると、「皆がクランクインしてから、その1週間後くらいにクランクインだったんですよ。だから最初は『みんなの輪の中に入れるのかな』とか『コミュニケーション取れるのかな』っていう不安もあったんですけど、事務所の同期の北斗が率先して輪に入れてくれたりとか、会話に入れてくれたりして、本当に安心して演じることが出来ました」と松村のおかげで現場に馴染むことが出来たと語った。

松村北斗、森七菜 (C)モデルプレス
松村北斗、森七菜 (C)モデルプレス
また、松村演じる高槻透の親友役・桂孝昭を演じた七五三掛。松村・森との3人のシーンが多かったそうで、「撮影以外でも3人でお話したり、ダンスバトルしたりして(笑)。そういう雰囲気が、桂が透と湊(森)といる雰囲気に似てて、だからそのまま撮影に挑むことが出来ました」と撮影を回顧。

“ダンスバトル”について松村は「しめがものすごいダンス上手いんで、何かきっかけあればすぐ踊ってほしいと思ってて」と七五三掛をべた褒めした。

七五三掛龍也、裏の顔は…

さらに、映画にちなみ自らの「オモテ」と「ウラ」についてのトークも。

七五三掛は、「色んな方に『優しそう』って言われるんですよ。でも実は怒ったら怖いのかなって思ってます(笑)」と告白。「仕事で嫌なことがあったら、家帰ってクッションをぶんぶん振り回すっていうのをやってます」と自宅での“ウラ”の一面を明かした。

松村は、それを受け「今の話聞いて、やっぱり優しそうって思いましたけどね。すごく優しそう」と否定。

人に当たることはないそうで、七五三掛は「(怒ってる姿を)見たら、ギャップだと思います」と続け、クッションに当たる頻度は「月に2回ほど」と語った。

松村北斗&森七菜W主演「ライアー×ライアー」

映画『ライアー×ライアー』完成報告イベントより(C)モデルプレス
映画『ライアー×ライアー』完成報告イベントより(C)モデルプレス
原作は、累計発行部数190万部を突破し、2012年度「このマンガがすごい!オンナ編」にランクイン、2015年には第39回講談社漫画賞・少女部門にもノミネートされた金田一蓮十郎の人気コミック「ライアー×ライアー」(講談社「KCデザート」刊)。ウソから始まる不思議なラブストーリーとして、多くの女性読者の心を掴んだ作品を映画化。

女子高生姿の義姉・湊を別人のみなだと信じてベタ惚れしてしまい、“女癖の悪いクール系モテ男”の顔と、“とことん一途な甘々男子”の顔を演じ分け、そのツンとデレのギャップで全女子を沼に突き落とす透を松村、“潔癖症の地味系女子大生・湊”と、“JK&ギャルメイク・みな”として透に一目惚れされてしまうキャラクターを森が演じる。(modelpress編集部)

森七菜、SixTONES松村北斗と初共演で下調べも情報掴めず「世の中に松村北斗の情報がないってこと?」


小関裕太、SixTONES松村北斗との敵対シーン秘話明かす「直前は全然話さなかった」


【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - Travis Japan七五三掛龍也「実は怒ったら怖い」“裏の顔”自ら暴露もSixTONES松村北斗が否定<ライアー×ライアー>
今読んだ記事

Travis Japan七五三掛龍也「実は怒ったら怖い」“裏の顔”自ら暴…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事