V6岡田准一、木村文乃に「絶対言っちゃいけないやつ」暴露される<ザ・ファブル>

V6岡田准一が22日、都内で行われた映画『ザ・ファブル』公開記念舞台挨拶に、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、宮川大輔、安田顕、佐藤浩市、江口カン監督と登壇した。
岡田准一、木村文乃(C)モデルプレス
岡田准一、木村文乃(C)モデルプレス
舞台挨拶では「こいつら全員フツーじゃない!」というコピーがあるほど、強烈な個性溢れるキャラクターを演じたキャスト陣が、今だから言える「こいつフツーじゃない!」と思った共演者との撮影秘話を紹介することになった。

木村は「岡田さんは関西弁だと調子でない」との暴露。「関西の方なのに、宣伝とかで『関西弁で喋ってください』とか言われると、いつものお茶目さんが出てこない。『関西の方なのに標準語の方がやりやすいのかな~』って」とイジられ岡田は、「それ絶対言っちゃいけないやつ」と慌てていた。

フォトギャラリー


岡田准一 (C)モデルプレス
岡田准一 (C)モデルプレス

岡田准一「大スベリしてしまいました」

また、福士も「准一さん」と岡田の名前を挙げて、「やっぱり異常、普通じゃないというか、あんなに壁をスムーズ登る人いないじゃないですか。やることも考え方も普通じゃない」とアクションに感嘆。お酒も飲みに言った時のことも「あんまりテンション上がらないんですよね。ずっと武士みたいに飲んでいる姿で、本当に普通じゃない」と振り返ると、岡田は「辛口一献!」と渋くお酒を飲む姿を再現。

しかし、会場はややウケ。これには「スベった…大失敗!何か言わないとと思ったんですけど、大スベリしてしまいました(笑)」と赤面する岡田だった。

映画「ザ・ファブル」

山本美月 (C)モデルプレス
山本美月 (C)モデルプレス
木村文乃(C)モデルプレス
木村文乃(C)モデルプレス
南勝久氏の人気コミック『ザ・ファブル』を実写映画化した同作は、岡田演じる、圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋“ファブル”が主人公。

ボスから「1年間殺し屋を休業し、一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ること」と司令を受け、裏の世界に身を置いてきた伝説の殺し屋が、一般人として無事1年間過ごすことができるのかを描いた。

宮川大輔、ネタ披露

この日のイベントでは、公開を祝う“巨大いちごショートケーキ”が登場。岡田の呼びかけで、宮川がステージ中央に移り、劇中で演じたジャッカル富岡の“ショートケーキネタ”を披露することになった。

「大丈夫ですか?」と不安を抱えながらネタを披露した宮川だったが、きっかけを作った岡田は無表情。宮川から「岡田くん笑ってよ」とツッコまれると、「もう1個ネタがあるでしょ?」と、いたずらっぽく笑いながらおかわり。

その後、渋々カレーライスネタをみせる宮川は、オチた瞬間に「(展開が)一緒やねん!」と2度目の展開に自らツッコミ。会場からは面白さとその勇気の大きな拍手が送られ、岡田も「最高です」と笑顔だった。(modelpress編集部)

宮川大輔 (C)モデルプレス
宮川大輔 (C)モデルプレス


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - V6岡田准一、木村文乃に「絶対言っちゃいけないやつ」暴露される<ザ・ファブル>
今読んだ記事

V6岡田准一、木村文乃に「絶対言っちゃいけないやつ」暴露され…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事