木村拓哉のモノマネをシーンに反映 監督も驚きのクオリティ<検察側の罪人>

俳優の木村拓哉が24日、都内にて行われた映画『検察側の罪人』公開初日舞台挨拶に共演の二宮和也吉高由里子八嶋智人松重豊、原田眞人監督とともに登壇した。
木村拓哉(C)モデルプレス
木村拓哉(C)モデルプレス

木村拓哉のモノマネをシーンに反映

木村について現場で印象に残っていることを聞かれた原田監督は「モノマネが上手いんですよね。ラジオでは僕のモノマネが上手くて、え?え?って思った」とそのクオリティに驚かされたことを明かし、「現場ではほかのキャラクターの役になりきっていた。(松重演じる)諏訪部だったら、こう言いますよね?とか。それがすっごくいいんですよね」とエピソードを披露。

「特徴をとらえているのと同時に映画にとってプラスになる言い方。いくつかのシーンで木村さんの提案で『面白いね、やろう』っていうのがあった」と木村のモノマネがシーンに反映されることもあったそうで、笑顔を浮かべながら原田監督の話を聞いていた木村は「(モノマネは)そのときの監督はそういう感じでしたって他人に伝えるには、それが一番早いかな、という手段です」と照れくさそうに説明していた。

木村拓哉、“悪党役”歓迎「ギットギトにいきたい」 二宮和也も次回作に意欲?


二宮和也、怖すぎるアドリブ「全然覚えてない」 吉高由里子も怯える


木村拓哉×二宮和也、初共演『検察側の罪人』

二宮和也、木村拓哉(C)モデルプレス
二宮和也、木村拓哉(C)モデルプレス
今作は東京地検を舞台に、ある殺人事件をめぐりエリート検事・最上(木村)と刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野(二宮)が対立していく様を描いた雫井脩介氏による傑作ミステリーを映画化。

“時効”“冤罪”“法律”というキーワードを軸に「正義とは何か?」を問いかける内容になっており、これまでになかったキャラクターを演じた木村は「自分なりにとことん最上というキャラクターを理解したいなと思って演じていました」と役への思いを吐露。

最後には、公開初日ということで「今日をもって(映画は)皆さんのものなので、思う存分楽しんでいただきたいですし、色んな感情を抱いていただきたいと思います」と観客にメッセージを送った。(modelpress編集部)

キャストインタビューもチェック


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 木村拓哉のモノマネをシーンに反映 監督も驚きのクオリティ<検察側の罪人>
今読んだ記事

木村拓哉のモノマネをシーンに反映 監督も驚きのクオリティ<検…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事