福士蒼汰の“男前”エピソード、共演者が証言<曇天に笑う>

参照回数:68,912

【福士蒼汰/モデルプレス=3月12日】俳優の福士蒼汰が12日、都内で開催された主演映画『曇天に笑う』(3月21日公開)の出発式&トークイベントに、中山優馬桐山漣小関裕太市川知宏、加治将樹、若山耀人と出席した。
福士蒼汰 (C)モデルプレス
福士蒼汰 (C)モデルプレス
原作は、女性層を中心に熱狂的なファンを持つヒットコミックシリーズ。2011年のコミック連載開始直後から人気を博し、2014年にTVアニメ化、そして2015年からは舞台化。様々なメディアで人気を博すヒットシリーズが、『踊る大捜査線』シリーズ、『亜人』をはじめとする日本映画界随一のヒットメーカー、本広克行監督がメガホンをとり映画化となった。

舞台は、300年に一度、曇り空が続く時、世界を滅ぼす破壊の神・オロチ(大蛇)が復活し、人々に災いをもたらすという伝説があった、明治初頭。その災いから家族・仲間・村すべてを守るため、曇天火(福士)がボロボロになりながらも死闘を繰り広げる、エンターテインメント作品。

桐山漣、若山耀人、福士蒼汰、中山優馬、小関裕太 (C)モデルプレス
桐山漣、若山耀人、福士蒼汰、中山優馬、小関裕太 (C)モデルプレス

福士蒼汰の紳士な一面、共演者が明かす

福士蒼汰、中山優馬
福士蒼汰、中山優馬
男だらけのキャスト陣とあり、「カッコイイと思う男とは?」がトークテーマになると、福士は「守れる男。強くて守れる男はすごくカッコイイと思う」と理想の男像を語り、中山は「余裕のある人。すべてを受け入れて、口数も少なく背中で語るような人。昔のお父さんのイメージです」と話した。

市川知宏 (C)モデルプレス
市川知宏 (C)モデルプレス
若山耀人 (C)モデルプレス
若山耀人 (C)モデルプレス
また、市川が、「多くを語らない男。蒼汰が怪我をしていてもすぐには言わずに、後から(怪我をしていたことを)知ったので。僕はすぐに『痛い、痛い、痛い』って言ってしまう(笑)」と本作の撮影中に怪我したことを明かしていた福士の男前エピソードを紹介。さらに「さり気なく気遣いができる人」を理想に挙げた若山は、共演者の中で1番気遣いができる男に福士を挙げ、「ホテルで同じエレベーターに乗った時に、福士さんに先に譲っていただいた」と紳士な一面を明かすと、福士は「ありがとうございます」と照れ笑いだった。(modelpress編集部)

福士蒼汰 (C)モデルプレス
福士蒼汰 (C)モデルプレス

<写真30枚>フォトギャラリー



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 福士蒼汰の“男前”エピソード、共演者が証言<曇天に笑う>
今読んだ記事

福士蒼汰の“男前”エピソード、共演者が証言<曇天に笑う>

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事