広末涼子が“ブルゾンちゃん”意識 成田凌ら第2弾キャスト発表<ラブ×ドック>

0
0
女優・吉田羊の初単独主演映画「ラブ×ドック」(2018年公開)の新キャストが発表された。
(上段左から)大久保佳代子、広末涼子、成田凌(下段左から)唐田えりか、川畑要、音尾琢真(C)2017 『ラブ×ドック』製作委員会
(上段左から)大久保佳代子、広末涼子、成田凌(下段左から)唐田えりか、川畑要、音尾琢真(C)2017 『ラブ×ドック』製作委員会
鈴木おさむの監督デビュー作でのある同作。遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニック・ラブ×ドックを舞台に、「仕事は完璧、だけど恋愛は失敗続き」な愛すべき女性・剛田飛鳥(吉田)が恋に仕事に友情に奮闘する姿を描いた“大人が楽しめる”かつてない新感覚ラブ・コメディ。

野村周平、篠原篤、吉田鋼太郎、玉木宏と「運命の相手候補」も豪華で、20代、30代、50代とそれぞれの色気を放つ男性たちが、飛鳥の恋模様を彩る。

広末涼子「ブルゾンちゃんを意識」

今回、第2弾出演者が発表され、謎めいた雰囲気を醸す魅惑の女医として、飛鳥の恋愛体質にメスを入れる、ラブ×ドックの院長・冬木玲子役の広末涼子は「私もかなり個性的で強烈なキャラクターを演じさせていただき、ブルゾンちゃんを意識してのお芝居。かなり楽しませていただきました」をコメントを寄せた。

また、冬木の元で働く桜木美木を演じる成田凌は、自身の役柄を「少々胡散臭い役」と説明。「みなさまのお腹を少しくすぐるような面白い人間を生み出せたかなと僕は思っています」と手応えをのぞかせた。

大久保佳代子は「最高に幸せな役」

そして、飛鳥の親友で、未婚のシングルマザー・人気グルメブロガーの細谷千種役は、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子。「最高に幸せな役」だったそうで、「『ありえない』『無理がありすぎ』『ゴリラみたい』等の感想は一切受け付けませんので」と事前に断りを入れた。

唐田えりか・川畑要・音尾琢真も出演

ほか、飛鳥が経営する巣鴨にあるスイーツショップ「trad」で働く上田美咲を唐田えりか、飛鳥と野村(玉木)が訪れる卓球BARの店長を川畑要(CHEMISTRY)、飛鳥が過去働いていた淡井(吉田)の経営する人気スイーツショップ「シンフォニスト」のパティシエ・大木を音尾琢真がそれぞれ演じることも明かされた。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 広末涼子が“ブルゾンちゃん”意識 成田凌ら第2弾キャスト発表<ラブ×ドック>
今読んだ記事

広末涼子が“ブルゾンちゃん”意識 成田凌ら第2弾キャスト発表<…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事