実写「ママレード・ボーイ」豪華キャスト解禁で様々な世代から反響「顔面偏差値ハーバード級」「最強」「道明寺が両親Sに…」

【ママレード・ボーイ/モデルプレス=1月18日】1992年~1995年にかけて「りぼん」で連載された吉住渉氏の人気少女漫画を実写映画化する『ママレード・ボーイ』(4月27日公開/廣木隆一監督)に中山美穂檀れい谷原章介筒井道隆が出演することが18日、発表された。4人は主人公の高校生・光希(桜井日奈子)と遊(吉沢亮)の両親、通称“両親S(りょうしんズ)”を演じることになり、6人が揃った豪華ファミリーショットも公開。SNS上では関連ワードがトレンド入りするなど様々な世代から反響を集めている。
実写映画『ママレード・ボーイ』“両親S”に中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
実写映画『ママレード・ボーイ』“両親S”に中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
主人公の両親のダブル離婚・ダブル再婚によって、2つの家族が一つ屋根の下で住むことで始まるラブストーリー。小石川光希の両親が留美(檀)と仁(筒井)、松浦遊の両親が千弥子(中山)と要士(谷原)。“お互いのパートナーを交換する”という驚きの展開で千弥子と仁、留美と要士が夫婦となり、複雑な関係ながらも仲が良い2家族の生活が描かれる。

「ママレード・ボーイ」豪華キャストに反響

映画『ママレード・ボーイ』(左から)吉沢亮、桜井日奈子(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
映画『ママレード・ボーイ』(左から)吉沢亮、桜井日奈子(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
キャストの解禁には「両親Sめちゃくちゃ豪華!」「美男美女揃い踏み」「配役がすごい」「顔面が二次元以上のレベル」「とんでもないハイレベル家族が誕生してしまった」「最強の布陣」「この4人でわちゃわちゃするかと思うと胸熱」などと好評。

また、“トレンディドラマ世代”にも響く両親Sの配役にも注目が集まり、「マーガレット」で連載されていた「花より男子」の実写映画版(1995年公開/内田有紀主演)で谷原が“F4”の道明寺司を演じていたことから「谷原さん道明寺やってたけど両親役かーー」「道明寺が両親S!」「時の流れだなー」などの声や、往年の名作ドラマ「あすなろ白書」で主演を務めた筒井に「あすなろで大学生やってた筒井さんパパ役かーーー」「あすなろ世代歓喜」などの声が上がっている。

また、家族写真にも注目が集まり「なんという美形家族」「吉沢亮桜井日奈子にこの両親あり」「遺伝子ガンガン引き継いでる…」「顔面偏差値ハーバード級」「貴族かな?」「ビジュアル強い」などの声が寄せられていた。(modelpress編集部)

相関図(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
相関図(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 実写「ママレード・ボーイ」豪華キャスト解禁で様々な世代から反響「顔面偏差値ハーバード級」「最強」「道明寺が両親Sに…」
今読んだ記事

実写「ママレード・ボーイ」豪華キャスト解禁で様々な世代から…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事