筒井道隆 つついみちたか

「筒井道隆」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「筒井道隆」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「筒井道隆」に関連するモデルプレス記事


公式サイトやブログへのリンク

筒井道隆のプロフィール

筒井 道隆(つつい・みちたか)

生年月日:1971年3月31日
出身:東京都

■来歴
1971年3月31日、キックボクシングの東洋ミドル級チャンピオンだった風間健の長男として生まれる。それ以外のプライベートはあまり語られる機会はないが、年少の頃に妹とスタジオジブリ映画『火垂るの墓』を観て号泣したエピソードを語ったことがあり[1]、妹の存在は明らかになっている。父が武道家で厳しかったため、高校生時代は反抗期を迎える機会もなかったという[1]。高校卒業後はすぐに芸能事務所に入り、その後ほどなく映画出演の仕事が舞い込み、その作品がデビュー作の『バタアシ金魚』である。役者デビューするきっかけは、父親に「役者になるか、自衛隊に入るか、どちらかを選べ」と言われたことで、本人はデパートにでも就職するつもりだったと語っている[1]。

若い頃は恋愛ドラマで脚光を浴び、「トレンディドラマを代表する俳優の1人」「トレンディ俳優の1人」などと言われた(特に『あすなろ白書』や『君といた夏』でアイドル的な人気を博す)。若い女性向け雑誌のインタビューやグラビアなどにもたびたび登場していた。役柄の影響から「女性にモテるが優柔不断な男性」のイメージを持たれることも多かった。

しかし、三谷幸喜脚本作品に起用され、作品自体がヒットしたことで、「頼りないが憎めないお人好し」という役柄も得て、コメディー路線も確立。

近年のテレビドラマでは警察もの(『ボーダー』、『ゴンゾウ』、『警視庁継続捜査班』など)でのトラウマを持った人物の心理表現、映画では『KT』での自らのルーツに戸惑う韓国人ボディガード、『俺は、君のためにこそ死ににいく』での望まない戦争に身を投じる特攻兵などの厚みのある演技を見せる反面、デビュー作『バタアシ金魚』や映画『ブレス・レス』では恋に突っ走る明るい役柄も演じている。

舞台での活躍も多く、ストレートプレイから音楽劇、時代劇と幅広いジャンルに出演している。

穏健な声色から、ナレーション業も行っている。

実生活において筒井本人が理想とする男性像は「心の強い人」であるとインタビューで語っている[2]。

2013年8月オートルートアルプスにTEAM、トーゲの一員として出場、見事完走を果たす。 (男子完走449選手の内368位 TEAM総合成績は93TEAM中75位)

■受賞歴
第7回高崎映画祭最優秀助演男優賞
キネマ旬報新人男優賞
第14回日本アカデミー新人俳優賞

■出演作品
・テレビドラマ
NHK
水曜ドラマ
「愛されてますかお父さん」(1990年)
「家へおいでよ」(1996年)
大河ドラマ
太平記(1991年) - 足利直冬
新選組!(2004年) - 松平容保
功名が辻(2006年) - 竹中半兵衛
かりん(1993年) - 田上渉
NHK正月時代劇
「上杉鷹山-二百年前の行政改革-」(1998年) - 上杉鷹山
「新選組!! 土方歳三 最期の一日」(2006年) - 松平容保
天使のマラソンシューズ(2000年)
私の青空(2000年) - 村井健人
つま恋(2001年) - 山崎
私の青空2002(2002年) - 村井健人
百年の恋(2003年) - 主演・岸田真一
川、いつか海へ 6つの愛の物語(2003年) - 島田進
窓を開けたら(2003年) - 三沢教師
再生の町(2009年) - 主演・高岡駿馬
神様の女房(2011年) - 松下幸之助
BSプレミアム
「アイアングランマ」第1話 - 第2話(2015年) - 高梨洋一朗
「隠れ菊」(2016年) - 笠井

日本テレビ系
ボーダー 犯罪心理捜査ファイル(1999年) - 辻良介
億万長者と結婚する方法(2000年) - 佐山冬馬

TBS系
丘の上の向日葵(1993年) - 矢部肇
松本清張一周忌特別企画・或る「小倉日記」伝(1993年) - 主演・村上耕造
21歳の別離~中堀由希子・白血病とのたたかいに青春をかけて~(1993年) - 辻井重吉
東芝日曜劇場「除雪車より愛をこめて」(1993年)
僕が彼女に、借金をした理由。(1994年) - 海老原直
向田邦子終戦特別企画「いつか見た青い空」(1995年) - 雨宮浩一
桜散る日に(1995年) - 主演・最上陸朗
織田信長 天下を取ったバカ(1998年) - 織田信行
Around40~注文の多いオンナたち~(2008年) - 大橋貞夫
記憶の海(2010年) - 主演・ヒロタマナブ

フジテレビ系
1970 ぼくたちの青春(1991年) - 番長
二十歳の約束(1992年) - 藤村旭
東京ラブストーリー特別編(1993年) - 大滝新太郎
あすなろ白書(1993年) - 主演・掛居保
君といた夏(1994年) - 主演・入江耕平
王様のレストラン(1995年) - 原田禄郎
王様のレストラン それはまた別の話スペシャル(1995年)
5日間の天使(1995年) - 瀬島俊介
料理人豪太が行く、京おせちは恋の味(1995年)
明日はだいじょうぶ(1996年) - 主演・小林元気
こんな私に誰がした(1996年) - 主演・北村大地
3番テーブルの客 第17回(1997年)
総理と呼ばないで(1997年) - 内閣官房長官
けろりの道頓 秀吉と女を争った男(1999年、関西テレビ) - 安井九兵衛
壁ぎわ税務官(2001年) - 石上正直
サザエさんシリーズ - フグ田マスオ
サザエさん(2009年)
サザエさん2(2010年)
サザエさん3(2011年)
サザエさん4(2013年)
花の鎖(2013年) - 高野和弥
リテイク 時をかける想い(2016年、東海テレビ) - 主演・新谷真治

テレビ朝日系
密使(1995年) - 灘健吉
玉蘭(2007年) - 松村行生
ゴンゾウ 伝説の刑事(2008年) - 佐久間静一
警視庁継続捜査班(2010年) - 矢吹慎一
ママが生きた証(2014年) - 山下信彦

・WOWOW
罪人の嘘(2014年) - 工藤一路
海に降る(2015年10月 - ) - 神尾宏

・映画
バタアシ金魚(1990年) - 主演・カオル ※デビュー作
東方見聞録(1991年) - 万次郎
真夏の地球(1991年) - 大井順慶
超少女REIKO(1991年)- 朝倉
きらきらひかる(1992年) - 藤島紺
ベル・エポック(1998年) - 音無一徳
死国(1999年) - 秋沢文也
洗濯機は俺にまかせろ(1999年) - 主演・木崎敏郎
ボクの、おじさん(2000年) - 主演・川口浩二役
KT(2002年) - 金甲寿
ブレス・レス(2006年) - 主演・橘徹
悲しき天使(2006年) - 関川慎二
俺は、君のためにこそ死ににいく(2007年) - 田端絋一
歓喜の歌(2008年) - リフォーム太田の客
BALLAD 名もなき恋のうた(2009年)
映画 妖怪人間ベム(2012年) - 上野達彦
遺体 明日への十日間(2013年) - 平賀大輔
魔女の宅急便(2014年) - オキノ
深夜食堂(2015年) - 大石謙三
64(ロクヨン)前編・後編(2016年) - 柿沼
聖の青春(2016年)- 橋口陽二

・舞台
夢の海賊(1996年)
昭和歌謡大全集(1997年)
メランコリー・ベイビー(2000年)
恋愛戯曲(2001年、第三舞台)
彦馬がゆく(2002年)
ファウスト(2004年)
Voice of the earth 2005
砂の上の植物群(2005年)
もとの黙阿弥 浅草七軒町界隈(2005年)
12人の優しい日本人(2005年)
書く女(2006年)
グッドラック、ハリウッド(2007年)
ア・ラ・カルト 役者と音楽家のいるレストラン(2007年)
大川わたり(2008年、明治座)
十二人の怒れる男(2009年)
オーデュボンの祈り(2011年9月30日 - 10月20日、パブリックシアター)
彼女の言うことには。(2012年4月15日 - 5月6日、渋谷パルコ劇場)
遠い夏のゴッホ(2013年2月3日 - 24日、赤坂ACTシアター・3月7日 - 10日、大阪・新歌舞伎座) - アムンゼン

・劇場アニメ
百日紅 ~Miss HOKUSAI~(2015年)- 岩窪初五郎

・バラエティ
コケッコ!?(1993年、フジテレビ)
笑っていいとも「テレフォンショッキング」(1994年、フジテレビ)
FNS番組対抗!春秋の祭典スペシャル(1996年・1997年、フジテレビ)
オールスター感謝祭(2008年、TBS)
ザ・イロモネア(2008年、TBS)
SMAP×SMAP(2010年、フジテレビ)
VS嵐(2010年、フジテレビ)
はねるのトびら(2010年、フジテレビ)
ごきげんよう(2012年、フジテレビ)
おもしろ言葉ゲーム OMOJAN(2012年、フジテレビ) 
笑神様は突然に…「伊豆サイクリングSP」(2015年、日本テレビ)

・ドキュメンタリー
筒井道隆 ヒマラヤをゆく(1994年、フジテレビ系)
聖インダス大巡礼 インダス川2900km全走破(2000年、テレビ朝日系)
筒井道隆のアラスカ冒険旅行(2003年、テレビ朝日系)
徹底分解伝説のレーシングバイク・世界最小6気筒エンジンのすべて(2005年、NHKハイビジョン)
土曜エンタ!『カエサルの遺伝子 ローマ人の物語への旅』(2007年、WOWOW)
世界自転車探検部・ベトナムの旅 筒井道隆(2013年12月20日、NHK BS1)

・トーク番組
真夜中の王国(1999年、NHK BS1)
最後の言葉 作家 重松清が見つめた戦争(2003年、NHK BS1) - 詩の朗読
土曜スタジオパーク(2009年、NHK)
スタジオパークからこんにちは(2011年、NHK)

・音楽番組
第44回NHK紅白歌合戦(1993年12月31日、NHK) - 審査員

・情報番組
はなまるマーケット(2002年、TBS)
土曜スタジオパーク(2009年、NHK)
チャリダー★(2014年、NHK BS1) - レポーター

・紀行番組
鶴瓶の家族に乾杯「香川県度津町」(2008年、NHK)

・旅番組
ふるさと発スペシャル−ふるさとから、あなたへ−あいたい「初夏の大山 風を感じて」(2010年、NHK)

・自動車番組
カーグラフィックTV(2004年、BS朝日)

・ナレーション
世界の海岸(1999年、TBS)
ドキュメンタリー人間劇場「はだかの新米先生」(1999年、テレビ東京)
BSスペシャル「あこがれのあの人に会いたい」(1999年、NHK-BS)
素敵な宇宙船地球号「病める富士を救え」(2001年、テレビ朝日)
ALASKA~風のような物語~ 星野道夫(2003年)
北九州スペシャル「ここでやり直そう ~北九州・非行少年を支えるガソリンスタンド~」(2011年、NHK北九州)
地方発ドキュメンタリー「突きつけられたゲンジツ希望退職711人の労働移動」(2013年 NHK)

・CM
大塚製薬 カロリーメイト
キリン ラガービール、淡麗 グリーンラベル
トヨタ カローラセレス
中外製薬 グロンサン「屋根のある空」 - 高原仁
日立 パソコン、ファクシミリ
ミツカン 味ぽん
三菱銀行
モランボン 焼肉のたれ ジャン - ナレーション
ローソン

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
筒井道隆を「ウィキペディア」で参照する