舞川あいく(C)モデルプレス

舞川あいく、女子の気持ちを代弁「“言わなくてもわかるだろ”は1番の甘え」

2017.12.16 14:35
0
1

モデルの舞川あいくが16日、都内で行われた映画「52Hzのラヴソング」の公開初日スペシャルイベントに出席した。

舞川あいく、孤独を感じるのはどんなとき?

舞川あいく(C)モデルプレス
舞川あいく(C)モデルプレス
同作に“恋人がいる人”“片想いの人”“恋をしていない人”の3タイプの人間が出てくると紹介した舞川は、どのタイプに共感するか尋ねられると「私は恋をしていない女の子に似ているなと思いました」といい、「すごく強がりで、口調も強い女の子なんですけど、実は寂しがり屋で、人懐っこくて甘えん坊というのが、言っている言葉も含めて私と似ているなって感じました(笑)」と打ち明けた。

舞川あいく(C)モデルプレス
舞川あいく(C)モデルプレス
さらに、タイトルにもなっている“52Hz”は、世界で1番孤独なクジラの声の周波数を意味するそうで、舞川自身が孤独を感じるはどんなときか尋ねられると「クリスマスとか特別なイベントのときに1人でいるときですかね(笑)」と笑い、今年のクリスマスの予定を聞かれると「今年はお仕事が入っています」と明かした。

舞川あいく「『言わなくてもわかるだろ』というのは1番の甘え」

舞川あいく(C)モデルプレス
舞川あいく(C)モデルプレス
さらに、同作には10年交際をし、男性からのプロポーズを待っている女性のカップルも登場するそうで、そんな経験をしたことがあるか聞かれた舞川は「どこまで話していいんですかね(笑)」と笑いつつ、「そういう経験はないんですけど、プロポーズではなくて普段の話で“いま言わないでいつ言うのよ!”みたいなことはありました」と告白し、「私自身がせっかちで、台湾の女性がせっかちなので、そういうところも共感できますね」とコメント。

「言わなくても分かるだろ!」というタイプの男性をどう思うか追及されると「(その言葉を)男性は言いますよね!“言わなきゃわからないでしょ!”って毎回思います(笑)」と口調を強め、「やっぱり『言わなくてもわかるだろ』というのは1番の甘えだと思うんですよ。ちゃんとコミュニケーションをして、言葉を通じて相手の気持ちを理解するっていうのが1番の愛情表現だと思うので、そういう恋愛がしたいですね」と声を弾ませた。

台湾初のミュージカル・エンターテイメント「52Hzのラヴソング」

舞川あいく(C)モデルプレス
舞川あいく(C)モデルプレス
台湾映画の歴代興収1位『海角七号 君想う、国境の南』、台湾映画史上最高額の制作費『セデック・バレ』のウェイ・ダーション監督が6年ぶりにメガホンをとった同作は、台湾初となる17曲の完全オリジナルのラヴソングで綴られたミュージカル・エンターテイメント。バレンタインの1日を通して、世代も性別も超えた様々な愛のカタチと出会いを描き、すべての人々にエールを送る群像劇となっている。

そんな同作を見た感想を聞かれた舞川は「見る度に心が温かくなるというか、甘く幸せになる映画だなと思いました」と笑顔を見せ、「私も何度も台湾に行ったことがあるですけども、ほとんど行ったことがない場所でのシーンが多かったので、行きたいなと思う場所もたくさんありましたし、台湾人らしいストレートなセリフもすごく胸に響いて素敵だなって思いました」と語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. SBC メディカルグループ

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. シネマトゥデイ
  2. WEBザテレビジョン
  3. シネマトゥデイ
  4. シネマトゥデイ
  5. シネマトゥデイ
  6. シネマトゥデイ
  7. SCREEN ONLINE
  8. WEBザテレビジョン