生田斗真主演映画、ミムラ・小池栄子・門脇麦ら追加キャスト発表<コメント到着>

0
0
俳優の生田斗真が主演を務め“トランスジェンダー”を演じることで話題を呼んでいる映画『彼らが本気で編むときは、』(2017年2月25日公開)の追加キャストが発表。ミムラ、田中美佐子、小池栄子、りりィ、門脇麦と彩り豊かな豪華女優陣が出演することがわかった。
(左上から時計回りに)ミムラ、田中美佐子、小池栄子、門脇麦、りりィ(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
(左上から時計回りに)ミムラ、田中美佐子、小池栄子、門脇麦、りりィ(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
今作は、女性として人生を再出発しようとしているトランスジェンダーとその恋人のもとに、母親に置き去りにされた少女が引き取られてきたことから、戸惑いながらも3人が奇妙な共同生活をスタートする物語。今年3月の制作発表時には、主演のトランスジェンダー役に生田、そのパートナー役に桐谷健太という衝撃のカップリングに加え、少女役に新人子役の柿原りんかの3名まで発表していた。

5人の役どころは?コメント到着

ミムラは、マキオの姉であり、娘のトモを愛しながらも、シングルマザーの辛さから悩み、娘を置き去りにしてしまう母親・ヒロミ役に抜擢。「今までの監督のテイストとは少し違うぞというチャレンジの部分も感じて、この作品に呼んで頂けたのは、本当に光栄です」と喜びをあらわに。またリンコの母親・フミコ役を演じる田中は「脚本を最後まで一気に読み切ってしまうくらい、とても感動しました」とコメント。子供の頃から自分の性に悩むリンコの一番の“人生の応援団長”という役どころだが、「私も子育て中です。ただ、監督がこの映画で望む母親像と、私が実際にやっている母親とはまるで違うものです。母としてこの現場に来るのではなく、役者としてここに来て、監督の思う母親を100%できたらいいな、それに近づけたらいいなと思いながら演じました」と撮影時を振り返った。

小池は、小学生であるトモの同級生・カイの母親であるナオミ役。家庭環境が良いとは決して言えないトモに自分の息子が近づくことに警戒心を強く抱くが、その息子自身も心に深い悩みを持っている。「色々なことに切り込んだ脚本ですし、今の時代だからこそ、こういったテーマを、特に女性監督の目線で描くことが大事だと思いました」と感慨深げにコメント。マキオとヒロミの母親・サユリ役を務めるりりィは「生田さんは、キレイの一言!傍からみていて、ちょっとしたしぐさも女性になりきろうと努力されていました」と生田の演技力を賞賛。

そして、門脇はリンコの職場の同僚・佑香役で登場。リンコと対照的に、女性でありながら男っぽいサバサバとした性格で、結婚を控えている。お互いの人生の節目に多大な影響を与え合っている。「どんどん人間関係が希薄になっていく社会で、一緒になるのが困難だからこそ、人間の繋がりの大切さや温かさが描かれるところを観て欲しい」とアピールした。

監督も絶賛「自分の想像を超えた」

メガホンを取るのは、映画『かもめ食堂』(2006)などで知られる女性から圧倒的な人気を誇る荻上直子監督。そんな荻上監督が、脚本執筆時に思い描いていた通りの、まるで当て書きしたかのような夢のキャスティングが実現し、監督自身も「映画を撮影していて、おもしろいなぁと思う瞬間は、俳優さんが自分の想像を越え、さらに素晴らしいものを出してくれた時です。今回もおもしろい瞬間がたくさんあって幸せでした」と思いを語った。(modelpress編集部)

追加キャストコメント

・ミムラ(ヒロミ役/トモの母、マキオの姉)
荻上監督の作品は、登場人物がお互い信頼し合っている感じがとても素敵だなと思いました。今回の台本を読んで、そのままズバリというところと、今までの監督のテイストとは少し違うぞというチャレンジの部分も感じて、この作品に呼んで頂けたのは、本当に光栄です。

多様な親子関係と、血のつながりではない部分での関係。血縁者であることの弱みと強み、そうではない人の弱みと強み。私の演じたヒロミのネグレクトも決してあってはならないことで、今回は、題材的にそんな社会問題にも踏み込んだものが多く描かれています。従来の荻上作品ファンの方にも、観たことがないよという方にも楽しんでもらえるシーンがたくさんあると確信していますので、是非ご覧になってください!

・田中美佐子(フミコ役/リンコの母)
脚本を最後まで一気に読み切ってしまうくらい、とても感動しました。まさに監督のいま一番描きたいことが、この脚本の中にはすべて詰まっていると思います。トモちゃんよりは少し歳が上ですが、私も子育て中です。ただ、監督がこの映画で望む母親像と、私が実際にやっている母親とはまるで違うものです。母としてこの現場に来るのではなく、役者としてここに来て、監督の思う母親を100%できたらいいな、それに近づけたらいいなと思いながら演じました。

監督もお子さんがいらっしゃるということで、「突然子供にカミングアウトされたら、やっぱりびっくりしますよね」って監督にお話したら、「え、どうしてですか?全然びっくりしないと思います」という答えが返ってきました。その言葉にも感動しました!(笑)

・小池栄子(ナオミ役/トモの同級生・カイの母)
色々なことに切り込んだ脚本ですし、今の時代だからこそ、こういったテーマを、特に女性監督の目線で描くことが大事だと思いました。監督も、妥協しない、こだわりの強い方で、自分が理想とする役のイメージに近づける作業を、とても楽しんでいらっしゃると感じました。今後ももっと一緒に監督と作品を作ってみたいという気持ちです!

非日常のように思えて、日常で巻き起こっている恋愛話なので、どう感じるかというのが、自分の恋愛観を見つめ直すいい機会になると思います。恋愛には寛容でいてほしい、いられる人になってほしいと、この映画を観た人には期待します。観終わった後は、恋したくなりますよ。やはりパートナーがいるのは、とても心強いことなので。恋しましょう!

・りりィ(サユリ役/マキオとヒロミの母)
私はリンコさんのようなタイプの人が友達に多くて、結構身近な問題だったんです。こういうテーマを取り上げてもらえるのは嬉しく思いました。生田さんは、キレイの一言!傍から見ていて、ちょっとしたしぐさも女性になりきろうと努力されていました。男女を超越した人間愛。そこには男も女も、年齢制限もない。愛するってそういうことだと思うんです。そこを感じさせてもらえる作品になるんじゃないかと、完成を楽しみにしています!

・門脇麦(佑香役/リンコの同僚の介護士)
荻上監督の作品はとても好きなので、お話をいただいた時はとても嬉しかったです。脚本を読んで、今までの荻上監督の作品のテイストと少し違うなと思ったので、どういう風に撮られるのか楽しみにしていました。監督の演出は非常に的確だし、繊細だし、自分が「今の違ったな」と感じると、その微妙な違和感も察知されて、ちゃんと「もう1回!」が来ます(笑)。

私が演じた佑香は「女の子っていいな」「恋するっていいな」「誰かと一緒になるっていいな」「人と人との繋がりっていいな」っていうことをリンコさんに感じさせる役だったと思います。本作では、育児放棄など様々な社会問題が盛り込まれていますが、どんどん人間関係が希薄になっていく社会で、一緒になるのが困難だからこそ、人間の繋がりの大切さや温かさが描かれるところを観て欲しいです。
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 生田斗真主演映画、ミムラ・小池栄子・門脇麦ら追加キャスト発表<コメント到着>
今読んだ記事

生田斗真主演映画、ミムラ・小池栄子・門脇麦ら追加キャスト発…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事