本田翼、佐藤浩市に手料理ふるまう 衝撃の天然発言も

【モデルプレス】女優でモデルの本田翼が、俳優の佐藤浩市に手料理をふるまった。
本田翼、佐藤浩市に手料理ふるまう 衝撃の天然発言も【モデルプレス】
本田翼、佐藤浩市に手料理ふるまう 衝撃の天然発言も【モデルプレス】
7日、都内で行われた映画『起終点駅 ターミナル』初日舞台あいさつに、主演の佐藤、尾野真千子、篠原哲雄監督と出席。劇中では30歳差の淡いラブストーリーを展開する2人だが、この日本田は、北海道舞台にした同作にちなみ、北海道名物・鶏のから揚げ“ザンギ”を手作りし、佐藤にサプライズプレゼント。

本田翼(C)2015桜木_紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会
本田翼(C)2015桜木_紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会
ザンギ作りに挑戦する本田翼(C)2015桜木_紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会
ザンギ作りに挑戦する本田翼(C)2015桜木_紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会
しかし、本当に作ったのかわからず怪訝な顔を浮かべる佐藤に、本田は、調理中の様子を収めた写真を証拠としてモニターに映し出し、誇らし気な表情を見せた。その後、試食した佐藤は「冷えているんだけど十分に美味しい」と絶賛。本田は「ベーシックな黒酢のタレと、浩市さんが山わさびが好きということで山わさびのタレを作りました」と説明するも、「わさびが食べられないので味見できてないんですけど」と衝撃の天然発言も。

これに佐藤は「醤油にしか思えない。山わさびをもうちょっと入れてほしかったなぁ」とポツリ。しかし、ザンギそのものの味は良かったようで、尾野も篠原監督も美味しそうに試食していた。

本田翼、佐藤浩市
本田翼、佐藤浩市
本田翼、佐藤浩市
本田翼、佐藤浩市

「いいお芝居ができなかったら浩市さんに顔見せできない」

また、撮影では女優としてキャリアの浅い本田を気遣い、撮影シーンの順番を変更させたという佐藤。本田の最初の出演シーンは東京ロケの法廷シーンだったのだが、佐藤は「初日にこのシーンは可哀想じゃないか」と思ったという。それは、「(人生に迷う本田演じる敦子の)自立のシーンでもあった」そうで、「台本を読むだけではなく経験を通した方がいいと思い、製作費もかさむけど、北海道ロケが終わった後半にしていただけないかとプロデューサーに提示させていただきました」と打ち明けた。

そんな佐藤に「本当に優しさを感じました」と感謝の弁を述べる本田だが、「逆に、ここ(最終日)でいいお芝居ができなかったら浩市さんに顔見せできないと思いました」と素直な思いも吐露。そして、「良いお芝居をしたということですね?」と確認する佐藤に「た、たぶん…」と心もとない返事で、笑いを誘った。

篠原哲雄監督、本田翼、佐藤浩市、尾野真千子
篠原哲雄監督、本田翼、佐藤浩市、尾野真千子
本作は、直木賞作家・桜木柴乃の同名小説を原作とし、第28回東京国際映画祭クロージング作品にも選ばれた話題作。愛した女性・冴子(尾野)を死なせた罪を抱えて生きる男・完治(佐藤)と、孤独を背負い人生に迷う女・敦子(本田)が果ての街、北海道・釧路で出会い、再び人生の一歩を歩きはじめる姿が感動的に描かれる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 本田翼、佐藤浩市に手料理ふるまう 衝撃の天然発言も
今読んだ記事

本田翼、佐藤浩市に手料理ふるまう 衝撃の天然発言も

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事