赤西仁、渾身のボケに思わず赤面

アーティストの赤西仁が18日、映画「47RONIN」来日記者会見に、主演のキアヌ・リーブス、カール・リンシュ監督らとともに出席した。
映画「47RONIN」来日記者会見に出席した(左より)柴咲コウ、真田広之、キアヌ・リーブス、浅野忠信、菊地凛子、カール・リンシュ監督
映画「47RONIN」来日記者会見に出席した(左より)柴咲コウ、真田広之、キアヌ・リーブス、浅野忠信、菊地凛子、カール・リンシュ監督
本作がハリウッドデビューとなる赤西は、登場するやいなやカール監督とハイタッチ。ハイテンションのまま「赤西でござる」と“侍”風に自己紹介すると、渾身のボケに思わず赤面した。

撮影での感想を問われる場面では、「本当にお城を作ってしまうとか、セットがものすごくて大きくてびっくりしました」とコメント。「でも、キアヌや監督がやりやすい環境を作ってくれたので、そこまで緊張せずにできました」と感謝の気持を語った。

会見にはこのほか、真田広之、浅野忠信、菊地凛子柴咲コウも出席。キアヌは、約5年ぶりの来日に「東京に戻ってくることができて嬉しいです。素晴らしいキャスト、アーティストと素晴らしいお仕事ができました。本当にラッキーだと思いますし、限りない感謝をしています」と感激。一方カール・リンシュ監督は、赤西ら日本人キャストに向けて「日本のキャストのみなさまが、母国語ではない作品に参加することはすごいことだと思います。本当にすごい勇気です」と賞賛を送った。

同作は、日本の「忠臣蔵」をモチーフした3Dファンタジーアクション。赤穂浪士47人とキアヌ・リーブス演じる架空の人物・カイが協力し、数々の試練を乗り越え決死の戦いに挑む様をカール・リンシュ監督が描いていく。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 赤西仁、渾身のボケに思わず赤面
今読んだ記事

赤西仁、渾身のボケに思わず赤面

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事