長澤まさみ ながさわまさみ

「長澤まさみ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「長澤まさみ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「長澤まさみ」に関連するモデルプレス記事

長澤まさみのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

長澤まさみのプロフィール

長澤まさみ(ながさわまさみ)
愛称:まあちゃん、まっさん、がっさーわー
生年月日:1987年6月3日
出生地:日本・静岡県磐田市
血液型:A型

長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、静岡県磐田市出身の日本の女優。所属事務所は東宝芸能。愛称は「まあちゃん」、「まっさん」、「がっさーわー[1]」。身長168cm。堀越高等学校卒業。父親は元サッカーの日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督でもあった長澤和明。

■来歴
第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35,153人の中から2000年1月9日に史上最年少の12歳(小学生)でグランプリに選ばれ、芸能界入りした[2]。同年公開の『クロスファイア』で映画デビュー(クランクイン:2000年2月9日、上映2000年6月10日)。その後ティーン雑誌『ピチレモン』の専属モデルとなった。2000年12月11日に初ドラマ『秘密〜弁護士・迫まり子の遺言ファイル〜』が放送された。

2001年には初連続ドラマレギュラー出演『PureSoul〜君が僕を忘れても〜』に出演。それにあわせて、地元の静岡から中学2年になる春に上京。当初は大塚ちひろと2人暮らしであった。

2002年にはNHK連続テレビ小説『さくら』に出演。

2003年にはゴジラシリーズ第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』および翌年のシリーズ最終作『ゴジラ FINAL WARS』では、東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞に選ばれた大塚ちひろと小美人役で共演した[3]。

2004年には、社会現象となった興行収入85億円の大ヒット作『世界の中心で、愛をさけぶ』にヒロインとして出演。白血病治療の副作用による脱毛症を抱えた亜紀の役を演じる。自ら申し出てスキンヘッドになるなどしての熱演で話題になった。そして、この作品により、第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など多数の映画賞を受賞した。『世界の中心で、愛をさけぶ』と同時期に公開された松竹作品『深呼吸の必要』を経て、『タッチ』『ラフ ROUGH』に主演。

2005年にテレビドラマ『優しい時間』、『ドラゴン桜』に出演、第56回NHK紅白歌合戦では審査員を務めた。2006年に大河ドラマ『功名が辻』に出演。同年秋には、かつて薬師丸ひろ子が主演して記録的大ヒットとなった映画『セーラー服と機関銃』のリメイクとなる連続ドラマに主演。同名の主題歌を「星泉」名義で発表した。

なお、出演作の『深呼吸の必要』、『涙そうそう』、『群青 愛が沈んだ海の色』は、いずれも沖縄を舞台とした作品であり、その縁から2009年6月15日に沖縄県から「美ら島沖縄大使」に任命されている。

また、2005年から『東宝カレンダー』の表紙を6年連続で飾っている。

■人物・エピソード・交友関係

目標の女優は松たか子で[4]、好きな映画は『ジョゼと虎と魚たち[5]』を挙げている。

好きなアーティストは、SPEEDとYUI、BUMP OF CHICKEN、尾崎豊、RADWIMPS[6]、スキマスイッチ[7]、Cocco[8]。

性格は、大勢の人がいるところではあまり話さなくなる[9]。

自身のバストが大きいことは自覚しているらしい[10]。また、身長が高い事を気にしており、ラジオで出た「欲しい物は?」という質問に対して「低い身長!」と言い切った[11]。

父・和明は、元サッカー日本代表MFで、現在は浜松大学サッカー部監督。まさみは小さい頃からサッカーが嫌いだったが、第84回全国高等学校サッカー選手権大会に初出場した常葉学園橘高等学校のサッカー部員へミサンガを送った(当時、父親が監督を務めていた)。

2006年は役作りの為、髪をショートヘアーにした後はしばらく髪を胸まで伸ばしていたが、2010年に役作りの為、再び髪をショートにした。

父親の親友で、コンサドーレ札幌監督の石崎信弘一家とは家族ぐるみで親交が深く、女優になってからもよく食事を共にすることも多い。ちなみに石崎信弘が監督業に歩み出したきっかけを作ったのは長澤まさみである(石崎信弘#エピソードの項を参照)。

ドラマ『ガンジス河でバタフライ』では、桟橋から走ってガンジス河に飛び込み、着衣のままバタフライで泳ぐ姿を披露している。

映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の撮影が主に香川県で行われたため、2004年11月に「香川かがやき大使」に就任し、2005年8月から11月まで、JR山手線で車体広告電車が運行された。外部リンク:車体広告(4番目で紹介)

EXILEのパフォーマー、AKIRAは小学校と中学校の先輩にあたる[12]。

友人には、麻生久美子、新垣結衣、榮倉奈々、小泉今日子、柴咲コウ、須藤温子、水川あさみ(「新世紀エヴァンゲリオン」好きは水川の影響)、堀北真希らがいる。また、高校の同級生だった鈴木杏のことを、「永遠の親友」と語っている。

■主な出演作品

◆映画
・クロスファイア(2000年6月10日公開、東宝) - 倉田かおり 役
・なごり雪(2002年9月28日公開、大映) - 水田夏帆 役
・黄泉がえり(2003年1月18日公開、東宝) - 森下直美 役
・ロボコン (映画)(2003年9月13日公開 東宝) - 葉沢里美 役
・阿修羅のごとく(2003年11月 東宝) - 里見洋子 役
・ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS(2003年12月13日公開、東宝)- 小美人(マナ) 役
・世界の中心で、愛をさけぶ(2004年5月8日公開、東宝) - 廣瀬亜紀 役(ヒロイン)
・深呼吸の必要(2004年5月29日公開、松竹) - 土居加奈子 役
・ゴジラ FINAL WARS(2004年12月4日公開、東宝) - 小美人(マナ) 役
・タッチ(2005年9月10日公開、東宝) - 主演・浅倉南 役
・ラフ ROUGH(2006年8月26日公開、東宝) - 主演・二ノ宮亜美 役
・涙そうそう(2006年9月30日公開、東宝、【W主演:妻夫木聡】) - 主演・新垣カオル 役
・そのときは彼によろしく(2007年6月2日公開、東宝) - 主演・滝川花梨 役
・隠し砦の三悪人THE LAST PRINCESS(2008年5月10日公開、東宝) - 雪姫 役(ヒロイン)
・つみきのいえ La Maison en petits cubes(2008年10月4日公開) - ナレーション
・群青 愛が沈んだ海の色(2009年6月27日公開、20世紀フォックス) - 主演・仲村涼子 役
・曲がれ!スプーン(2009年11月21日公開、東宝) - 主演・桜井米 役
・てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜(2010年4月24日公開、ショウゲート) - 美ら島沖縄大使 役(友情出演)
・岳-ガク-(2011年公開 東宝) - 椎名久美 役(ヒロイン)
・奇跡(2011年6月11日公開、ギャガ) - 三村幸知 役
・冬の日(2011年6月11日公開) - 主演・リサ 役
・モテキ(2011年9月23日公開、東宝) - 松尾みゆき 役(ヒロイン)
・日本列島 いきものたちの物語(2012年2月4日公開、東宝) - ナビゲーター

◆ドラマ
・弁護士迫まり子の遺言作成ファイル3 秘密(2000年12月11日、TBS、月曜ドラマスペシャル) - 三枝美帆 役
・Pure Soul〜君が僕を忘れても〜(2001年4月9日~6月25日、読売テレビ) - 瀬田円 役
・さくら(2002年4月1日~9月28日、NHK、連続テレビ小説) - 沼田佳奈子 役
・ほんとにあった怖い話「うしろの女」(2004年2月7日、フジテレビ)
・殺人スタント(2004年7月17日、朝日放送、土曜ワイド劇場) - 高見沢仁美 役
・逃亡者 RUNAWAY(2004年7月18日~9月26日、TBS、日曜劇場) - 鬼塚咲 役
・優しい時間(2005年1月13日~3月24日、フジテレビ) - 皆川梓 役
・ドラゴン桜(2005年7月8日~9月16日、TBS) - 水野直美 役
・広島 昭和20年8月6日(2005年8月29日、TBS) - 矢島真希 役
・功名が辻(2006年1月8日~12月10日、NHK、大河ドラマ) - 小りん 役
・セーラー服と機関銃(2006年10月13日~11月24日、TBS) - 初主演・星泉 役
・明智光秀〜神に愛されなかった男〜(2007年1月3日、フジテレビ) - ひろ子 役(ヒロイン)
・ママが料理をつくる理由(2007年3月3日、フジテレビ) - 幸田みゆき 役
・ロミオとジュリエット 〜すれちがい〜 ROMEO~JULIET (2007年4月7日、日本テレビ、シェイクスピアドラマスペシャル、【主演:滝沢秀明】)- 木平樹里 役
・プロポーズ大作戦(2007年4月16日~6月25日、フジテレビ、【W主演:山下智久】) - 主演・吉田礼 役
o プロポーズ大作戦スペシャル (2008年3月25日)
・ガンジス河でバタフライ(2007年10月5・6日、メ〜テレ製作・テレビ朝日系列) - 主演・高野てるこ 役
・ハタチの恋人(2007年10月14日~12月16日、TBS、日曜劇場、【W主演:明石家さんま】) - 主演・沢田ユリ 役
・ラスト・フレンズ(2008年4月10日~6月19日、フジテレビ) - 主演・藍田美知留 役
o ラスト・フレンズ 特別編(2008年6月26日)
・ガリレオΦ(エピソードゼロ)(2008年10月4日、フジテレビ、土曜プレミアム) - 塩野谷あかり 役
・藤子・F・不二雄のパラレル・スペース「値ぶみカメラ」(2008年10月31日、WOWOW) - 主演・竹子 役
・天地人(2009年1月4日~11月22日、NHK、大河ドラマ) - 初音 役
・そうか、もう君はいないのか(2009年1月12日、TBSスペシャルドラマ)-城山三郎の妻・容子 役
・ぼくの妹(2009年4月19日~6月28日、TBS、【W主演:オダギリジョー】) - 主演・江上颯 役
・親父の一番長い日(2009年6月19日、フジテレビ、金曜プレステージ) - 主演・墨田千晴 役
・卒うた(2010年3月1日~4日、フジテレビ4夜連続ドラマ) - 主演・立花仁美 役
・わが家の歴史 (2010年4月9日~11日、フジテレビ開局50周年企画) - 一ノ瀬ゆかり 役
・GOLD(2010年7月~9月、フジテレビ) - 新倉リカ 役
・屋上のあるアパート(2011年3月21日、TBSパナソニックドラマスペシャル) - 主演・桂木麻子 役
・誰(タレ)よりも君を愛す!(2011年4月17日、テレビ静岡制作・フジテレビ系列、うなぎパイ ドラマスペシャル) - 佐久間華子 役
・探偵Xからの挑戦状! Season 3、SP版(2011年4月21日 - 5月5日、2011年8月5日、NHK) - ナビゲーター(江戸川蘭子役)
・分身(2012年2月 - 3月、WOWOW) - 主演・氏家鞠子 / 小林双葉 役
・都市伝説の女(2012年4月 - 6月、テレビ朝日) - 主演・音無月子 役

◆舞台
クレイジーハニー(作・演出:本谷有希子 公演日程: 2011年8月5日 - 8月28日 会場:パルコ劇場 共演:成河・安藤玉恵・吉本菜穂子・リリーフランキーほか)

◆ドキュメンタリー
・特番企画「スーパーライブ BUMP OF CHICKEN ~present from you~」(2008年7月25日、8月9日、NHKBS-hi・NHK-BS2)- 番組ナレーター
・森といのちの響き〜お伊勢さんとモアイの島〜 (2008年12月7日、東海テレビ制作、フジテレビ系) - 番組ナレーター
・女自転車ふたり旅 in ハワイ 二人のビッグ・アイランド(2009年12月29日、NHK) - 水川あさみとの紀行番組
・女自転車ふたり旅 完全版~ふたりのビッグアイランド~(2010年3月3日、NHKBS-hi)
・ナマケモノのススメ〜ボクが木から降りる、たったひとつの理由〜(2011年1月3日、毎日放送)- 番組ナレーター

◆CM
・内閣府政府広報青少年健全育成キャンペーン(2001年)
・静岡銀行(2001年)
・コロナ 石油ファンヒーター(2002年)
・ヤマザキナビスコ 「ジャムクレープクッキー」 (2002年)
・NHK-BSハイビジョン 受信料キャンペーン(2002年)
・NTT東日本 「Bフレッツ」「兄と妹」編(2004年)(木村拓哉と共演)
・NTT西日本 「フレッツ・光プレミアム」(2005年 - 2010年)
・シード 「コンタクトレンズ」(2005年 - 2010年)
・カルピス 「カルピスウォーター」(2005年 - 2009年) (2007年度は池松壮亮、2008年度は事務所の後輩でもある朝倉あきと共演)
・カルピス 「カルピス」(2007年 - )
      カルピス 「ロイヤルミルクカルピス」(2009年5月 - )
・コーセー コスメポート 「サロンスタイルシャンプー・ナノチャージ」(2005年 - 2009年)
・歓びの種(YUKI) 全18パターン(2005年 アニメ版「タッチ」の再放送の中で放送された)
・セイコーエプソン(2005年 - 2009年)
      「カラリオ」(2005年 - 2009年)
      「新カラリオ プリンタ」(2007年)
      「dreamio」(2007年)
・WOWOW(2005年) 明石家さんまと共演[13]
・静岡県選挙管理委員会 衆議院選挙投票PR(2005年)
・ロッテ(2005年 - )
      「のど飴」(2005年 - )
      ロッテチョコレート「ガーナミルクチョコレート」(2006年 - )榮倉奈々と共演
      ロッテアイス「和のしずく」(2007年)
      ロッテガム 「スパッシュ」(2008年)古田新太・矢島美容室と共演
・エスエス製薬 「エスタック ニスキャップ 12」(2006年)
・味の素 「クノールカップスープ」(2006年 - 2009年)
・国民年金基金 イメージキャラクター(2007年 - 2010年) (前任の女子プロゴルファ宮里藍から交代)
・コーセー「RESOA」(2007年)
・TOHOシネマズ 「サンストリート浜北 オープン」告知PR(2007年)オープニングイメージキャラクター
・ダイハツ工業 「タント カスタム」(2008年)(伊藤英明と共演)
・JR西日本「ビジネス応援新ダイヤ!」「J-WESTカード」(2008年 - )
・コーセー「潤肌粋」「雪肌粋」※セブンイレブン限定販売 (2008年 - 2010年)
・オンワード樫山「組曲」(2010年 - )
・ゆうちょ銀行「日本全国、ゆうちょ家族。」(2010年 - )
・rhythm zone 「DEEP『白いマフラー』」(2011年)
・JKA 「競輪2011」(2011年 - )
・エスエス製薬 「ハイチオールCプラス」(2011年 - )
・パルコ×モテキ「夏のグランバザール」(2011年)『モテキ』キャストと共演
・NATURAL BEAUTY BASIC(2012年 - )

◆ラジオ
・長澤まさみのオールナイトニッポンR(2005年2月18日、ニッポン放送)
・長澤まさみのオールナイトニッポン(2006年10月16日、2009年1月1日、ニッポン放送)
・長澤まさみ タイトル未定(仮)(2007年4月8日 - 2009年3月29日、ニッポン放送)
・福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル魂のラジオ(2007年5月26日、ニッポン放送)
・沢尻エリカ REAL ERIKA(2007年6月9日)ゲスト出演し話題になった。
・風とロック〈箭内道彦〉(2008年10月11日、TOKYO FM)
・第35回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン(2009年12月25日、ニッポン放送)パートナー
・長澤まさみSweet Hertz(2009年4月5日 - 、ニッポン放送)

■その他
・静岡銀行 イメージキャラクター(2001年 - 、ポスター)
・中小企業総合事業団(2001年、ポスター)
・JR西日本 「新春初詣乗り放題きっぷ」(2003年 - 、ポスター)
・消防庁・(社)日本損害保険協会 全国統一防火標語ポスター(2004年、ポスター)
・厚生労働省・中央労働災害防止協会 全国安全週間イメージキャラクター(2005年、ポスター)
・警視庁(2006年、カレンダー)
・農林水産省 「食事バランスガイド普及啓発キャンペーン」イメージキャラクター(2006年)
・幻冬舎文庫 10周年キャンペーンキャラクター(2007年)
・沖縄県 美ら島沖縄大使(2009年 - )

◆PV
・アンダーグラフ『ツバサ』(2004年)
・DREAMS COME TRUE『今日だけは』(2006年)
・サンボマスター『ラブソング』(2009年)
・DEEP『白いマフラー』(2011年)

◆WEB
・OCN Talking Japan 第46回ゲスト
・シード オリジナル・ネットムービー『ピュア』(2006年10月 - )(行定勲監督)
・NTT西日本 あそむび(2007年1月23日 - 3月28日)
・カルピス WEBムービー『僕のいちばん暑かった夏』完全版 (2007年)(池松壮亮と共演)

◆声優
・デトロイト・メタル・シティ(OVA版・2008年) - 相川由利 役(ヒロイン)
・二ノ国(DS・2010年春発売予定) - マル 役
・コクリコ坂から(東宝、2011年7月16日公開) - 松崎海 役(主人公)

■ディスコグラフィ

◆CD
・セーラー服と機関銃(2006年10月25日、ビクターエンタテインメント)星泉名義
      薬師丸ひろ子の同名曲のカバー、同名主演ドラマの主題歌。

◆DVD
・長澤まさみ(2001年8月3日)
・THE COMPLETE 長澤まさみ(2001年11月25日)
・First Love(2002年8月5日)
・東京里美発見伝(2003年9月25日)
・Summertime Blue(2004年3月24日)
・IQUEEN Vol.1 長澤まさみ“CHANGE”【Blu-ray】(2012年3月28日)

◆書籍
・そら(2001年9月、学研)
・me(2002年4月、ホーム社)
・少女伝説(2002年11月、双葉社)
・Summertime Blue(2003年9月、学習研究社)
・NO MEANING(2007年6月、幻冬舎)
・チャイ飲む?(2008年8月27日、幻冬舎)
・長澤まさみ smart(2009年4月18日、宝島社)
・IQUEEN VOL.1 長澤まさみ SPECIAL EDITION(2011年8月9日、パルコ出版)

■受賞歴

◆女優業
・第8回ニフティ映画大賞(現・日本インターネット映画大賞):新人賞(キャスト部門)(2003年)『ロボコン』『黄泉がえり』
・第25回ヨコハマ映画祭:最優秀新人賞(2004年)『ロボコン』『阿修羅のごとく』
・第27回日本アカデミー賞:新人俳優賞(2004年)『ロボコン』
・第29回報知映画賞:最優秀助演女優賞(2004年)『世界の中心で、愛をさけぶ』
・第17回日刊スポーツ映画大賞: 新人賞(2004年)『世界の中心で、愛をさけぶ』
・第47回ブルーリボン賞:助演女優賞(2005年)『世界の中心で、愛をさけぶ』
・第29回エランドール賞:新人賞(2005年)『世界の中心で、愛をさけぶ』
・第28回日本アカデミー賞:最優秀助演女優賞・話題賞(俳優部門)(2005年)『世界の中心で、愛をさけぶ』
・第42回ゴールデン・アロー賞 映画賞(2005年)『世界の中心で、愛をさけぶ』
・第30回日本アカデミー賞:優秀主演女優賞(俳優部門)(2007年)『涙そうそう』
・第54回ブルーリボン賞:助演女優賞(2011年)『モテキ』
・第35回日本アカデミー賞:優秀主演女優賞(2011年)『モテキ』

■その他
・2006 ベスト・ヘア賞(2006年)
・第18回日本ジュエリーベストドレッサー賞10代部門(2007年)
・第4回COTTON USAアワード『Miss COTTON USA』(2007年)
・ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2007(2007年)

■脚注
1. 長澤まさみ タイトル未定(仮)において愛称を募集した。あるリスナーによって「ガッキー(新垣結衣の愛称)が著名であるためにこれに似せた愛称」として苗字を「ガッキー」風にもじり作られた。同番組で本人が自称することが複数回ある
2.東宝「シンデレラ」オーディションに応募したきっかけは、母親とその友人が優勝賞金100万円に惹かれたため。父・和明の教え子・中山雅史の夫人である生田智子(生田も東宝所属)からも勧めがあったという。
3.『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』のサウンドトラックCDには、大塚と2人で歌った『モスラの唄』が収録されている。ちなみに、長澤、大塚のそれぞれの役名は「マナ」、「ヒオ」である。
4.毎日新聞 (2006年3月3日). “イマドキッ! 第1回 長澤まさみさん”. 東京夕刊. 2007年9月24日閲覧。
5.MovieWalker (2005年9月6日). “あだち充の名作「タッチ」がついに実写で映画化!浅倉南を演じた長澤まさみにインタビュー”. 2007年9月24日閲覧。
6.沢尻エリカ REAL ERIKA出演時にリクエストした。自身が担当するラジオ番組でも複数回触れている。
7.『僕らの音楽』(フジテレビ、2006年12月8日放送)でスキマスイッチと対面し、古くからの曲も聴いていると語った。『ラフ ROUGH』のスキマスイッチ生ライブ付試写会では、シークレットゲストとして、登場。舞台袖裏で、このライブを聞いて感激し、スキマスイッチに会うなり「大好きです!」を連発した。
8.2006年10月発売『日経エンタテインメント!』
9.Yahoo! 映画 (2006年6月28日). “『涙そうそう』長澤まさみ、妻夫木聡、撮影現場(沖縄)クランクアップ取材”. 2007年9月24日閲覧。
10.『学研BOMB』2003年10月号インタビュー記事。自身の身体のパーツについてのインタビュー中、バストについての感想で「まぁ、お母さん譲りでおっきいほうかなぁ、と。」と回答している。
11.ファンから「テレビで見るとかわいいのに実物は大きい」と言われた事もあるという。『タイトル未定(仮)』での発言。
12.2008年10月6日、「笑っていいとも!」テレフォンショッキングにて
13.この共演は、さんまが「長澤まさみに会いたい」とスタッフに話したことから実現した(さんまの発言による)。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
長澤まさみを「ウィキペディア」で参照する