堺雅人主演ドラマ「半沢直樹」第4話あらすじ

0
俳優の堺雅人が主演を務めるTBS系日曜劇場「半沢直樹」(毎週日曜よる9時~※今回は15分拡大スペシャル)の第4話が9日、放送される。
堺雅人、賀来賢人/「半沢直樹」第4話より(C)TBS
堺雅人、賀来賢人/「半沢直樹」第4話より(C)TBS

堺雅人主演ドラマ「半沢直樹」

堺雅人、香川照之/「半沢直樹」第4話より(C)TBS
堺雅人、香川照之/「半沢直樹」第4話より(C)TBS
池井戸潤氏の「半沢直樹」シリーズから「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」(ダイヤモンド社/講談社文庫)を原作としている今作。前作では「やられたらやり返す。倍返しだ!」の決めゼリフが社会現象になるほどの反響を見せた。

上戸彩/「半沢直樹」第4話より(C)TBS
上戸彩/「半沢直樹」第4話より(C)TBS
東京中央銀行のバンカー・半沢直樹が、大阪西支店融資課長から本部営業第二部次長に転じ、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。今作はその半沢が出向先の東京セントラル証券に赴任するところから物語が始まる。

堺のほか、上戸彩、及川光博、片岡愛之助、北大路欣也、香川照之らが続投するほか、賀来賢人、今田美桜、井川遥、尾上松也、市川猿之助らが新たに出演する。

賀来賢人・今田美桜ら、見どころカットが満載


第4話あらすじ

堺雅人、今田美桜/「半沢直樹」第4話より(C)TBS
堺雅人、今田美桜/「半沢直樹」第4話より(C)TBS
半沢(堺雅人)たちの作戦によって、フォックスの逆買収に成功したスパイラル。だが、このままでは面子がつぶれてしまう東京中央銀行は、三笠副頭取(古田新太)の後押しによって、スパイラル株を買収するために電脳への500億円もの追加融資を強引に進めようとしていた。

卑怯にも、強大な資金力にモノを言わせ強引に決着をつけようとする銀行に、もはや絶体絶命の半沢。そんな中、半沢は電脳の収益に不透明な部分があることに気づく。財務担当の玉置(今井明彦)に接触を図るが、彼は口封じのために電脳を追われてしまう。玉置はいったいどこに消えたのか?

堺雅人、賀来賢人/「半沢直樹」第4話より(C)TBS
堺雅人、賀来賢人/「半沢直樹」第4話より(C)TBS
予断を許さない状況が続く中、渡真利(及川光博)から、まもなく半沢の出向先が正式決定する、という知らせが入る。動揺する森山(賀来賢人)に「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」と力強く語る半沢だが、このままでは万事休すとなることは確実だ。これ以上、打つ手はあるのか―。

ついに覚悟を決めた半沢は最後の望みをかけてある人物に会いに行く―。

銀行、電脳、半沢、最後に勝つのは一体誰か!?すべての真相がまもなく明かされようとしていた。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 堺雅人主演ドラマ「半沢直樹」第4話あらすじ
今読んだ記事

堺雅人主演ドラマ「半沢直樹」第4話あらすじ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「テレビ」カテゴリーの最新記事