個性溢れる衣装着こなしステージで熱唱する(上段)少年忍者(左)7 MEN 侍(中央)HiHi Jets(右)美 少年/「Act ONE」ゲネプロの様子(C)モデルプレス

HiHi Jets・美 少年・7 MEN 侍・少年忍者ら、総勢70人集結「Act ONE」開幕 “120分”に詰め込んだいま届けたい想い<「Act ONE」ゲネプロレポ>

2024.01.03 04:00

HiHi Jets美 少年7 MEN 侍少年忍者らが出演する帝国劇場2024年新春公演「Act ONE」(読み:アクト・ワン)が1日より東京・帝国劇場にて開幕。4グループの個性溢れるショーのほか、新春公演では定番の楽曲やグループを越えた交流も。ここでは、このほど行われたゲネプロの様子をお届けする。<※記事内ネタバレあり>


HiHi Jets・美 少年・7 MEN 侍・少年忍者ら集結「Act ONE」

2025年に建て替えのための休館を予定している同劇場。記念ラインナップの第1弾公演として、27日まで全36公演行われる。

演出はALLキャスト、スーパーヴァイザーにはKinKi Kidsの堂本光一が就任。HiHi Jets美 少年7 MEN 侍少年忍者の4グループが中心となって自らで構成・演出を担い、今、ファンに伝えたい気持ちを1幕構成の約120分間ノンストップで届ける。

劇場に入るときらびやかな装飾が施されたステージが目を引く。劇場内ではファンにとっては耳馴染みのある各グループの楽曲がBGMとして流れ、非日常空間が広がり、開演までの間にもより期待が高まる。

HiHi Jets・美 少年・7 MEN 侍・少年忍者らカラフル衣装で勢揃い

幕が上がると、金銀の装飾が施され白いマント風衣装が映えるHiHi Jets、ブルーのきらめく衣装の美 少年、鮮やかな黄色い衣装の7 MEN 侍、夏の記憶が蘇る赤い衣装に身を包んだ少年忍者が勢揃い。ステージ上の階段に整列し、一気に新春公演らしい華やかな空間に。彼らの真っ直ぐと前を見据える希望に満ち溢れた表情がみずみずしく、38人で「Act ONE」を歌い上げたハーモニーは圧巻だった。

同作は、メインとなる4グループがそれぞれをライバル視し、対立しているという設定。一人ひとりがほかのメンバー、グループを見返すためグループごとにショーを繰り広げるという構成だ。

HiHi Jets、5人でのフライングで新境地を開く

クラッシックカーを乗りこなしイケイケなHiHi Jets/「Act ONE」ゲネプロの様子(C)モデルプレス
クラッシックカーを乗りこなしイケイケなHiHi Jets/「Act ONE」ゲネプロの様子(C)モデルプレス
トップバッターを務めるのは、年々勢いが加速しているHiHi Jets。鮮やかなグリーンが目を引く衣装に着替え、ステージ後方から真っ赤なクラッシックカーのフロートに乗り、「BOOOOOST UP!!!!!」を熱唱。ミラーボールやスモークのど派手な演出で観客を引き込む。彼らのステージのテーマは「常に自由であること」。正しく、彼らの武器の1つであるローラースケートでステージを縦横無尽に駆け回る。

HiHi Jets/饒舌だった猪狩蒼弥&高橋優斗、“年男をやらさせてもらっている”井上瑞稀&橋本涼、発作間が出てしまった作間龍斗「Act ONE」公開記者会見の様子(C)モデルプレス
HiHi Jets/饒舌だった猪狩蒼弥&高橋優斗、“年男をやらさせてもらっている”井上瑞稀&橋本涼、発作間が出てしまった作間龍斗「Act ONE」公開記者会見の様子(C)モデルプレス
さらに、お喋り好きな彼ららしいMCコーナーも。高橋優斗(※「高」は正式には「はしごだか」)が「今からフリーダムコーナーをやりますー!」と高らかに宣言すると、ジュニアたちも集まり、フリートークや特技披露が始まった。高橋から作間龍斗への無茶振りも炸裂。まんざらでもない様子で無茶振りに応えた作間だったが、会場の失笑に思わず苦笑いする場面もあり、メンバーからも「さすがにフリーダムすぎるわ~」とツッコミが飛んだ。

その後、雰囲気が一変し彼らのライブなどでも度々披露している「INSTINCT」でローラースケート×太鼓パフォーマンス。力強く息の合った演目で魅了する。加えて、彼らの新しい一面が見えたのは「COMPLETE」「HiHi Jets」。バラード調の楽曲に合わせ、高橋、橋本涼、猪狩蒼弥がしっとりと歌い上げる後方で、井上瑞稀、作間が2人で絶妙なバランスを保ち、フライング。続く、「HiHi Jets」でもソロパートで歌声を響かせ、全員でフライング。地上を駆け回るだけではなく、空間をも自由に司り、5人が大切にしているという「自由・フリーダムなエンターテイメントを届ける」ことを体現してみせた。

7 MEN 侍、ラップ・ダンス・バンド…多彩さアピール

クールなダンスを披露した7 MEN 侍/「Act ONE」ゲネプロの様子(C)モデルプレス
クールなダンスを披露した7 MEN 侍/「Act ONE」ゲネプロの様子(C)モデルプレス
バンドスタイルを武器としている7 MEN 侍が2番目に登場。「男らしさ・いつでもどんなときでも荒々しくワイルドに生きる」をテーマに、ラップ・ダンス・バンドと同一グループとは思えない変化を見せるショーを繰り広げ、衣装はメンバーの中村嶺亜が担当した。

ステージ中央にそびえ立つ塔のようなセットの上で、拡声器を使ったラップ調の楽曲「B4N4N4」の披露で勢いづけ、夏のライブでも披露し、Sexy Zoneの菊池風磨プロデュースでも話題となった「Hot Night」のダンスパフォーマンスでワイルドさ全開に。バンドスタイルとしては、アコースティックギターの音色が心地よい「Act ONE」の弾き語りアレンジや新曲「Chaos Killer」、オリジナル楽曲「シャウト」を感情たっぷりに歌い、演奏を奏でた。

ステージ中央で歓声を浴びて気持ちよくなる佐々木大光、見守る7 MEN 侍、HiHi Jets、美 少年ら/「Act ONE」公開記者会見の様子(C)モデルプレス
ステージ中央で歓声を浴びて気持ちよくなる佐々木大光、見守る7 MEN 侍、HiHi Jets、美 少年ら/「Act ONE」公開記者会見の様子(C)モデルプレス
6人の熱い思いがステージ上でぶつかり合い、劇場のボルテージは上昇。7 MEN 侍の代名詞とも言えるバンド編成だけではなく、これまで培ってきた歌唱力や表現力を存分にアピールする空間を作り上げていた。

美 少年、豪華絢爛なパフォーマンスで輝く

ステージではとにかく美しかった美 少年/「Act ONE」ゲネプロの様子(C)モデルプレス
ステージではとにかく美しかった美 少年/「Act ONE」ゲネプロの様子(C)モデルプレス
3番目に登場したのは、美 少年。ステージ上には、ステンドグラスをあしらったセットが登場し、「Beautiful Love」を歌唱。中央には6人の肖像画が描かれ、洋館風のセットを自由に動き回りながらパフォーマンスした。

その後、メンバーカラーを基調とした和風のきらびやかな衣装に着替えた6人。藤井直樹はしなやかなダンス、金指一世は得意とするラップ、佐藤龍我は持ち前のスタイルの良さを活かしダイナミックなフライング、浮所飛貴は布を手に華やかに舞うフライングを堂々と披露した。

(右)2つのことが同時できないと嘆いた岩崎大昇(美 少年)(左)ツッコむHiHi Jetsら/「Act ONE」公開記者会見の様子(C)モデルプレス
(右)2つのことが同時できないと嘆いた岩崎大昇(美 少年)(左)ツッコむHiHi Jetsら/「Act ONE」公開記者会見の様子(C)モデルプレス
さらに「ねぇ もっと」「奇跡が起きるとき」「Sing it」と怒涛のメドレーで6人ののびやかな歌声と指先足先まで美しく揃い、映像を駆使したパフォーマンスで魅了。テーマである美しさときらびやかさを追求した6人でしか作り出すことのできない豪華絢爛なショーを届けた。

少年忍者、どのグループにも負けないパッション・ダイナミックさで勝負

上下左右に乱舞する少年忍者/「Act ONE」ゲネプロの様子(C)モデルプレス
上下左右に乱舞する少年忍者/「Act ONE」ゲネプロの様子(C)モデルプレス
最後に登場した少年忍者は、「誰よりも情熱を持つこと。パッションを前にすれば怖いものなんて何もない」というテーマをもとに「Dream(夢)」を掲げたストーリー仕立てで展開。登場前にはメンバーが口々に叶えたい夢や思いを語っている音声が流れる。ステージ後方から、ナポレオン風衣装に身を包み、凛々しい表情のメンバーがせり上がってくる。中央に立つ織山尚大が「これは僕たちの夢と希望。その夢を形にした感情のステージ。それが僕たちのパッション」と宣言したのをきっかけに、大海原を背負ったメンバーが気合いの雄叫びを上げながら前進。どんな荒波にも負けない強い覚悟を新曲「Dreamers」に載せて熱く表現した。

ショー冒頭から大人数編成を活かしたダイナミックなブレイキン、鉄格子やロープを駆使したパルクールやフライング、上下左右劇場の空間を余すところなく使ったアクロバットなどで彼らがデザインしたエンブレムが描かれたセットを21人が縦横無尽に舞い、目まぐるしく場面が変換する。

お年玉を率先してあげた少年忍者/「Act ONE」公開記者会見の様子(C)モデルプレス
お年玉を率先してあげた少年忍者/「Act ONE」公開記者会見の様子(C)モデルプレス
一方で、グループ初のオリジナル楽曲「太陽の笑顔」を溢れる笑顔とパッションで明るくパフォーマンスし、少年っぽさと大人っぽさのギャップが垣間見える瞬間も。さらに彼らにとって初の単独座長公演となった「俺たちのBANG!!!」でも馴染みがあり、長年歌い継がれファンから愛されている「Ready to Rise」、「The Shining Star」を完全体で堂々と披露するなど、伝統と挑戦を融合したショーを全力で作り上げ、21人の個性が混ざり合いまとまった情熱で劇場を揺らした。

HiHi Jets・美 少年・7 MEN 侍・少年忍者らグループの垣根越えたパフォーマンスも

(左から)少年忍者、HiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍ら/「Act ONE」公開記者会見の様子(C)モデルプレス
(左から)少年忍者、HiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍ら/「Act ONE」公開記者会見の様子(C)モデルプレス
対立し合っているという設定でいがみ合ってきた4グループだが、ここまでのパフォーマンスを終え、いつしか互いを称え合い、大きな同じ夢を目指し歩んでいるという仲間意識を持つように。先輩たちから受け継いだ「闇を突きぬけて」、真っ赤なスーツに白手袋が印象的な名曲「Not Enough」を出演者がステージいっぱいに広がる姿は圧巻だった。

日替わりパファーマンスでは、少年忍者の黒田光輝、元木湧、檜山光成、安嶋秀生、鈴木悠仁、長瀬結星によるラップを混ぜたノリの良い楽曲で新たな旋風を巻き起こし、美 少年・佐藤、金指、少年忍者・内村颯太、深田竜生が自ら作詞したというバラード楽曲をロマンチックな雰囲気で4人のハーモニーを響かせた。さらに、HiHi Jets・井上、美 少年・岩崎大昇(※「崎」は正式には「たつさき」)、7 MEN 侍・中村、佐々木大光、少年忍者・織山によるダンスと歌声、モニターに映し出されたイラストなどを見事にマッチさせたパフォーマンス、HiHi Jets・橋本と少年忍者・鈴木悠仁はエレキギター、7 MEN 侍の菅田琳寧はサックス、矢花黎はドラム、少年忍者・青木滉平はピアノとトランペット、稲葉通陽はベースをそれぞれ演奏するなど異色のコラボレーションも実現させた。

ほかにも、ジュニアたちが各グループのショーの合間に登場し、新曲「すたーと」を披露し、盛り上げる場面やお揃いの衣装を着用しフレッシュなステージも繰り広げられた。

約120分間の作品の最後には、全員が真っ白なスーツに身を包み、冒頭と同様「Act ONE」を熱唱し、楽曲に込められたメッセージを精一杯届けた。1幕を通してこれからの未来を担う彼らの今しか出せない輝きを届けた出演者たち。高橋は本公演の最後に「千秋楽まで怪我などなく乗り越えたいと思います!」と力強く宣言し、笑顔を見せると、ほかの出演者たちにも笑顔が広がり、達成感に満ち溢れた雰囲気に劇場が包まれ、多幸感が広がった。手探りの状態から全員で作り上げたかけがえのない時間、経験は将来の活動への自信に繋がることだろう。

エネルギッシュなパフォーマンスを繰り広げ、全身全霊で挑む真っ直ぐな姿勢や眼差しや流れる汗からは彼らの並々ならぬ努力や熱い想いがひしひしと伝わってきた。どうか彼の未来が少しでも明るくあることを願うと共に、HiHi Jets美 少年7 MEN 侍少年忍者を始めとしたジュニアの今後の成長と進化からますます目が離せない。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 美 少年・岩崎大昇「明日の力になるように」HiHi Jets・7 MEN 侍・少年忍者とともに決意表明<「Act ONE」公開記者会見>
    美 少年・岩崎大昇「明日の力になるように」HiHi Jets・7 MEN 侍・少年忍者とともに決意表明<「Act ONE」公開記者会見>
    モデルプレス
  2. HiHi Jets猪狩蒼弥、KinKi Kids堂本光一からの嬉しかった言葉・井ノ原快彦から託された思い告白<「Act ONE」公開記者会見>
    HiHi Jets猪狩蒼弥、KinKi Kids堂本光一からの嬉しかった言葉・井ノ原快彦から託された思い告白<「Act ONE」公開記者会見>
    モデルプレス
  3. HiHi Jets高橋優斗「全部NGくらった」稽古裏話 新春帝劇公演の生まれ変わりで工夫したことも明らかに<「Act ONE」公開記者会見>
    HiHi Jets高橋優斗「全部NGくらった」稽古裏話 新春帝劇公演の生まれ変わりで工夫したことも明らかに<「Act ONE」公開記者会見>
    モデルプレス
  4. 7 MEN 侍・佐々木大光、新年早々ハプニング?HiHi Jets・美 少年・少年忍者と2024年の漢字一文字発表<「Act ONE」公開記者会見>
    7 MEN 侍・佐々木大光、新年早々ハプニング?HiHi Jets・美 少年・少年忍者と2024年の漢字一文字発表<「Act ONE」公開記者会見>
    モデルプレス
  5. 少年忍者、“初めて後輩へお年玉”「ドキドキした」HiHi Jets・美 少年・7 MEN 侍も便乗<「Act ONE」公開記者会見>
    少年忍者、“初めて後輩へお年玉”「ドキドキした」HiHi Jets・美 少年・7 MEN 侍も便乗<「Act ONE」公開記者会見>
    モデルプレス
  6. HiHi Jets高橋優斗、能登半島地震への思い「もどかしい気持ち」「我々にできることは…」全キャスト&スタッフからのメッセージ伝える<「Act ONE」公開記者会見>
    HiHi Jets高橋優斗、能登半島地震への思い「もどかしい気持ち」「我々にできることは…」全キャスト&スタッフからのメッセージ伝える<「Act ONE」公開記者会見>
    モデルプレス

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. なにわ男子・大橋和也「ものまね紅白歌合戦」で“ご本人”参戦「初心LOVE」披露
    なにわ男子・大橋和也「ものまね紅白歌合戦」で“ご本人”参戦「初心LOVE」披露
    モデルプレス
  2. 永瀬廉“透”&松田元太“耕二”、板谷由夏“詩史”とMEGUMI“喜美子”へそれぞれ本気の思いを伝える 2組の男女のラブストーリーが完結<東京タワー 最終回>
    永瀬廉“透”&松田元太“耕二”、板谷由夏“詩史”とMEGUMI“喜美子”へそれぞれ本気の思いを伝える 2組の男女のラブストーリーが完結<東京タワー 最終回>
    WEBザテレビジョン
  3. 小西真奈美、奇跡の40代!ぱっつん前髪の天使SHOTに反響!
    小西真奈美、奇跡の40代!ぱっつん前髪の天使SHOTに反響!
    WWS channel
  4. テレ朝夏の恒例大型イベント「サマステ」FRUITS ZIPPER・OWVら音楽LIVE出演者第1弾・ジュニア公演正式タイトル&ロゴ解禁【テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION】
    テレ朝夏の恒例大型イベント「サマステ」FRUITS ZIPPER・OWVら音楽LIVE出演者第1弾・ジュニア公演正式タイトル&ロゴ解禁【テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION】
    モデルプレス
  5. Amazonから届いた酷すぎる段ボール、完全に無理ゲーと思われたが… 「先人の知恵」が人類を救う
    Amazonから届いた酷すぎる段ボール、完全に無理ゲーと思われたが… 「先人の知恵」が人類を救う
    Sirabee
  6. 結婚を決断できなかったオリラジ藤森が、結婚を決めた“理由” 約2割の男性が共感
    結婚を決断できなかったオリラジ藤森が、結婚を決めた“理由” 約2割の男性が共感
    fumumu
  7. 第4弾はアルピー・平子、櫻坂・大園が参戦!世の中を明るくするコトババラエティ「オレの一行」6月15日(土)放送!
    第4弾はアルピー・平子、櫻坂・大園が参戦!世の中を明るくするコトババラエティ「オレの一行」6月15日(土)放送!
    WWS channel
  8. 瀬戸康史、カッコよく傘を差すお茶目ポーズに「仮面ライダー」「剣士みたい」の声<くる恋>
    瀬戸康史、カッコよく傘を差すお茶目ポーズに「仮面ライダー」「剣士みたい」の声<くる恋>
    WEBザテレビジョン
  9. 志田未来、インスタが自然体で「絶妙な写真ばかり」とネット衝撃 「可愛すぎる」
    志田未来、インスタが自然体で「絶妙な写真ばかり」とネット衝撃 「可愛すぎる」
    Sirabee

あなたにおすすめの記事