「100万回 言えばよかった」制作発表に登壇した(左から)佐藤健、井上真央、松山ケンイチ

佐藤健、井上真央からの“彼氏”呼びに喜ぶも「名前で呼んでもらいたいです」<100万回 言えばよかった>

2023.01.07 14:10
「100万回 言えばよかった」制作発表に登壇した(左から)佐藤健、井上真央、松山ケンイチ

1月13日(金)にスタートする井上真央主演の金曜ドラマ「100万回 言えばよかった」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系※初回は夜10:00-11:09)の制作発表会見が1月7日にオンラインで行われ、主演の井上をはじめ、佐藤健、松山ケンイチが登壇。撮影秘話や、互いのあだ名、そして作品の見どころなどについてたっぷりと語った。

安達奈緒子が手掛ける“ファンタジーラブストーリー”

同作は、脚本家・安達奈緒子氏が完全オリジナルで描く、“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー。非情な運命に必死にあらがい、奇跡を起こそうとする3人の姿を中心に、実力派俳優たちが大切な人を思う心の機微を紡ぐ。

主人公・相馬悠依(井上)にプロポーズしようと心に決めた矢先、不可解な事件に巻き込まれ突如姿を消す鳥野直木を佐藤が、そんな二人の運命に寄り添わざるをえない刑事・魚住譲を松山が演じる。

重要な“役割”は井上真央が担当「お楽しみに!」

会見の後半では、視聴者から寄せられた質問にキャスト陣が答えるコーナーも。撮影秘話を求められた佐藤は「回想シーンで、悠依が作ったオムライスを直木が食べるという場面があって。オムライスなので、ケチャップで何を描くかってかなり大事じゃないですか。今回ドラマに登場するケチャップのデザインは、井上さんが担当しております」と明かした。

その後、どんな思いで書いたかと聞かれた井上は「ハートにしようか、直木にしようか、悠依にしようか、キスマークにしようか、悩んだ挙げ句…言っていいのかな?」と少し困り顔で佐藤に尋ねる一幕も。「言わない方がいいと思う」と助言をもらうと「じゃあ、お楽しみに!」とかわいらしい笑顔を見せていた。

井上真央、佐藤健を「彼氏って呼んでいます」

また、現場での呼び名を尋ねられると、松山が「僕らは姫って言ってるよね?」とまさかの回答が。すると、井上は「1回も呼ばれていない気がします!」と前のめりで否定。すると、佐藤も「初めて3人で取材した日に、姫って呼ぶというルールが決まり、それからは『姫、姫』って…」と説明するも、井上は「誰も呼んでくれていないです、一切」とかたくなに否定していた。

一方、井上は「裏では(佐藤を)彼氏って呼んでいます」と告白。それに対し、佐藤は「彼氏のことを『彼氏』って呼ばんからな」とツッコみつつ、「彼氏と呼んでくれるのは一瞬うれしいな思いきや、終わるころまでには名前で呼んでもらいたいです」とひそかな“願い”を明かした。

さらに、胸キュンポイントについて尋ねられると、松山は「本読みの段階から『このドラマはキュンしかないですから、キュン死ですから』と監督もプロデューサーも真剣に言っていたんです」とコメント。そんな中、井上は松山を見つめながら「十分キュン担当になっていますよ?」と優しくほほ笑む場面も。

松山が、思わず「えっ、本当に!?」と喜ぶと、佐藤も「中盤以降はキュン担当になっていくんじゃないですか」とにっこり。すると、松山は「勉強してないよ、やばいな!みんなに任してた」と慌てながらも、どこかうれし気な様子。終盤では、井上も絶賛の“困り顔”を特訓することを宣言すると「最終回までには仕上げておく」と意気込んでいた。

「自分と重ねながら見られる作品だと思います」

最後に作品の見どころについて、井上は「私は悠依ほどこういう状況で強くなれるかと思いながら演じているのですが、人を強くさせるものや、優しくさせるものって案外目に見えないものなのかなとも思っています。ファンタジー要素もあってすごく楽しめるんですけど、身近な人を思ったりとか、愛する人を失ってしまうという誰しもがいつかは経験するようなことを、自分と重ねながら見られる作品だと思いますので、幅広い世代の方に楽しんでいただきたいなと思っています」と力強くアピールし、会見を締めくくった。

関連リンク

関連記事

  1. 新垣結衣が語りに!“伝説の家政婦”タサン志麻さん夫婦に密着「たくさんの人の心にスッとしみこむはず…」<ふたりのディスタンス>
    新垣結衣が語りに!“伝説の家政婦”タサン志麻さん夫婦に密着「たくさんの人の心にスッとしみこむはず…」<ふたりのディスタンス>
    WEBザテレビジョン
  2. 東京03の超絶サクセスストーリー 全国ツアーだけで「1年食えるくらいはもらえる」
    東京03の超絶サクセスストーリー 全国ツアーだけで「1年食えるくらいはもらえる」
    WEBザテレビジョン
  3. <BLACKPINK>「あつまれ どうぶつの森」内に“BLACKPINK島”がオープン!MVのセットやステージを再現
    <BLACKPINK>「あつまれ どうぶつの森」内に“BLACKPINK島”がオープン!MVのセットやステージを再現
    WEBザテレビジョン
  4. 松井玲奈、大粒の涙…新型コロナ感染中の思い吐露「人生の中では一番苦しいぐらいの数日間」
    松井玲奈、大粒の涙…新型コロナ感染中の思い吐露「人生の中では一番苦しいぐらいの数日間」
    WEBザテレビジョン
  5. ジャニーズWEST中間淳太 “探偵”イメージの細身スーツで「小説現代」表紙に!推しミステリから自身の創作活動まで明かす
    ジャニーズWEST中間淳太 “探偵”イメージの細身スーツで「小説現代」表紙に!推しミステリから自身の創作活動まで明かす
    WEBザテレビジョン
  6. 瀬戸朝香、“なかなか良い感じ”7歳長女によるメイクSHOTに反響「優しくて自然な感じすごくいい」「娘さんお上手!」
    瀬戸朝香、“なかなか良い感じ”7歳長女によるメイクSHOTに反響「優しくて自然な感じすごくいい」「娘さんお上手!」
    WEBザテレビジョン

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. ノンスタ石田明、骨折で緊急降板のロッテ・本前郁也を心配 プレート入れるも数年後に…
    ノンスタ石田明、骨折で緊急降板のロッテ・本前郁也を心配 プレート入れるも数年後に…
    Sirabee
  2. JO1鶴房汐恩、ゲーム課金額示唆「積み重なったらヤバい」
    JO1鶴房汐恩、ゲーム課金額示唆「積み重なったらヤバい」
    モデルプレス
  3. YOASOBI「おげんさんのサブスク堂」ゲスト出演 番組史上初の試みも
    YOASOBI「おげんさんのサブスク堂」ゲスト出演 番組史上初の試みも
    モデルプレス
  4. 安住紳一郎アナ、ハガキの“達筆すぎる文字”が話題 切手もよく見たら…「すごい」「欲しい」
    安住紳一郎アナ、ハガキの“達筆すぎる文字”が話題 切手もよく見たら…「すごい」「欲しい」
    Sirabee
  5. 寺田心、愛犬の死が意識変わるきっかけに 保護犬含む5匹と暮らす
    寺田心、愛犬の死が意識変わるきっかけに 保護犬含む5匹と暮らす
    モデルプレス
  6. 三上悠亜、女神級スタイル映えるミニスカートコーデに絶賛の声「めちゃくちゃ可愛い」
    三上悠亜、女神級スタイル映えるミニスカートコーデに絶賛の声「めちゃくちゃ可愛い」
    ENTAME next
  7. 【漫画】「お母さん頑張るから」息子の復讐のために学園に潜入した保健室の先生はある動画を手に入れ…/聖母の断罪(7)
    【漫画】「お母さん頑張るから」息子の復讐のために学園に潜入した保健室の先生はある動画を手に入れ…/聖母の断罪(7)
    WEBザテレビジョン
  8. 【漫画】「あたしふだん裸族でして…」限界バリキャリ先輩は平熱さとり系後輩との通話中にやらかしてしまい…/のあ先輩はともだち。(7)
    【漫画】「あたしふだん裸族でして…」限界バリキャリ先輩は平熱さとり系後輩との通話中にやらかしてしまい…/のあ先輩はともだち。(7)
    WEBザテレビジョン
  9. “美男美女”津田健次郎&明日海りおの“あざとポーズ”に「眼福」「いいねを何回押しても足りない」の声<グレイトギフト>
    “美男美女”津田健次郎&明日海りおの“あざとポーズ”に「眼福」「いいねを何回押しても足りない」の声<グレイトギフト>
    WEBザテレビジョン

あなたにおすすめの記事