山田孝之(C)モデルプレス

山田孝之「俺は泣いた」主演ミュージカルで共演者に感激<モンティ・パイソンのSPAMALOT>

2021.01.17 20:00
0
2

俳優の山田孝之が17日、東京・池袋の東京建物 Brillia HALLで行われたミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」(同所ほかにて1月18日より上演)の開幕直前取材に、共演の賀来賢人、小関裕太、三浦宏規、矢本悠馬、じろう(シソンヌ)、長谷川忍(シソンヌ)、新妻聖子、演出の福田雄一氏とともに登壇した。

今作は「コメディ界のビートルズ」と称されるイギリスの人気コメディ・グループ“モンティ・パイソン”のヒット映画「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」(1975年公開)を元に作られたミュージカル作品。円卓の騎士を集め、聖杯を探す旅に出るこの物語の主人公・アーサー王役を山田、残虐なことさえ厭わない危険すぎる男・ランスロット卿を賀来が演じる。

山田孝之、新妻聖子の歌唱シーンに「俺は泣いた」

山田孝之(C)モデルプレス
山田孝之(C)モデルプレス
山田孝之(C)モデルプレス
山田孝之(C)モデルプレス
見どころを聞かれると、山田は「賀来賢人のお芝居です!」とひと言で答えて笑いを誘い、賀来は「散々、くだらないことがあり、散々、明るいダンス、歌を踊り、そして“あー楽しかった”って思って、その2時間後くらいには“で、なんの話だったんだろう”って思われる、とても素敵なミュージカルになっています」とアピール。

新妻聖子(C)モデルプレス
新妻聖子(C)モデルプレス
また、三浦が「何度も泣きそうになった新妻の歌唱シーン」と挙げると、山田は「俺は泣いたよ!」と主張。当の新妻は「キャストの皆さんも粒ぞろいで面白いですし、オーケストラの皆さんも素敵で、『あー、楽しいミュージカルを見たな』って思っていただけると思います。とにかく皆さまに笑顔になって帰っていただけるように頑張りたいと思います」と思いを馳せた。

山田孝之「ここにいる時間くらいは嫌なことも忘れて」

長谷川忍、福田雄一氏、じろう、賀来賢人、矢本悠馬、山田孝之、小関裕太、新妻聖子、三浦宏規(C)モデルプレス
長谷川忍、福田雄一氏、じろう、賀来賢人、矢本悠馬、山田孝之、小関裕太、新妻聖子、三浦宏規(C)モデルプレス
最後に、意気込みを求められた山田。「よしっ、やるぞ!」と拳を突き上げ、もう少しコメントがほしいという空気を察すると「とにかくみんなで、ここにいる時間くらいは嫌なことも忘れて、笑ってもらうってことを目標に、スタッフ、キャスト全員、頑張って稽古してきて、それをぶつけるだけなので、本気で受け取って笑っていただけたらなと思います」と語った。(modelpress編集部)

賀来賢人(C)モデルプレス
賀来賢人(C)モデルプレス
小関裕太(C)モデルプレス
小関裕太(C)モデルプレス
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. テレビドガッチ
  6. モデルプレス
  7. SK-II

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. しらべぇ
  2. モデルプレス
  3. しらべぇ
  4. モデルプレス
  5. しらべぇ
  6. モデルプレス
  7. モデルプレス
  8. モデルプレス