山田孝之 やまだたかゆき

「山田孝之」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「山田孝之」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「山田孝之」に関連するモデルプレス記事

山田孝之のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

山田孝之のプロフィール

山田孝之(やまだたかゆき)

生年月日:1983年10月20日)

出生地:鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)

身長:169cm

血液型:A型

山田 孝之(やまだ たかゆき、1983年10月20日 - )は、日本の俳優。鹿児島県出身[2]。スターダストプロモーション所属[2]。

◆来歴◆

・1998年、川内南中学3年の2学期終業後に家族で鹿児島から上京[3][4]、姉と買い物中の原宿で女の子に間違われてスカウトされたことをきっかけに芸能界入り[5]。
・1999年に武蔵野市立第三中学校を卒業[4]後、同年10月から放送されたドラマ『サイコメトラーEIJI2』(日本テレビ)で俳優デビュー。
・2002年、シングル『真夏の天使 〜All I want for this Summer is you〜』でCDデビュー。この曲はドラマ『大好き!五つ子4』の主題歌になり、自身もこのドラマにゲスト出演した。
・2003年、『WATER BOYS』(フジテレビ)でテレビドラマ初主演。
・2004年、エランドール賞新人賞受賞。東京地下鉄初代イメージキャラクターにも選ばれる(東京地下鉄のイメージキャラクターでは男性は山田が現在[いつ?]の所唯一)。
・2005年、『電車男』で映画初主演。厳密には、2003年に製作され2004年に公開された日米合作映画『ジェニファ 涙石の恋』も山田の主演作であるが、名実共に単独で主演した映画は『電車男』が初めてである。
・2007年秋に公開された映画『クローズZERO』からワイルドな役を演じるようになり、『イキガミ』『クローズZERO II』『BOSS』などでは長髪と無精髭でそれまでとは違った一面を見せた。
    なお『クローズZERO』では第50回 (2007年度) ブルーリボン賞助演男優賞に20代でただ一人ノミネートされた。
・2010年8月5日、都内のホテルで行なわれた映画『GANTZ』の製作報告会見において出演の経緯を明かした。
        別の映画を撮影中の山田が隣で行なわれていた『GANTZ』の衣装合わせの場にやって来て「うわぁ~、GANTZだ~、いいなぁ~」と言ったところ
        佐藤貴博プロデューサーから「じゃぁ、出てくださいよ~」と言われたことで出演が決まった[6][7]。
        同年9月、映画『十三人の刺客』がコンペティション部門に出品された第67回ヴェネツィア国際映画祭に三池崇史監督、役所広司らと参加した[8]。
・2010年10月28日付米エンタテイメント情報誌『ハリウッド・リポーター』において「世界の注目俳優10人」の1人として紹介された(日本人では山田のみ)[9][10]。
・2011年、ニューヨーク・アジア映画祭 (New York Asian Film Festival) において「スター・アジア・ライジング・スター賞(Star Asia Rising Star Award)」を日本人として初めて受賞した[11][12]。
・2012年、第34回(2012年度)ヨコハマ映画祭助演男優賞受賞(『その夜の侍』『のぼうの城』『悪の教典』)[13]。
・第17回(2012年度)日本インターネット映画大賞日本映画部門助演男優賞受賞(『その夜の侍』『のぼうの城』『悪の教典』)[14][15]。
・第67回(2012年度)日本放送映画藝術大賞映画部門最優秀助演男優賞受賞(『その夜の侍』)[16]。
・2014年1月31日から2月16日まで東京国際フォーラムで上演予定の主演ミュージカル『フル・モンティ』(演出:福田雄一)で初舞台を踏む[17]。

◆人物◆

歌手のSAYUKIと女優の椿かおりは実姉である[18][19]。
椿かおりとは、山田の主演映画『ミロクローゼ』で初共演を果たしている[20]が、偶然であり、撮影が全て終わった後に山田が監督だけに姉弟であることを明かした[21][22]。
高校に進学する気はなかったが、「どこでもいいから受験しろ」との担任の言葉に従い、敢えて偏差値の低い高校を選び、同じ中学からは一番の不良と山田の2人だけが受験した[23]。
受験生の半分が試験中に寝ていたため「絶対に受かる」と思ったが、3科目の試験の内、2時間目の途中で寝てしまい、3時間目の試験を受けなかったために落ちた[3]。
本人は「今思えば、不良ばかりの高校でいじめに遭わずに済んで良かった」と語っている[4]。
2006年、スポニチ(2月15日)の報道にて、女優でモデルのChihoとの間に生後4か月の子どもがいることが発覚した。
その後、山田本人が公式サイトにて、「女性とは2年前から交際していた。妊娠を知り、結婚、出産について話し合いを重ねたが自分が父親になり、家庭を持ち、役者を続けていくこと、どうしても自分自身の中で折り合いがつかなかった」とし、
結婚せずに山田が子どもの養育費・生活費を支払うことで相手側家族とも合意したと発表した(日刊スポーツ 2006年2月16日・公式サイト)。
福田雄一が『勇者ヨシヒコと魔王の城』に主演起用した経緯について
『(福田自身は)かねてより、山田がやってくれたら面白いのにという気持ちがあったが、全く前例のない冒険活劇であることや、キー局が他局よりやや低い評価や視聴率な傾向にあるテレビ東京であり、
しかも深夜枠等の理由から、2011年初めの企画の時点で主演のキャスティングは難航していた。しかしダメ元で頼んでみようと、
反則と承知の上であえて事務所を通さず、山田本人に直接メールで出演依頼をしたところ、
「僕はやりたい仕事であれば、局や放映時間帯は全く問いません。詳しい話を聞かせて下さい。」とわずか数分後に返信が来た。
その後、事務所も快く許可した。』と、週刊現代で連載中のコラム「妻の目を盗んでテレビかよ」第90回において述べている。
また、同作はドラゴンクエストシリーズのパロディ要素を盛り込んだ作品のため、発売元のスクウェア・エニックスに許可を得る際には、監督をはじめ関係者と共に山田も同席し、作品の意図を説明した。
2012年1月1日、かねてより交際が報道されていた7歳年上の一般女性と約2年の交際の末、元日午前に都内区役所に婚姻届を提出した[1][24]。
2012年10月に夫人の妊娠を、2013年3月上旬に男児が誕生していたことを同月中旬に発表した[25][26]。

◆主な出演◆

【映画】

・猫の恩返し(2002年7月20日公開、監督:森田宏幸) - ルーン役(声の出演)
・ドラゴンヘッド(2003年8月30日公開、監督:飯田譲治) - 高橋ノブオ役
・ジェニファ 涙石の恋(2004年6月5日公開、監督:三枝健起) - 荒木隆志役
・電車男(2005年6月4日公開、監督:村上正典) - 電車男役(初主演)
・手紙(2006年11月3日公開、監督:生野慈朗) - 武島直貴役(主演)
・エラゴン 遺志を継ぐ者(2006年12月16日公開、監督:シュテフェン・ファンマイアー) - 声優・エラゴン役(主演)
・そのときは彼によろしく(2007年6月2日公開、監督:平川雄一朗) - 遠山智史役(主演)
・舞妓Haaaan!!!(2007年6月16日公開、監督:水田伸生) - 修学旅行生役(カメオ出演)
・クローズZEROシリーズ - 芹沢多摩雄役
・クローズZERO(2007年10月27日公開、監督:三池崇史)
・クローズZERO II(2009年4月11日公開、監督:三池崇史)
・イキガミ(2008年9月27日公開、監督:瀧本智行) - 飯塚さとし役
・252 生存者あり(2008年12月6日公開、監督:水田伸生) - 重村誠役
・鴨川ホルモー(2009年4月18日公開、監督:本木克英) - 安倍明役(主演)
・MW-ムウ-(2009年7月4日公開、監督:岩本仁志) - 賀来裕太郎役(主演)
・大洗にも星はふるなり(2009年11月7日公開、監督:福田雄一) - 杉本役(主演)
・シーサイドモーテル(2010年6月5日公開、監督:守屋健太郎) - 朝倉陽介役
・十三人の刺客(2010年9月25日公開、監督:三池崇史) - 島田新六郎役
・乱暴と待機(2010年10月9日公開、監督:冨永昌敬) - 番上貴男役
・GANTZシリーズ - 重田正光役
・GANTZ(2011年1月29日公開、監督:佐藤信介)
・GANTZ:PERFECT ANSWER(2011年4月23日公開、監督:佐藤信介)
・太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-(2011年2月11日公開、監督:平山秀幸) - 木谷曹長役
・アンフェア the answer(2011年9月17日公開、監督:佐藤嗣麻子) - 村上克明役
・指輪をはめたい(2011年11月19日公開、監督:岩田ユキ) - 片山輝彦役(主演)
・荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE(2012年2月4日公開、監督:飯塚健) - 星役
・闇金ウシジマくんシリーズ - 丑嶋馨役(主演)
・闇金ウシジマくん(2012年8月25日公開、監督:山口雅俊)
・闇金ウシジマくん Part2(2014年5月16日公開、監督:山口雅俊)
・BUNGO〜ささやかな欲望〜(2012年9月29日公開、監督:山下敦弘) - 松夫役(坂口安吾『握った手』主演)
・のぼうの城(2012年11月2日公開、監督:犬童一心・樋口真嗣) - 大谷吉継役
・悪の教典(2012年11月10日公開、監督:三池崇史) - 柴原徹朗役
・その夜の侍(2012年11月17日公開、監督:赤堀雅秋) - 木島宏役
・ミロクローゼ(2012年11月24日公開、監督:石橋義正) - オブレネリ・ブレネリギャー役、タモン役、熊谷ベッソン役(主演)
・らくごえいが(2013年4月6日公開、監督:松井一生) - 『ライフ・レート』主演[27]
・俺はまだ本気出してないだけ(2013年6月15日公開、監督:福田雄一) - 市野沢秀一役
・凶悪(2013年9月21日公開、監督:白石和彌) - 藤井修一役(主演)
・土竜の唄 潜入捜査官REIJI(2014年2月15日公開、監督:三池崇史) - 月原旬役
・MONSTERZ モンスターズ(2014年5月30日公開、監督:中田秀夫) - 田中終一役(主演)[28][29]
・新宿スワン(2015年春公開予定、監督:園子温) - 南秀吉役

【テレビドラマ】

・サイコメトラーEIJI2(1999年10月 - 12月、日本テレビ) - タカユキ役 ※ドラマデビュー作
・六番目の小夜子(2000年4月 - 6月、NHK) - 関根秋役
・大河ドラマ・葵 徳川三代(2000年8月27日 - 9月10日、NHK) - 竹千代(後の徳川家光)役
・ちゅらさんシリーズ(NHK) - 古波蔵恵達役
・ちゅらさん(2001年4月 - 9月、NHK)
・ちゅらさん2 (2003年3月 - 4月、NHK)
・ちゅらさん3 (2004年9月 - 10月、NHK)
・示談交渉人甚内たま子“裏”ファイル1(2001年6月18日、TBS) - 甚内司役
・恋がしたい恋がしたい恋がしたい(2001年7月 - 9月、TBS) - 青島渉役
・ロング・ラブレター〜漂流教室〜(2002年1月 - 3月、フジテレビ) - 高松翔役
・示談交渉人甚内たま子“裏”ファイル2(2002年6月24日、TBS) - 甚内司役
・ランチの女王(2002年7月 - 9月、フジテレビ) - 牛島ミノル役
・陰陽師☆安倍晴明〜王都妖奇譚〜(2002年7月、フジテレビ) - 藤哉役
・実録 福田和子(2002年8月2日、フジテレビ) - 赤木広一役
・赤ひげ(2002年12月28日、フジテレビ) - 森半太夫役
・はたち-1982年に生まれて-(2003年1月13日、フジテレビ) - 進藤竜二役
・WATER BOYS(2003年7月 - 9月、フジテレビ) - 進藤勘九郎役(主演)
・FIRE BOYS 〜め組の大吾〜(2004年1月 - 3月、フジテレビ) - 朝比奈大吾役(主演)
・示談交渉人甚内たま子“裏“ファイル3(2004年1月19日、TBS) - 甚内司役
・世界の中心で、愛をさけぶ(2004年7月 - 9月、TBS) - 松本朔太郎役(主演)
・H2〜君といた日々(2005年1月 - 3月、TBS) - 国見比呂役(主演)
・電車男 第1話(2005年7月7日、フジテレビ) - サラリーマン役 ※ワンシーンのみ
・スタートライン〜涙のスプリンター〜(2005年12月17日、フジテレビ) - 今井駿役(主演)
・白夜行(2006年1月 - 3月、TBS) - 桐原亮司役(主演)
・タイヨウのうた(2006年7月 - 9月、TBS) - 藤代孝治役(主演)
・BOSS 第4話 - 第5話(2009年5月7日 - 14日、フジテレビ) - 田島慎吾役
・わが家の歴史(2010年4月9日 - 11日、フジテレビ) - 仲代達矢役
・闇金ウシジマくんシリーズ(毎日放送) - 丑嶋馨役(主演)
・闇金ウシジマくん (2010年10月 - 12月)
・闇金ウシジマくん Season2(2014年1月 - 3月)
・ANOTHER GANTZ(2011年4月22日、日本テレビ) - 重田正光役
・勇者ヨシヒコシリーズ(テレビ東京) - ヨシヒコ役(主演)
・勇者ヨシヒコと魔王の城(2011年7月 - 9月)
・勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(2012年10月 - 12月)
・荒川アンダー ザ ブリッジ(2011年7月 - 9月、毎日放送) - 星役
・信長協奏曲(2014年10月 - 12月、フジテレビ) - 豊臣秀吉役

【ネット配信ドラマ】

・REPLAY & DESTROY(2011年11月、LISMO Channel(Video)) - 横山要役(主演)
・闇金ウシジマくん(2014年3月、dビデオ powered by BeeTV) - 丑嶋馨役

【舞台】

・フル・モンティ(2014年1月31日 - 2月16日、東京国際フォーラム) - ジェリー役(主演)[17]

【CM】

・コカ・コーラ(2002年)
・日本赤十字社「はたちの献血キャンペーン」(2003年)
・東洋水産「マルちゃん焼きそば、やきうどん」(2004年)
・東京メトロ(2004年) ※初代イメージキャラクター
・東京電力「TEPCOひかり」(2005年)
・モバスロ「ヱヴァンゲリヲン 〜真実の翼〜」(2010年12月31日 - )
・アサヒフードアンドヘルスケア「クリーム玄米ブラン」(2011年3月 - )※東日本大震災の影響で当初は一部の地域のみの放送
・フィールズ 企業CM(2011年11月10日 - 11月20日)※新人ジョッキー「ラーメン屋 山田君」役
・コカ・コーラ「ジョージア」(2014年1月 - )

【PV】

・ORANGE RANGE「シアワセネイロ」(2008年) ミツル役
・SBK「white sonata no.8 featuring PES」(2008年)
・吉井和哉「ビルマニア」(2009年)

【DVD】

・『大洗にも星はふるなり』 これって全力すぎてスピンオフじゃねえじゃんスペシャル(2009年12月25日、日活) - 杉本役

◆ディスコグラフィー◆

【CDシングル】

・真夏の天使 〜All I want for this Summer is you〜 (大好き!五つ子4主題歌)(2002年7月24日)

【CDアルバム】

・THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM(「SEA」のカバーで参加)(2009年12月9日)

◆受賞歴◆

2004年度
・エランドール賞 新人賞(2004年)
・第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『世界の中心で愛をさけぶ』)

2006年度
・第48回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『白夜行』)

2011年度
・ニューヨーク・アジア映画祭 (New York Asian Film Festival) スター・アジア・ライジング・スター賞[11]

2012年度
・第34回ヨコハマ映画祭 助演男優賞(『その夜の侍』『のぼうの城』『悪の教典』)[13]
・第17回日本インターネット映画大賞 日本映画部門 助演男優賞(『その夜の侍』『のぼうの城』『悪の教典』)[15]
・第67回日本放送映画藝術大賞 映画部門 最優秀助演男優賞受賞(『その夜の侍』)[16]

脚注

^ a b “TAKAYUKI YAMADA OFFICIAL”. スターダストプロモーション (2012年1月1日). 2012年1月1日閲覧。
^ a b “『「山田孝之」人物情報』”. NAVER人物検索. 2012年2月10日閲覧。
^ a b 『上京本』 ピクトアップ、2008年、22-23頁。ISBN 4910176341080。
^ a b c 2010年9月10日放送の『A-Studio』より。[要高次出典]
^ 2009年12月6日放送の『新堂本兄弟』より。[要高次出典]
^ “山田孝之 映画「GANTZ」製作報告会見!”. スターダスト オフィシャルサイト. 2011年4月26日閲覧。
^ “二宮和也&松山ケンイチが映画報告会見に登場。『GANTZ』の魅力を分析”. ぴあ映画生活 2011年4月26日閲覧。
^ “『十三人の刺客』山田孝之をヴェネチアで直撃!初の海外映画祭参加で「侍役は日本人にしか演じられない優越感」【第67回ヴェネチア国際映画祭】”. シネマトゥデイ. (2010年9月11日付) 2011年6月6日閲覧。
^ “10 Actors to Look Out for in an Increasingly Global Business” (英語). ハリウッド・リポーター. (2010年10月28日付) 2011年4月26日閲覧。
^ “10 Actors to Look Out for in an Increasingly Global Business” (英語). Yahoo! Movies. (2010年10月28日付) 2011年1月21日閲覧。
^ a b “New York Asian Film Festival Features Takashi Miike World Premiere” (英語). ハリウッド・リポーター. (2011年6月1日付) 2011年6月2日閲覧。
^ “【速報!ニューヨークアジア映画祭】OP作品『ミロクローゼ』&山田孝之受賞で開幕!”. HogaHolic(ホウガホリック). (2011年7月5日付) 2011年7月6日閲覧。
^ a b “第34回ヨコハマ映画祭 日本映画個人賞”. ヨコハマ映画祭. 2012年12月8日閲覧。
^ movieawards_jpのツイート (294409266385788928)
^ a b “第17回(2012年)日本インターネット映画大賞結果”. 日本インターネット映画大賞. 2013年2月6日閲覧。
^ a b “第67回日本放送映画藝術大賞 映画部門 最優秀賞が決定しました!!”. 日本放送映画藝術大賞 (2013年3月10日). 2013年3月11日閲覧。
^ a b “裸一貫!山田孝之、男性ストリッパー役で初舞台”. サンケイスポーツ. (2013年3月6日) 2013年3月6日閲覧。
^ “恐るべし!メディア効果⁈”. SAYUKI "INSIDER INFORMATION!!(SAYUKI公式ブログ) (2010年9月11日). 2012年2月10日閲覧。[要高次出典]
^ “SAYUKIかおり孝之ショットだよー!”. SAYUKI "INSIDER INFORMATION!!(SAYUKI公式ブログ) (2012年1月6日). 2012年2月11日閲覧。
^ “作品情報:『ミロクローゼ』11月24日公開/ニューヨーク・アジア映画祭で主演:山田孝之が日本人初のライジング・スター・アワードを受賞した話題作”. INTRO. 2012年11月22日閲覧。
^ 成田おり枝 (2012年11月24日). “山田孝之が実姉との共演秘話を告白!石橋監督も「全然知らなかった”. ニュースウォーカー 2012年11月24日閲覧。
^ 古河優 (2012年11月24日). “山田孝之、新作で実姉と共演!…も、周囲にはひた隠し”. シネマトゥデイ 2012年11月24日閲覧。
^ INLIFE 男の履歴書DX 「山田 孝之」
^ “山田孝之、元日婚!7歳年上の一般女性と”. サンスポ. (2012年1月1日) 2012年1月1日閲覧。
^ “山田孝之、3月上旬に男児誕生していた”. サンスポ. (2013年3月16日) 2013年3月16日閲覧。
^ “山田孝之 男児誕生を発表「うれしく思っています」”. スポニチ. (2013年3月16日) 2013年3月17日閲覧。
^ “山田孝之、古典落語が原作・原案の「らくごえいが」に出演”. 映画.com. (2012年8月1日) 2012年8月1日閲覧。
^ “藤原竜也&山田孝之、中田秀夫監督新作で初共演!大ヒット韓国映画をリメイク”. 映画.com. (2013年7月1日) 2013年7月2日閲覧。
^ “藤原竜也×山田孝之が激闘する中田秀夫監督「MONSTERZ」ビジュアル公開!”. 映画.com. (2013年11月27日) 2013年11月27日閲覧。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
山田孝之を「ウィキペディア」で参照する