小栗旬、実兄の運命変えた一言「お兄ちゃんは役者ダメ」

0
2
30日放送の日本テレビ系バラエティー番組「人生が変わる1分間の深イイ話」(毎週月曜よる9時~)に、俳優の小栗旬の家族で、父親で演出家のが出演小栗哲家と、兄で同じく演出家の了が出演。小栗が俳優として確かな目を持つ、知られざるエピソードを明かした。
小栗旬(C)モデルプレス
小栗旬(C)モデルプレス

父・哲家はオペラ演出家

小栗旬(C)モデルプレス
小栗旬(C)モデルプレス
息子・旬が子役から俳優となっていたことを、旬がNHKの大河ドラマに出演するために学校を休んでいた際まで気が付かなかったという、父・哲家。

自身がオペラなどの演出家のため、俳優として表に出る職業につきたいと息子が考えていたことには驚かされたものの「本人がやりたければ何も言わない」と見守ってきたのだという。

小栗旬の確かな目「お兄ちゃんは役者ダメ」

小栗旬(C)モデルプレス
小栗旬(C)モデルプレス
兄・了も以前は俳優として活躍。ところが弟の出た故・蜷川幸雄の舞台で共演する機会でもチャンスを活かしきれず、現在は演出のほうに転向し成功をおさめているのだという。以前父親に俳優が向いていないと言われたことを明かした了だが、番組で父・哲家はその言葉が実は旬が「親父、お兄ちゃんは役者ダメだよ」と口にしたことが発端だったことを告白。

大部屋では役者たちは共演相手であり同時に競争相手でもあるが、「大部屋にいてもキャストを皆まとめちゃう」と当時の兄の後ろ姿を見た小栗が「そっちのほうがむいてるので、制作とかやらせたほうがいいんじゃない?」と助言をしたためだったことが明かされた。

「叩き上げで努力の人」弟・旬を絶賛

小栗旬(C)モデルプレス
小栗旬(C)モデルプレス
兄・了によれば、父・哲家のようにADさんなどスタッフに至るまで、名前を覚えて呼びかけているという旬。

了は、弟・旬を「すごい努力をする。若い頃から現場に絶対台本は持ち込まないとか」と才能のみならず努力の人でもあることを明かし「エキストラから上がっていったので、あいつは叩き上げだと思ってる。尊敬している」と賛辞の言葉を口にしていた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 小栗旬、実兄の運命変えた一言「お兄ちゃんは役者ダメ」
今読んだ記事

小栗旬、実兄の運命変えた一言「お兄ちゃんは役者ダメ」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事