2020「今年の顔」発表 佐藤健・Snow Man・JO1ら10組【男性編/モデルプレス独自調査】

0
140
年末恒例、女性向けエンタメ&ライフスタイルニュースサイト「モデルプレス」が選ぶ「今年の顔」。単なる人気投票ではなく、読者から寄せられた説得力ある声を参考に、モデルプレス編集部の審査、2020年の「モデルプレス」内での記事露出回数などを加味し、男女それぞれ10組を発表する。<男性編>
「モデルプレスが選ぶ 今年の顔 2020」<男性編>/(上段左から)JO1、佐藤健、北村匠海、EXIT(下段左から)パク・ソジュン(Photo by Getty Images)、J.Y. Park、志尊淳、堺雅人、米津玄師(提供写真)<br>
「モデルプレスが選ぶ 今年の顔 2020」<男性編>/(上段左から)JO1、佐藤健、北村匠海、EXIT(下段左から)パク・ソジュン(Photo by Getty Images)、J.Y. Park、志尊淳、堺雅人、米津玄師(提供写真)

「モデルプレスが選ぶ 今年の顔 2020」選考基準

【1】読者アンケート「あなたが“2020年の顔”だと思う人物は?」の結果
(調査期間:2020年11月2日~16日)

【2】モデルプレス編集部30人の目利きによる審査

【3】2020年のモデルプレス内での記事露出回数

以上の3点を基準に、男女それぞれ10組を「モデルプレスが選ぶ 今年の顔」として選出した。

「モデルプレスが選ぶ 今年の顔 2020」<女性編>


「モデルプレスが選ぶ 今年の顔 2020」<男性編>総評

「モデルプレスが選ぶ今年の顔 2020」<男性編>(C)モデルプレス
「モデルプレスが選ぶ今年の顔 2020」<男性編>(C)モデルプレス
ドラマ「恋はつづくよどこまでも」のヒットで始まった2020年。ドS王子役で女子の心を鷲掴みにした佐藤健が上半期の話題をかっさらった。

新型コロナウイルスの影響で過去作の再放送なども盛り上がったが、堺雅人主演「半沢直樹」の続編は過酷な撮影状況を乗り越えて再び大ヒット。自粛期間中、芸能人が様々な方法でSNSで発信を続けたが、特に志尊淳のライブ配信「#志尊の自粛部屋」は印象的だった。

また、ステイホームの影響で、「第4次韓流ブーム」と言われるほど韓国のエンターテイメントが日本を席巻。社会現象を巻き起こしたオーディション番組「Nizi Project」の立役者であるJ.Y. Park、空前の韓国ドラマブームを代表する「梨泰院クラス」の主演を務めたパク・ソジュンは多くの芸人がモノマネするほどに。

音楽界ではジャニーズから、2ndシングルが単独ミリオンを達成したSnow Manを選出。一方でサバイバルオーディション番組から誕生したグローバルボーイズグループJO1もデビュー初年度で存在感を見せた。

北村匠海は俳優として引っ張りだこの活躍を見せながら自身が所属するDISH//の「猫」がバズり二刀流の実力を発揮。平成生まれのソロアーティストとして初めてミリオンセールスを突破するなど今年も勢いが止まらなかった米津玄師も欠かせない。

バラエティでは“お笑い第7世代”ブームが続く中、EXITが芸人の枠に留まらない活躍を見せ、一線を画している。

▼以下個別解説

目次

  1. 1. 「モデルプレスが選ぶ 今年の顔 2020」選考基準
  2. 2. 「モデルプレスが選ぶ 今年の顔 2020」<男性編>総評
  3. 3. 【佐藤健】“胸キュン製造機”「恋つづ」ドS王子で女子の心鷲掴み
  4. 4. 【Snow Man】ミリオン達成で話題沸騰 個性派集団に“沼落ち”続出
  5. 5. 【北村匠海】出演作5本公開の売れっ子 二刀流の実力でバズる
  6. 6. 【EXIT】“第7世代”の筆頭格 芸人の枠超えた活躍に熱狂的支持
  7. 7. 【JO1】ボーイズグループ界の革命児 デビュー1年目で驚異の露出量
  8. 8. 【堺雅人】「半沢直樹」続編も大ヒット ネット時代も視聴率男は健在
  9. 9. 【志尊淳】親近感がたまらない「#志尊の自粛部屋」でファン急増
  10. 10. 【米津玄師】平成生まれソロ歌手初ミリオン達成 米津無双止まらず
  11. 11. 【J.Y. Park】NiziUの生みの親 “J.Y. Park語録”が日本中の胸を打つ
  12. 12. 【パク・ソジュン】コロナ禍の日本を熱くした韓国ドラマブームの立役者

【佐藤健】“胸キュン製造機”「恋つづ」ドS王子で女子の心鷲掴み

佐藤健、上白石萌音「恋はつづくよどこまでも」より(C)TBS
佐藤健、上白石萌音「恋はつづくよどこまでも」より(C)TBS
今年“ブームを巻き起こした男”と言えば佐藤健。これまで数々の話題作に出演してきたが、ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)で演じた超ドSドクター・天堂浬役がハマり役となり、新たな代表作に。主演の上白石萌音との “治療キス”“ソフトクリームキス”など胸キュンシーンのオンパレードで、女子の心を鷲掴み。放送終了後も架空の放送回を熱望する声が集まり、Twitter上で「#恋つづ11話」がトレンド入りするほど異例の盛り上がりを見せた。

佐藤健(C)モデルプレス
佐藤健(C)モデルプレス
そんな佐藤の公式LINEは、まるで恋人とやりとりをしているかのような気分を味わえるリアリティあるメッセージで人気を集めていたが、“恋つづ旋風”の勢いとともに再び話題沸騰。

佐藤健(C)モデルプレス
佐藤健(C)モデルプレス
あわせて、ライブ配信アプリでファンとテレビ電話を繋いだり、公式YouTubeを開設しプライベートな部分も披露したりと、“彼氏感”を加速させ、新しい角度での露出が目立った年となった。

<読者コメント>
・「1月のドラマ恋つづから始まり、LINE、SUGAR、そしてYouTubeとコロナ禍の中でも発信し続け私達ファンの心の癒しになってくれていたから」
・「やはり今年1番世間の女子をニヤつかせた人といえばこの方」
・「天堂先生がほんとにハマり役だった。恋つづ以来、今もずっとキュンキュンさせてもらってます」

【Snow Man】ミリオン達成で話題沸騰 個性派集団に“沼落ち”続出

今年1月22日に、SixTONESとともにジャニーズ史上初の同時CDデビューを果たし、史上初のデビューシングル初週ミリオンを達成。10月7日発売の2ndシングル「KISSIN’MY LIPS/Stories」も発売からわずか1ヶ月足らずで単独ミリオンを突破したSnow Manはまさに飛ぶ鳥を落とす勢い。

3月には初の冠番組「それSnow Manにやらせて下さい」(TBS系)が放送され、4月よりParaviでレギュラー化。2021年元日に地上波特番第2弾として、初の全国放送が決定。さらに、舞台を映画化した「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」(12月4日公開)で映画初主演、「第71回 NHK紅白歌合戦」に初出場することが決定するなど、グループとして大きく躍進。

アスリート並の肉体を誇る岩本照、人望高くMCとして引っ張る深澤辰哉、スタイル異次元級のラウール、美容を徹底している渡辺翔太、関西出身で笑いに貪欲な向井康二、上智大学院卒で気象予報士の資格を持つ阿部亮平、表紙を飾れば店頭から雑誌が消えると話題の目黒蓮、ロイヤルな雰囲気が類を見ない宮舘涼太、アニメオタクが高じて声優デビューも果たした佐久間大介…ととにかく個性豊かで、その魅力に“沼落ち”する人が続出。今年最も勢いのあるジャニーズグループと言っても過言ではないほどの活躍を見せた。

<読者コメント>
・「今年デビューして、デビューシングルと2ndシングルがミリオンを達成したから」
・「音楽、ドラマ、映画、バラエティ…どの分野においても活躍していて、Snow Manを見ない日がなかった」
・「コロナ禍にデビューしたアイドルとして、時代に合った寄り添い方をしてくれました」

【北村匠海】出演作5本公開の売れっ子 二刀流の実力でバズる

北村匠海(C)モデルプレス
北村匠海(C)モデルプレス
今年公開された出演映画は驚異の5本(うち主演3本)という北村匠海。映画を観に行けば予告編が必ず流れ、テレビをつければ何かしらの宣伝でバラエティや情報番組を行脚していた。

北村匠海(C)モデルプレス
北村匠海(C)モデルプレス
一方であいみょんが作詞作曲を務め、自身が所属するダンスロックバンド・DISH//の楽曲「猫」を歌唱する「THE FIRST TAKE」動画が3月の公開以来若い世代を中心にバズりまくり、その二刀流の実力が広く知られるように。

浜辺美波、北村匠海(C)2020映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
浜辺美波、北村匠海(C)2020映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
陰があるルックスと全身から放つエモーショナルな存在感は唯一無二。ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系)の好演も記憶に新しいが、2021年はドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)の出演もすでに発表されており、また違う役柄で魅了させてくれるだろう。

<読者コメント>
・「今年は『猫』がYouTubeでバズり、多くの有名人がカバーしていたり世代関係なく大人気の曲となりました」
・「俳優とバンドの二足の草鞋で、共に引っ張りだこ。もしかしたら“2020年一番忙しい俳優”といっても過言ではないかもしれません。そんな毎日忙しい中でも前向きに作品に挑む彼の姿はまさに今年の顔です」
・「役の振り幅、DISH//のボーカル、いろんな面を見ることができた!」

【EXIT】“第7世代”の筆頭格 芸人の枠超えた活躍に熱狂的支持

 EXIT/りんたろー。、兼近大樹(C)モデルプレス
EXIT/りんたろー。、兼近大樹(C)モデルプレス
「バイブスいと上がりけり」など独特の言い回しが話題となり、“チャラ芸人”として世にその名を轟かせたEXIT(りんたろー。、兼近大樹)。

2020年は「第7キングダム」(日本テレビ系)や「霜降りミキXIT」(TBS系)に、“お笑い第7世代”の筆頭格として出演。「ABEMA Prime」(ABEMA)では報道番組のMCも務めており、今やEXITをテレビで見かけない日はない。

りんたろー。(C)モデルプレス
りんたろー。(C)モデルプレス
兼近大樹 (C)モデルプレス
兼近大樹 (C)モデルプレス
さらに2人の活動はお笑いだけに留まらず、音楽活動では今年スカイピース、Da-iCEとそれぞれコラボした「EXSID」をリリース、ファッションブランド「EXIEEE(イグジー)」のプロデュース、吉本興業所属のコンビ芸人として唯一のファンクラブ開設、さらに「よしもと男前ランキング」で1位に選ばれた経験もある兼近は、映画「十二単を着た悪魔」で映画初出演を果たしたり「anan」で肉体美を披露したりと、もはや芸人の枠を越えた活躍を見せた。そんな2人のマルチで予測不能な活躍は、お笑い界に“革命”を起こす存在となりつつある。

<読者コメント>
・「EXITをテレビで見ない日は無く、コロナ禍で暗くなりがちな世の中をお笑いの力で明るくしてくれていました」
・「2人の考え方、生き方が令和の常識を作っていってくれている気がする」
・「多方面で活躍していて、お笑い界に新しい客層を取り込んでいると思う。見る度に、どんどんパワーアップしてます!」

【JO1】ボーイズグループ界の革命児 デビュー1年目で驚異の露出量

JO1(後列)與那城奨、金城碧海、白岩瑠姫、鶴房汐恩、大平祥生、佐藤景瑚(前列)木全翔也、川尻蓮、豆原一成、川西拓実、河野純喜(C)モデルプレス
JO1(後列)與那城奨、金城碧海、白岩瑠姫、鶴房汐恩、大平祥生、佐藤景瑚(前列)木全翔也、川尻蓮、豆原一成、川西拓実、河野純喜(C)モデルプレス
2019年末にサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」にて誕生し、3月にデビューしたグローバルボーイズグループ・JO1。大手企業とのタイアップ、女性誌の表紙、冠番組スタート、個人でのバラエティ番組での出演増加などデビュー1年目とは思えないほどの露出量で、昨年までほとんど一般人だったメンバーが華々しいステージを駆け上がっていった。

J-POPとK-POPの両方の魅力を兼ね備えた楽曲とパフォーマンスが特色で、日本のボーイズグループ界に新たな風を吹き込んでいる。

JO1 (後列左から)佐藤景瑚、河野純喜、與那城奨、鶴房汐恩、白岩瑠姫、金城碧海 (前列左から)大平祥生、豆原一成、川尻蓮、川西拓実、木全翔也(C)モデルプレス
JO1 (後列左から)佐藤景瑚、河野純喜、與那城奨、鶴房汐恩、白岩瑠姫、金城碧海 (前列左から)大平祥生、豆原一成、川尻蓮、川西拓実、木全翔也(C)モデルプレス
JO1(C)モデルプレス
JO1(C)モデルプレス
世界最大級のK-CultureコンベンションKCONに日本人ボーイズグループとして初出演、さらにアジア最大級の音楽授賞式「2020 MAMA」への初出演も控えるなど、アジアの音楽市場でも存在感を発揮している。

<読者コメント>
・「デビューして1年足らずのうちに数々の雑誌の表紙を飾り、冠番組を持つほか、アイドルとしての歌やダンスの実力も素晴らしいと思うから」
・「コロナ禍の中、今年デビューした新人グループで思うように活動出来ない中、一生懸命努力して成長した姿を毎回見せてくれています!まさに、この苦しい状況を乗り越えて夢と希望を与えてくれる光のような存在です!」
・「K-POP×J-POPを掛け合わせた新しいジャンルのグループだから」

【堺雅人】「半沢直樹」続編も大ヒット ネット時代も視聴率男は健在

堺雅人/「半沢直樹」最終話より(C)TBS
堺雅人/「半沢直樹」最終話より(C)TBS
堺雅人、香川照之/「半沢直樹」第7話より(C)TBS
堺雅人、香川照之/「半沢直樹」第7話より(C)TBS
2013年に大ヒットした日曜劇場「半沢直樹」(TBS系)が7年ぶりに復活。最終話の平均視聴率は、32.7%(世帯)を記録するというネット時代に驚異的な強さを見せつけた今作を座長として牽引したのが、主演の堺雅人だ。

ベテランキャスト陣の至近距離での演技合戦が醍醐味の1つだったため、コロナ禍での撮影は難しく思われたが、現場ではしっかりと感染対策を行った上で、映像では全くそれを感じさせない”密度の濃い”シーンの連続で視聴者を引き込んだ。

キャスト、スタッフの士気をあげ、長台詞のシーンもNGをほとんど出さず、完璧な演技をする堺の座長ぶりを示すエピソードは他のキャストの口から語られている。

堺雅人(C)モデルプレス
堺雅人(C)モデルプレス
放送中には堺のCMが立て続けに流れるなどまさに“堺雅人祭り”状態に。SNSとの親和性も高くTwitter上では、全話を通して放送中の世界トレンド1位を獲得した。

<読者コメント>
・「“笑顔で喜怒哀楽を表現する役者”と言われることが多い堺さんの新しい顔がたくさん見られた一年だったので、選ばせて頂きました!」
・「半沢直樹最高でした!さすが、堺雅人さん高視聴率!もっとドラマなど主演して欲しいです!」
・「半沢直樹はまさに国民的会社員!」

【志尊淳】親近感がたまらない「#志尊の自粛部屋」でファン急増

志尊淳(C)モデルプレス
志尊淳(C)モデルプレス
新型コロナウイルスの影響が広がる中、世の中を活気づけた人物といえば、志尊淳なしには語れないだろう。

志尊淳(C)モデルプレス
志尊淳(C)モデルプレス
約1週間、毎日23時に自身のInstagramにてライブ配信「#志尊の自粛部屋」を実施。外出自粛が続く中でライブ配信を行う芸能人は多かったが、その中でも志尊は、画面越しでもより存在を身近に感じられるようにと、常にリラックスした自然体の姿で登場。俳優のイメージを覆す“親近感”が多くのファンのひとときの癒やしとなり、随所に感じられるコロナ禍で戦う人たちやファンへの思いが爆発的な人気に繋がった。

 志尊淳(C)モデルプレス
志尊淳(C)モデルプレス
本業でも映画2本公開、ドラマ4本放送と精力的な活動に並行して、自粛期間中に制作した楽曲「きぼうのあしおと」や自身のグッズの収益の一部を寄付したり、日本赤十字社と共同募金会へあわせて1000万円を寄付したりと、歩みを止めずに“自分にできること”を発信し続けた姿勢にも評価が高まっている。

<読者コメント>
・「コロナ禍において、これほどまでに歩みを止めずに発信し続けてくれた俳優さんはいないと思います。常にみんなの為に何ができるかを模索して、限られた状況の中で元気や喜びを届けてくれたことに感謝しかありません」
・「『志尊の自粛部屋』でかっこいいだけではなく、人の気持ちを思いやり、とても魅力的な人だとすごく好きになりました」
・「社会の動きがストップした自粛期間中にもSNSを使い積極的に活動し、ファンを喜ばせ続けた上に、その活動で得た収益を医療従事者のために寄付をし、社会貢献に役立てた」

【米津玄師】平成生まれソロ歌手初ミリオン達成 米津無双止まらず

米津玄師/photo by 奥山由之(提供写真)
米津玄師/photo by 奥山由之(提供写真)
米津玄師は今年、8月リリースの5thアルバム「STRAY SHEEP」が、平成生まれのソロアーティストによるオリジナルアルバムとして初めてミリオンセールスを突破。さらに同作は10月に150万売上を超え、男性ソロアーティストとして14年10ヶ月ぶりの快挙を成し遂げた。これは平成生まれアーティスト全体でも初となる。

同作の収録曲で綾野剛と星野源がW主演を務めたドラマ「MIU404」(TBS系)の主題歌「感電」は、7月の配信リリースから数ヶ月の長期に渡って国内音楽チャートを席巻。全世代から支持され、2020年を代表するアンセムとなった。MVは、11月14日に自身14作目の1億回再生を突破している。

また同アルバムの最後を飾る楽曲「カナリヤ」は、巨匠・是枝裕和監督によるMVが11月19日に公開され、「今年最も感動したMV」との声も。米津無双は留まるところを知らない。

<読者コメント>
・「やはり不動の存在。驚異的な記録も彼の作品なら説得力がある」
・「『感電』は今年のベストソングです!彼なしに日本の音楽シーンはもう語れないので…」
・「『感電』のほかにも『カナリヤ』や『カイト』など、1年を代表する曲を一昨年、去年に引き続き生み出してくれた!」

【J.Y. Park】NiziUの生みの親 “J.Y. Park語録”が日本中の胸を打つ

J.Y. Park(提供写真)
J.Y. Park(提供写真)
社会現象を巻き起こしたオーディション番組「Nizi Project」の発案者であり立役者のJ.Y. Park。デビュー前からNHK紅白歌合戦出場を決めてしまうほど、今年のエンタメシーンの主役となったガールズグループ・NiziUを生み出した。

韓国の大手プロダクション・JYPエンターテインメントの創業者として、これまでにWonder Girls、2PM、TWICEらをプロデュースし、一世を風靡してきたPark。そのノウハウを日本にローカライズさせるだけでなく、彼自身の人間的魅力でプロジェクトを成功へと導いた。

J.Y. Park(C)モデルプレス
J.Y. Park(C)モデルプレス
日本語を学び日本人の練習生たちと真摯に向き合うだけでなく、それぞれが“自分らしく輝くこと”を前提とした的確な指導を行う姿は“理想の上司“として話題に。その金言に胸打たれる人が続出し、エンタメ分野を超え人材育成の面でも注目される時の人となった。

<読者コメント>
・「やっぱりJ.Y. Park語録が胸に響く。特に『真実、誠実、謙虚』の3つは私にとっても教訓になりました」
・「ときに厳しい指摘もしてくれるけど、笑顔が可愛くて優しくて的確なアドバイスをくれるパークさんのファンになってしまった!」
・「いろんな芸人さんがモノマネもしてて、ほんとに大人気だな~と実感!」

【パク・ソジュン】コロナ禍の日本を熱くした韓国ドラマブームの立役者

パク・ソジュン「梨泰院クラス」(画像提供:Netflix)
パク・ソジュン「梨泰院クラス」(画像提供:Netflix)
今年、コロナ禍で外出自粛を余儀なくされた日本に、空前の韓国ドラマブームが巻き起こった。その火付け役とも言える「梨泰院クラス」で主人公のパク・セロイ役を務めたパク・ソジュン。瞬く間に日本での知名度を上げた彼は、まさに今年を象徴する俳優の1人だろう。

ソウル・梨泰院を舞台に、不合理な社会と戦う若者たちの“ヒップな反乱”を飲食店業界の視点から描いた同作。どんな逆境にも真っ直ぐに立ち向かうセロイの姿は、多くのことが制限されてしまった我々を熱くさせ、勇気を与えてくれた。

パク・ソジュン(Photo by Getty Images)<br>
パク・ソジュン(Photo by Getty Images)
身長185cmの抜群スタイルや誠実で明るい性格から、役を離れたところでも人々を虜に。「キム秘書はいったい、なぜ?」といった過去作品や、BTS・Vらと仲が良い私生活、SNSまでにも注目が集まった。

「梨泰院クラス」パク・ソジュン、キム・ダミ、クォン・ナラ、ユ・ジェミョン/Photo by Getty Images
「梨泰院クラス」パク・ソジュン、キム・ダミ、クォン・ナラ、ユ・ジェミョン/Photo by Getty Images
日本のタレントが続々と彼のモノマネをしたり、長澤まさみが共演を熱望したりと、異例の人気を誇る存在となったソジュン。今後は日本エンタメ界への本格進出も期待したい。

<読者コメント>
・「パク・セロイなしに今年は語れない!SNS、YouTube、テレビでもずっと『梨泰院クラス』が話題になっていた印象」
・「コロナ禍でソジュン様に会えて本当に良かった!信じられないほどかっこいい!」
・「『梨泰院クラス』から過去の作品をほとんどチェックし、大好きな俳優になりました」

(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 2020「今年の顔」発表 佐藤健・Snow Man・JO1ら10組【男性編/モデルプレス独自調査】
今読んだ記事

2020「今年の顔」発表 佐藤健・Snow Man・JO1ら10組【男性編/…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事